MISC

2003年2月1日

電子ジャーナル一部売りの動向

情報管理
  • 原田英二
  • ,
  • 渡辺怜子
  • ,
  • 児嶋紀子
  • ,
  • 水野充

45
11
開始ページ
770
終了ページ
780
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.1241/johokanri.45.770
出版者・発行元
国立研究開発法人 科学技術振興機構

インターネット時代の到来により,電子ジャーナル出版は加速され,学術雑誌の世界では一般的なものとなってきた。電子出版には従来の冊子体ベースの出版物にはないさまざまなメリットが見られるが,電子化により,雑誌に縛られない,論文単位での扱いが容易となった点もそのひとつである。そして,それに応じて論文の個別売り,いわゆる一部売りサービスが登場してきた。一部売りサービスによる論文の購入は,出版社だけでなく,アグリゲータ,二次データベース経由によっても可能となってきている。ここではそれら一部売りを扱う業者を出版社,アグリゲータ,二次データベースサービスに分けて整理し,それぞれの特徴をまとめた。さらに,提供業者ごとの価格を調査し,比較を行った。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1241/johokanri.45.770
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902280414443464
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130000071600
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00116534
ID情報
  • DOI : 10.1241/johokanri.45.770
  • ISSN : 0021-7298
  • J-Global ID : 200902280414443464
  • CiNii Articles ID : 130000071600
  • CiNii Books ID : AN00116534

エクスポート
BibTeX RIS