講演・口頭発表等

製錬転換施設の廃止措置プロジェクト,3; プロセス機器の撤去に要する人工数の簡易評価方法の検討

日本原子力学会2012年春の年会
  • 出雲 沙理
  • ,
  • 臼井 秀雄
  • ,
  • 立花 光夫
  • ,
  • 森本 靖之
  • ,
  • 田中 祥雄
  • ,
  • 杉杖 典岳
  • ,
  • 高橋 信雄
  • ,
  • 徳安 隆志

開催年月日
2012年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福井
国・地域
日本

各種原子力施設の合理的で効率的な廃止措置計画の策定に役立てるため、解体作業に要する人工数の評価式の整備を進めている。製錬転換施設では、小型・軽量のプロセス関連機器が複数集まって、ウラン転換の工程ごとにユニットを構成している。そこで、ウラン転換工程の機器構成を考慮した簡易式を作成し、プロセス関連機器の撤去に要する人工数を計算した結果、実績値を精度よく容易に再現できることがわかった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5034474