MAEKAWA Yoshihide

J-GLOBAL         Last updated: Oct 19, 2018 at 14:16
 
Avatar
Name
MAEKAWA Yoshihide

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kobayashi D, Murota K, Fujita R, Itokawa K, Kotaki A, Moi ML, Ejiri H, Maekawa Y, Ogawa K, Tsuda Y, Sasaki T, Kobayashi M, Takasaki T, Isawa H, Sawabe K
The American journal of tropical medicine and hygiene   98(5) 1460-1468   May 2018   [Refereed]
Matsumura T, Mashiko R, Sato T, Itokawa K, Maekawa Y, Ogawa K, Isawa H, Yamamoto A, Mori S, Horita A, Ginnaga A, Miyatsu Y, Takahashi M, Taki H, Hifumi T, Sawabe K, Ato M
Japanese journal of infectious diseases   71(2) 116-121   Mar 2018   [Refereed]
橋本知幸, 皆川恵子, 數間亨, 武藤敦彦, 葛西真治, 駒形修, 前川芳秀, 冨田隆史, 渡辺護, 澤邉京子, 白石都, 大石英明, 山内健生, 山内健生, 五十嵐真人, 池田文明
衛生動物   68(3) 101‐108-108   Sep 2017
人の活動域に生息するマダニに対して、衛生害虫用殺虫剤4製剤(プロペタンホスMC剤、フェニトロチオンフロアブル剤、フェンチオン・フタルスリン混合乳剤、フェニトロチオン粉剤)を各々処理し、防除効果とその持続性を評価した。試験区内ではフタトゲチマダニが優占して見られた。4製剤は処理1〜6日後に80%以上の減少率を示し、概ね速効的にマダニを駆除した。4製剤の中でプロペタンホスMC剤は48日後まで減少率80%以上を維持し、効果が最も持続した。他の剤は19日後以降、減少率は徐々に低下した。これに対して...
前川芳秀, 小川浩平, 駒形修, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   67(3) 183‐198-198   Sep 2016
<p>A total of 512 mosquito specimens, collected in 2013 and 2014 from 18 study sites from Hokkaido to Kagoshima, Japan, were analyzed for DNA barcoding based on the nucleotide sequence of cytochrome c oxidase subunit I (COI) region, following whic...
前川芳秀, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   67(1) 1‐12-12   Mar 2016
北海道から九州まで42ヵ所の調査地にて2013年と2014年に行った日本産蚊の国内分布調査結果を報告した。成虫採集はドライアイストラップおよび捕虫網を用いて行い、周辺環境が異なる10ヶ所に1台ずつ設置し、3〜4晩連続して採集を行った。幼虫採集は様々な水辺で行い、採集した幼虫は実験室で飼育して羽化させ種類を同定した。11属44種の16608個体が収集され、ドライアイストラップにて採取された34種14076個体のトラップ1台1日当たりの捕集密度は0.002〜16.51であり、広域・高密度種のコ...
Tsuda Y, Maekawa Y, Ogawa K, Itokawa K, Komagata O, Sasaki T, Isawa H, Tomita T, Sawabe K
Japanese journal of infectious diseases   69(1) 1-5   2016   [Refereed]
Kobayashi M, Komagata O, Yonejima M, Maekawa Y, Hirabayashi K, Hayashi T, Nihei N, Yoshida M, Tsuda Y, Sawabe K
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   26 135-137   Sep 2014   [Refereed]
Kawada H, Dida GO, Ohashi K, Komagata O, Kasai S, Tomita T, Sonye G, Maekawa Y, Mwatele C, Njenga SM, Mwandawiro C, Minakawa N, Takagi M
PloS one   6(8) e22574   2011   [Refereed]
Iwashita H, Dida G, Futami K, Sonye G, Kaneko S, Horio M, Kawada H, Maekawa Y, Aoki Y, Minakawa N
Malaria journal   9 176   Jun 2010   [Refereed]
Spatial distribution and pyrethroid susceptibility of mosquito larvae collected from catch basins in parks in Nagasaki city, Nagasaki, Japan.
Kawada H, Maekawa Y, Abe M, Ohashi K, Ohba SY, Takagi M
Japanese journal of infectious diseases   63(1) 19-24   Jan 2010   [Refereed]
Maekawa Y, Sunahara T, Dachlan YP, Yotoranoto S, Basuki S, Uemura H, Kanbara H, Takagi M
Journal of the American Mosquito Control Association   25(2) 203-205   Jun 2009   [Refereed]
MAEKAWA Yoshihide, TSUDA Yoshio, DACHLAN Yoes P., YOTOPRANOTO Subagyo, GERUDUG I. Komang, YOSHINAGA Kazumi, KANBARA Hiroji, TAKAGI Masahiro
Med. Entomol. Zool.   60(1) 1-11   2009
A systematic mosquito collection was carried out for 3 years from November 2001 to September 2004 in western Lombok Island, Indonesia to clarify Anopheles fauna, and to confirm vector species in malaria endemic areas. Adult mosquitoes were collect...
