帖佐 直幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/11 12:14
 
アバター
研究者氏名
帖佐 直幸
 
チョウサ ナオユキ
eメール
nchosaiwate-med.ac.jp
URL
http://cellbiosignal.jp/
所属
岩手医科大学
部署
生化学講座 細胞情報科学分野
職名
准教授
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
岩手医科大学 生化学講座 准教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
岩手医科大学 生化学講座 講師
 
2013年7月
 - 
2016年3月
岩手医科大学 生化学講座 特任講師
 
2011年4月
 - 
2013年6月
岩手医科大学 生化学講座 助教
 
2007年4月
 - 
2011年3月
岩手医科大学 歯学部 助教
 
2000年4月
 - 
2007年3月
岩手医科大学 歯学部 助手
 

論文

 
Ohta M, Chosa N, Kyakumoto S, Yokota S, Okubo N, Nemoto A, Kamo M, Joh S, Satoh K, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   42(3) 1484-1494   2018年9月   [査読有り]
Ibi M, Horie S, Kyakumoto S, Chosa N, Yoshida M, Kamo M, Ohtsuka M, Ishisaki A
Bioscience reports   38(2)    2018年4月   [査読有り]
Naoyuki Chosa, Akira Ishisaki
Japanese Dental Science Review   54(1) 37-44   2017年11月   [査読有り]
Nemoto A, Chosa N, Kyakumoto S, Yokota S, Kamo M, Noda M, Ishisaki A
Molecular medicine reports      2017年12月   [査読有り]
Inoue M, Yamada J, Aomatsu-Kikuchi E, Satoh K, Kondo H, Ishisaki A, Chosa N
Molecular medicine reports   15(6) 4069-4076   2017年4月   [査読有り]
Takizawa N, Okubo N, Kamo M, Chosa N, Mikami T, Suzuki K, Yokota S, Ibi M, Ohtsuka M, Taira M, Yaegashi T, Ishisaki A, Kyakumoto S
Experimental cell research      2017年7月   [査読有り]
石崎明, 帖佐直幸
生化学   89(3) 428‐431   2017年6月
Yokota S, Chosa N, Kyakumoto S, Kimura H, Ibi M, Kamo M, Satoh K, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   39(4) 799-808   2017年2月   [査読有り]
Suzuki K, Chosa N, Sawada S, Takizawa N, Yaegashi T, Ishisaki A
Stem cells international   2017 3296498   2017年   [査読有り]
Bologna-Molina R, Takeda Y, Kuga T, Chosa N, Kitagawa M, Takata T, Ishisaki A, Mikami T
Journal of oral science   58(3) 407-413   2016年   [査読有り]
Komatsu Y, Ibi M, Chosa N, Kyakumoto S, Kamo M, Shibata T, Sugiyama Y, Ishisaki A
International journal of molecular medicine      2016年5月   [査読有り]
Igarashi Y, Chosa N, Sawada S, Kondo H, Yaegashi T, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   37(4) 1005-1013   2016年4月   [査読有り]
Sawada S, Chosa N, Takizawa N, Yokota J, Igarashi Y, Tomoda K, Kondo H, Yaegashi T, Ishisaki A
Molecular medicine reports   13(3) 2023-2031   2016年3月   [査読有り]
Furukawa S, Kuwajima Y, Chosa N, Sato K, Ohtsuka M, Miura H, Kimura M, Inoko H, Ishisaki A, Fujimura A, Miura H
Experimental and Therapeutic Medicine   10(4) 1380-1386   2015年10月   [査読有り]
Akazawa Y, Hasegawa T, Yoshimura Y, Chosa N, Asakawa T, Ueda K, Sugimoto A, Kitamura T, Nakagawa H, Ishisaki A, Iwamoto T
International journal of molecular medicine   36(2) 442-448   2015年8月   [査読有り]
Aomatsu E, Takahashi N, Sawada S, Okubo N, Hasegawa T, Taira M, Miura H, Ishisaki A, Chosa N.
Scientific Reports   4 3652   2014年   [査読有り]
Tamaoki N., Takahashi K., Aoki H., Iida K., Kawaguchi T., Hatakeyama D., Inden M., Chosa N., Ishisaki A., Kunisada T., Shibata T., Goshima N., Yamanaka S., Tezuka K.
Scientific Reports   4 7283   2014年12月   [査読有り]
Yokota J, Chosa N, Sawada S, Okubo N, Takahashi N, Hasegawa T, Kondo H, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   33 534-542   2014年   [査読有り]
Aomatsu E, Chosa N, Nishihira S, Sugiyama Y, Miura H, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   33 565-572   2014年   [査読有り]
Matsui M, Chosa N, Shimoyama Y, Minami K, Kimura S, Kishi M
BMC oral health   14 4   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Interface oral health science 2011.
Asakawa T., Chosa N., Hasegawa T., Asakawa A., Ishisaki A., Tanaka M. (担当:分担執筆, 範囲:Regulation of SDF-1 expression in periodontal ligament cells derived from human permanent teeth.)
Springer   2012年3月   ISBN:978-4431540694
Interface oral health science 2011
Hasegawa T., Chosa N., Asakawa T., Yoshimura Y., Ishisaki A., Tanaka M. (担当:分担執筆, 範囲:Eatablishment of periodontal ligament cell line derived from human deciduous teeth.)
Springer   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 帖佐 直幸
本年度はIL-1が歯肉線維芽細胞(HGF)に作用して、IL-6のシグナル伝達分子gp130の発現を亢進することを確認した。加えて、IL-1raとsgp130の作用を併せ持つ融合タンパクIL-1ra-sgp130を合成し、HGFにおける炎症制御を検証した。最初にIL-1raおよびsgp130のcDNAをpFLAG-CMV-5a(SIGMA)に組み込み、発現ベクターを構築した。その後、293F細胞に導入、発現させたIL-1ra-sgp130をアフィニティーカラムによって精製した。新規に合成した...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 武部 純
我々は、口腔インプラント治療への臨床応用を目指して、純チタン(cpTi)表面へ陽極酸化(AO)処理と水熱処理を行うことで、傾斜機能化とナノハイブリッド化を施した傾斜機能型ナノハイブリッド(SA処理)インプラントを開発し、in vitroモデルにて有用性を報告してきた。我々は、骨髄由来間葉系幹細胞(BMMSC)の関与が必須であると推察している。そこで、申請期間ではSA処理cpTiインプラントの臨床への実用化に向けた検討を行うべく、マウスの骨髄より採取したBMMSCを用いた実験モデルを構築し、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高橋 典子
間葉系幹細胞(MSC)が骨芽細胞へと分化する過程で発現が減少する遺伝子をDNAマイクロアレイで解析し、分化能を維持する候補因子として機能未知のサイトカイン様ペプチドSCRG1を同定した。組換えヒトSCRG1ペプチド(rhSCRG1)を作製し、rhSCRG1を用いて受容体を検索するとともに、SCRG1誘導性の細胞内シグナル伝達経路について検討した。さらに、初代培養MSCにrhSCRG1を添加して長期培養し、培養後の自己複製能、遊走能ならびに骨分化能を調査した。SCRG1は脊椎動物において高度...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 藤原 尚樹
本研究で計画した4つの実験のうち、本年度は<実験1> のin vivo HERSにおけるRho シグナリング因子の発現パターンの検証と<実験4>のタモキシフェン(TF)誘導型トランスジェニック(Tg)マウスの確立と、このTgマウスを用いたRho シグナリングとHERS形成との関係について解析を行った。<実験1>:HERS分化前である生後2日、分化直後である6日、HERSが見られる10日、歯根の伸長途上である14日のマウス下顎第一臼歯を下顎骨ごと摘出し、急速凍結にて未固定・未脱灰のまま包埋し...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 成石 浩司
IL-1β、TNF-αやIL-6などの炎症性サイトカインは、様々な慢性炎症性疾患の病態を制御することが知られている。今回、歯肉線維芽細胞(GF)を標的として、IL-1βとIL-6の相互作用による歯周炎症の病態機序,とりわけCathepsin産生性の制御を明らかにすることを目的とし、研究を遂行した。IL-1βは、IL-6のシグナル伝達分子gp130の発現をmRNAおよびタンパクレベル供に有意に亢進した。IL-1βは、GFのIL-6産生性を有意に亢進した。また、IL-1βで前処理されたGFにお...

