金沢百枝

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/22 08:50
 
アバター
研究者氏名
金沢百枝
 
カナザワ モモエ
eメール
momokanazawatokai.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10548001.ja.html
所属
東海大学
部署
文化社会学部 ヨーロッパ・アメリカ学科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学大学院理学系研究科), 博士(学術)(東京大学大学院総合文化研究科)
科研費研究者番号
10548001

プロフィール

美術史家。
西洋中世美術、主にロマネスク美術を研究。東京大学理学系大学院及び総合文化研究科博士課程満期退学。理学博士・学術博士。2011年、島田謹二記念学藝賞。著書に『ロマネスクの宇宙 ジローナの《天地創造の刺繍布》を読む』(東京大学出版会 2008年)、『ロマネスク美術革命』(新潮選書 2015年)、共著に『イタリア古寺巡礼』シリーズ(新潮社)。『すばる』(集英社)では隔月で展覧会評を担当、『工芸青花』(新潮社)では、ロマネスク美術について連載中。青花の会(新潮社)の編集委員。「キリスト教美術をたのしむ」と題した連続講座を毎月、池袋・明日館にて開講中。工芸青花HPにて「キリスト教美術をたのしむ(新約篇)」を連載。http://www.kogei-seika.jp/

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東海大学 文学部ヨーロッパ文明学科 教授
 
2009年4月
 - 
2013年4月
東海大学 文学部ヨーロッパ文明学科 准教授
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2007年12月
東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 比較文学・比較文化コース博士課程
 
2000年9月
 - 
2001年10月
ロンドン、コートールド美術研究所  
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 比較文学・比較文化コース修士課程
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京大学大学院 理学系研究科 植物学専攻博士課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学大学院理学系研究科 植物学専攻修士課程 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
企業メセナ協議会  メセナアワード審査員
 
2018年6月
 - 
2019年6月
西洋中世学会  事務局次長
 

受賞

 
2016年12月
サントリー文化財団 サントリー学芸賞(芸術・文学) 『ロマネスク美術革命』
 
2011年4月
東大比較文學会    島田謹二記念学藝賞
 
2009年1月
立教大学 辻荘一・三浦アンナ学術奨励金受賞
 

Misc

 
欧州タイル紀行
金沢百枝
工芸青花   11 68-93   2019年2月   [依頼有り]
スイスのロマネスク シオンのノートル・ダム・ド・ヴァレール 家具と夕日
金沢百枝
『工芸青花』(10)P38-53   (10) 38-53   2018年7月
ロマネスク美術と怪物たち 聖堂に息づくギリシア神話
金沢百枝
アステイオン   (88) 4-11   2018年5月   [依頼有り]
少女の刺繍布 オランダのサンプラー
金沢百枝
『工芸青花』   (9) 31-51   2018年2月   [依頼有り]
スペインのロマネスク サント・ドミンゴ・デ・シロス修道院 ゆるされる人
金沢百枝
工芸青花   (8) 20-43   2017年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
金沢百枝 (担当:分担執筆, 範囲:ひとの移動と意味の変容 オトラント大聖堂床モザイクの大樹と裸人)
東京大学出版会   2017年5月   ISBN:4130203061
名古屋大学出版会   2015年10月   ISBN:4815808171
金沢 百枝
新潮社   2015年8月   ISBN:4106037750
金沢百枝 (担当:共著, 範囲:「見る書物」としての《バイユーのタピスリー》ーその解釈の変遷)
慶應義塾大学出版会   2013年10月   ISBN:4766420918
金沢 百枝, 小澤 実 (担当:共著)
新潮社   2012年11月   ISBN:4106022389

講演・口頭発表等

 
「枠組みの法則」再考とオータン、サン・ラザール大聖堂のテュンパヌム
金沢百枝
International Medieval Congress, Kalamazoo   2019年5月9日   
中世ヨーロッパのタピスリー ロマネスクの刺繍を中心として [招待有り]
金沢百枝
多摩美術大学   2018年10月18日   
柳とロマネスク [招待有り]
金沢百枝
日本民藝館特別講演会   2017年11月11日   
ロマネスク聖堂における非キリスト教美術 オトラント大聖堂の床モザイクを中心に [招待有り]
金沢百枝
中世建築研究会   2017年10月21日   
ヨーロッパの海獣と想像力 [招待有り]
金沢百枝
国立民族学博物館共同研究「驚異と怪異 想像界の比較研究」   2016年12月4日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 金沢 百枝
地中海地域の床モザイク、とくにイタリアとイスラエルの実地調査を行い、文献収集等を含めた床モザイクのカタログ化を試みた。オトラント大聖堂の実地調査から、テッセラの色合いや様式はプーリア地方のモザイクと、そして図像学的にはアドリア海沿岸部の作例と高い共通性があることが明らかになった。

社会貢献活動

 
『工芸青花』編集委員
【助言・指導, 情報提供】  青花の会 新潮社  2016年4月1日 - 現在