三輪誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/31 17:49
 
アバター
研究者氏名
三輪誠
 
ミワ マコト
URL
http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Denshi/COIN/people/makoto.miwa/
所属
豊田工業大学
部署
大学院工学研究科
職名
准教授
学位
博士 (科学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
豊田工業大学 大学院工学研究科 准教授
 
2011年
 - 
2014年
マンチェスター大学 コンピュータ科学科 リサーチアソシエイト
 
2008年
 - 
2011年
東京大学 情報理工学系研究科 特任研究員
 

論文

 
Kazuma Hashimoto,Georgios Kontonatsios,Makoto Miwa,Sophia Ananiadou
Journal of Biomedical Informatics   62 59-65   2016年   [査読有り]
Mohammad Golam Sohrab,Makoto Miwa,Yutaka Sasaki
Polibits   54 61-70   2016年   [査読有り]
Makoto Miwa,Mohit Bansal
Proceedings of the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, ACL 2016, August 7-12, 2016, Berlin, Germany, Volume 1: Long Papers      2016年   [査読有り]
Josuke Yamane,Tomoya Takatani,Hitoshi Yamada,Makoto Miwa,Yutaka Sasaki
COLING 2016, 26th International Conference on Computational Linguistics, Proceedings of the Conference: Technical Papers, December 11-16, 2016, Osaka, Japan   1871-1879   2016年   [査読有り]
Ioannis Korkontzelos,Beverley Thomas,Makoto Miwa,Sophia Ananiadou
Proceedings of the Tenth International Conference on Language Resources and Evaluation LREC 2016, Portorož, Slovenia, May 23-28, 2016.      2016年   [査読有り]
Nhung T. H. Nguyen 0002,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka,Takashi Chikayama,Satoshi Tojo
BMC Bioinformatics   16(Apr) 107   2015年   [査読有り]
Nhung T. H. Nguyen 0002,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka,Satoshi Tojo
Journal of Biomedical Informatics   56 94-102   2015年   [査読有り]
Kazuma Hashimoto,Pontus Stenetorp,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka
Proceedings of the 19th Conference on Computational Natural Language Learning, CoNLL 2015, Beijing, China, July 30-31, 2015   268-278   2015年   [査読有り]
Masataka Ono,Makoto Miwa,Yutaka Sasaki
NAACL HLT 2015, The 2015 Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies, Denver, Colorado, USA, May 31 - June 5, 2015   984-989   2015年   [査読有り]
Mohammad Golam Sohrab,Makoto Miwa,Yutaka Sasaki
Advances in Knowledge Discovery and Data Mining - 19th Pacific-Asia Conference, PAKDD 2015, Ho Chi Minh City, Vietnam, May 19-22, 2015, Proceedings, Part I   9077 289-300   2015年   [査読有り]
亀甲 博貴, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 森 信介, 近山 隆
情報処理学会論文誌   55(11) 2431-2440   2014年11月
局面や指し手についてコンピュータ将棋プログラムが示す評価は将棋観戦に多く利用されている.この評価を自然言語による解説として提供することができれば,観戦の際により有益な情報となることが期待できる.本研究では,2段階の機械学習による将棋解説文の自動生成手法を提案する.まず与えらえた局面を表現する特徴的な単語を予測する.予測した単語の情報と言語モデルを組み合わせ,解説文を生成する.本研究では解説文を戦型に言及するものに限定して実験を行った.提案したシステムを用いることで有用な解説文を生成できる局...
水上 直紀, 中張 遼太郎, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆
情報処理学会論文誌   55(11) 2410-2420   2014年11月
本論文では,牌譜を用いた教師付き学習による麻雀プログラムの作成法について述べる.まず,上級者の牌譜を用いたパーセプトロン学習によって1人麻雀プレイヤを作成し,それを拡張することによって4人麻雀への適用を行う.拡張は,1人麻雀プレイヤに「降り」と「鳴き」の機能を教師付き学習によって導入することで行った.オンライン麻雀サイト「天鳳」で作成されたプログラムの実力を評価した結果,レーティングとして,平均的な人間プレイヤーの実力を大きく上回る1,651点が得られた.
Makoto Miwa,Yutaka Sasaki
Proceedings of the 2014 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2014, October 25-29, 2014, Doha, Qatar, A meeting of SIGDAT, a Special Interest Group of the ACL   1858-1869   2014年   [査読有り]
Kazuma Hashimoto,Pontus Stenetorp,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka
