森山至貴

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 14:27
 
アバター
研究者氏名
森山至貴
eメール
morinwaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
文学学術院
職名
専任講師
学位
博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号
50745510
Twitter ID
sankaku_queer

プロフィール

1982年生まれ
東京大学教養学部総合社会学科相関社会科学分科卒業
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース博士後期課程単位取得満期退学
日本学術振興会特別研究員(PD)
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻助教を経て
早稲田大学文学学術院専任講師
専門社会調査士

研究分野

 
 

経歴

 
2015年9月
 - 
2016年3月
早稲田大学 非常勤講師
 
2014年8月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院総合文化研究科国際社会科学専攻 助教
 
2015年4月
 - 
2015年9月
埼玉大学 教養学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
明治学院大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
実践女子大学 非常勤講師
 

受賞

 
2008年8月
解放社会学会 優秀報告賞
 

論文

 
大学でクィア・スタディーズを教える―その指針についての試論
森山至貴
神奈川大学評論   (88) 74-82   2017年11月   [招待有り]
居場所がしんどい、現場がこわい
森山至貴
現代思想   45(20) 238-248   2017年11月   [招待有り]
セクシュアルマイノリティとネオリベラリズム
森山至貴
解放社会学研究   (30) 88-104   2017年5月   [招待有り]
文字通りの声―その両義性のクィアな流用に向けて
森山至貴
ジェンダー研究21   (6) 36-68   2017年1月   [招待有り]
言語実践に着目したセクシュアリティ研究へ向けて―ゲイ男性が用いるタチ/ネコ、タチ/ウケという用語系に着目して
森山至貴
ことばと社会   (16) 86-109   2014年10月   [査読有り]
「二丁目に捨てるゴミ無し」と人は言うけれど、
森山至貴
ユリイカ   46(10) 246-253   2014年7月   [招待有り]
呼称が立ち上げる〈わたしたち〉
森山至貴
社会学評論   62(1) 103-121   2011年7月   [査読有り]
動員される〈外部〉
森山至貴
解放社会学研究   24 56-74   2011年5月   [査読有り]
Construction of Peer Consciousness of Gay Men in Contemporary Japan
MORIYAMA Noritaka
Proceedings of the 6th Biennial International Gender and Language Association Conference   235-245   2011年1月
ゲイコミュニティ語りの「系譜」
森山至貴
解放社会学研究   (23) 11-30   2010年9月   [査読有り]
ゲイアイデンティティとゲイコミュニティの関係性の変遷―カミングアウトに関する語りの分析から
森山至貴
年報社会学論集   (23) 188-199   2010年8月   [査読有り]
クィア・ペダゴジーという問題系
森山至貴
論叢クィア   (2) 49-70   2009年9月   [査読有り]
Positions and Actions: Tachi/Neko System of Gay Men in Japan
MORIYAMA Noritaka
Windows on Comparative Literature   (4) 98-109   2009年5月
「懸命にゲイになるべき」か?――雑誌『Badi』にみるセクシュアリティとライフスタイルの関係性
森山至貴
論叢クィア   (1) 76-98   2008年9月   [査読有り]
森山至貴
ソシオロゴス   (32) 198-215   2008年6月   [査読有り]
森山至貴
書評ソシオロゴス   (3) 1-14   2007年11月   [査読有り]
森山至貴
相関社会科学   (17) 56-69   2008年3月   [査読有り]
森山至貴
Sociology today   (17) 41-55   2008年3月   [査読有り]

Misc

 
刷新と舗装
森山至貴
支援   (8) 225-231   2018年5月   [依頼有り]
「新しさ」の罠にはまらないために
森山至貴
現代思想   46(6) 62-69   2018年4月   [依頼有り]
リプライ
森山至貴
解放社会学研究   (31) 143-146   2018年3月   [依頼有り]
男二人暮らし、はじめました。
森山至貴
支援   (7) 123-129   2017年5月   [依頼有り]
ルビンの壺はひび割れていないか
森山至貴
支援   (5) 300-307   2015年4月   [依頼有り]
リプライ
森山至貴
解放社会学研究   (27) 108-114   2014年2月   [依頼有り]
クィア音楽学と声の問題系
森山至貴
ユリイカ   44(13) 246-246   2012年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
日本のゲイは「普通の存在」になったのか
森山至貴 (担当:分担執筆)
勁草書房   2017年11月   
瀬地山角編著『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア』
LGBTを読みとく:クィア・スタディーズ入門
森山至貴
筑摩書房   2017年3月   
「ゲイコミュニティ」の社会学
森山至貴
2012年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
変声期の社会学的研究
早稲田大学: 特定課題研究助成費 特定課題(基礎女性)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 森山至貴
同性婚の社会学―親密な関係性を全体社会に位置づける現代的プロジェクトの研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 森山至貴