守屋 圭

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 15:53
 
アバター
研究者氏名
守屋 圭
 
モリヤ ケイ
ハンドル
moriyak
eメール
moriyaknaramed-u.ac.jp
所属
奈良県立医科大学
部署
内科学第三講座
職名
講師
学位
医学博士(奈良県立医科大学)

プロフィール

1998年 奈良県立医科大学卒業
2008年 奈良県立医科大学大学院(生体分子・機能再建医学)修了、医学博士取得
2008年 The Cleveland Clinic, Lerner Research Institute,U.S.A博士研究員
2011年 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科 医員
2012年 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科 診療助教
2013年 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科 助教
2016年 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科 講師

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本消化器病学会評議員
 
2017年
 - 
現在
日本内科学会  日本内科学会近畿支部評議員
 
2015年
 - 
現在
日本肝臓学会  日本肝臓学西部会評議員
 
2014年
 - 
現在
日本消化器病学会  日本消化器病学会支部評議員
 

論文

 
Takaya H, Kawaratani H, Tsuji Y, Nakanishi K, Saikawa S, Sato S, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Shimozato N, Kitade M, Akahane T, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
United European gastroenterology journal   6(9) 1401-1409   2018年11月   [査読有り]
Sawada Y, Kawaratani H, Kubo T, Fujinaga Y, Furukawa M, Saikawa S, Sato S, Seki K, Takaya H, Okura Y, Kaji K, Shimozato N, Mashitani T, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Akahane T, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      2018年10月   [査読有り]
Saikawa S, Kaji K, Nishimura N, Seki K, Sato S, Nakanishi K, Kitagawa K, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Yoshiji H
Cancer letters   434 120-129   2018年10月   [査読有り]
Okura Y, Namisaki T, Sato S, Moriya K, Akahane T, Kitade M, Kawaratani H, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Shimozato N, Seki K, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Fujinaga Y, Kubo T, Kaya D, Tsuji Y, Ozutsumi T, Kitagawa K, Mashitani T, Ogawa H, Ishida K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      2018年9月   [査読有り]
Takeda K, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Akahane T, Kitade M, Kawaratani H, Shimozato N, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Seki K, Fujinaga Y, Tsuji Y, Kubo T, Sato S, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kitagawa K, Ozutsumi T, Kaya D, Mitoro A, Mashitani T, Okura Y, Yamao J, Yoshiji H
Experimental and therapeutic medicine   16(3) 2743-2750   2018年9月   [査読有り]
Inoue T, Nakayama J, Moriya K, Kawaratani H, Momoda R, Ito K, Iio E, Nojiri S, Fujiwara K, Yoneda M, Yoshiji H, Tanaka Y
Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   67(6) 869-877   2018年8月   [査読有り]
Moriya K, Namisaki T, Sato S, Douhara A, Furukawa M, Kawaratani H, Kaji K, Kitade M, Shimozato N, Sawada Y, Seki K, Saikawa S, Takaya H, Akahane T, Mitoro A, Okura Y, Yamao J, Yoshiji H
Journal of gastrointestinal oncology   9(4) 741-749   2018年8月   [査読有り]
Seki K, Kitade M, Nishimura N, Kaji K, Asada K, Namisaki T, Moriya K, Kawaratani H, Okura Y, Takaya H, Sawada Y, Sato S, Nakanishi K, Yoshiji H
Oncotarget   9(47) 28638-28651   2018年6月   [査読有り]
Kaji K, Nishimura N, Seki K, Sato S, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Yoshiji H
International journal of cancer   142(8) 1712-1722   2018年4月   [査読有り]
Asada S, Kawaratani H, Mashitani T, Kaya D, Nishigori M, Kubo T, Sawada Y, Fujinaga Y, Kaji K, Kitade M, Namisaki T, Moriya K, Mitoro A, Yoshiji H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(8) 1087-1092   2018年4月   [査読有り]
Takahashi A, Moriya K, Ohira H, Arinaga-Hino T, Zeniya M, Torimura T, Abe M, Takaki A, Kang JH, Inui A, Fujisawa T, Yoshizawa K, Suzuki Y, Nakamoto N, Koike K, Yoshiji H, Goto A, Tanaka A, Younossi ZM, Takikawa H, Japan AIH Study Group.
PloS one   13(10) e0204772   2018年   [査読有り]
Takaya H, Kawaratani H, Kubo T, Seki K, Sawada Y, Kaji K, Okura Y, Takeda K, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Mitoro A, Matsumoto M, Fukui H, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(3) E52-E60   2018年2月   [査読有り]
Kaneko M, Mitoro A, Yoshida M, Sawai M, Okura Y, Furukawa M, Namisaki T, Moriya K, Akahane T, Kawaratani H, Kitade M, Kaji K, Takaya H, Sawada Y, Seki K, Sato S, Fujii T, Yamao J, Obayashi C, Yoshiji H
BMC gastroenterology   18(1) 16   2018年1月   [査読有り]
Kaji K, Takaya H, Saikawa S, Furukawa M, Sato S, Kawaratani H, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Akahane T, Mitoro A, Yoshiji H
World journal of gastroenterology   23(47) 8355-8366   2017年12月   [査読有り]
Okura Y, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kaji K, Noguchi R, Nishimura N, Seki K, Kawaratani H, Takaya H, Sato S, Sawada Y, Shimozato N, Furukawa M, Nakanishi K, Saikawa S, Kubo T, Asada K, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(12) 1317-1328   2017年11月   [査読有り]
Takeda K, Noguchi R, Kitade M, Namisaki T, Moriya K, Kawaratani H, Okura Y, Kaji K, Aihara Y, Douhara A, Nishimura N, Sawada Y, Seki K, Yoshiji H
Molecular medicine reports   16(5) 5752-5758   2017年11月   [査読有り]
Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kaji K, Okura Y, Shimozato N, Sato S, Nishimura N, Seki K, Kawaratani H, Takaya H, Sawada Y, Akahane T, Saikawa S, Nakanishi K, Kubo T, Furukawa M, Noguchi R, Asada K, Kitagawa K, Ozutsumi T, Tsuji Y, Kaya D, Fujinaga Y, Yoshiji H
Hepatology communications   1(9) 928-945   2017年11月   [査読有り]
Douhara A, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Kaji K, Kawaratani H, Takeda K, Okura Y, Takaya H, Noguchi R, Nishimura N, Seki K, Sato S, Sawada Y, Yamao J, Mitoro A, Uejima M, Mashitani T, Shimozato N, Saikawa S, Nakanishi K, Furukawa M, Kubo T, Yoshiji H