Misc

 
歯科材料からの溶出成分がヒト間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に与える影響
根本 章, 清水 峻介, 青木 貴晃, 横田 聖司, 帖佐 直幸, 客本 齊子, 加茂 政晴, 櫻井 秀人, 志賀 華絵, 岡田 伸男, 浅野 明子, 野田 守, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 35-36   2018年3月
歯周靱帯由来細胞における神経栄養因子の発現メカニズムに関する研究
太田 麻衣子, 帖佐 直幸, 横田 聖司, 客本 齊子, 加茂 政晴, 深見 秀之, 成田 欣弥, 佐原 資謹, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 37-38   2018年3月
TGF-β1とBMP-2はヒト扁平上皮癌細胞HSC-4の上皮間葉転換に対して相反的に作用する
加茂 政晴, 平野 大輔, 松本 識野, 相原 恵子, 横田 聖司, 帖佐 直幸, 客本 齊子, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 39-40   2018年3月
歯周靱帯由来細胞における神経栄養因子NGFの発現機構に関する研究
太田 麻衣子, 帖佐 直幸, 横田 聖司, 客本 斎子, 加茂 政晴, 佐藤 健一, 城 茂治, 石崎 明
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0453]   2017年12月
変形性顎関節症に伴う下顎頭の骨吸収機構を分子レベルで明らかにする研究
松本 識野, 横田 聖司, 帖佐 直幸, 菊池 恵美子, 木村 仁迪, 加茂 政晴, 佐藤 和朗, 石崎 明
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0454]   2017年12月

担当経験のある科目