Kazumi Yoshinaga, Yoshihide Maekawa, I. Komang Gerudug, Budasi Herman, Aan Suryanatha, Nyoman Suarsana, Iskandarsyah, Zainudin, Handomi, Yoes P. Dachlan, Hiroji Kanbara
Tropical Medicine and Health   36 81-92   Jan 2008
Malaria epidemiological surveys were carried out in two subdistricts; Meninting of Lombok island and Utan of Sumbawa island, Indonesia in 2002 through 2003. In Meninting, distribution of hypo- to meso- endemicity was observed mainly in hilly fores...
Field trial on the spatial repellency of metofluthrin-impregnated plastic strips for mosquitoes in shelters without walls (beruga) in Lombok, Indonesia.
Kawada H, Maekawa Y, Takagi M
Journal of vector ecology : journal of the Society for Vector Ecology   30(2) 181-185   Dec 2005   [Refereed]
Trial of spatial repellency of metofluthrin-impregnated paper strip against Anopheles and Culex in shelters without walls in Lombok, Indonesia.
Kawada H, Maekawa Y, Tsuda Y, Takagi M
Journal of the American Mosquito Control Association   20(4) 434-437   Dec 2004   [Refereed]
Laboratory and field evaluation of spatial repellency with metofluthrin-impregnated paper strip against mosquitoes in Lombok Island, Indonesia.
Kawada H, Maekawa Y, Tsuda Y, Takagi M
Journal of the American Mosquito Control Association   20(3) 292-298   Sep 2004   [Refereed]
TSUDA Yoshio, MAEKAWA Yoshihide, SAITA Susumu, HASEGAWA Maiko, TAKAGI Masahiro
Med. Entomol. Zool.   54(4) 325-330   2003
Flying mosquitoes were collected at a pair of collection sites at different heights from the ground by a suction trap enhanced with 1 kg of dry ice in summer in 2001 and 2002, on the campus of Nagasaki University, School of Medicine, and on a smal...
後藤恵之輔, 前川芳秀
自然災害科学研究西部地区部会報   (23) 11-16   Mar 1999
後藤恵之輔, 前川芳秀, JUN B
土木史研究   18(18) 339-350   May 1998
近年、世界各地で歴史学、民族学的にも貴重な考古学遺跡が、調査・発掘方法、保存技術などで脚光を浴びている。そこで本論では、古代遺跡の技術を土木的観点から把握し、衛星リモートセンシング技術が遺跡探査方法のひとつとして活かせないか、いくつかの検討を試みたものである。対象とした遺跡は、福岡県太宰府市にある水城、大阪府堺市にある舌鳥古墳群(仁徳天皇陵)と、藤井寺・羽曳野雨市にまたがる古市誉田古墳群(応神天皇陵)である。検討方法としては、対象遺跡の特徴を把握後、人工衛星リモートセンシングを中心として文...

Misc

 
葛西真治, 角田隆, 前川芳秀, 糸川健太郎, 室田勝功, 室田勝功, 駒形修, 津田良夫, 皆川昇, 沢辺京子, 冨田隆史
日本農薬学会大会講演要旨集   43rd 56   May 2018
前川芳秀, 津田良夫, 笠井あすか, 竹内真人, 沢辺京子
衛生動物   69(Supplement) 71   Mar 2018
沢辺京子, 前川芳秀, 小林睦生, 山内繁, 長島渡, 奥山弘幸
衛生動物   69(Supplement) 45   Mar 2018
