論文

査読有り
2012年2月

製錬転換施設の廃止措置における管理データの評価に関する研究

Proceedings of International Waste Management Symposia 2012 (WM 2012) (CD-ROM)
  • 臼井 秀雄
  • ,
  • 出雲 沙理
  • ,
  • 芝原 雄司
  • ,
  • 森本 靖之
  • ,
  • 徳安 隆志
  • ,
  • 高橋 信雄
  • ,
  • 田中 祥雄
  • ,
  • 杉杖 典岳
  • ,
  • 立花 光夫

開始ページ
13
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

人形峠環境技術センターに立地する製錬転換施設では乾式転換設備の廃止措置が2008年に始まり、これまでの解体において種々の管理データを取得してきた。本研究では管理データとして、解体人工数,GH(グリーンハウス)の設置と撤去にかかわる人工数、GHにかかわる二次廃棄物発生量について検討を行った。施設全体の解体人工数の評価は、その施設に存在する機器の種類ごとに解体人工数の評価式を作ることで可能となる。しかしながら全種類の機器について評価式を作ることは容易ではない。そこで、施設の特徴に基づいて人工数を評価する、より簡易な評価方法の検討を行った。その結果、化学工程ごとに解体人工数を評価する見通しが得られた。一方、効率的な解体計画を立案するためには、GHの使用に関してあらかじめ入念な検討を行う必要がある。そこで、GHにかかわる管理データ(人工数,二次廃棄物発生量)の評価方法を検討した。その結果、作成した評価式によりGHの管理データを評価する見通しが得られた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5034452

エクスポート
BibTeX RIS