MORIMOTO YUJI

J-GLOBAL         Last updated: Nov 9, 2018 at 15:04
 
Avatar
Name
MORIMOTO YUJI
Nickname
moyan
E-mail
moyanndmc.ac.jp
Affiliation
National Defense Medical College
Section
Department of Physiology
Job title
Professor
Degree
MD(Ph. D)
Research funding number
10449069

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Department of Physiology, National Defense Medical College
 

Published Papers

 
A novel theranostic tool for gastric cancer using ICG lactosome and near-infrared laser
Nomura Shinsuke, Morimoto Yuji, Tsujimoto HIronori, Takahata Risa, Horiguchi Hiroyuki, Miyazaki Hiromi, Saitoh Daizoh, Hara Isao, Ozeki Eichi, Hase Kazuo, Yamamoto Junji, Ueno Hideki
CANCER SCIENCE   109 557   Jan 2018   [Refereed]
【「抗菌的PDTについて」】 5-アミノレブリン酸による創傷治癒促進と光照射によるさらなる増強効果
桐野 泉, 青笹 季文, 山本 順司, 四ノ宮 成祥, 上本 伸二, 守本 祐司
日本レーザー医学会誌   38(4) 451-456   Jan 2018
光線力学治療(PDT)が惹起する生体反応について述べ、筆者らの研究から得られた5-アミノレブリン酸(ALA)の生化学的性質、生理学的作用、創傷治癒促進効果などについて概説した。1)ALAの代謝産物が光増感剤として機能する、2)ALAが生体組織に与える影響、3)ALAゲル局所塗布による創傷治癒促進と組織反応、4)ALAゲル局所塗布後に光照射した際の創傷治癒促進と組織反応、5)ALAゲル局所塗布および光照射は創傷治癒に必要な組織反応(血管新生)の時期を早める、6)感染を伴う創の治療効果への寄与...
Otani N, Morimoto Y, Fujii K, Toyooka T, Wada K, Mori K
World neurosurgery   108 589-594   Dec 2017   [Refereed]
Yamagishi A, Tanabe K, Yokokawa M, Morimoto Y, Kinoshita M, Suzuki H
Analytica chimica acta   985 1-6   Sep 2017   [Refereed]
Yamada K, Sato D, Nakamura T, Amano H, Morimoto Y
The journal of physiological sciences : JPS   67(5) 539-548   Sep 2017   [Refereed]
Masuda J, Takayama E, Strober W, Satoh A, Morimoto Y, Honjo Y, Ichinohe T, Tokuno SI, Ishizuka T, Nakata T, Mizutani A, Umemura N, Kitani A, Fuss IJ, Shigehiro T, Kawaki H, Mizuno-Kamiya M, Kondoh N, Seno M
Oncology reports   38(1) 449-455   Jul 2017   [Refereed]
New Navigation Surgery for Resection of Lymphatic Malformations Using Indocyanine Green Fluorescence Imaging.
Shirota C, Hinoki A, Takahashi M, Tanaka Y, Tainaka T, Sumida W, Murase N, Oshima K, Shirotsuki R, Chiba K, Morimoto Y, Uchida H
The American journal of case reports   18 529-531   May 2017   [Refereed]
Tsuda T, Kaibori M, Hishikawa H, Nakatake R, Okumura T, Ozeki E, Hara I, Morimoto Y, Yoshii K, Kon M
PloS one   12(8) e0183527   2017   [Refereed]
Nomura Shinsuke, Arake Masashi, Morimoto Yuji, Tsujimoto Hironori, Miyazaki Hiromi, Saitoh Daizoh, Shinomiya Nariyoshi, Hase Kazuo, Yamamoto Junji, Ueno Hideki
JOURNAL OF SENSORS   2017 3738046:1-3738046:7   2017   [Refereed]
Ohta H, Kohno Y, Arake M, Tamura R, Yukawa S, Sato Y, Morimoto Y, Nishida Y, Yawo H
Neuroscience research   112 47-56   Nov 2016   [Refereed]
Ho CS, Horiuchi T, Taniguchi H, Umetsu A, Hagisawa K, Iwaya K, Nakai K, Azmi A, Zulaziz N, Azhim A, Shinomiya N, Morimoto Y
Biomedical engineering online   15(1) 98   Aug 2016   [Refereed]
Nomoto T, Fukushima S, Kumagai M, Miyazaki K, Inoue A, Mi P, Maeda Y, Toh K, Matsumoto Y, Morimoto Y, Kishimura A, Nishiyama N, Kataoka K
Biomaterials science   4(5) 826-838   May 2016   [Refereed]
Tsujimoto H, Morimoto Y, Takahata R, Nomura S, Yoshida K, Hiraki S, Horiguchi H, Miyazaki H, Ono S, Saito D, Hara I, Ozeki E, Yamamoto J, Hase K
Annals of surgical oncology   22 Suppl 3 S923-8   Dec 2015   [Refereed]
Horiuchi Toshikatsu, Serizawa Yusuke, Tateishi Syoichiro, Iwaya Keiichi, Watanabe Junichi, Kobayashi Shinichi, Sato Ken, Kimura Fumihiko, Shinomiya Nariyoshi, Morimoto Yuji
CANCER RESEARCH   75    Aug 2015   [Refereed]
Dd近未来治療セミナー "光殺菌治療"って何だ?
