基本情報

所属
気象庁 気象研究所 気象予報研究部 主任研究官
国立研究開発法人防災科学技術研究所 客員研究員
国立極地研究所 客員准教授
学位
博士(理学)(2016年7月 名古屋大学)

連絡先
mniwanomri-jma.go.jp
研究者番号
10515026
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-3121-3802
J-GLOBAL ID
201501014990497300
Researcher ID
N-6723-2016
researchmap会員ID
B000248657

外部リンク

地球の気候システムにおける大気-雪氷相互作用に興味があり、主にグリーンランド氷床と北海道において、観測的研究と数値モデル研究を推進しています。特にグリーンランド氷床上には、2012年から現在にかけて、現地観測のために計8回・通算100日以上キャンプを行いながら滞在しています。また、これまでに、雪氷の包括的かつ詳細な時間変化をシミュレートすることが可能な積雪変質モデルSMAP(Niwano et al., 2012, 2014)と雪氷圏に特化した領域気候モデルNHM-SMAP(Niwano et al., 2018)を開発しています。一部の研究成果は、最新の気候変動レポートであるIPCC AR6 WGIレポートの第9章に貢献しております。最近は、南極氷床を対象とした数値モデル研究を2018年から開始し、更に2021年からはアジア高山域を対象とした数値モデル研究にも着手しております。日本雪氷学会平田賞受賞(2017年)、日本雪氷学会論文賞受賞(2015年)。

 【社会実装】(2022年8月23日)上記の積雪変質モデルSMAPは、2022年10月から気象庁の解析積雪深・解析降雪量及び降雪短時間予報にて現業運用・活用されております!【Link】テレビの天気予報コーナーなどでも「解析情報」として使われているようです。

【最近の研究紹介動画】


学歴

  1

受賞

  5

委員歴

  19

論文

  59

MISC

  32

共同研究・競争的資金等の研究課題

  21

所属学協会

  6

メディア報道

  9

社会貢献活動

  3

講演・口頭発表等

  424