毛利 雅子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/15 14:24
 
アバター
研究者氏名
毛利 雅子
 
モウリ マサコ
eメール
masakomlas.tut.ac.jp
所属
豊橋技術科学大学
部署
工学部
職名
准教授
学位
博士(日本大学大学院)
科研費研究者番号
20636948

プロフィール

民間企業(海外営業)、在日外国公館勤務、フリーランス会議通訳者を経て、現在に至る。

2011年3月       日本大学大学院 総合社会情報研究科 博士後期課程修了(博士)
2012年4月~2016年3月 関西外国語大学 外国語学部 講師
2016年4月~現在    豊橋技術科学大学 総合教育院 准教授

研究分野

 
 

論文

 
Is Japanese Verbal Aptitude Related with Performance of English Learning of Japanese? (Part 2)
池松、和泉、中森、加藤、毛利、レヴィン、ライアン、社河内
雲雀野   (40) 1-10   2018年3月   [査読有り]
異文化から発現する謝罪表現の伝達―法廷における謝罪と文化仲介の必要性について―
毛利 雅子
日本英語コミュニケーション学会紀要   24(1) 41-54   2015年12月   [査読有り]
Division of Labor with Language/Cultural Barriers in Japan and the Role of Legal Interpreters during Investigations
毛利 雅子
Proceedings of the XXth FIT World Congress   (Vol II) 766-772   2014年8月   [査読有り]
毛利 雅子
FORUM   12(1) 103-104   2014年4月   [査読有り]
毛利 雅子
関西外国語大学研究論集   (97) 225-236   2013年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
みすず書房   2011年10月   ISBN:4622076349

講演・口頭発表等

 
日本における難民申請者の通訳の現状ーGudykunstの理論をもとにー
毛利 雅子
日本英語コミュニケーション学会第26回年次大会   2017年10月   
Convergence, Gender and Politeness in Discourse
毛利 雅子
SIETAR EUROPA 2017   2017年5月   
日本における法廷通訳人の現状と課題 [招待有り]
毛利 雅子
MICかながわ   2017年1月   
通訳人はどこまで歩み寄るべきなのか? -Speech Accommodation Theory (Giles) の観点からー
毛利 雅子
日本英語コミュニケーション学会第25回年次大会   2016年10月   
How Legal INterpreters Bridge Cultural Gaps - Prospective Training and Materials as Cultural Mediators in Japan
毛利 雅子
Critical Link 8   2016年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
異文化コミュニケータ―としての司法通訳人の役割論と制度設計
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 毛利 雅子
外国人被疑者刑事事件における法廷通訳人の役割論
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 毛利 雅子