林 正道

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 13:59
 
アバター
研究者氏名
林 正道
eメール
mjhgmlgmail.com
URL
https://scholar.google.co.jp/citations?user=pWg-To4AAAAJ&hl=en
所属
大阪大学
部署
国際医工情報センター
職名
特任助教
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
50746469
ORCID ID
0000-0003-2631-5177

プロフィール

時間知覚の脳内メカニズムを研究しています。

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪大学 国際医工情報センター 特任助教
 
2015年11月
 - 
2018年4月
University of California, Berkeley, Department of Psychology, Postdoctoral Scholar / Volunteer Affiliate
 
2015年4月
 - 
2018年3月
大阪大学大学院 生命機能研究科 日本学術振興会 特別研究員(SPD)
 
2014年2月
 - 
2015年3月
University of Sussex, School of Psychology, 日本学術振興会 海外特別研究員
 
2011年5月
 - 
2014年2月
University of Helsinki, Institute of Biomedicine, Physiology, Academy of Finland-JSPS Postdoc Fellow / BRAHE Postdoctoral Researcher
 
2010年5月
 - 
2013年4月
University College London, Institute of Cognitive Neuroscience, Honorary Research Associate
 
2006年4月
 - 
2011年3月
自然科学研究機構 生理学研究所 / 総合研究大学院大学 生命科学研究科 5年一貫制博士課程 / 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

論文

 
Hayashi MJ, van der Zwaag W, Bueti D, Kanai R
Communications Biology   (in press)    [査読有り]
Protopapa F, Hayashi MJ, Kulashekhar S, van der Zwaag W, Battistella G, Murray MM, Kanai R, Bueti D
bioRxiv   399857    2018年
Kanaya S, Hayashi MJ, Whitney D
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   285(1879)    2018年   [査読有り]
Okamoto Y, Kosaka H, Kitada R, Seki A, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Saito DN, Yanaka HT, Munesue T, Ishitobi M, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Koeda T, Sadato N
Neuroscience Research   119 38-52   2017年   [査読有り]
Hayashi MJ, Ditye T, Harada T, Hashiguchi M, Sadato N, Carlson S, Walsh V, Kanai R
PLoS Biology   13(9) e1002262   2015年   [査読有り]
Okamoto Y, Kitada R, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Munesue T, Ishitobi M, Saito DN, Yanaka HT, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Sasaki AT, Morita T, Itakura S, Kosaka H, Sadato N
Neuroscience Research   87 66-76   2014年   [査読有り]
Hayashi MJ, Kantele M, Walsh V, Carlson S, Kanai R
Journal of Cognitive Neuroscience   26(8) 1685-1693   2014年   [査読有り]
Yoshida Y, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kawamichi H, Kochiyama T, Sadato N
Neuroscience Research   76(4) 230-239   2013年   [査読有り]
Sakai H, Uchiyama Y, Shin D, Hayashi MJ, Sadato N
PLoS One   8(6) e67391   2013年   [査読有り]
Hayashi MJ, Valli A, Carlson S
Neuroscience Letters   543 7-11   2013年   [査読有り]
Hayashi MJ, Kanai R, Tanabe HC, Yoshida Y, Carlson S, Walsh V, Sadato N
Journal of Neuroscience   33(3) 883-893   2013年   [査読有り]
Tanabe HC, Kosaka H, Saito DN, Koike T, Hayashi MJ, Izuma K, Komeda H, Ishitobi M, Omori M, Munesue T, Okazawa H, Wada Y, Sadato N
Frontiers in Human Neuroscience   6    2012年   [査読有り]
Saito DN, Tanabe HC, Izuma K, Hayashi MJ, Morito Y, Komeda H, Uchiyama H, Kosaka H, Okazawa H, Fujibayashi Y, Sadato N
Frontiers in Integrative Neuroscience   4    2010年   [査読有り]
Hayashi MJ, Saito DN, Aramaki Y, Asai T, Fujibayashi Y, Sadato N
Cerebral Cortex   18(12) 2932-2940   2008年   [査読有り]

Misc

 
林 正道
Clinical Neuroscience (中外医学社)   36 124   2018年1月   [依頼有り]
林 正道
BRAIN and NERVE-神経研究の進歩   68(11) 1385-1391   2016年   [依頼有り]
林 正道
Clinical Neuroscience (中外医学社)   33 600-601   2015年5月   [依頼有り]
林 正道
BioMedサーカス.com      2011年   [依頼有り]
Changes in the activation of the motor cortex during the process of motor skill learning: a near-infrared spectroscopy study
Asai T, Yamaura H, Hayashi MJ
Human and Artificial Intelligence Systems. Ogura, H, and Araki, C, eds. (Sankeisha)   71-76   2008年

受賞

 
2018年
第2回ヒト脳イメージング研究会 若手奨励賞
 
2015年
包括脳ネットワーク 冬のシンポジウム 若手優秀発表賞
 
2009年
生理学研究所 院生ポスター最優秀賞
 
2007年
第9回日本ヒト脳機能マッピング学会大会 若手奨励賞
 

競争的資金等の研究課題

 
インタラクションにおける主観的時間制御の深掘
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)特定課題調査
研究期間: 2018年10月 - 2019年3月    代表者: 林 正道
時間情報読み出し機構の脳局在性の検証
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 林 正道
脳情報デコーディングによる主観的時間の解読
日本学術振興会: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 林 正道
脳における同時性検知器の同定
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究(分担)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮崎 真
主観的な時間経験の変容に関わる脳内メカニズムの解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(SPD)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 林 正道
時間情報の脳内表現の解明
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 林 正道
Studies of the neural representation of temporal information in the human brain
Brain Research at Aalto University and University of Helsinki (BRAHE) Consortium: Postdoctoral Program
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 林 正道
時間認知の脳内メカニズムの解明と応用
フィンランドアカデミー・日本学術振興会: 二国間交流事業(特定国派遣研究者)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 林 正道
異種感覚刺激の類似性知覚に関連する神経基盤の解明
日本学術振興会: 優秀若手研究者海外派遣事業
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 林 正道
異種感覚刺激の類似性知覚に関連する神経基盤の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC1)
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 林 正道

研究分野

 
 

担当経験のある科目