Oncology letters   14(3) 3028-3034   2017年9月   [査読有り]
Noguchi R, Kaji K, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Takeda K, Kawaratani H, Okura Y, Aihara Y, Furukawa M, Mitoro A, Yoshiji H
World journal of gastroenterology   23(36) 6705-6714   2017年9月   [査読有り]
Kawaratani H, Fukui H, Moriya K, Noguchi R, Namisaki T, Uejima M, Kitade M, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Nishimura N, Takaya H, Aihara Y, Sawada Y, Sato S, Seki K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(9) 854-861   2017年8月   [査読有り]
Kawaratani H, Moriya K, Namisaki T, Uejima M, Kitade M, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Takaya H, Nishimura N, Sato S, Sawada Y, Seki K, Kubo T, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
International journal of molecular medicine   40(2) 263-270   2017年8月   [査読有り]
Gastric granular cell tumor in a youth excised by endoscopic submucosal dissection : A case report and literature review.
Takaya H, Kawaratani H, Kaneko M, Takeda S, Sawada Y, Kitade M, Moriya K, Namisaki T, Sawai M, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Acta gastro-enterologica Belgica   80(2) 317-319   2017年4月   [査読有り]
Namisaki T, Moriya K, Noguchi R, Kitade M, Kawaratani H, Yamao J, Mitoro A, Yoshida M, Sawai M, Uejima M, Mashitani T, Takeda K, Okura Y, Kaji K, Takaya H, Aihara Y, Douhara A, Nishimura N, Sawada Y, Sato S, Seki K, Yoshiji H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   47(3) E178-E186   2017年3月   [査読有り]
Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Kawaratani H, Takeda K, Okura Y, Takaya H, Nishimura N, Seki K, Kaji K, Sato S, Sawada Y, Yamao J, Mitoro A, Uejima M, Mashitani T, Shimozato N, Nakanishi K, Furukawa M, Saikawa S, Kubo T, Yoshiji H
European journal of gastroenterology & hepatology   29(1) 23-30   2017年1月   [査読有り]
Shibamoto A, Kawaratani H, Kubo T, Nishimura N, Sato S, Seki K, Sawada Y, Takaya H, Okura Y, Takeda K, Uejima M, Namisaki T, Moriya K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   84(4) 193-197   2017年   [査読有り]
Nishimura N, Kitade M, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Takeda K, Okura Y, Aihara Y, Douhara A, Kawaratani H, Asada K, Yoshiji H
Journal of gastroenterology   51(12) 1141-1149   2016年12月   [査読有り]
Asada K, Aihara Y, Takaya H, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Uejima M, Kitade M, Mashitani T, Takeda K, Kawaratani H, Okura Y, Kaji K, Douhara A, Sawada Y, Nishimura N, Seki K, Mitoro A, Yamao J, Yoshiji H
World journal of hepatology   8(28) 1194-1199   2016年10月   [査読有り]
Namisaki T, Noguchi R, Moriya K, Kitade M, Aihara Y, Douhara A, Nishimura N, Takeda K, Okura Y, Kawaratani H, Takaya H, Seki K, Yoshiji H
Journal of gastroenterology   51(2) 162-172   2016年2月   [査読有り]
Iwasaki A, Sakai K, Moriya K, Sasaki T, Keene DR, Akhtar R, Miyazono T, Yasumura S, Watanabe M, Morishita S, Sakai T
The Journal of biological chemistry   291(1) 72-88   2016年1月   [査読有り]
竹田幸祐、野口隆一、浪崎正、守屋圭、増谷剛、北出光輝、瓦谷英人、大倉康志、鍛治孝祐、相原洋祐、西村典久、澤田保彦、佐藤慎哉、関建一郎、美登路昭、吉治仁志
肝臓   57(9) 496   2016年   [査読有り]
Kawaratani H, Moriya K, Ishida K, Noguchi R, Namisaki T, Takaya H, Douhara A, Yoshiji H, Yamao J, Fujii H, Fukui H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(14) 1859-1863   2016年   [査読有り]
Douhara A, Moriya K, Yoshiji H, Noguchi R, Namisaki T, Kitade M, Kaji K, Aihara Y, Nishimura N, Takeda K, Okura Y, Kawaratani H, Fukui H
Molecular medicine reports   11(3) 1693-1700   2015年3月   [査読有り]
Yoshiji H, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Aihara Y, Douhara A, Kawaratani H, Nishimura N, Fukui H
Journal of gastroenterology   49(10) 1421-1429   2014年10月   [査読有り]
Kaji K, Yoshiji H, Ikenaka Y, Noguchi R, Aihara Y, Douhara A, Moriya K, Kawaratani H, Shirai Y, Yoshii J, Yanase K, Kitade M, Namisaki T, Fukui H
Journal of gastroenterology   49(3) 481-491   2014年3月   [査読有り]
高齢者進行肝細胞癌の治療選択 ソラフェニブか肝動注化学療法か
守屋 圭, 吉治 仁志, 堂原 彰敏, 浪崎 正, 野口 隆一, 上嶋 昌和, 瓦谷 英人, 相原 洋祐, 高谷 広章, 北出 光輝, 西村 典久, 関 建一郎, 賀屋 大介, 辻 裕樹, 錦織 麻衣子, 田原 一樹, 吉田 太之, 豊原 眞久, 美登路 昭, 藤本 正男, 沢井 正佳, 山尾 純一, 福井 博
日本高齢消化器病学会誌   16(2) 26   2014年   [査読有り]
Aihara Y, Yoshiji H, Noguchi R, Kaji K, Namisaki T, Shirai Y, Douhara A, Moriya K, Kawaratani H, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43(11) 1241-1250   2013年11月   [査読有り]
Yoshiji H, Noguchi R, Namisaki T, Moriya K, Kitade M, Aihara Y, Douhara A, Yamao J, Fujimoto M, Toyohara M, Mitoro A, Sawai M, Yoshida M, Morioka C, Uejima M, Uemura M, Fukui H
Oncology reports   30(2) 545-552   2013年8月   [査読有り]
Noguchi R, Yoshiji H, Ikenaka Y, Kaji K, Aihara Y, Shirai Y, Namisaki T, Kitade M, Douhara A, Moriya K, Fukui H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   43(7) 765-774   2013年7月   [査読有り]
Kawaratani H, Tsujimoto T, Kubo T, Aihara Y, Takaya T, Uejima M, Moriya K, Noguchi R, Yoshiji H, Fukui H
Case reports in gastroenterology   7(2) 245-250   2013年5月   [査読有り]
Shirai Y, Yoshiji H, Noguchi R, Kaji K, Aihara Y, Douhara A, Moriya K, Namisaki T, Kawaratani H, Fukui H
Journal of gastroenterology and hepatology   28(4) 723-730   2013年4月   [査読有り]
アルコール性肝障害と炎症性サイトカイン
瓦谷 英人, 辻本 達寛, 守屋 圭, 高谷 広章, 堂原 彰敏, 美登路 昭, 吉治 仁志, 藤本 正男, 福井 博
エンドトキシン・自然免疫研究   16 12   2013年   [査読有り]
Kawaratani H, Tsujimoto T, Douhara A, Takaya H, Moriya K, Namisaki T, Noguchi R, Yoshiji H, Fujimoto M, Fukui H
Mediators of inflammation   2013 495156   2013年   [査読有り]
Moriya K, Sakai K, Yan MH, Sakai T
