基本情報

所属
気象庁 気象研究所 気象予報研究部 主任研究官
国立研究開発法人防災科学技術研究所 客員研究員
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究者番号
10515026
J-GLOBAL ID
201501014990497300

外部リンク

【Media】BBC(2019/09/03):
https://www.bbc.com/news/science-environment-49483580

地球の気候システムにおける大気-雪氷相互作用に興味を持っており、雪氷圏における気候変動メカニズム解明に資する研究をしたいと考えています。現在の主な研究フィールドはグリーンランド氷床と北海道です。グリーンランド氷床上には、2012年から現在にかけて、現地観測のために計8回・通算100日以上キャンプを行いながら滞在しております。現地観測、積雪変質モデルSMAP(Niwano et al., 2012, 2014)、及び領域気候モデルNHM-SMAP(Niwano et al., 2018)を組み合わせる多角的なアプローチを取りながら結果にコミットしていきます。2017年に日本雪氷学会平田賞を受賞いたしました。更に研究に邁進していく所存です。

学歴

  2

受賞

  3

論文

  41

MISC

  12

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

講演・口頭発表等

  319

Works(作品等)

  1

その他

  19
  • 2019年 - 2019年
    Q19 summer south Greenland expedition (L.: Prof. Jason Box), 1 days on the ice sheet
  • 2019年 - 2019年
    Q19 spring south Greenland expedition (L.: Prof. Jason Box), 11 days on the ice sheet
  • 2019年 - 2019年
    Nakasatsunai, Hokkaido, Japan (L.: Prof. Teruo Aoki)
  • 2018年 - 2018年
    EGRIP camp, Greenland ice sheet (L.: Dr. Sumito Matoba), 22 days on the ice sheet
  • 2018年 - 2018年
    SIGMA-Traverse, a traverse expeditiong in the northwestern Greenland ice sheet using a traditional Greenlandic style dog-sledge (L.: Dr. Niwano), 13 days on the ice sheet