十河 基文, 守本 祐司
DENTAL DIAMOND   40(5) 59-71   Apr 2015
Amalina M. A., Zulaziz Natasha, Ho Cassandra, Azhim Azran, Miyazaki Hiromi, Saito Daizoh, Kinoshita Manabu, Horiuchi Toshikatsu, Himeno Naomi, Shinomiya Nariyoshi, Morimoto Yuji
2015 10TH ASIAN CONTROL CONFERENCE (ASCC)   1-4   2015   [Refereed]
Tsujimoto H, Morimoto Y, Takahata R, Nomura S, Yoshida K, Horiguchi H, Hiraki S, Ono S, Miyazaki H, Saito D, Hara I, Ozeki E, Yamamoto J, Hase K
Cancer science   105(12) 1626-1630   Dec 2014   [Refereed]
Iwaki S, Hokamura K, Ogawa M, Takehara Y, Muramatsu Y, Yamane T, Hirabayashi K, Morimoto Y, Hagisawa K, Nakahara K, Mineno T, Terai T, Komatsu T, Ueno T, Tamura K, Adachi Y, Hirata Y, Arita M, Arai H, Umemura K, Nagano T, Hanaoka K
Organic & biomolecular chemistry   12(43) 8611-8618   Nov 2014   [Refereed]
Nagata T, Masumoto K, Uchiyama Y, Watanabe Y, Azuma R, Morimoto Y, Katou F
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery   42(7) 1112-1116   Oct 2014   [Refereed]
Miyazaki K, Morimoto Y, Nishiyama N, Satoh H, Tanaka M, Shinomiya N, Ito K
Molecular and clinical oncology   2(1) 65-70   Jan 2014   [Refereed]
Takai M, Nagai M, Morimoto Y, Sasao K, Oki A, Nakanishi J, Inokuchi H, Chang CH, Kikuchi J, Ogawa H, Horiike Y
The Analyst   138(21) 6469-6476   Nov 2013   [Refereed]
細菌感染症の新しいアプローチ「光殺菌治療」 基本的な話から間接的殺菌効果まで
十河 基文, 守本 祐司
The Quintessence   32(9) 1944-1955   Sep 2013
守本 祐司, 田中 優砂光, 木下 学
日本レーザー医学会誌   34(2) 133-137   Sep 2013
自然免疫である好中球への光線力学療法(PDT)作用、ならびにPDT作用を受けた好中球の病巣・病態への働きかけについて以下の項目を述べた。1)従来の細菌に対するPDT(細菌PDT)の効果メカニズム、2)in vivo細菌PDTにおける好中球の重要性、3)腫瘍に対するPDTにおける好中球の重要性。
Tanaka M, Mroz P, Dai T, Huang L, Morimoto Y, Kinoshita M, Yoshihara Y, Shinomiya N, Seki S, Nemoto K, Hamblin MR
Photochemistry and photobiology   89(3) 679-682   May 2013   [Refereed]
光線力学療法(PDT)の局所細菌感染症への応用 化膿性関節炎モデルを用いた実験的研究
田中 優砂光, 守本 祐司, 木下 学, 吉原 愛雄, 四ノ宮 成祥, 関 修司, 斎藤 大蔵, 宮崎 裕美, Hamblin Michael R., 根本 孝一
防衛医科大学校雑誌   37(4) 243-256   Dec 2012
整形外科領域における細菌感染症に対する新たな治療法の一つとして応用することを目指し、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus:MRSA)関節炎マウスモデルに対する光線力学療法(photodynamic therapy:PDT)の効果に関する検討を行った。至適条件下におけるPDTは、直接的な殺細菌効果を持つのみならず、感染局所に好中球を遊走・集積させる効果を有しており、MRSA関節炎の治療効果においては好中球の遊走・...