Proceedings of the 2014 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2014, October 25-29, 2014, Doha, Qatar, A meeting of SIGDAT, a Special Interest Group of the ACL   1544-1555   2014年   [査読有り]
Makoto Miwa,Paul Thompson,Ioannis Korkontzelos,Sophia Ananiadou
COLING 2014, 25th International Conference on Computational Linguistics, Proceedings of the Conference: Technical Papers, August 23-29, 2014, Dublin, Ireland   2270-2279   2014年   [査読有り]
Makoto Miwa,James Thomas,Alison O'Mara-Eves,Sophia Ananiadou
Journal of Biomedical Informatics   51 242-253   2014年   [査読有り]
Tingting Mu,Makoto Miwa,Junichi Tsujii,Sophia Ananiadou
Computational Intelligence   30(2) 285-315   2014年   [査読有り]
Natsuda Laokulrat,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka
Proceedings of TextGraphs@EMNLP 2014: the 9th Workshop on Graph-based Methods for Natural Language Processing, October 29, 2014, Doha, Qatar   6-14   2014年   [査読有り]
Akira Ura,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka,Takashi Chikayama
Computers and Games - 8th International Conference, CG 2013, Yokohama, Japan, August 13-15, 2013, Revised Selected Papers   8427 208-220   2013年   [査読有り]
Kazuma Hashimoto,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka,Takashi Chikayama
Proceedings of the 2013 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2013, 18-21 October 2013, Grand Hyatt Seattle, Seattle, Washington, USA, A meeting of SIGDAT, a Special Interest Group of the ACL   1372-1376   2013年   [査読有り]
Yoshikuni Sato,Makoto Miwa,Shogo Takeuchi,Daisuke Takahashi
Proceedings of the Twenty-Seventh AAAI Conference on Artificial Intelligence, July 14-18, 2013, Bellevue, Washington, USA.      2013年   [査読有り]
Han-Cheol Cho,Naoaki Okazaki,Makoto Miwa,Jun'ichi Tsujii
Inf. Process. Manage.   49(4) 954-965   2013年   [査読有り]
Kenjiro Taura,Takuya Matsuzaki,Makoto Miwa,Yoshikazu Kamoshida,Daisaku Yokoyama,Nan Dun,Takeshi Shibata,Choi Sung Jun,Jun'ichi Tsujii
Future Generation Comp. Syst.   29(2) 662-672   2013年   [査読有り]
Makoto Miwa,Sampo Pyysalo,Tomoko Ohta,Sophia Ananiadou
BMC Bioinformatics   14(June) 175   2013年   [査読有り]
Makoto Miwa,Tomoko Ohta,Rafal Rak,Andrew Rowley,Douglas B. Kell,Sampo Pyysalo,Sophia Ananiadou
Bioinformatics   29(13) 44-52   2013年   [査読有り]
Natsuda Laokulrat,Makoto Miwa,Yoshimasa Tsuruoka,Takashi Chikayama
Proceedings of the 7th International Workshop on Semantic Evaluation, SemEval@NAACL-HLT 2013, Atlanta, Georgia, USA, June 14-15, 2013   88-92   2013年   [査読有り]
関 栄二, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆
情報処理学会論文誌   53(11) 2533-2543   2012年11月
モンテカルロ木探索(MCTS)の登場により,コンピュータ囲碁プレイヤの棋力は大幅に向上した.こうした成功を受け,静的評価関数とアルファベータ木探索による従来の手法が成功を収めてきた将棋においても,モンテカルロ法の適用が模索されている.MCTSの改良は,モンテカルロ木の扱いに関するものと,プレイアウトの方策に関するものに大別される.本稿では後者に着目し,モンテカルロ将棋の方策の学習に,囲碁で成功を収めているシミュレーション・バランシングを適用することを提案する.実際に,3,000局面でのバラ...
Nguyen NL, Kim JD, Miwa M, Matsuzaki T, Tsujii J
BMC bioinformatics   13(1)    2012年11月   [査読有り]
Pyysalo S, Ohta T, Miwa M, Cho HC, Tsujii J, Ananiadou S
Bioinformatics (Oxford, England)   28(18) 575-581   2012年9月   [査読有り]
Miwa M, Thompson P, Ananiadou S
Bioinformatics (Oxford, England)   28(13) 1759-1765   2012年7月   [査読有り]
Miwa M, Thompson P, McNaught J, Kell DB, Ananiadou S
