Motohiro Imano

J-GLOBAL         Last updated: May 10, 2019 at 15:51
 
Avatar
Name
Motohiro Imano
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
A randomized phase II multicenter trial to explore efficacy of weekly intraperitoneal in comparison with intravenous paclitaxel administered immediately after gastrectomy to the patients with high risk of peritoneal recurrence: final results of the INPACT
Motohiro Imano
Gastric Cancer.   21(6) 1014-1023   Nov 2018   [Refereed]
Phase II trial of neoadjuvant chemotherapy with intraperitoneal paclitaxel, S-1, and intravenous cisplatin and paclitaxel for stage IIIA or IIIB gastric cancer.
MASAYUKI SHINKAI, MOTOHIRO IMANO, YASUTAKA CHIBA, MITSURU IWAMA, OSAMU SHIRAISHI, ATSUSHI YASUDA,MASAHIRO TSUBAKI, SHOZO NISHIDA, YUTAKA KIMURA,TAKUSHI YASUDA
J Surg Oncol.   119(1) 56-63   Nov 2018   [Refereed]
Tamoxifen suppresses paclitaxel-, vincristine-, and bortezomib-induced neuropathy via inhibition of the protein kinase C/extracellular signal-regulated kinase pathway.
Tsubaki M, Takeda T, Matsumoto M, Kato N, Yasuhara S, Koumoto Y, Imano M, Satou T, Nishida S.
Tumour Biol.   40(10)    Oct 2018   [Refereed]
Intraperitoneal and Systemic Chemotherapy for Patients with Gastric Cancer with Peritoneal Metastasis: A Phase II Trial.
MASAYUKI SHINKAI, MOTOHIRO IMANO, YASUTAKA CHIBA, YOKO HIRAKI,
ANTICANCER RESEARCH   38(10) 5975-5981   Oct 2018   [Refereed]
Intraperitoneal Administration of Paclitaxel Followed by Paclitaxel, Cisplatin, and S-1 Chemotherapy for Cytology-positive Gastric Cancer: A Feasibility Study
MASAYUKI SHINKAI, MOTOHIRO IMANO, YASUTAKA CHIBA, YOKO HIRAKI,
ANTICANCER RESEARCH   38(10) 5969-5974   Oct 2018   [Refereed]