比留間 瞳, 守本 祐司, 宮崎 幸造, 井上 明季, 野本 貴大, 福島 重人, 四ノ宮 成祥, 西山 伸宏, 片岡 一則
日本レーザー医学会誌   33(2) 104-108   Aug 2012
Huang YY, Tanaka M, Vecchio D, Garcia-Diaz M, Chang J, Morimoto Y, Hamblin MR
Expert review of clinical immunology   8(5) 479-494   Jul 2012   [Refereed]
Miyazaki K, Morimoto Y, Nishiyama N, Maekawa Y, Hu WZ, Nakatate K, Kaneda K, Shinomiya N, Kataoka K
Lasers in surgery and medicine   44(5) 413-420   Jul 2012   [Refereed]
Miyazaki Kozo, Morimoto Yuji, Hiruma Hitomi, Inoue Aki, Nomoto Takahiro, Fukushima Shigeto, Iwaya Keiichi, Shinomiya Nariyoshi, Nishiyama Nobuhiro, Kataoka Kazunori
CANCER RESEARCH   72    Apr 2012   [Refereed]
Hiruma Hitomi, Morimoto Yuji, Miyazaki Kozo, Inoue Aki, Nomoto Takahiro, Hukushima Shigeto, Shinomioya Nariyoshi, Nishiyama Nobuhiro, Kataoka Kazunori
CANCER RESEARCH   72    Apr 2012   [Refereed]
Tanaka M, Kinoshita M, Yoshihara Y, Shinomiya N, Seki S, Nemoto K, Hirayama T, Dai T, Huang L, Hamblin MR, Morimoto Y
Photochemistry and photobiology   88(1) 227-232   Jan 2012   [Refereed]
新しい医療技術 光線力学療法(PDT)を用いた骨関節手術後感染の予防戦略
田中 優砂光, 吉原 愛雄, 守本 祐司, 木下 学, MR Hamblin, 根本 孝一
整形・災害外科   55(1) 75-79   Jan 2012
Tanaka M, Mroz P, Dai T, Huang L, Morimoto Y, Kinoshita M, Yoshihara Y, Nemoto K, Shinomiya N, Seki S, Hamblin MR
PloS one   7(6) e39823   2012   [Refereed]
Tanaka Masamitsu, Mroz Pawel, Dai Tianhong, Kinoshita Manabu, Morimoto Yuji, Hamblin Michael R.
BIOPHOTONICS AND IMMUNE RESPONSES VII   8224    2012   [Refereed]
Herlambang S, Kumagai M, Nomoto T, Horie S, Fukushima S, Oba M, Miyazaki K, Morimoto Y, Nishiyama N, Kataoka K
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   155(3) 449-457   Nov 2011   [Refereed]
村原 中, 脇田 晃充, 三宅 裕, 立石 昇一朗, 平山 貴浩, アズラン・アズヒム, 村松 和明, 田中 眞人, 遠藤 修, 宮崎 幸造, 松尾 洋孝, 四ノ宮 成祥, 守本 祐司
生体医工学   49(3) 508-515   Jun 2011
脱細胞化組織を利用した、生体における細胞機能を発揮させるための細胞培養基質デバイスを開発した。はじめに、脱細胞を促進する簡易技術を開発し、生体組織系足場を効率よく作りだすための条件検討を行った。次に、脱細胞化組織のモジュール化を図った。脱細胞処理においては、0.1%SDSの使用で効率的な脱細胞が行えた。脱細胞化組織をリングクランプで挟み込み、細胞培養実験に供する実験用モジュールを構築し、レシピエント細胞の形態・機能の観察・計測のための実験を容易に実施することができるようにした。脱細胞化血管...