前川芳秀, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   69(Supplement) 71   Mar 2018
室田勝功, 室田勝功, 小林大介, 小林大介, 藤田龍介, 藤田龍介, 藤田龍介, 糸川健太郎, 前川芳秀, 葛西真治, 角田隆, 皆川昇, CUONG Tran Chi, PHONG Tran Vu, YEN Nguyen Thi, NAM Vu Sinh, 伊澤晴彦, 沢辺京子
衛生動物   69(Supplement) 54-54   Mar 2018
葛西真治, 角田隆, 前川芳秀, 糸川健太郎, 室田勝功, 室田勝功, 駒形修, 吉田千草, 津田良夫, 皆川昇, CAPUTO Beniamino, PICHLER Verena, CUONG Tran Chi, YEN Nguyen Thi, PHONG Tran Vu, 沢辺京子, 冨田隆史
衛生動物   69(Supplement) 42-42   Mar 2018
津田良夫, 前川芳秀, 糸川健太郎, 木村悟朗, 葛西真治
衛生動物   68(2) 60-60   Jul 2017
沢辺京子, 益子玲於奈, 前川芳秀, 小川浩平, 糸川健太郎, 糸川健太郎, 佐藤智美, 佐藤智美, 伊澤晴彦, 津田良夫, 小林睦生, 松村隆之, 阿戸学, 山本明彦, 一二三亨
衛生動物   68(Supplement) 77-77   Mar 2017
室田勝功, 室田勝功, 小林大介, 小林大介, 藤田龍介, 藤田龍介, 糸川健太郎, 糸川健太郎, 前川芳秀, 葛西真治, 角田隆, 皆川昇, CUONG Tran Chi, PHONG Tran Vu, YEN Nguyen Thi, NAM Vu Sinh, 伊澤晴彦, 沢辺京子
衛生動物   68(Supplement) 68-68   Mar 2017
小林睦生, 前川芳秀, 駒形修, 石田恵一, 藤井重輝, 奥山弘幸, 塩野儀人, 沢辺京子
衛生動物   68(Supplement) 36-36   Mar 2017
津田良夫, 前川芳秀, 葛西真治, 皆川恵子, 数間亨, 堀口智博, 山内健生, 沢辺京子
衛生動物   68(Supplement) 37   Mar 2017
橋本知幸, 皆川恵子, 數間亨, 武藤敦彦, 葛西真治, 前川芳秀, 渡辺護, 冨田隆史, 駒形修, 沢辺京子, 山内健生, 白石都, 大石英明
衛生動物   68(Supplement) 52-52   Mar 2017
前川芳秀, 津田良夫, 山内健生, 五十嵐真人, 數間亨, 佐藤裕蔵, 金山隆一, 沢辺京子
衛生動物   68(Supplement) 38-38   Mar 2017
葛西真治, 角田隆, 前川芳秀, 糸川健太郎, 室田勝功, 糸川健太郎, 室田勝功, 駒形修, CUONG Tran Chi, PHONG Tran Vu, YEN Nguyen Thi, NAM Vu Sinh, 皆川昇, 沢辺京子, 冨田隆史
衛生動物   68(Supplement) 47-47   Mar 2017
皆川恵子, 武藤敦彦, 橋本知幸, 数間亨, 堀口智博, 津田良夫, 前川芳秀, 沢辺京子
衛生動物   68(Supplement) 47-47   Mar 2017
冨田隆史, 葛西真治, 駒形修, 糸川健太郎, 前川芳秀, 津田良夫, 矢口昇, 緒方一喜
衛生動物   68(Supplement) 46-46   Mar 2017
岡山市の公共施設と住宅地におけるヒトスジシマカの発生状況調査(2015年、2016年)
津田 良夫, 前川 芳秀, 葛西 真治, 皆川 恵子, 数間 亨, 堀口 智博, 山内 健生, 沢辺 京子
衛生動物   68(Suppl.) 37-37   Mar 2017
前川芳秀, 葛西真治, NGUYEN Thi Yen, TRAN Vu Phong, 沢辺京子
日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   57th 61   Nov 2016
セアカゴケグモ毒素の摂取と粗精製、毒素の性状について
沢辺 京子, 益子 玲於奈, 前川 芳秀, 糸川 健太郎, 佐藤 智美, 伊澤 晴彦, 松村 隆之, 阿戸 学, 山本 明彦, 一二三 亨
中毒研究   29(2) 203-203   Jul 2016
津田良夫, 前川芳秀, 糸川健太郎, 小川浩平
衛生動物   67(2) 115-115   Jun 2016
沢辺京子, 益子玲於奈, 前川芳秀, 糸川健太郎, 佐藤智美, 伊澤晴彦, 松村隆之, 阿戸学, 山本明彦, 一二三亨
中毒研究   29(2) 203   Jul 2016
沢辺京子, 前川芳秀, 今西望, 小林大介, 小林大介, 津田良夫
衛生動物   67(Supplement) 68-68   Apr 2016
沢辺京子, 津田良夫, 前川芳秀, 葛西真治, 皆川恵子, 數間享, 山内健生, 芦田顕彦, 兼信定夫
衛生動物   67(2) 115-115   Jun 2016
津田良夫, 前川芳秀, 葛西真治, 皆川恵子, 数間亨, 山内健生, 沢辺京子
衛生動物   67(Supplement) 77-77   Apr 2016
