宮地元彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/22 23:23
 
アバター
研究者氏名
宮地元彦
 
ミヤチ モトヒコ
所属
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
部署
身体活動研究部
職名
部長
学位
博士(体育科学)(筑波大学)
科研費研究者番号
60229870

プロフィール

健康・スポーツ科学の研究者で、主に運動生理学を専門としております。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
医薬基盤・健康・栄養研究所 健康増進研究部 部長
 
2011年6月
 - 
2015年3月
国立健康・栄養研究所 健康増進研究部 部長
 
2006年4月
 - 
2011年5月
国立健康・栄養研究所 健康増進プログラム, 運動ガイドラインプロジェクト プロジェクトリーダー
 
2003年10月
 - 
2006年3月
国立健康・栄養研究所 健康増進研究部, 身体活動調査研究室 室長
 
1999年4月
 - 
2003年9月
川崎医療福祉大学 健康体育学科 助教授
 
2001年9月
 - 
2002年3月
コロラド大学ボルダー校 キネシオロジー学科 客員教授
 
1995年4月
 - 
1999年3月
川崎医療福祉大学 健康体育学科 講師
 
1991年4月
 - 
1995年3月
川崎医療福祉大学 健康体育学科 助手
 
1990年4月
 - 
1991年3月
川崎医療短期大学 助手
 

学歴

 
1999年3月
   
 
筑波大学  博士(体育科学)
 
1988年4月
 - 
1990年3月
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程
 
1984年4月
 - 
1988年3月
鹿屋体育大学 体育学部 スポーツ体育課程
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本学術会議  会員
 