Hepatology (Baltimore, Md.)   56(1) 311-321   2012年7月   [査読有り]
当科における耐術能不良な食道がん症例に対する集学的治療の現状 特に高齢者治療の観点から
古川 政統, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉田 太之, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 浪崎 正, 藤永 幸久, 大谷 絵美, 辰巳 晴規, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 堂原 彰敏, 高谷 広章, 武山 真也, 津呂 公規, 森岡 千恵, 野口 隆一, 池中 康英, 豊原 眞久, 吉治 仁志, 藤本 正男, 植村 正人, 福井 博, 山尾 純一
Journal of Nara Medical Association   63(3-4) 47   2012年   [査読有り]
Tsujimoto I, Moriya K, Sakai K, Dickneite G, Sakai T
The American journal of pathology   179(6) 3011-3019   2011年12月   [査読有り]
Moriya K, Bae E, Honda K, Sakai K, Sakaguchi T, Tsujimoto I, Kamisoyama H, Keene DR, Sasaki T, Sakai T
Gastroenterology   140(5) 1653-1663   2011年5月   [査読有り]
Nishiofuku M, Yoshikawa M, Ouji Y, Saito K, Moriya K, Ishizaka S, Nishimura F, Matsuda R, Yamada S, Fukui H
Journal of bioscience and bioengineering   111(1) 71-77   2011年1月   [査読有り]
Ouji Y, Yoshikawa M, Moriya K, Nishiofuku M, Ouji-Sageshima N, Matsuda R, Nishimura F, Ishizaka S
Journal of bioscience and bioengineering   110(4) 487-490   2010年10月   [査読有り]
Matsuda R, Yoshikawa M, Kimura H, Ouji Y, Nakase H, Nishimura F, Nonaka J, Toriumi H, Yamada S, Nishiofuku M, Moriya K, Ishizaka S, Nakamura M, Sakaki T
Cell transplantation   18(1) 39-54   2009年1月   [査読有り]
Yoshikawa M, Nishiofuku M, Moriya K, Ouji Y, Ishizaka S, Kasahara K, Mikasa K, Hirai T, Mizuno Y, Ogawa S, Nakamura T, Maruyama H, Akao N
Parasitology international   57(4) 525-529   2008年12月   [査読有り]
Kaji K, Yoshiji H, Kitade M, Ikenaka Y, Noguchi R, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Moriya K, Tsujimoto T, Kawaratani H, Akahane T, Uemura M, Fukui H
International journal of molecular medicine   22(6) 801-808   2008年12月   [査読有り]
Moriya K, Yoshikawa M, Ouji Y, Saito K, Nishiofuku M, Matsuda R, Ishizaka S, Fukui H
International journal of experimental pathology   89(6) 401-409   2008年12月   [査読有り]
Tsujimoto T, Shioyama E, Moriya K, Kawaratani H, Shirai Y, Toyohara M, Mitoro A, Yamao J, Fujii H, Fukui H
World journal of gastroenterology   14(39) 6087-6092   2008年10月   [査読有り]
Nonaka J, Yoshikawa M, Ouji Y, Matsuda R, Nishimura F, Yamada S, Nakase H, Moriya K, Nishiofuku M, Ishizaka S, Sakaki T
Journal of bioscience and bioengineering   106(2) 141-147   2008年8月   [査読有り]
Neovascularization and oxidative stress in the progression of non-alcoholic steatohepatitis.
Kitade M, Yoshiji H, Kojima H, Ikenaka Y, Noguchi R, Kaji K, Yoshii J, Yanase K, Namisaki T, Yamazaki M, Tsujimoto T, Moriya K, Kawaratani H, Akahane T, Fukui H
Molecular medicine reports   1(4) 543-548   2008年7月   [査読有り]
Ouji Y, Yoshikawa M, Moriya K, Nishiofuku M, Matsuda R, Ishizaka S
Biochemical and biophysical research communications   367(2) 299-304   2008年3月   [査読有り]
Yoshikawa M, Ouji Y, Hayashi N, Moriya K, Nishiofuku M, Ishizaka S, Itoh M, Kimura E, Nakamura F, Nawa Y
Journal of travel medicine   15(1) 53-57   2008年1月   [査読有り]
Yoshikawa M, Ouji Y, Nishiofuku M, Moriya K, Kasahara K, Mikasa KI, Mizuno Y, Nakamura T, Ogawa S, Ishizaka S, Akao N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   47(13) 1289-1290   2008年   [査読有り]
Sakaguchi H, Tanaka T, Marugami N, Kichikawa K, Horiuchi H, Morioka C, Toyohara M, Moriya K, Nishiofuku M, Mitoro A, Fukui H, Hirai T, Yamashita N, Ouji Y, Ishizaka S, Yoshikawa M
Parasitology international   56(3) 207-210   2007年9月   [査読有り]
Ouji Y, Yoshikawa M, Moriya K, Ishizaka S
Biochemical and biophysical research communications   359(3) 516-522   2007年8月   [査読有り]
Embryonic stem cells develop into hepatocytes after intrasplenic transplantation in CCl4-treated mice.
Moriya K, Yoshikawa M, Saito K, Ouji Y, Nishiofuku M, Hayashi N, Ishizaka S, Fukui H
World journal of gastroenterology   13(6) 866-873   2007年2月   [査読有り]
Promoted differentiation of cynomolgus monkey ES cells into hepatocyte-like cells by co-culture with mouse fetal liver-derived cells.
Saito K, Yoshikawa M, Ouji Y, Moriya K, Nishiofuku M, Ueda S, Hayashi N, Ishizaka S, Fukui H
World journal of gastroenterology   12(42) 6818-6827   2006年11月   [査読有り]
Ueda S, Yoshikawa M, Ouji Y, Saito K, Moriya K, Nishiofuku M, Hayashi N, Ishizaka S, Shimada K, Konishi N, Fukui H
Journal of bioscience and bioengineering   102(1) 14-20   2006年7月   [査読有り]
Differentiation of embryonic stem cells into insulin-producing cells promoted by Nkx2.2 gene transfer.
Shiroi A, Ueda S, Ouji Y, Saito K, Moriya K, Sugie Y, Fukui H, Ishizaka S, Yoshikawa M
World journal of gastroenterology   11(27) 4161-4166   2005年7月   [査読有り]
Sugie Y, Yoshikawa M, Ouji Y, Saito K, Moriya K, Ishizaka S, Matsuura T, Maruoka S, Nawa Y, Hara Y
Biochemical and biophysical research communications   332(1) 241-247   2005年6月   [査読有り]
胃内腔へ浸潤した後腹膜原発平滑筋肉腫および平滑筋芽腫の1剖検例
守屋 圭, 増井 一弘, 前川 泰寛, 山根 佳子, 豊川 泰勲, 明石 陽介, 永松 晋作, 中谷 敏也, 菊池 英亮, 山田 高嗣, 仲川 昌之, 渡辺 明彦, 吉岡 哲也, 中西 啓介
Journal of Nara Medical Association   56(3) 137   2005年   [査読有り]
消化性潰瘍におけるヘリコバクターピロリ感染症に対する治療成績 除菌成否に関与する因子の検討
守屋 圭, 中谷 敏也, 明石 陽介, 前川 泰寛, 小林 洋三, 山根 佳子, 増井 一弘, 豊川 泰勲, 菊池 英亮
奈良県立奈良病院医学雑誌   8(1) 27   2004年   [査読有り]
Disappearance of hepatic encephalopathy and improvement of liver function after surgical treatment of portal-systemic shunt in a patient with liver cirrhosis.
Moriya K, Kojima H, Matsumura M, Sakurai S, Imazu H, Uemura M, Honda H, Fukui H
Hepato-gastroenterology   50(52) 1128-1132   2003年7月   [査読有り]
C型慢性肝炎治療の進歩と将来
菊池 英亮, 守屋 圭, 瀧 朋子, 小林 洋三, 増井 一弘, 中谷 敏也
奈良県立奈良病院医学雑誌   7(1) 1   2003年