前川芳秀, 小川浩平, 駒形修, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   67(Supplement) 101-101   Apr 2016
小林睦生, 前川芳秀, 山内健生, 鍬田龍星, 木村俊也, 大倉敏裕, 四宮博人, 前田健, 沢辺京子
衛生動物   67(Supplement) 85-85   Apr 2016
前川芳秀, 津田良夫, 葛西真治, 皆川恵子, 数間亨, 山内健生, 沢辺京子
衛生動物   67(Supplement) 77-77   Apr 2016
前川芳秀, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   66(2) 52-52   Jun 2015
佐藤智美, 林利彦, 前川芳秀, 糸山享, 沢辺京子
衛生動物   66(2) 50-50   Jun 2015
佐藤智美, 佐藤智美, 山内健生, 林利彦, 前川芳秀, 小川浩平, 佐々木年則, 小林睦生, 糸山享, 沢辺京子
衛生動物   66(Supplement) 58-58   Mar 2015
伊澤晴彦, 小林大介, 糸川健太郎, 津田良夫, 前川芳秀, 小川浩平, 佐々木年則, 江尻寛子, 駒形修, 冨田隆史, 林利彦, 小林睦生, MOI Meng Ling, 小滝徹, 高崎智彦, 沢辺京子
衛生動物   66(Supplement) 51-51   Mar 2015
小林睦生, 前川芳秀, 山内健生, 野田伸一, 二瓶直子, 沢辺京子
衛生動物   66(Supplement) 58-58   Mar 2015
前川芳秀, 小川浩平, 駒形修, 津田良夫, 沢辺京子
衛生動物   66(Supplement) 67-67   Mar 2015
小林大介, 小林大介, 伊澤晴彦, 前川芳秀, 糸川健太郎, 砂原俊彦, 今西望, 吉川亮, 松本文昭, 吾郷昌信, 津田良夫, 江尻寛子, 佐々木年則, 小林睦生, 小滝徹, 高崎智彦, 皆川昇, 太田伸生, 沢辺京子
衛生動物   66(Supplement) 54-54   Mar 2015
沢辺京子, 山内健生, 橋本知幸, 野田伸一, 渡辺護, 平林公男, 鍬田龍星, 前田健, 岩永史朗, 安藤勝彦, 鎮西康雄, 佐藤智美, 前川芳秀, 林利彦, 佐々木年則, 小林睦生
衛生動物   66(Supplement) 59-59   Mar 2015
澤邉京子, 津田良夫, 前川芳秀, 小川浩平, 糸川健太郎
血液製剤及び献血血の安全性確保と安定供給の維持のための新興・再興感染症に関する総合的研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   15‐20   2015
津田良夫, 前川芳秀, 小川浩平, 駒形修, 糸川健太郎, 佐々木年則, 冨田隆史, 伊澤晴彦, 林利彦, 澤邉京子
感染症を媒介する節足動物の分布・生息域の変化,感染リスクの把握に関する研究 平成26年度総括・分担研究報告書   25‐30   2015
津田良夫, 大石浩二, 前川芳秀, 冨田隆史, 澤邉京子
感染症を媒介する節足動物の分布・生息域の変化,感染リスクの把握に関する研究 平成26年度総括・分担研究報告書   31‐44   2015
沢辺京子, 山内健生, 橋本知幸, 野田伸一, 渡辺護, 平林公男, 鍬田龍星, 前田健, 安藤勝彦, 鎮西康雄, 佐藤智美, 前川芳秀, 林利彦, 小林睦生
衛生動物   65(Supplement) 67-67   Mar 2014
林利彦, 山内健生, 橋本知幸, 野田伸一, 平林公男, 鍬田龍星, 前田健, 佐藤智美, 前川芳秀, 渡辺護, 小林睦生, 澤邉京子
感染症を媒介する節足動物の分布・生息域の変化,感染リスクの把握に関する研究 平成26年度総括・分担研究報告書   148‐153   2015
前川芳秀, 津田良夫, 星野啓太, 沢辺京子
衛生動物   65(Supplement) 42-42   Mar 2014
澤邉京子, 向井俊彦, 綿貫實, 大石浩二, 米正静男, 平良常弘, 前川芳秀, 小川浩平, 伊澤晴彦, 江尻寛子, 糸川健太郎, 津田良夫, 小林睦生
抗毒素の品質管理及び抗毒素を使用した治療法に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   20‐26   2015
前川芳秀, 小林睦生, 安藤勝彦, 鎮西康雄, 林利彦, 二瓶直子, 沢辺京子
衛生動物   65(Supplement) 65-65   Mar 2014
川田均, 岩下華子, 前川芳秀, MWANDAWIRO C., NJENGA S. M., 皆川昇, 高木正洋
衛生動物   62(Supplement) 71-71   Apr 2011
アフリカにおけるマラリア媒介蚊の有効なコントロール手段の確立を目的とし、ケニア西部のGembe East地区をモデル地区に定め、種々のトライアルを計画中であるが、これまでの検討結果より、調査地区における主要なマラリア媒介蚊であるAn. gambiae. s.s.、An. arabiensisAn. funestus s.s.の3種は、いずれもそれぞれ独自のメカニズムによりピレスロイドに対して抵抗性を有することが明らかとなった。蚊のピレスロイドに対...