BMC bioinformatics   13(1)    2012年5月   [査読有り]
矢野 友貴, 三輪 誠, 横山 大作, 近山 隆
情報処理学会論文誌   52(12) 3828-3838   2011年12月
近年の計算資源の充足にともない,基礎的な特徴の組合せを用いた識別モデルが広く用いられるようになった.組合せ特徴は対象とする問題の知識によらず簡単に設計可能であるが,組合せ爆発を起こすために特徴数が膨大となり,高次の組合せ特徴を扱うことは現在の計算機では困難となっている.本稿では,組合せ特徴が利用される分野の1つであるコンピュータゲームプレイヤを題材に,基礎特徴間の関連性に注目して有効な組合せ特徴の絞り込みを行うことにより,従来よりも高次の組合せ特徴を活用する手法を提案する.将棋を例に既存手...
Kano Y, Björne J, Ginter F, Salakoski T, Buyko E, Hahn U, Cohen KB, Verspoor K, Roeder C, Hunter LE, Kilicoglu H, Bergler S, Van Landeghem S, Van Parys T, Van de Peer Y, Miwa M, Ananiadou S, Neves M, Pascual-Montano A, Özgür A, Radev DR, Riedel S, Sætre R, Chun HW, Kim JD, Pyysalo S, Ohta T, Tsujii J
BMC bioinformatics   12(1)    2011年12月   [査読有り]
Ohta T, Pyysalo S, Miwa M, Tsujii J
Journal of biomedical semantics   2(5)    2011年10月   [査読有り]
Tsuruoka Y, Miwa M, Hamamoto K, Tsujii J, Ananiadou S
Bioinformatics (Oxford, England)   27(13) 111-119   2011年7月   [査読有り]
Yoshinobu Kano,Makoto Miwa,K. Bretonnel Cohen,Lawrence Hunter,Sophia Ananiadou,Jun'ichi Tsujii
IBM Journal of Research and Development   55(3)    2011年   [査読有り]
Kenjiro Taura,Takuya Matsuzaki,Makoto Miwa,Yoshikazu Kamoshida,Daisaku Yokoyama,Nan Dun,Takeshi Shibata,Choi Sung Jun,Jun'ichi Tsujii
Sixth International Conference on e-Science, e-Science 2010, 7-10 December 2010, Brisbane, QLD, Australia   214-221   2010年   [査読有り]
Rune Sætre,Kazuhiro Yoshida,Makoto Miwa,Takuya Matsuzaki,Yoshinobu Kano,Jun'ichi Tsujii
IEEE/ACM Trans. Comput. Biology Bioinform.   7(3) 442-453   2010年   [査読有り]
Makoto Miwa,Rune Sætre,Yusuke Miyao,Jun'ichi Tsujii
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Proceedings of the Conference, 23-27 August 2010, Beijing, China   788-796   2010年   [査読有り]
Makoto Miwa,Sampo Pyysalo,Tadayoshi Hara,Jun'ichi Tsujii
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Proceedings of the Conference, 23-27 August 2010, Beijing, China   779-787   2010年   [査読有り]
Makoto Miwa,Rune Sætre,Jin-Dong Kim,Jun'ichi Tsujii
J. Bioinformatics and Computational Biology   8(1) 131-146   2010年   [査読有り]
Tomoko Ohta,Takuya Matsuzaki,Naoaki Okazaki,Makoto Miwa,Rune Sætre,Sampo Pyysalo,Jun'ichi Tsujii
BMC Bioinformatics   11(S-5) P7   2010年   [査読有り]
Miwa M, Saetre R, Miyao Y, Tsujii J
International journal of medical informatics   78(12) 39-46   2009年12月   [査読有り]
Makoto Miwa,Rune Sætre,Yusuke Miyao,Jun'ichi Tsujii
Proceedings of the 2009 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2009, 6-7 August 2009, Singapore, A meeting of SIGDAT, a Special Interest Group of the ACL   121-130   2009年   [査読有り]
三輪 誠, 横山 大作, 近山 隆
情報処理学会論文誌   48(11) 3428-3437   2007年11月
正確な評価関数の生成はコンピュータゲームプレイヤにおいてその振舞いを決める重要な要素の1つである.評価関数はゲームにおける局面の特徴を表す評価要素の重み付き線形和で表現するのが一般的である.この評価要素の選択にはその対象とするゲームに関する深い知識が必要である.本稿ではゲームの履歴に基づいた高速でスケーラブルな評価要素の自動生成手法について提案する.本手法では多くのゲームに応用可能な2クラスの分類問題を対象とし,評価要素を単純な特徴の組合せで表現し,頻度と条件付き相互情報量の2つの指標を用...
Makoto Miwa,Daisaku Yokoyama,Takashi Chikayama
Proceedings of the 2007 IEEE Symposium on Computational Intelligence and Games, CIG 2007, Honolulu, Hawaii, USA, 1-5 April, 2007   268-275   2007年   [査読有り]
Makoto Miwa,Daisaku Yokoyama,Takashi Chikayama
Discovery Science, 9th International Conference, DS 2006, Barcelona, Spain, October 7-10, 2006, Proceedings   332-336   2006年   [査読有り]