Misc

 
門亢症の包括的マネジメント 肝硬変におけるサルコペニア判定基準の有用性と問題点
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   24(3) 72-72   2018年8月
難治性胸腹水の治療戦略 ASI-7はトルバプタンの治療効果判定に有用である
瓦谷 英人, 石田 光志, 久保 卓也, 辻 裕樹, 藤永 幸久, 澤田 保彦, 高谷 広章, 下里 直隆, 守屋 圭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   24(3) 93-93   2018年8月
食道病変を呈したIgA血管炎の1例
田中 美彩子, 野口 隆一, 小島 邦行, 関 建一郎, 大倉 康志, 守屋 圭, 西村 義明, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   60(5) 1083-1088   2018年5月
症例は29歳男性。腹痛を主訴に近医を受診し、Helicobacter pylori(HP)感染を指摘、除菌療法を施行された。その翌日に症状が増悪し腸炎疑いで当院に緊急入院となった。入院後に下腿の紫斑が出現し、上下部消化管内視鏡検査を施行したところ、食道、胃、十二指腸、回腸、結腸にびらんを認め、IgA血管炎による消化管病変と考えられた。プレドニゾロン内服後は、腹部症状は消失し紫斑も改善した。IgA血管炎の食道病変を内視鏡で観察し得た報告例は少なく貴重な症例と考えられる。またIgA血管炎には消...
超音波内視鏡検査(EUS)で特徴的な経時的変化を呈した胃hamartomatous inverted polyp(HIP)の一例
花谷 純一, 古川 政統, 美登路 昭, 上野 浩嗣, 中谷 達也, 尾崎 邦彰, 辻 裕樹, 賀屋 大介, 北川 洸, 関 建一郎, 澤田 保彦, 高谷 広章, 大倉 康志, 下里 直隆, 増谷 剛, 守屋 圭, 赤羽 たけみ, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   60(Suppl.1) 818-818   2018年4月
自己免疫性肝疾患の最新知見 亜鉛による自己免疫性肝炎の線維化進展度予測と肝線維化治療の可能性
守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A166-A166   2018年4月
肝硬変患者における筋痙攣 サルコペニア、肝予備能、QOLとの関連
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 北川 洸, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 下里 直隆, 北出 光輝, 赤羽 たけみ, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A297-A297   2018年4月
YAP経路を介したAngiotensin-II受容体阻害薬による胆管細胞癌抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 小堤 隆広, 賀屋 大介, 久保 卓也, 辻 裕樹, 藤永 幸久, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 北川 洸, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A365-A365   2018年4月
Von Willebrand因子およびADAMTS13の肝癌早期診断マーカーとしての有用性
高谷 広章, 浪崎 正, 辻 祐樹, 下里 直隆, 中西 啓祐, 鍛治 孝祐, 関 健一郎, 北川 洸, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 赤羽 たけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A390-A390   2018年4月
筋肉量低下は切除不能進行膵癌の予後規定因子となりうるか?
古川 政統, 佐藤 慎哉, 井上 雄太, 尾山 雅文, 西村 尚起, 森 仁志, 久保 卓也, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A392-A392   2018年4月
肝疾患におけるサルコペニアの診断と治療 肝硬変における日本肝臓学会サルコペニア判定基準の有用性と問題点
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A93-A93   2018年4月
門脈圧亢進症に対する診断と治療の進歩 トルバプタン治療効果判定におけるASI-7の有用性
瓦谷 英人, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A214-A214   2018年4月
低受診率地域における肝炎ウイルス検査受診率向上に向けた取り組み
赤羽 たけみ, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 増谷 剛, 瓦谷 英人, 下里 直隆, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   59(Suppl.1) A470-A470   2018年4月
【肝胆膵とアルコール-serendipityを目指して-】 アルコール性肝障害の病型と病態 アルコール性肝硬変
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝・胆・膵   76(1) 77-84   2018年1月
Angiotensin-II受容体阻害薬によるHippo-YAP経路を介した肝内胆管癌抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 下里 直隆, 北出 光輝, 守屋 圭, 波崎 正, 吉治 仁志
The Liver Cancer Journal   9(2) 162-163   2017年12月
自己免疫性肝疾患の最前線 自己免疫性肝炎患者における亜鉛製剤による線維化改善の可能性
守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A713-A713   2017年11月
進行肝細胞癌治療における最新治療:基礎と臨床の立場から NRF2活性化剤による肝癌発育抑制の基礎的検討
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A743-A743   2017年11月
C型肝炎における肝線維化診断法としての新しい超音波shear wave elastographyの可能性
野口 隆一, 浪崎 正, 北出 光輝, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 守屋 圭, 瓦谷 英人, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A816-A816   2017年11月
ステロイドにより組織学的改善を認めた肝サルコイドーシスの3例
井上 雄太, 高谷 広章, 下里 直隆, 大倉 康志, 瓦谷 英人, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 古川 政統, 赤羽 たけみ, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A919-A919   2017年11月
先天性心疾患(Fontan)術後のうっ血肝を背景に発症した進行多発肝細胞癌の一剖検例
西村 尚起, 瓦谷 英人, 尾山 雅文, 井上 雄太, 森 仁志, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 高谷 広章, 鍛冶 孝祐, 波崎 正, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A937-A937   2017年11月
顕性黄疸を伴う肝障害で発症した薬剤性過敏症症候群の一例
花谷 純一, 守屋 圭, 中西 啓祐, 関 建一郎, 高谷 広章, 大倉 康志, 北出 光輝, 浪崎 正, 山尾 純一, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A946-A946   2017年11月
関節リウマチを背景に難治性腹水を呈した肝線維症の1例
尾山 雅文, 瓦谷 英人, 西村 尚起, 井上 雄太, 森 仁志, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.3) A947-A947   2017年11月
80歳で発症したGAD抗体陰性IA2抗体陽性1型糖尿病の1例
金子 三紀, 上嶋 昌和, 尾崎 邦明, 関 建一郎, 中西 啓祐, 錦織 麻衣子, 大倉 康志, 増谷 剛, 守屋 圭, 美登路 昭, 吉治 仁志
糖尿病   60(9) 668-668   2017年9月
成人慢性肝内胆汁うっ滞の病態と治療 原発性胆汁性胆管炎においてUDCA治療反応性が組織学的進展の予測因子になり得るか
浪崎 正, 守屋 圭
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A500-A500   2017年9月
切除不能膵癌化学療法における筋肉量低下の影響
井上 雄太, 佐藤 慎哉, 美登路 昭, 高見 昌義, 関 建一郎, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 山尾 純一, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A862-A862   2017年9月
高齢者膵癌における化学療法の意義
高見 昌義, 佐藤 慎哉, 美登路 昭, 井上 雄太, 関 健一郎, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 山尾 純一, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A862-A862   2017年9月
成人慢性肝内胆汁うっ滞の病態と治療 原発性胆汁性胆管炎においてUDCA治療反応性が組織学的進展の予測因子になり得るか
浪崎 正, 守屋 圭
肝臓   58(Suppl.2) A515-A515   2017年9月
C型慢性肝炎Genotype 1型に対するDAAレジメの治療効果とQOLに対する影響の検討