2015年10月
 - 
2018年9月
日本学術会議  連携会員
 
2017年
 - 
2018年
国土交通省  自転車活用推進に向けた有識者会議委員
 
2016年
 - 
2018年
スポーツ庁  運動・スポーツガイドライン策定検討会委員
 
2014年
 - 
2018年
厚生労働省  健康日本21推進委員会委員
 
2013年
 - 
2018年
厚生労働省  国民健康・栄養調査企画・解析委員会委員
 
2012年
 - 
2013年
厚生労働省  運動基準・運動指針改定のための検討会委員
 
2011年
 - 
2013年
厚生労働省  健康日本21最終評価チーム構成員
 
2011年
 - 
2012年
厚生労働省  健診・保健指導に関する検討会委員
 
2008年
 - 
2008年
厚生労働省  特定健診・保健指導の実施に関するWG委員
 
2006年
 - 
2007年
厚生労働省  標準的な健診保健指導のあり方に関する検討会委員
 
2005年
 - 
2006年
厚生労働省  運動所要量策定WG委員
 

論文

 
Harumi Ohno, Haruka Murakami, Kumpei Tanisawa, Kana Konishi, Motohiko Miyachi
Scientific Reports   9    2019年12月
© 2019, The Author(s). Faecal volume, form, colour, and odour are associated with various diseases, dietary habits, and the gut microbiome. Multifaceted assessment of faecal condition will be needed for future research and practice. Faecal observa...
Susumu S. Sawada, Yuko Gando, Ryoko Kawakami, Steven N. Blair, I. Min Lee, Yoshifumi Tamura, Hitomi Tsuda, Hikaru Saito, Motohiko Miyachi
Journal of Diabetes Investigation   10 997-1003   2019年7月
© 2018 The Authors. Journal of Diabetes Investigation published by Asian Association for the Study of Diabetes (AASD) and John Wiley & Sons Australia, Ltd Aims/Introduction: To investigate the relationship between combined aerobic and resistance...
理学療法士に必要な栄養学の知識 栄養と運動
宮地 元彦
理学療法   36(6) 551-561   2019年6月
1.食事や運動に伴う代謝の生化学や生理学の基礎的な知識は、効果的な理学療法に有用である。2.日本人の標準的な栄養摂取・身体活動状況については、国民健康・栄養調査や食事摂取基準および身体活動基準などから知ることができる。3.適切な食事・栄養摂取と身体活動の指導には、食事・栄養摂取や身体活動のアセスメント技術の習得が必要である。4.健康食品や食品表示に関する基礎知識は患者とのコミュニケーションに役立つ。(著者抄録)
運動に関する感情経験、態度、および行動意図尺度の作成と運動行動との関連性の検討
原田 和弘, 村上 晴香, 宮地 元彦, 近藤 徳彦
体力科学   68(2) 105-116   2019年4月
運動に関する感情経験、態度、行動意図を評価する尺度を作成し、その妥当性・信頼性を検証するとともに、感情要因と運動行動との相互関連性について検討した。60歳代であり、かつ配偶者と同居している500名を対象に、質問紙によるインターネット調査を行った。運動の感情経験尺度を探索的因子分析した結果、2因子が抽出され、各因子には因子負荷量の大きい上位3項目が採用された。運動への態度尺度、運動の行動意図尺度の探索的因子分析でも2因子が抽出された。運動行動と肯定的な感情経験尺度、感情的態度尺度、手段的態度...
技術用語解説 身体活動とメッツとエネルギー
宮地 元彦
日本食品科学工学会誌   66(2) 57-57   2019年2月
Kazuhiro Harada, Haruka Murakami, Motohiko Miyachi, Narihiko Kondo
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   68 105-116   2019年1月
© 2019 Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine. All rights reserved. This study aimed to develop affective experience, attitude, and behavioral intention scales for exercise, and examine their associations with exercise behavior. ...
Haruki Momma, Susumu S. Sawada, Kiminori Kato, Yuko Gando, Ryoko Kawakami, Motohiko Miyachi, Cong Huang, Ryoichi Nagatomi, Minoru Tashiro, Masahiro Ishizawa, Satoru Kodama, Midori Iwanaga, Kazuya Fujihara, Hirohito Sone
Journal of Epidemiology   29 139-146   2019年1月
© 2018 Haruki Momma et al. Background: Simple physical fitness test can be a useful potential predictor of type 2 diabetes (T2DM). We examined the association between performances on simple physical fitness tests and the incidence of T2DM. Methods...
Noriko I. Tanaka, Haruka Murakami, Naomi Aiba, Akemi Morita, Shaw Watanabe, Motohiko Miyachi
Asia Pacific journal of clinical nutrition   28 72-78   2019年1月
BACKGROUND AND OBJECTIVES: Limited information is available on how weight loss intervention programs affect skeletal muscle mass especially in trunk. METHODS AND STUDY DESIGN: A total of 235 overweight Japanese men and women aged 40-64 years with ...
Chiaki Tanaka, Shigeho Tanaka, Shigeru Inoue, Motohiko Miyachi, Koya Suzuki, Takafumi Abe, John J. Reilly
Journal of Exercise Science and Fitness   17 20-25   2019年1月
© 2018 The Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness Background: The momentum to promote physical activity (PA) by various government agencies such as the Japan Sports Agency established in 2015, academic organizations, and co...
Yuko Gando, Susumu S. Sawada, Ryoko Kawakami, Haruki Momma, Kazunori Shimada, Yasushi Fukunaka, Takashi Okamoto, Koji Tsukamoto, Motohiko Miyachi, I. Min Lee, Steven N. Blair
Hypertension Research   41 1063-1069   2018年12月
© 2018, The Japanese Society of Hypertension. Family history of hypertension (FH) is a nonmodifiable risk factor for hypertension. However, cardiorespiratory fitness (CRF) is a modifiable risk factor and might be important for preventing hypertens...

Misc

 
【はじめてとりくむ身体活動支援 メタボ・フレイル時代の栄養と運動】おさえておきたい理論編 なぜ、管理栄養士が身体活動支援を行うのか
宮地 元彦
臨床栄養   別冊(はじめてとりくむ身体活動支援) 2-11   2019年6月
【はじめてとりくむ身体活動支援 メタボ・フレイル時代の栄養と運動】やってみよう!実践編 さあ、からだを動かしてみましょう
宮地 元彦
臨床栄養   別冊(はじめてとりくむ身体活動支援) 82-90   2019年6月

書籍等出版物

 
鈴木 志保子, 宮地 元彦
中央法規出版   2013年   ISBN:9784805838648

講演・口頭発表等

 
健康日本21(第二次)中間評価を踏まえた今後の展開 身体活動・運動分野
宮地 元彦
日本健康教育学会誌   2019年6月   
日本の子どもにおける日常の身体活動の実態およびその変動要因の国際比較に向けた評価法の確立 The Japan Report Card on Physical Activity for Children and Youthの作成
田中 千晶, 井上 茂, 宮地 元彦, 鈴木 宏哉, 安部 孝文, 田中 茂穂
体力科学   2019年2月   
健康サポート薬局と国の健康施策 運動ガイドライン・運動指導について
宮地 元彦
日本薬剤師会学術大会講演要旨集   2017年10月