メディア報道

2017年7月27日

鶴大生が「ことばの道案内」 駅から大学の道のり音声で


種別
新聞・雑誌
発行元・放送局
タウンニュース社
番組・新聞雑誌名
タウンニュース鶴見区版
掲載箇所
タウンニュース鶴見区版2017年7月27日(木)号

視覚障害者向けに、音声で目的地までの道のりを伝える「ことばの道案内」。認定NPO法人ことばの道案内が手がける、この音声案内を鶴見大学の学生たちが製作した。ルートは、JR鶴見駅西口と京急鶴見駅から大学までの2本。同法人と大学のホームページで公開されている。

ことばの道案内は、同法人が、会員の視覚障害者とともに製作しているもの。東京都内や神奈川県内の駅から行政施設など、現在、2300以上のルートが作られている。

鶴大までの道のりを製作したのは、今年4月に正式認定された同大サークルの一つ、情報バリアフリー推進会の学生たち。正式認定前、図書館の障害者サービスとして情報保障を学ぶ中、昨年8月、同法人の講習に参加。ことばの道案内の存在を知り、共同での製作にいたった。同法人によると、大学生が一からルートを作るのは初めてという。

リンク情報
URL
http://www.townnews.co.jp/0116/2017/07/27/391965.html