久保 卓也, 竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 澤田 保彦, 関 建一郎, 山尾 純一, 美登路 昭, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 才川 宗一郎, 古川 政統, 中西 啓祐, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A583-A583   2017年9月
FXR作動薬及びDPP4阻害薬併用によるNASH肝線維化進展抑制効果と作用機序
下里 直隆, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 高谷 広章, 澤田 保彦, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 関 建一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A629-A629   2017年9月
SGLT2阻害薬による肝癌抑制効果
鍛治 孝祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A638-A638   2017年9月
進行肝癌に対するSorafenib治療がサルコペニアと生命予後に及ぼす影響
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 山尾 純一, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.2) A640-A640   2017年9月
成人慢性肝内胆汁うっ滞の病態と治療 原発性胆汁性胆管炎においてUDCA治療反応性が組織学的進展の予測因子になり得るか
浪崎 正, 守屋 圭
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.2) 1974-1974   2017年9月
トルバプタンによる胸水腹水治療戦略 トルバプタンの治療効果は判定基準の設定で異なる
瓦谷 英人, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 佐藤 慎也, 久保 卓也, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 63-63   2017年8月
リファキシミンによる肝硬変合併症改善の可能性
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 才川 宗一郎, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 竹田 幸祐, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 131-131   2017年8月
有腹水肝硬変症例におけるサルコペニアの影響
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 関 健一郎, 才川 宗一郎, 澤田 保彦, 下里 直隆, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 浪崎 正, 赤羽 あけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   23(3) 145-145   2017年8月
アルコール性肝障害研究の最先端 エンドキシンやサルコペニアがアルコール性肝硬変に与える影響
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 浪崎 正, 赤羽 たけみ, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本アルコール・薬物医学会雑誌   52(4) 118-118   2017年8月
SGLT2阻害薬による肝癌抑制効果
鍛治 孝祐, 西村 典久, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A286-A286   2017年4月
YAP-Hippo経路を介した胆管細胞癌に対するangiotensin-II受容体阻害薬の腫瘍抑制効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 古川 政統, 関 建一郎, 中西 啓祐, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 下里 直隆, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A287-A287   2017年4月
動注化学療法および分子標的治療薬を用いた進行肝癌治療の効果予測における腫瘍径と腫瘍マーカーの意義
守屋 圭, 浪崎 正, 下里 直隆, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 古川 政統, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A339-A339   2017年4月
マウス急性肝不全モデルにおけるADAMTS13の動態
高谷 広章, 鍛治 孝祐, 北出 光輝, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 澤田 保彦, 大倉 康志, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A373-A373   2017年4月
原発性胆汁性胆管炎(PBC)におけるEnhanced Liver Fibrosis(ELF)スコアの肝線維化マーカーとしての有用性
浪崎 正, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A374-A374   2017年4月
CDAA食およびLPS併用による新規NASHモデルマウス作成の試み
中西 啓祐, 久保 卓也, 才川 宗一郎, 下里 直隆, 古川 政統, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 守屋 圭, 北出 光輝, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A390-A390   2017年4月
肝硬変患者におけるサルコペニア合併例の特徴
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   58(Suppl.1) A401-A401   2017年4月
内視鏡も手術も行う外科医から見た大腸憩室出血のマネージメント
小山 文一, 植田 剛, 庄 雅之, 井上 隆, 中本 貴透, 尾原 伸作, 佐々木 義之, 中村 保幸, 山尾 純一, 守屋 圭, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.1) 1081-1081   2017年4月
肺病変の合併を伴わない膵サルコイドーシスの一例
高見 昌義, 瓦谷 英人, 井上 雄太, 芝本 彰彦, 松田 卓也, 関 建一郎, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 大倉 康志, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.1) 1108-1108   2017年4月
DPP4阻害薬及びFXR作動薬併用によるNASH肝線維化進展抑制の試み
下里 直隆, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝佑, 大倉 康志, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 関 建一郎, 古川 政統, 中西 啓祐, 久保 卓也, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-492   2017年4月
ラットNASHモデルにおけるFructoseによる肝線維化促進効果と機序
関 建一郎, 北出 光輝, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 高谷 広章, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-495   2017年4月
NASH肝病態進展におけるDPP4阻害薬併用及びアンギオテンシンII受容体拮抗薬を用いた新規治療の試み
大倉 康志, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 下里 直隆, 古川 正統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 浅田 潔, 吉治 仁志
糖尿病   60(Suppl.1) S-496   2017年4月
アルコール性臓器障害発症の分子機序と治療への応用 当科におけるアルコール性肝硬変の合併症と予後
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A118-A118   2017年3月
自己免疫性肝疾患のパラダイムシフト 原発性胆汁性胆管炎(PBC)におけるUDCA治療反応性予測因子の解析 Nara criteriaの有用性
浪崎 正, 守屋 圭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A135-A135   2017年3月
アンギオテンシンII受容体拮抗薬およびDPP4阻害薬併用によるNASH肝病態進展抑制効果と作用機序
大倉 康志, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 下里 直隆, 古川 政統, 中西 啓介, 才川 宗一郎, 浅田 潔, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A308-A308   2017年3月
C型慢性肝炎Genotype 1型に対する各DAA治療間のQOLに及ぼす差異
竹田 幸祐, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 下里 直隆, 才川 宗一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A315-A315   2017年3月
非環式レチノイドとアンギオテンシンII受容体拮抗薬併用による肝発癌抑制効果とメカニズム
西村 典久, 北出 光輝, 浪崎 正, 守屋 圭, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 佐藤 慎哉, 才川 宗一郎, 澤田 保彦, 下里 直隆, 関 建一郎, 中西 啓祐, 古川 政統, 久保 卓也, 浅田 潔, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A319-A319   2017年3月
