近藤 真

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/14 18:51
 
アバター
研究者氏名
近藤 真
 
コンドウ マコト
URL
http://lab.inf.shizuoka.ac.jp/mkondo/
所属
静岡大学大学院
部署
情報学研究科
職名
教授
学位
教育学修士(筑波大学)
その他の所属
静岡大学情報学部

プロフィール

生成文法(特にミニマリストプログラム)の枠組みに基づいて,自然言語の統語論に関する研究を行っています.また,言語学の立場から自然言語処理システムの開発にも参加しています.学内外の共同研究者とともに自然言語処理システムの開発に参加することで,統語論と意味論のインタフェースにも興味・関心を持つようになってきました.

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1994年
静岡大学 教養部 講師
 
1994年
 - 
1995年
静岡大学 教養部 助教授
 
1995年
 - 
2006年
静岡大学 情報学部 助教授
 
2006年
 - 
2013年
静岡大学 情報学部 教授
 
2013年
 - 
現在
静岡大学 大学院情報学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
名古屋大学 文学研究科 英文学専攻
 
 
 - 
1989年
筑波大学 教育研究科 教科教育専攻
 
 
 - 
1987年
京都外国語大学 外国語学部 英米語学科
 

委員歴

 
2003年
 - 
2005年
日本英文学会  大会準備委員
 
1998年
 - 
2001年
日本英文学会中部支部  編集委員
 
1995年
 - 
1997年
日本中部言語学会  事務局長(編集委員兼務)
 
2000年
 - 
2006年
名古屋大学英文学会  編集委員
 

受賞

 
2012年11月
International Conference on Computers in Education (ICCE 2012) Special Mention Award "Development of a Dictogloss System Oriented for Focus on Form"
受賞者: KONDO Makoto, SANO Ryo, TASHIRO Asanori, NOGUCHI Yukihiro, KOGURE Satoru, KONISHI Tatsuhiro, ITOH Yukihiro
 

論文

 
Improvement of the Situational Dialog Function and Development of Learning Materials for a Japanese Dictogloss Environment
Satoru KOGURE, Kaito OKUGAWA,Yasuhiro NOGUCHI,Tatsuhiro KONISHI,Makoto KONDO,Yukihiro ITOH
Proceedings of ICCE 2017   104-106   2017年12月   [査読有り]
A Teachable Agent for the Japanese Dictogloss Learning Support Environment
Satoru Kogure, Kenta Miyagishima,Yasuhiro Noguchi,Makoto Kondo,Tatsuhiro Konishi,Yukihiro Itoh
Proceedings of ICCE 2016   88-90   2016年11月   [査読有り]
An Answer Support Environment based on Grammar, Context and Situation for a Dialogue to Learner Agent on Japanese Dictogloss System
Satoru KOGURE, Asanori TASHIRO,Yasuhiro NOGUCHI,Makoto KONDO,Tatsuhiro KONISHI,Yukihiro ITOH
Proceedings of ICCE 2015   94-96   2015年12月   [査読有り]
Yasuhiro Noguchi, Makoto Kondo, Satoru Kogure, Tatsuhiro Konishi, Yukihiro Itoh, Hideki Asoh, Akira Takagi, Ichiro Kobayashi
The 5th IEE International Conference on Awareness Science and Technology   322-327   2013年11月   [査読有り]
Evaluation of an Improved Dictogloss System Oriented for Focus on Form
Asanori TASHIRO, Yasuhiro NOGUCHI, Satoru KOGURE, Makoto KONDO, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education (ICCE 2013)   110-114   2013年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生成文法の軌跡と展望
小野尚之,近藤真,藏藤健雄,松岡和美,藤本幸治[編] (担当:共編者, 範囲:第1部第1章「生成文法の目的」第1部第4章「移動」)
2014年2月   
英語の構造
小野隆啓[監修] (担当:共著, 範囲:第4章「文の構造」4.5-4.8節)
金星堂   2004年1月   
情報社会の見える人、見えない人
岡田安功,藤井史郎[編] (担当:共著, 範囲:「計算装置としての文法」)
公人社   2000年10月   
英語学用語辞典
荒木一雄[編]
三省堂   1999年1月   
コンサイス英文法辞典
安井稔[編]
三省堂   1996年11月   
英文法への誘い
斎藤武生,原口庄輔,鈴木英一[編] (担当:共著, 範囲:第13章「疑問文・感嘆文」)
開拓社   1995年10月   
現代英文法辞典
荒木一雄,安井稔[編]
三省堂   1992年7月   

競争的資金等の研究課題

 
時空間の連続性に基づく自然言語理解のモデル化と自然言語処理技術への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 近藤 真
構文意味解析技術に応用可能な統語論・意味論インタフェースの研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 近藤 真
自然言語処理技術への応用を前提とした構文意味解析のための言語学的基礎理論の研究
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 近藤 真

その他

 
1997年8月
文部省在外研究員(コネチカット大学言語学科)[-1998年8月]