Yamada Koji, Pemba Dylo, Maekawa Yoshihide, Kawada Hitoshi, Takagi Masahiro, Minakawa Noboru
Medical entomology and zoology   61(0)    Apr 2010
Maekawa Yoshihide, Kawada Hitoshi, Dida Gabriel O, Sonye Gorge O, Futami Kyoko, Njenga Sammy M, Kaneko Satoshi, Takagi Masahiro, Minakawa Noboru
Medical entomology and zoology   61(0)    Apr 2010
Kawada Hitoshi, Maekawa Yoshihide, Komagata Osamu, Kasai Shinji, Tomita Takashi, Mwandawiro Charles, Njenga Sammy M, Minakawa Noboru, Takagi Masahiro
Medical entomology and zoology   61(0)    Apr 2010
Kawada Hitoshi, Maekawa Yoshihide, Komogata Osamu, Kasai Shinji, Tomita Takashi, Mwandawiro Charles, Njenga Sammy M, Minakawa Noboru, Takagi Masahiro
Medical entomology and zoology   61(0)    Apr 2010
前川芳秀, 川田均, DIDA Gabriel O, SONYE Gorge O, 二見恭子, NJENGA Sammy M, 金子聰, 高木正洋, 皆川昇
衛生動物   61(Supplement) 44-44   Apr 2010
西ケニア・Suba県・Gembe East地区では、2007年から2年間に渡り外国のNGOやケニア政府によって殺虫剤含浸蚊帳が大量に配布され、蚊帳の普及率が高まった。しかし、その一方で5歳児以下のマラリア感染率は40%と非常に高い。Gembe Eastに隣接する地区ではAnopheles gambiaeAn. funestusがマラリア媒介蚊であることが報告されている。そこで本研究では、蚊帳の分布状況や使用状況調査と並行して、CDCライトトラップ(LT)を用い...
川田均, DIDA G. O., SONYE G., 大橋和典, 前川芳秀, MWANDAWIRO C., NJENGA S. M., 皆川昇, 高木正洋
衛生動物   62(Supplement) 54-54   Apr 2011
アフリカにおけるベッドネットに代わるマラリア媒介蚊の有効なコントロール手段の確立を目的とし、ケニア西部のGembe East地区をモデル地区に定め、種々のトライアルを計画中である。Gembe East地区には約2700軒の民家があるが、平均すると1軒あたり1帳以上のベッドネットが配布されており、そのうちの約7割が殺虫剤を含有するITNである。しかし、家屋の構造上ベッドネットを設置できるのは主に寝室に限られており、寝室以外で就寝する住民(特に5歳以上の子供)は、不完全な方法でのベッドネット設...
山田晃嗣, PEMBA Dylo, 前川芳秀, 川田均, 高木正洋, 皆川昇
衛生動物   61(Supplement) 43-43   Apr 2010
マラリア予防のための防蚊には、広く蚊帳が使われてきおり、その効果も認められている。しかし、蚊帳を毎晩設置するのは手間がかかり、また 、家の中で一部の者が使用しないなど、家や季節によって使用状況が安定しないことがある。そこで、新たな防蚊法として、軒下や天井等の隙間ににネットを張り、蚊の侵入を防ぐハウススクリーニングが試行されている。この防蚊法では屋内全体への蚊の侵入を防ぐため、屋内で就眠する全ての住民に有効であり、また夜間のみならず一日を通して防蚊効果がある。今回、我々は、通常のネットではな...
川田均, 前川芳秀, 駒形修, 葛西真治, 冨田隆史, MWANDAWIRO C., NIENGA S. M., 皆川昇, 高木正洋
衛生動物   62(Supplement) 70-70   Apr 2011
ケニア西部の調査地(Gembe East, Mbita)におけるこれまでの調査により、重要なマラリア媒介蚊である、An. gambiae. s.s., An. arabiensis, An. funestus. s.s の3種は、いずれもピレスロイドに対して抵抗性を有することが明らかとなってきた。そこで今回は、それぞれの種の抵抗性メカニズムをより明確にするために、mfoによる代謝を阻害する協力剤(PBO)の添加効果について検討を行った...
