MISC

2016年10月

研究施設等廃棄物のトレンチ処分施設における遮水機能の設計検討(共同研究)

JAEA-Technology 2016-019
  • 坂井 章浩
  • ,
  • 黒澤 亮平*
  • ,
  • 仲田 久和
  • ,
  • 岡田 翔太
  • ,
  • 出雲 沙理
  • ,
  • 佐藤 亮*
  • ,
  • 北村 洋一*
  • ,
  • 本田 泰丈*
  • ,
  • 高岡 克樹*
  • ,
  • 天澤 弘也

開始ページ
134
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
DOI
10.11484/jaea-technology-2016-019

日本原子力研究開発機構では、コンクリート, 金属などの安定五品目以外の廃棄物をトレンチ処分するため、遮水シートを設置したトレンチ処分施設(以下、「付加機能型トレンチ処分施設」)の設計を進めている。付加機能型トレンチ処分施設では、遮水シートにより浸出水の浸透防止や集排水機能を果たす設計としているが、重機等の接触による損傷等によりその機能が十分に発揮されない場合も想定される。本研究では、遮水シート等の遮水層構造に着目し、遮水シート及び低透水性材料等の特性、多層構造の効果及び損傷要因等の外部条件への対応を考慮し、浸出水の漏出及びそれに伴う放射性物質の漏出に関して、抑制機能の高い遮水機能システムについて検討した。その結果、排水層, 遮水シート及び低透水性層を組合せた層が、浸出水の漏出抑制に最も有効であることを確認した。また、セシウムを含む廃棄物を処分する場合、セシウム吸着シートの設置を評価した。本研究で検討した遮水層は、研究施設等廃棄物の付加機能型トレンチ処分施設の設計に活用するとともに、放射性物質を含む一般・産業廃棄物の管理型処分等の設計にも適用可能と考えられる。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11484/jaea-technology-2016-019
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5056791
ID情報
  • DOI : 10.11484/jaea-technology-2016-019

エクスポート
BibTeX RIS