Misc

 
内視鏡生検でがん細胞が検出できなかったスキルス胃がんの切除例
古河 洋, 中室 誠, 中野 博史, 近藤 禎晃, 石川 和男, 大久保 遊平, 今野 元博, 安田 卓司, 木村 豊, 今本 治彦, 新海 政幸, 安田 篤, 白石 治, 岩間 密, 加藤 寛章
癌と化学療法   44(12) 1077-1079   Nov 2017
4型胃がん(スキルス胃がん)のなかに、「診断困難な症例」が少なからず存在する。内視鏡検査で粘膜面から異常が指摘できないもの、内視鏡では"太い襞"がありスキルス胃がんであるが、生検でがん組織が得られない場合である。患者は85歳、男性。太い雛壁がありスキルス胃がんと診断されたが、生検でがん組織が得られず当院に紹介された。狭窄があるため、開腹による精査と治療を説明し実施した。開腹により適切な診断ができ、本人の希望どおりに手術(胃全摘)を行った。術後化学療法なしに1年生存中である。スキルス胃がんは...
Ramucirumab+Paclitaxel療法によりGrade3の蛋白尿を来した再発胃癌の1例
木村 豊, 間狩 洋一, 三上 城太, 平木 洋子, 加藤 寛章, 岩間 密, 白石 治, 安田 篤, 新海 政幸, 今野 元博, 今本 治彦, 藤田 淳也, 古河 洋, 安田 卓司
癌と化学療法   44(12) 1080-1082   Nov 2017
はじめに:進行再発胃癌の二次治療として推奨されているramucirumab(RAM)+paclitaxel(PTX)療法の特徴的な有害事象(AE)として蛋白尿があげられる。今回、RAM+PTX療法によりgrade(gr)3の蛋白尿を来したためRAMを中止し、PTX単剤を続行し、奏効を得た高齢の再発胃癌の1例を経験した。症例:77歳、女性。76歳時に胃癌のため幽門側胃切除術、D2郭清を施行され、粘液癌、T4aN3H0P0CY0M0、fStage IIICであった。S-1による1年間の補助化学...
CY1P0胃癌に対するPaclitaxel(PTX)腹腔内投与+PTX、CDDP、S-13剤全身化学療法の治療成績
新海 政幸, 今野 元博, 平木 洋子, 加藤 寛章, 岩間 密, 白石 治, 安田 篤, 木村 豊, 今本 治彦, 古河 洋, 安田 卓司
癌と化学療法   44(12) 1355-1357   Nov 2017
背景と目的:CY1P0胃癌の予後を改善する目的にpaclitaxel(PTX)腹腔内投与とPTX、cisplatin(CDDP)、S-1(PCS)3剤による全身化学療法を施行したので報告する。対象と方法:審査腹腔鏡によりCY1P0と診断した症例に対し、PTX腹腔内投与、逐次化学療法としてPCS療法を施行。2コース施行時にRECIST評価法にてPDでなければ、再度審査腹腔鏡を施行した。結果:症例は4例、腹腔内投与および全身化学療法によるGrade3以上の有害事象として1例に白血球減少、好中球...
食道癌術後の進行胃管癌に対する胃管幽門側胃切除術の1例
幕谷 悠介, 白石 治, 岩間 密, 平木 洋子, 加藤 寛章, 安田 篤, 新海 政幸, 今野 元博, 木村 豊, 今本 治彦, 安田 卓司
癌と化学療法   44(12) 1577-1579   Nov 2017
症例は76歳、男性。69歳時に胸部食道癌に対し右開胸食道亜全摘術、胸骨後経路胃管再建術を施行され、術中に心室細動から心停止を来した既往があった。今回、上部消化管内視鏡検査にて再建胃管幽門前庭部小彎の3型胃管癌(中分化型腺癌、cT2N0M0、cStage IIA)と診断された。高度のるい痩(BMI 15kg/m2)があり、間質性肺炎に対するステロイドの長期間の内服、前回手術時の心停止の既往があり、胸骨縦切開胃管全摘術を行うにはリスクが極めて高いと判断した。そのため胃管幽門側部分切除術とし、#...
集学的治療によりR0切除をし得た気管浸潤T4胸部上部食道癌の1例
岩間 密, 木村 豊, 白石 治, 加藤 寛章, 平木 洋子, 田中 裕美子, 安田 篤, 新海 政幸, 今野 元博, 今本 治彦, 安田 卓司
癌と化学療法   44(12) 1720-1722   Nov 2017
気管に浸潤したT4食道癌に対し化学放射線療法(CRT)と化学療法による集学的治療により、R0切除し得た症例を経験したので報告する。症例は75歳、男性。嗄声を自覚し、上部消化管内視鏡検査で胸部上部(Ut)に3型腫瘍を認め、CT検査でNo.106recRリンパ節(LN)の胸膜・気管浸潤を認めたため、食道扁平上皮癌、Ut、cT4b(No.106recR-気管)N1M0、cStage IIIC(UICC 7th)と診断した。5-FU+CDDP(CF)療法を併用したCRT(60Gy)を施行したがT4...

Conference Activities & Talks

 
75歳以上の根治切除可能な4型・大型3型胃癌に対する術前化学放射線療法の試み.
曽我部俊介、田中裕美子、岩間 密、白石 治、安田 篤、新海政幸、今野元博、今本治彦、古河 洋、安田卓司.
第116回日本外科学会   2016   
胃癌術後5年目に発症した脾転移の1切除例.
田中裕美子、平木洋子、加藤寛章、岩間 密、白石 治、安田 篤、新海政幸、木村 豊、今野元博、今本治彦、安田卓司.
第78回日本臨床外科学会総会   2016   
高齢者幽門側胃切除後の呼吸器合併症に対する嚥下リハビリ介入の効果に対する検討.
田中裕美子、安田 篤、加藤寛章、岩間 密、白石 治、新海政幸、木村 豊、今野元博、今本治彦、安田卓司.
第46回胃外科・術後障害研究会   2016   
Barrett 食道癌と乳頭部癌に対し一期的切除をしえた同時性重複癌の1 例.
田中裕美子、曽我部俊介、加藤寛章、岩間 密、白石 治、安田 篤、新海政幸、今野元博、今本治彦、安田卓司.
第71 回日本消化器外科学会総会   2016   
腹臥位での重力差とCT値による客観評価での新しい進行食道癌大動脈浸潤評価の有用性.
田中裕美子、白石 治、熊野正士、曽我部俊介、岩間 密、安田 篤、新海政幸、今野元博、今本治彦、村上卓道、安田卓司.
第70回日本食道学会学術集会   2016