ケニア西部(Gembe East,Mbita)におけるマラリア媒介蚊の新しいコントロール技術の開発 天井設置型オリセットネットの提案
川田 均, Dida G.O., Sonye G., 大橋 和典, 前川 芳秀, Mwandawiro C., Njenga S.M., 皆川 昇, 高木 正洋
衛生動物   62(Suppl.) 54-54   Apr 2011
川田 均, 前川 芳秀, 駒形 修, 葛西 真治, 冨田 隆史, Mwandawiro C., Njenga S.M., 皆川 昇, 高木 正洋
衛生動物   62(Suppl.) 70-70   Apr 2011
鍬田龍星, 伊澤晴彦, 星野啓太, 佐々木年則, 津田良夫, KIM KyeongSoon, 梁瀬徹, 白藤浩明, 今田忠男, 川田均, 比嘉由紀子, 前川芳秀, 高木正洋, 小林睦生, 澤邉京子
衛生動物   60(Supplement) 56-56   Apr 2009
我々は、日本脳炎ウイルス(JEV)の主要媒介蚊であるコガタアカイエカについて、年毎のJEV保有状況とウイルス遺伝子の変化や推移を監視することを主な目的として、2005年以降国内各地で捕集されたコガタアカイエカからのJEVの検出・分離ならびに遺伝子解析を継続的に行っている。2008年度は6月から9月にかけて、国内1都11県(山形,茨城,千葉,東京,神奈川,静岡,滋賀,島根,長崎,熊本,鹿児島,沖縄)でコガタアカイエカを捕集し、JEVの保有状況を調査した。その結果、例年ブタのJEV抗体陽性率の...
ケニア西部(Gembe East,Mbita)におけるマラリア媒介蚊のピレスロイド感受性に関する調査 行動抵抗性の有無に関する検討
川田 均, 岩下 華子, 前川 芳秀, Mwandawiro C., Njenga S.M., 皆川 昇, 高木 正洋
衛生動物   62(Suppl.) 71-71   Apr 2011
川田均, 比嘉由紀子, YEN Nguyen Thi, HOA Nguyen Thuy, 阿部眞由美, 角田隆, 前川芳秀, 大橋和典, 高木正洋
衛生動物   59(2) 123-123   Jun 2008
川田均, 前川芳秀, 駒形修, 葛西真治, 冨田隆史, MWANDAWIRO Charles, NJENGA Sammy M, 皆川昇, 高木正洋
衛生動物   61(Supplement) 45-26   Apr 2010
第1報の結果より、幼虫採集では採集されるAnopheles gambiae s.s.の個体数が極めて少ないことが分かったため、親人性の高いAn. gambiae s.s.が多く存在すると思われる家屋内での吸血成虫の採集を試みた。採集は過去の調査により成虫採集数の多かった2地区(NyaroyaおよびNyandago)を選択し、2009年10月から12月にかけて実施した。早朝(夜明け直後)に採集地区に赴き、各家屋につき3人のスタッフが20-30分かけて室内に休止して...
川田均, 前川芳秀, 駒形修, 葛西真治, 冨田隆史, MWANDAWIRO Charles, NJENGA Sammy M, 皆川昇, 高木正洋
衛生動物   61(Supplement) 45-25   Apr 2010
アフリカにおけるマラリア媒介蚊の有効なコントロール手段の確立を目的とし、ケニア西部のGembe East地区をモデル地区に定め、種々のトライアルを計画中であるが、今回は2009年5月から7月にかけて実施した幼虫の発生源調査、および現地の主なマラリア媒介蚊幼虫のピレスロイドに対する感受性調査の結果を報告する。<BR> まず、調査地内の発生源を隈無く調査し、発生源のタイプ分けとそこに発生するハマダラカ幼虫の種類について記録した。採集した幼虫は形態によって分類し、その終齢幼虫を用いてピレスロイド...
Isawa Haruhiko, Ohashi Kazunori, Maekawa Yoshihide, Takagi Masahiro, Kobayashi Mutsuo, Sawabe Kyoko, Hoshino Keita, Sasaki Toshinori, Tsuda Yoshio, Kim kyeongSoon, Yanase Tohru, Imada Tadao, Kawada Hitoshi, Tsunoda Takashi
JSMEZ Annual Meetings Abstracts   60(0) 76-76   2008
我々は、日本脳炎ウイルス(JEV)の主要媒介蚊であるコガタアカイエカについて、年毎のJEV保有状況とウイルス遺伝子の変化・推移を監視することを主な目的として、2005年以降国内各地で捕集されたコガタアカイエカからのJEVの検出・分離ならびに遺伝子解析を継続的に行っている。<BR> 2007年度は5月から10月にかけて、九州地区(長崎県、熊本県、鹿児島県)の豚舎を含む畜舎周辺、臨海の渡り鳥飛来地(新潟県佐潟湿地、東京港野鳥公園)、および東京都市部の公園(品川区林試の森公園)においてコガタアカ...