NASH肝線維化進展におけるProbioticsおよびAngiotensin II受容体拮抗薬併用投与による腸肝相関への影響
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 久保 卓也, 古川 政統, 中西 啓祐, 才川 宗一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 関 建一郎, 高谷 広章, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 下里 直隆, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A320-A320   2017年3月
進行肝癌に対するSorafenibおよび動注化学療法における腫瘍径と腫瘍マーカーによる治療選択の試み
守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 鍛治 孝祐, 佐藤 慎哉, 古川 政統, 瓦谷 英人, 西村 典久, 竹田 幸祐, 関 建一郎, 澤田 保彦, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A361-A361   2017年3月
急性胆管炎のEndotoxin activity assay(EAA)値による重症度予測
下里 直隆, 浪崎 正, 大倉 康志, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 吉治 仁志
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 156-156   2017年2月
肝硬変患者におけるサルコペニア合併例の特徴
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本内科学会雑誌   106(Suppl.) 157-157   2017年2月
【目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療】 遺伝子型2型C型肝炎の抗ウイルス治療の実際 GT2型C型肝炎治療の現時点での実際の使い方
浪崎 正, 守屋 圭, 竹田 幸祐, 吉治 仁志
Mebio   34(1) 37-44   2017年1月
NASH肝発癌モデルに対するソラフェニブとangiotensin-II受容体阻害薬(ARB)の併用効果
才川 宗一郎, 鍛治 孝祐, 中西 啓祐, 守屋 圭, 吉治 仁志
The Liver Cancer Journal   8(2) 142-143   2016年12月
副腎皮質機能低下症を呈した副腎原発悪性リンパ腫の1例
尾崎 邦彰, 上嶋 昌和, 中西 啓祐, 錦織 麻衣子, 守屋 圭, 浪崎 正, 美登路 昭, 増谷 剛, 石井 均, 長谷川 真理, 岡橋 望, 米田 龍生, 辻本 賀洋, 吉治 仁志
日本内分泌学会雑誌   92(2) 522-522   2016年10月
Angiotensin-II受容体メチル化のNASH肝線維化におけるバイオマーカーとしての可能性
浅田 潔, 相原 洋祐, 高谷 広章, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 堂原 彰敏, 西村 典久, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A553-A553   2016年9月
NASH肝線維化進展におけるProbioticsおよびAngiotensin II受容体拮抗薬併用投与による腸肝相関への影響
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 関 建一郎, 佐藤 慎哉, 西村 典久, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A567-A567   2016年9月
アンギオテンシンII受容体拮抗薬およびDPP4阻害薬併用によるNASH肝線維化及び発癌抑制効果と作用機序
大倉 康志, 浪崎 正, 野口 隆一, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A567-A567   2016年9月
肝硬変患者におけるサルコペニア合併例の特徴
佐藤 慎哉, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.2) A606-A606   2016年9月
血清IgG4値が135mg/dl未満である自己免疫性膵炎の病態
美登路 昭, 吉田 太之, 沢井 正佳, 野口 隆一, 浪崎 正, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 山尾 純一, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増大会) A679-A679   2016年9月
難治性胸・腹水 治療法の評価 トルバプタンの治療効果は判定基準の設定で異なる
瓦谷 英人, 守屋 圭, 浪崎 正, 上嶋 昌和, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 高谷 広章, 澤田 保彦, 関 建一郎, 西村 典久, 佐藤 慎也, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   22(3) 98-98   2016年8月
Reduction of endotoxin attenuates liver fibrosis through suppression of hepatic stellate cell activation and remission of intestinal permeability in a rat non-alcoholic steatohepatitis model(非アルコール性脂肪肝炎(NASH)モデルのラットにおいて、エンドトキシンの減少が肝星細胞の活性化抑制と腸管透過性改善を介して肝線
堂原 彰敏, 守屋 圭, 野口 隆一, 浪崎 正, 北出 光輝, 相原 洋祐, 西村 典久, 瓦谷 英人, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 吉治 仁志
奈良県医師会医学会年報   29(1) 75-80   2016年7月
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)モデルのラットにおいて、エンドトキシンの減少が肝星細胞の活性化抑制と腸管透過性改善を介して肝線維化進展を抑制するか検討した。6週齢の雄性F344ラットにコリン欠乏アミノ酸食(CDAA)を8週間投与して実験的NASH肝線維化モデルを作成した。治療群として難吸収性抗菌薬であるポリミキシンBとネオマイシンを飲料水に溶解して投与し、対照群としてコリン添加アミノ酸食(CSAA)投与ラットを設定した。抗菌薬群ではCDAA群に比して肝線維化および活性化肝星細胞発現は抑制...
自己免疫性肝疾患の今後の展開 自己免疫性肝炎に対する非侵襲的病態予測の試み
守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A96-A96   2016年4月
ラットNASHモデルに対するProbioticsおよびアンジオテンシンII受容体拮抗薬併用投与による肝線維化抑制効果
澤田 保彦, 瓦谷 英人, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A199-A199   2016年4月
B型肝炎における簡便な非侵襲的肝線維化診断法の確立
野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 西村 典久, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 関 建一郎, 相原 洋祐, 佐藤 慎哉, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A210-A210   2016年4月
肝線維化過程におけるperiostinの役割 レニン・アンジオテンシン系とのクロストーク
竹田 幸祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 相原 洋祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   57(Suppl.1) A237-A237   2016年4月
肝硬変患者における小腸出血に対するアプローチ 内視鏡治療の限界
瓦谷 英人, 守屋 圭, 中村 麻衣子, 関 建一郎, 澤田 保彦, 相原 洋祐, 大倉 康志, 竹田 幸祐, 美登路 昭, 山尾 純一, 藤井 久男, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 701-701   2016年4月
抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドラインの課題 胃ESDにおける検討
吉田 太之, 美登路 昭, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 澤田 保彦, 関 建一郎, 藤本 優樹, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 741-741   2016年4月
術前診断が困難であった膵過誤腫の一例
関 建一郎, 吉田 太之, 浅田 翔平, 岩井 聡始, 金子 三紀, 鍛治 孝祐, 大倉 康志, 守屋 圭, 上嶋 昌和, 沢井 正佳, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 799-799   2016年4月
肝硬変症のトータルケア・マネージメント 判定基準の設定でトルバプタンの治療効果は異なる
瓦谷 英人, 守屋 圭, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A143-A143   2016年3月
DPP4阻害薬及びアンギオテンシンII受容体拮抗薬併用による肝病態進展抑制効果
大倉 康志, 浪崎 正, 野口 隆一, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 相原 洋祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 澤田 保彦, 関 建一郎, 増谷 剛, 鍛治 孝佑, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A228-A228   2016年3月
自己免疫性肝炎における血清フェリチン/亜鉛濃度比を用いた肝病態予測の有用性
