梅谷 博之

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/19 22:59
 
アバター
研究者氏名
梅谷 博之
eメール
h_umeta2L.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院人文社会系研究科・文学部
職名
講師
学位
博士(文学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京大学 大学院人文社会系研究科・文学部 言語学研究室 講師
 
2013年8月
 - 
2016年3月
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2013年7月
東京大学 大学院人文社会系研究科 人文社会系研究科研究員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科・文学部 言語学研究室 助教
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

受賞

 
2013年11月
日本言語学会第146回大会・大会発表賞
 

論文

 
Hiroyuki UMETANI
アジア・アフリカの言語と言語学 (Asian and African Languages and Linguistics)   13 113-129   2019年3月   [査読有り]
梅谷 博之
林徹・久保智之・藤代節・大﨑紀子・岸田泰浩・菅原睦(編)『ユーラシア諸言語の多様性と動態-20号記念号-』(Contribution to the Studies of Eurasian Languages Series 20) 神戸:ユーラシア言語研究コンソーシアム   463-471   2018年   [査読有り]
Hiroyuki UMETANI
Acta Linguistica Petropolitana   11(3) 501-518   2015年   [査読有り]
モンゴル語の身体部位運動を表す文に見られる動詞の形態
梅谷 博之
パルデシ・プラシャント,桐生和幸,ナロック・ハイコ(編)『有対動詞の通言語的研究:日本語と諸言語の対照から見えてくるもの』 東京:くろしお出版   127-139   2015年   [査読有り]
Hiroyuki UMETANI
Tomsk Journal of Linguistics and Anthropology   2014(1) 56-75   2014年   [査読有り]

Misc

 
Languages of East Asia
Tooru HAYASI and Hiroyuki UMETANI
The SAGE encyclopedia of human communication sciences and disorders   2 1030-1035   2019年3月
梅谷 博之
東京大学言語学論集   39 399-406   2018年3月
梅谷 博之
北方言語研究   7 69-81   2017年2月   [査読有り]
梅谷 博之
東京大学言語学論集   36 e67-e90   2015年9月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
モンゴル語の付属語の自立性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 梅谷 博之
モンゴル語の派生と複合の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 梅谷 博之
モンゴル語のコピュラ・存在動詞の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 梅谷 博之

その他

 
2019年1月   「モンゴル語の「アルタイ的」な特徴」
『FIELD PLUS フィールドプラス』21: 6.(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)