庭野匡思

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/20 09:54
 
アバター
研究者氏名
庭野匡思
 
ニワノ マサシ
eメール
mniwanomri-jma.go.jp
URL
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/cl/cl6/researchers-e_mn.html
所属
気象庁 気象研究所
部署
気候研究部
職名
主任研究官
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
10515026
ORCID ID
0000-0003-3121-3802

プロフィール

地球の気候システムにおける大気-雪氷相互作用に興味を持っており、雪氷圏における気候変動メカニズム解明に資する研究をしたいと考えています。現在の主な研究フィールドはグリーンランド氷床と北海道です。グリーンランド氷床上には、2012年から現在にかけて、現地観測のために通算54日滞在しております。現地観測、積雪変質モデルSMAP(Niwano et al., 2012, 2014)、及び領域気候モデルNHM-SMAP(Niwano et al., 2018)を組み合わせる多角的なアプローチを取りながら結果にコミットしていきます。2017年に日本雪氷学会平田賞を受賞いたしました。更に研究に邁進していく所存です。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
気象庁気象研究所 気候研究部 主任研究官
 
2013年4月
 - 
2018年3月
気象庁気象研究所 気候研究部 研究官
 
2008年4月
 - 
2013年3月
気象庁気象研究所 物理気象研究部 研究官
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京管区気象台
 
2004年4月
 - 
2006年3月
富山地方気象台
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
気象大学校  
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
第6回国際北極研究シンポジウム組織委員会  組織委員
 
2017年10月
 - 
現在
北極環境研究コンソーシアム(JCAR)  第4期運営委員
 
2017年9月
 - 
現在
日本雪氷学会  BGR編集委員
 
2011年4月
 - 
現在
日本雪氷学会  電子情報委員
 
2008年4月
 - 
現在
日本気象学会  「天気」編集委員
 

受賞

 
2017年9月
日本雪氷学会 平田賞 積雪変質モデルSMAPの開発とその応用
 
2015年9月
日本雪氷学会 論文賞
受賞者: 庭野 匡思・青木 輝夫・兒玉 裕二・山口 悟・本吉 弘岐・岩田 幸良
 

論文

 
Takeuchi, N., R. Sakaki, J. Uetake, N. Nagatsuka, R. Shimada, M. Niwano, T. Aoki
Ann. Glaciol.      2018年9月   [査読有り]
Onuma, Y., N. Takeuchi, S. Tanaka, N. Nagatsuka, M. Niwano, and T. Aoki
The Cryosphere   12(6) 2147-2158   2018年6月   [査読有り]
Matoba, S., M. Niwano, T. Tanikawa, Y. Iizuka, T. Yamasaki, Y. Kurosaki, T. Aoki, A. Hashimoto, M. Hosaka, and S. Sugiyama
Bull. Glaciol. Res.   36 15-22   2018年4月   [査読有り]
Niwano, M., T. Aoki, A. Hashimoto, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, K. Fujita, A. Tsushima, Y. Iizuka, R. Shimada, and M. Hori
The Cryosphere   12(2) 635-655   2018年2月   [査読有り]
北極陸域モデル相互比較GTMIPの熱・水収支解析
斉藤和之,森淳子,町屋広和,宮崎真,伊勢武史,末吉哲雄,山崎剛,飯島慈裕,伊川浩樹,市井和仁,伊藤昭彦,大石龍太,太田岳史,堅田元喜,小谷亜由美,佐々井崇博,佐藤篤司,佐藤永,杉本敦子,鈴木力英,田中克典,新田友子,庭野匡思,Eleanor Burke,朴昊澤,山口悟
雪氷   80(2) 159-174   2018年4月   [査読有り]
財前祐二,折笠成宏,田尻拓也,青木輝夫,庭野匡思
エアロゾル研究   33(1) 5-11   2018年1月   [査読有り]
2015-2016冬期の新潟県アメダスへの積雪変質モデルSMAPの適用
庭野匡思, 青木輝夫, 橋本明弘, 山口悟, 谷川朋範, 保坂征宏
雪氷   79(6) 525-538   2017年12月   [査読有り]
Tsutaki, S., S. Sugiyama, D. Sakakibara, T. Aoki, and M. Niwano
Ann. Glaciol.   58 181-192   2017年7月   [査読有り]
Yasunari, T. J., M. Niwasno, Y. Fujiyoshi, A. Shimizu, M. Hayasaki, T. Aoki, A. M. da Silva6, B. N. Holben, S. Matoba, N. Murao, S. Yamagata, and K-M. Kim
SOLA   13 96-101   2017年   [査読有り]
Hori, M, K. Sugiura, K. Kobayashi, T. Aoki, T. Tanikawa, K. Kuchiki, M. Niwano, and H. Enomoto
Remote Sensing of Environment   191 402-418   2017年   [査読有り]

Misc

 
的場澄人、青木輝夫、庭野匡思、朽木勝幸、兒玉裕二、山口悟
北海道の雪氷   35 135-136   2016年9月
青木輝夫, 庭野匡思, 的場澄人
低温科学   74 163-174   2016年3月
杉浦 幸之助, 高田 久美子, 新田 友子, 保坂 征宏, 堀 雅裕, 庭野 匡思, 大宮 哲, 鈴木 和良, 平沢 尚彦, 榎本 浩之, NUASUMUGURI Arimasu, 封馬 あかね, 立花 義裕, 松村 伸治, 山崎 剛, 田中 康弘
雪氷 : 日本雪氷協會雜誌   75(4) 204-205   2013年7月