守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 鍛治 孝祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 上嶋 昌和, 沢井 正佳, 吉田 太之, 美登路 昭, 山尾 純一, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A302-A302   2016年3月
原発性胆汁性肝硬変(PBC)におけるUDCA反応性と予後および組織学的病期の関連
浪崎 正, 守屋 圭, 野口 隆一, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 佐藤 慎哉, 関 建一郎, 山尾 純一, 藤本 正男, 美登路 昭, 吉田 太之, 沢井 正佳, 吉治 仁志
日本消化器病学会雑誌   113(臨増総会) A303-A303   2016年3月
肝硬変治療の進歩 トルバプタンの開発に伴う難治性腹水治療の変化
瓦谷 英人, 守屋 圭
肝臓   56(Suppl.3) A872-A872   2015年11月
自己免疫性肝疾患の病態と治療 血清フェリチン/亜鉛濃度比を用いた自己免疫性肝炎の線維化評価の可能性
守屋 圭, 浪崎 正, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.3) A906-A906   2015年11月
自己免疫性肝疾患の病態と治療 原発性胆汁性肝硬変(PBC)の組織学的病期は治療反応性および予後規定因子に成り得るかScheuerおよび新Nakanuma分類による比較を含めて
浪崎 正, 守屋 圭, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.3) A907-A907   2015年11月
血清ACE値を用いた新たな肝線維化診断法の可能性
野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 西村 典久, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 関 建一郎, 相原 洋祐, 佐藤 慎哉, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.3) A1014-A1014   2015年11月
術前診断に苦慮した肝粘液嚢胞性腫瘍の1切除例
竹田 惣一, 守屋 圭, 佐藤 慎哉, 美登路 昭, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.3) A1121-A1121   2015年11月
初回TACE治療症例における再発規定因子と再発形式の検討
堂原 彰敏, 守屋 圭, 野口 隆一, 浪崎 正, 北出 光輝, 相原 洋祐, 西村 典久, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A734-A734   2015年9月
非アルコール性脂肪性肝疾患とバセドウ病との関連
田原 一樹, 藤本 正男, 野口 隆一, 浪崎 正, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 高谷 広章, 相原 洋祐, 堂原 彰敏, 西村 典久, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A754-A754   2015年9月
DPP4阻害薬およびアンジオテンシンII受容体阻害薬併用による肝線維化抑制効果
大倉 康志, 浪崎 正, 野口 隆一, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 高谷 広章, 堂原 彰敏, 西村 典久, 増谷 剛, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A755-A755   2015年9月
自己免疫性肝炎の線維化進展度に対する血清フェリチン/亜鉛濃度比の有用性
守屋 圭, 浪崎 正, 野口 隆一, 北出 光輝, 堂原 彰敏, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 西村 典久, 相原 洋祐, 佐藤 慎哉, 美登路 昭, 山尾 純一, 藤本 正男, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A771-A771   2015年9月
活性化肝星細胞はJaggedを介して肝前駆細胞の分化運命をparacrineに規定する
北出 光輝, 西村 典久, 関 建一郎, 相原 洋祐, 野口 隆一, 守屋 圭, 浪崎 正, 堂原 彰敏, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A775-A775   2015年9月
肝線維化進展過程におけるレニン・アンジオテンシン系遺伝子のメチル化解析
浅田 潔, 相原 洋祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 堂原 彰敏, 西村 典久, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A776-A776   2015年9月
Angiotensin type 1受容体拮抗薬(ARB)の肝線維化抑制効果におけるPeriostinの関与
竹田 幸祐, 野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 堂原 彰敏, 西村 典久, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A777-A777   2015年9月
尿素窒素(BUN)のトルバプタン治療効果予測マーカーとしての可能性
瓦谷 英人, 野口 隆一, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 西村 典久, 藤本 正男, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A782-A782   2015年9月
各種画像モダリティーにおける腫瘍径評価の差 RFA適応症例を中心として
野口 隆一, 浪崎 正, 守屋 圭, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 西村 典久, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 関 建一郎, 吉治 仁志
肝臓   56(Suppl.2) A786-A786   2015年9月
脂肪性肝炎モデルにおける自然免疫系の解析とサイトカイン産生調整薬による新規治療法の開発
瓦谷 英人, 野口 隆一, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 高谷 広章, 堂原 彰敏, 西村 典久, 藤本 正男, 吉治 仁志, 福井 博
エンドトキシン・自然免疫研究   18 69-72   2015年9月
H.pylori(HP)感染胃炎における京都分類の有用性と問題点
沢井 正佳, 山尾 純一, 関 建一郎, 澤田 保彦, 西村 典久, 大倉 康志, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 上嶋 昌和, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉田 太之, 美登路 昭, 吉治 仁志
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.2) 2074-2074   2015年9月
内視鏡的乳頭大バルーン拡張術(EPLBD)の有効性と安全性に関する検討
吉田 太之, 美登路 昭, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 守屋 圭, 大倉 康志, 関 建一郎, 吉治 仁志, 山尾 純一, 福井 博
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.2) 2186-2186   2015年9月
難治性胸・腹水の治療法とその適応 非代償性肝硬変患者におけるトルバプタン治療の有用性
瓦谷 英人, 野口 隆一, 守屋 圭, 浪崎 正, 北出 光輝, 上嶋 昌和, 竹田 幸祐, 美登路 昭, 吉治 仁志
日本門脈圧亢進症学会雑誌   21(3) 84-84   2015年8月
ASH肝線維化における内因性エンドトキシンと腸管透過性の関与
堂原 彰敏, 守屋 圭, 野口 隆一, 浪崎 正, 北出 光輝, 相原 洋祐, 西村 典久, 佐藤 慎哉, 吉治 仁志
日本アルコール・薬物医学会雑誌   50(4) 211-211   2015年8月
当院における非静脈瘤性上部消化管出血に対する緊急内視鏡治療の現状
竹田 幸祐, 沢井 正佳, 榎本 壮秀, 梶本 衣里奈, 竹田 惣一, 藤本 優樹, 村田 晃児, 石田 光志, 関 建一郎, 澤田 保彦, 西村 典久, 堂原 彰敏, 高谷 広章, 大倉 康志, 瓦谷 英人, 北出 光輝, 守屋 圭, 田原 一樹, 上嶋 昌和, 浪崎 正, 野口 隆一, 吉田 太之, 美登路 昭, 吉治 仁志, 山尾 純一, 福井 博, 沢井 正佳
奈良県医師会医学会年報   28(1) 141-142   2015年6月
高齢者C型肝炎におけるインターフェロン治療の生存率と発癌率に及ぼす影響
竹田 幸祐, 野口 隆一, 吉治 仁志, 浪崎 正, 守屋 圭, 増谷 剛, 北出 光輝, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 高谷 広章, 堂原 彰敏, 西村 典久, 関 建一郎, 福井 博
肝臓   56(Suppl.1) A266-A266   2015年4月
AIH/PBCオーバーラップ症候群の臨床的特徴と長期予後
守屋 圭, 吉治 仁志, 浪崎 正, 野口 隆一, 北出 光輝, 吉田 太之, 沢井 正佳, 上嶋 昌和, 竹田 幸祐, 瓦谷 英人, 大倉 康志, 高谷 広章, 堂原 彰敏, 相原 洋祐, 西村 典久, 澤田 保彦, 関 建一郎, 藤本 正男, 美登路 昭, 増谷 剛, 山尾 純一, 吉川 正英, 福井 博
肝臓   56(Suppl.1) A298-A298   2015年4月
原発性胆汁性肝硬変(PBC)に対するUDCAの治療効果 Nakanuma分類とScheuer分類による比較検討
浪崎 正, 吉治 仁志, 野口 隆一, 守屋 圭, 北出 光輝, 堂原 彰敏, 竹田 幸祐, 大倉 康志, 西村 典久, 相原 洋祐, 山尾 純一, 藤本 正男, 美登路 昭, 吉田 太之, 沢井 正佳, 福井 博
肝臓   56(Suppl.1) A299-A299   2015年4月