神原広二, 吉永一未, 高木正洋, 前川芳秀, GERUDUG I K, SURYANATHA A, YAM I, DACHLAN Y P
Trop Med Health   32(Supplement) 105-106   Sep 2004
神原広二, 吉永一未, 高木正洋, 前川芳秀, GERUDUG I K, SURYANATHA A, YAM I, DACHLAN Y P
Trop Med Health   32(Supplement) 104-104   Sep 2004
川田均, 比嘉由紀子, NGUYEN Thi Yen, NGUYEN Thuy Hoa, 前川芳秀, 大橋和典, 高木正洋
衛生動物   58(2) 132-132   Jun 2007
川田 均, 前川 芳秀, 駒形 修, 葛西 真治, 冨田 隆史, Mwandawiro Charles, Njenga Sammy M., 皆川 昇, 高木 正洋
衛生動物   61(Suppl.) 45-45   Apr 2010
Kawada Hitoshi, Higa Yukiko, Yen Nguyen Thi, Hoa Nguyen Thuy, Maekawa Yoshihide, Ohashi Kazunori, Takagi Masahiro
Med. Entomol. Zool.   58(2)    2007
前川芳秀, 砂原俊彦, 神原廣二, 上村春樹, DACHLAN Yoes Prijatna, 高木正洋
衛生動物   57(2) 173-173   Jun 2006
ケニア西部(Gembe East、Mbita)におけるマラリア媒介蚊のピレスロイド感受性に関する調査 家屋内で採集した成虫から得られた次世代のピレスロイドに対する感受性
川田 均, 前川 芳秀, 駒形 修, 葛西 真治, 冨田 隆史, Mwandawiro Charles, Njenga Sammy M., 皆川 昇, 高木 正洋
衛生動物   61(Suppl.) 45-45   Apr 2010
Maekawa Yoshihide, Sunahara Toshihiko, Kanbara Hiroji, Uemura Haruki, Dachlan Yoes Prijatna, Takagi Masahiro
Med. Entomol. Zool.   57(2)    2006
前川芳秀, 高木正洋, DACHLAN Y. P., GURUDUK C., 神原広二
衛生動物   56(2) 180-180   Jun 2005
高木正洋, 川田均, 前川芳秀, 高野宏平
節足動物媒介感染症の効果的な防除等の対策研究 平成18-20年度 総合研究報告書   151-155   2009
Takagi M, Sunahara T, Maekawa Y
Med. Entomol. Zool.   56(0)    2005
Kawada K, Shimabukuro K, Sunahara T, Maekawa Y, Toma T, Miyagi I, Takagi M
Med. Entomol. Zool.   56(0)    2005
川田 均, 前川 芳秀, 阿部 眞由美, 大橋 和典, 角田 隆, 高木 正洋
衛生動物   59(Suppl.) 57-57   Apr 2008
野外における蚊幼虫個体群のピレスロイド感受性の実態を把握し、家庭用に使用されているピレスロイドの有効性を再確認することを目的として、長崎市内中心部に点在する公園(約200カ所)内の雨水升等に発生するアカイエカ群、およびヒトスジシマカ幼虫の採集と、ピレスロイド(アレスリン)に対する感受性調査を2007年6月から9月にかけて実施した。アカイエカとチカイエカの同定は、葛西ら(2005)の方法を参考にして幼虫の全虫体を用いたPCR法によって行ったが、供試した768頭の幼虫の93.4%はアカイエカで...
2007年国内捕集コダカアカイエカからの日本脳炎ウイルスの検出および遺伝子解析
伊澤 晴彦, 星野 啓太, 佐々木 年則, 津田 良夫, 金 京純, 梁瀬 徹, 今田 忠男, 川田 均, 角田 隆, 大橋 和典, 前川 芳秀, 高木 正洋, 小林 睦生, 澤邉 京子
衛生動物   59(Suppl.) 62-62   Apr 2008
神原広二, 吉永一未, 高木正洋, 前川芳秀, GERUDUG I K, DACHLAN Y P
日本熱帯医学会雑誌   31(増刊(国際保健医18増)) 214-214   Oct 2003
高木正洋, 前川芳秀
節足動物媒介感染症の効果的な防除等の対策研究 平成19年度総括・分担研究報告書   265-268   2008
Tsuda Y., Sugiyama A., Maekawa Y., Takagi M.
Med. Entomol. Zool.   54(2)    2003
Maekawa Y., Takagi M., Tsuda Y., Subagyo Y., Yoes D., Kawada H., Yoshinaga K., Kanbara H.
Med. Entomol. Zool.   54(0)    2003
神原広二, 高木正洋, 津田良夫, 吉永一未, 前川芳秀, DACHLAN Y P, GERUDUG I K, SEKARNINGRAT H L
日本熱帯医学会雑誌   30(増刊) 248-248   Sep 2002
神原廣二, 吉永一未, 前川芳秀, 高木正洋, DACHLAN Yoes P., GERUDUG I. K., SURYANATA AAN, ISKANDAR S.
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   75th 80   May 2006
高木 正洋, 砂原 俊彦, 前川 芳秀
衛生動物   56(Suppl.) 43-43   Jun 2005
スマトラ沖津波の被災地域中スマトラのバンダアチェ市とその周辺(1月23日-31日),及びスリランカ東南部と南部の4県(2月18日-3月1日)における津波後の蚊発生状況を視察した.バンダアチェでは被災前のデータがなく真の比較は出来ないが汽水域の拡大が顕著と思われ,An.sundaicusが津波最前線に沿った2ヶ所の汽水から採集された.スリランカでも海岸沿いに汽水域は散在したが広大なものには遭遇しなかった.淡水域を含むいくつかからAn.subpictus他数種を得た...
