MISC

2017年2月

「ふげん」から採取した金属配管試料の放射能分析,5

JAEA-Data/Code 2016-017
  • 原賀 智子
  • ,
  • 飛田 実*
  • ,
  • 高橋 重実*
  • ,
  • 関 晃太郎*
  • ,
  • 出雲 沙理
  • ,
  • 下村 祐介
  • ,
  • 石森 健一郎
  • ,
  • 亀尾 裕

開始ページ
53
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-data-code-2016-017

日本原子力研究開発機構原子炉廃止措置研究開発センターでは、新型転換炉原型炉「ふげん」の廃止措置が進められており、解体撤去物等のクリアランス申請や廃棄確認のためのスケーリングファクタ法の確立に向けて、解体撤去物等から採取した試料の放射能データの収集を進めている。一方、原子力科学研究部門 バックエンド技術部 放射性廃棄物管理技術課では、バックエンド推進部門 廃棄物確認技術開発グループ(現 放射性廃棄物管理技術課)が開発した廃棄物放射能データの収集を効率よく行うための簡易・迅速分析法の実証試験を進めている。本報告では、実放射性廃棄物試料として、「ふげん」の重水系統及び炭酸ガス系統の金属配管から採取した試料を用い、これまでに報告した試料と核種組成の異なる金属配管試料に対して、開発した簡易・迅速分析法を適用できることを示すとともに、「ふげん」の金属配管試料に対する放射能データを整備した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-data-code-2016-017
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5053933
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-data-code-2016-017

エクスポート
BibTeX RIS