書籍等出版物

 
アルコール性肝硬変
守屋 圭 (担当:共著)
肝胆膵   2018年   
【目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療】 遺伝子型2型C型肝炎の抗ウイルス治療の実際 GT2型C型肝炎治療の現時点での実際の使い方
守屋 圭 (担当:共著)
Mebio   2017年   
目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療
守屋 圭 (担当:共著)
メジカルビュー社   2017年   
肝疾患治療マニュアル 腹水の治療(腹水穿刺排液、CART,デンバーシャント)
守屋 圭
南江堂   2017年   
肝硬変の成因別実態2014
守屋 圭 (担当:共著)
医学図書出版株式会社   2015年   
脂肪性肝炎モデルにおける自然免疫系の解析とサイトカイン産生調整薬による新規治療法の開発 エンドトキシン・自然免疫研究
守屋 圭 (担当:共著)
医学図書出版株式会社   2015年   
酸化ストレスと肝疾患〈第9巻〉 分岐鎖アミノ酸(BCAA)によるインスリン抵抗性条件下での肝発癌・再発抑制効果:血管新生および酸化ストレスの関与
守屋 圭 (担当:共著)
酸化ストレスと肝研究会   2013年   
薬物性肝障害の実態
守屋 圭 (担当:共著)
中外医学社   2008年   
【末梢型肝内胆管癌】 バリアント(亜分類);細胆管癌,ステム細胞癌 細胆管の生物学的意義と病態の多様性
守屋 圭 (担当:共著)
肝・胆・膵   2005年   
消化器病学の進歩2005-モノグラフ-消化器病学のニューフロンティア
守屋 圭 (担当:共著)
2005年   
細胆管の生物学的意義と病態の多様性
守屋 圭
肝胆膵   2005年   
Angiotensin-Ⅱ受容体阻害薬によるHippo-YAP経路を介した肝内胆管癌抑制効果
守屋 圭 (担当:共著)
The Liver Cancer Journal   2017年   
胆管上皮より発生する胚幹(ES)細胞から胆管上皮への分化誘導は可能か? ES細胞,肝発生,胆管上皮の分化の接点から
守屋 圭 (担当:共著)
胆と膵   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
奈良県立医科大学 公立大学法人若手研究助成事業
奈良県立医科大学 : 
研究期間: 2014年       代表者: 守屋 圭