競争的資金等の研究課題

 
南極氷床表面質量収支高精度推定手法の確立(JP18H05054)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2020年4月    代表者: 庭野匡思
地球システムモデルの高度化と北極域における黒色炭素粒子の気候影響評価(JP18H03363)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 大島 長
グリーンランド氷床気候システム研究最前線の開拓 (JP17KK0017)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 庭野匡思
次世代極域気候モデル開発と広域観測によるグリーンランド氷床質量損失メカニズム解明 (JP17K12817)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 庭野匡思
近年のグリーンランド氷床表面の暗色化と急激な表面融解に関する研究 (JP16H01772)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 青木輝夫

講演・口頭発表等

 
Transition of falling snow characteristics causing weak layer formation simulated by a numerical weather model, in avalanche disaster events on March 27
Hashimoto, A., H. Motoyoshi, K. Nakamura, S. Yamaguchi, K. Kawashima, M. Niwano, and S. Nakai
EGU General Assembly 2018   2018年4月8日   
Local air circulations around Bowdoin Glacier simulated by a non-hydrostatic regional weather model
Hashimoto, A., D. Sakakibara, S. Sugiyama, M. Niwano, and T. Aoki
International Symposium on Cryosphere and Biosphere   2018年3月14日   
Modelling development and decay of cryoconite hole on Qaanaaq Ice Cap in the northwestern Greenland
Fujita, K., N. Takeuchi, M. Niwano, T. Aoki
International Symposium on Cryosphere and Biosphere   2018年3月14日   
Evaluation of the Greenland Ice Sheet surface mass balance estimated by the NHM-SMAP regional climate model
Niwano, M., T. Aoki, A. Hashimoto, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, K. Fujita, A. Tsushima, Y. Iizuka, R. Shimada, and M. Hori
Fifth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-5)   2018年1月16日   
Positive feedback effect of NIR albedo reduction on surface melting observed at SIGMA-A on Greenland ice sheet
Aoki, T., M. Niwano, T. Tanikawa, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Yamasaki, K. Fujita, Y. Iizuka, H. Motoyama
Fifth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-5)   2018年1月16日   
Floods of a proglacial stream in Qaanaaq, northwestern Greenland
Sakakibara, D., M. Niwano, S. Fukumoto, and S. Sugiyama
Fifth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-5)   2018年1月16日   
Long-term trends of snow cover extent and duration in the Northern Hemisphere derived from imagery collected by polar orbiting optical satellites
Hori, M., K. Sugiura, K. Kobayashi, T. Aoki, T. Tanikawa, M. Niwano, and H. Enomoto
Fifth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-5)   2018年1月16日   
Spectral albedo of sea ice at Qaanaaq fjord in northwest Greenland
Tanikawa, T., T. Aoki, M. Niwano, M. Hosaka, and M. Hori
Fifth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-5)   2018年1月16日   
A long-term Northern Hemisphere snow cover extent product (JASMES) deriving from satellite-borne optical sensors using consistent objective criteria
Hori, M., K. Sugiura, K. Kobayashi, T. Aoki, T. Tanikawa, M. Niwano, and H. Enomoto
AGU Fall Meeting   2017年12月11日   
領域気候モデルNHM-SMAPを活用した研究の方向性
庭野匡思
北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会「グリーンランド氷床における近年の質量損失の実態解明:メカニズムの理解と影響評価」   2017年11月20日   

Works

 
庭野匡思   Webサービス   

その他

 
観測歴
・2017年5月14– 6月25日 グリーンランド (北西部カナック周辺)集中気象・雪氷観測、(自動気象観測装置メンテナンス、雪氷面スペクトルアルベド測定)、氷床滞在日数:16日

・2017年2月17– 2月24日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2016年2月21– 2月28日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2015年7月19– 7月31日 グリーンランド (北西部カナック周辺):SIGMAプロジェクト(科学研究費補助金 基盤研究(S)(課題番号:23221004、代表:青木輝夫))集中気象・雪氷観測(自動気象観測装置メンテナンス、雪氷面スペクトルアルベド測定)、氷床滞在日数:0日

・2015年2月19– 3月1日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2014年5月25– 6月21日 グリーンランド (北西部カナック周辺):SIGMAプロジェクト集中気象・雪氷観測(自動気象観測装置メンテナンス、雪氷面スペクトルアルベド測定)、氷床滞在日数:10日

・2014年2月21– 2月28日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2013年7月14– 8月10日 グリーンランド (北西部カナック周辺):SIGMAプロジェクト集中気象・雪氷観測、(自動気象観測装置メンテナンス、雪氷面スペクトルアルベド測定)、氷床滞在日数:7日

・2013年2月3 – 8日 北海道北見市:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2012年6月11– 7月29日 グリーンランド (北西部カナック周辺):SIGMAプロジェクト集中気象・雪氷観測(自動気象観測装置設置、雪氷面スペクトルアルベド測定)、氷床滞在日数:21日

・2011年2月23– 3月2日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2010年3月2 – 4日 北海道北見市:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)

・2009年2月20 – 27日 北海道中札内村:JAXA衛星データ検証気象・雪氷観測(雪氷面スペクトルアルベド測定)