Misc

 
森洸樹, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.P8‐3 (WEB ONLY)   2017年
瀧川雅也, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.P19‐6 (WEB ONLY)   2017年
高山隼矢, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.P14‐3 (WEB ONLY)   2017年
山口修平, 山根丈亮, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   23rd ROMBUNNO.P16‐6 (WEB ONLY)   2017年
高里盛良, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P4‐4 (WEB ONLY)   2016年
山根丈亮, 高谷智哉, 山田整, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd B3‐4 (WEB ONLY)   2016年
外山洋太, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P6‐6 (WEB ONLY)   2016年
増田和浩, 寺本一成, 古谷克司, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P14‐7 (WEB ONLY)   2016年
立林裕太朗, 藤田充洋, 古谷克司, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   22nd P12‐7 (WEB ONLY)   2016年
森洸樹, 三輪誠, 佐々木裕
情報処理学会研究報告(Web)   2015(NL-222) VOL.2015-NL-222,NO.9 (WEB ONLY)   2015年7月
鈴木遼司, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st P2-13 (WEB ONLY)   2015年
藤谷宣典, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st C5-4 (WEB ONLY)   2015年
森洸樹, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st C5-3 (WEB ONLY)   2015年
牧瀬晃太, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st P2-12 (WEB ONLY)   2015年
佐々木裕, SOHRAB Mohammad Golam, 三輪誠
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st D3-4 (WEB ONLY)   2015年
河辺一仁, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st P2-4 (WEB ONLY)   2015年
小野正貴, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st C5-2 (WEB ONLY)   2015年
大竹翔馬, 三輪誠, 佐々木裕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   21st P3-3 (WEB ONLY)   2015年
浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆
情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]   2014(6) 1-8   2014年3月
将棋の評価関数の学習時間を短縮することができれば、学習パラメータの調整などに時間をかけられるようになるため有意義である。そこで、本研究では、将棋プログラムである激指の評価関数の学習を、分散計算環境で並列化した。激指の評価関数の学習にはパーセプトロンが用いられている。パーセプトロンの並列化手法として、ミニバッチを用いる手法が提案されているため、これを評価関数の学習に適用した。学習の評価には棋譜との一致率を用いた。64 台の計算機を用いた評価では、ある決められた一致率を実現するための学習時間を...
藤田 康博, 浦 晃, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆
情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]   2013(3) 1-8   2013年2月
General Game Playing (GGP)は形式的に表現されたゲームルールを解釈することで、幅広い未知のゲームをうまくプレイできるプログラムを実現する試みである。GGPにおいてはモンテカルロ木探索が近年成功を収めているが、そのシミュレーション方策をどのように学習すべきかには未知の部分が多い.本研究ではGGPの枠組みにおいて,方策の「強さ」とバランスという性質に関し着目し,既存の学習手法を組み合わせることで「強さ」とバランスを両立を目指す新たな学習手法を提案する.新たな学習手法は一...
燧 暁彦, 三輪 誠, 鶴岡 慶雅, 近山 隆
情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]   2013(2) 1-8   2013年2月
ルールの単純さと難易度の高さから,Ms. Pac-ManがデジタルゲームAIの研究対象として注目を集めている.Ms. Pac-Manプレイヤでは,ルールベースを用いたプレイヤよりモンテカルロ木探索,特にUCT (Upper Confidence Bounds applied to Trees)を用いたプレイヤが優秀な成績を収めている.本研究ではTD(λ)法で学習した評価関数を用いたUCTの改善について提案する.UCTにおける評価関数の利用には,Progressive biasを用いた.Pr...
板持貴之, 三輪誠, 田浦健次朗, 近山隆
全国大会講演論文集   2012(1) 209-211   2012年3月
近年,イラスト投稿サイトと呼ばれるサービスを通じ,様々なイラストがインターネット上で閲覧できる.そのようなサービスにおいては,投稿者の情報(作者情報) と共にイラストが投稿されることが多いが,作者の検索を行うときは作者名などのキーワードを知らなければ検索ができないのが現状である.そこで本研究では,作者情報が未知のイラスト画像を入力し,そのイラストの作者らしい作者のランキングを出力する画像認識システムを提案する.画像認識システムの認識手法としては,イラストの作者情報をラベルとした教師あり学習...
和田 健太, 近山 隆, 横山 大作, 三輪 誠
情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   2009(36) 67-72   2009年3月
検索システムや文章要約においては同義語の獲得が必要である。検索システムでは同義語が分かっていれば同義語を用いて検索を行うことが可能であり、文章要約では同義語の一種である略語が分かっていれば、より短い文章を生成することが可能である。本研究では同義語の一種である略語を推定する手法について提案する。略語は人間が生成するものであるため、人間の感覚が重要であると考えられる。そこで人間の感覚を取り込むため、CRFの素性にモーラとシラブルを用いることにより入力された原語から略語を推定する。
三木 理斗, 三輪 誠, 田浦 健次朗, 近山 隆
全国大会講演論文集   70(2) "2-121"-"2-122"   2008年3月