川田 均, 島袋 梢, 砂原 俊彦, 前川 芳秀, 當間 孝子, 宮城 一郎, 高木 正洋
衛生動物   56(Suppl.) 46-46   Jun 2005
演者らは,第1報において数種の昼行性および夜行性の蚊成虫の eye parameter(個眼 Ommatidia の径と個眼間角度 lnterommatidial angle の積)が,それぞれの種によって異なり,夜間活動性の高い種ほど eye parameter が大きくなる傾向にあることを報告した(第54回日本衛生動物学会南日本支部大会).蚊成虫のeye parameterは,2.0 – 4.0 の間の比較的狭い範囲内にあると推測されたが,eye parameter の大きさが,同属内...
川田 均, 前川 芳秀, 高木 正洋
衛生動物   56(Suppl.) 63-63   Jun 2005
演者らは,メトフルトリン を含浸させた紙製の常温揮散製剤(メトフルトリン200mg/個処理)の高い空間忌避効果に注目し,インドネシア・ロンボク島で重要なマラリア感染場所の一つと考えられるブルガ(風通しのよい簡易的な小屋)において,本製剤の有効性について検討を行い,高い空間忌避効果を確認したことを前回(第56回大会)報告した.本報告では,前回の試験において使用した紙製の製剤に加え,ポリエチレン樹脂にメトフルトリンを練り込んだ新しい製剤(メトフルトリン約1000mg/個処理)につき,上記と同様...
メトフルトリンを含有した常温揮散製剤の蚊に対する空間忌避効果に関する検討(1) インドネシア・ロンボク島における野外試験
川田 均, 前川 芳秀, 津田 良夫, 高木 正洋
衛生動物   55(Suppl.) 66-66   Apr 2004
メトフルトリンを含有した常温揮散製剤の蚊に対する空間忌避効果に関する検討(2) インドネシア・ロンボク島のブルガにおけるCulex quinquefasciatus,Anopheles balabacensis,An.sundaicusを対象とした野外試験
川田 均, 前川 芳秀, 津田 良夫, 高木 正洋
衛生動物   55(Suppl.) 66-66   Apr 2004
神原廣二, 吉永一未, 前川芳秀, 高木正洋, SURYANATA Aan, SEKARNINGRAT H. L., GERUDUG I. K.
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   73rd 88   Mar 2004
無人島におけるヒトスジシマカの生態:吸血飛来蚊の垂直分布
津田 良夫, 杉山 章, 前川 芳秀, 高木 正洋
衛生動物   54(2) 220-220   Jun 2003
前川 芳秀, 高木 正洋, 津田 良夫, Subagyo Y., Yoes D., 川田 均, 吉永 一未, 神原 廣二
衛生動物   54(Suppl.) 22-22   Apr 2003
ロンボク島ムニンティング郡のマラリア防除プロジェクト(JICAパートナーシップ事業)の媒介蚊調査結果を報告する.媒介は海岸後背地のラグーンから発生するAn. subpictusに因ると教示されたが,全対象地域に亘る発生源探索と幼虫調査,成虫採集結果,並びにマラリア原虫検出結果,マラリア患者発生状況で以下が確認された.流行は沿岸部,山間部共にみられた.山間部の方が深刻である.山間部では急峻な谷川や岩石採掘跡の窪みから発生するAn. balabacensis酷似種が...
神原広二, 吉永一未, 前川芳秀, 高木正洋, GERUDUG I K, DACHLAN Y P
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   72nd 120   Mar 2003
後藤恵之輔, 高木正洋, 津田良夫, 前川芳秀
土木学会西部支部研究発表会講演概要集   1999 1010-1011   Mar 2000
後藤恵之輔, 高木正洋, 前川芳秀
自然災害科学研究西部地区部会報   (24) 141-144   Feb 2000
石垣島の蚊棲息環境記載の試み リモートセンシングの導入
高木 正洋, 津田 良夫, 杉山 章, 小野 良夫, 前川 芳秀, 後藤 恵之輔, 都野 展子, 比嘉 由起子, Mwandawiro Charles
衛生動物   50(Suppl.) 33-33   Apr 1999
後藤恵之輔, 山田宗慶, 前川芳秀, はん少そう
土木学会西部支部研究発表会講演概要集   1998 864-865   Mar 1999
Takagi M., Tsuda Y., Sugiyama A., Ono Y., Maekawa Y., Goto K., Tuno N., Higa Y., Mwandawiro C.
Med. Entomol. Zool.   50(0)    1999