Tanaka M, Kinoshita M, Yoshihara Y, Shinomiya N, Seki S, Nemoto K, Hamblin MR, Morimoto Y
Lasers in surgery and medicine   43(3) 221-229   Mar 2011   [Refereed]
西山 伸宏, 守本 祐司, 片岡 一則
Drug Delivery System   25(5) 448-455   Oct 2010
光線力学療法(PDT)は、表在性の早期がんに対する低侵襲的治療法として有効であることが知られている。DDSによる光増感剤のデリバリーは、PDTの有効性と安全性を高める有効なアプローチであり、本稿では、筆者らがこれまでに開発を行ってきたデンドリマー型光増感剤を内包した高分子ミセルの設計とその有用性を解説する。さらに、高分子ミセル型DDSと患部への均質光照射のための内視鏡型ファイバープローブの融合による微小がんを標的とした新しいPDTについて紹介する。(著者抄録)
Morimoto N, Taiji H, Tsukamoto K, Morimoto Y, Nakamura T, Hommura T, Ito Y
International journal of pediatric otorhinolaryngology   74(7) 786-790   Jul 2010   [Refereed]
宮崎 幸造, 守本 祐司, 熊谷 康顕, 福島 重人, 堀江 壮太, 村岡 未帆, 胡 尉之, 中楯 健一, 金田 恵司, 前川 康弘, 四ノ宮 成祥, 西山 伸宏, 片岡 一則
日本レーザー医学会誌   31(2) 122-128   Jul 2010
膀胱形状の計測データをもとに均質照射型光ファイバープローブ(HIFiP)を作製し、光線力学的療法(PDT)における有効性を検証した。ラット正所性膀胱がんモデルを用いた実験において、HIFiPは膀胱内壁全体に均質な光照射が可能であり、その照射範囲は全膀胱粘膜の約70%に達し、先端未加工のコントロールファイバープローブ(CF)の約2倍であった。また、HIFiP-PDT後の腫瘍体積はCF-PDT後の腫瘍体積の1/2以下であり、光照射範囲が約2倍に増えたことで、CFでは光照射が困難であった部位にま...
Horio T, Ishihara M, Fujita M, Kishimoto S, Kanatani Y, Ishizuka T, Nogami Y, Nakamura S, Tanaka Y, Morimoto Y, Maehara T
Artificial organs   34(4) 342-347   Apr 2010   [Refereed]
Tanaka M, Kinoshita M, Yoshihara Y, Shinomiya N, Seki S, Nemoto K, Morimoto Y
Photochemistry and photobiology   86(2) 403-409   Mar 2010   [Refereed]
三宅 裕, 立石 昇一朗, 脇田 晃充, 村原 中, 宮崎 幸造, 村岡 未帆, 西山 伸宏, 片岡 一則, 松尾 洋孝, 四ノ宮 成祥, 守本 祐司
生体医工学   47(6) 610-615   Dec 2009
生体投与された物質の臓器内集積の経時変化を長時間にわたって追跡計測することを可能にする高感度蛍光分光システムを開発した。新規開発した蛍光標識物質のマウス投与後における血漿・臓器内集積を測定し、従来蛍光測定装置と性能比較を行った。光源にアルゴンレーザーを用いたことにより、高強度で狭分光幅の光照射で試料を励起することが可能となり、低量子収率の色素も効率よく励起できるようにした。蛍光検知感度が、従来システムに比して、透明試料において10倍、高散乱試料において10000倍向上した新しい蛍光分光シス...
Matsuo H, Takada T, Ichida K, Nakamura T, Nakayama A, Ikebuchi Y, Ito K, Kusanagi Y, Chiba T, Tadokoro S, Takada Y, Oikawa Y, Inoue H, Suzuki K, Okada R, Nishiyama J, Domoto H, Watanabe S, Fujita M, Morimoto Y, Naito M, Nishio K, Hishida A, Wakai K, Asai Y, Niwa K, Kamakura K, Nonoyama S, Sakurai Y, Hosoya T, Kanai Y, Suzuki H, Hamajima N, Shinomiya N
Science translational medicine   1(5) 5ra11   Nov 2009   [Refereed]
Shimizu T, Nakai K, Morimoto Y, Ishihara M, Oishi H, Kikuchi M, Arai H
Neurologia medico-chirurgica   49(8) 327-32; discussion 332   Aug 2009   [Refereed]
Dendritic photosensitizer encapsulated in newly developed polymeric micelles designed for prolonged circulation
Morimoto Yuji, Miyazaki Kozo, Urano Kyoko, Kumagai Michiaki, Horie Souta, Fukushima Shigeto, Matsumura Kouji, Shinomiya Nariyushi, Nishiyama Nobuhiro, Kataoka Kazunori
CANCER RESEARCH   69    May 2009   [Refereed]
A novel DDS-based, fluorescence probe-equipped photosensitizer for photodynamic therapy and photodynamic diagnosis of bladder cancer
Miyazaki Kozo, Morimoto Yuji, Kumagai Michiaki, Horie Souta, Fukushima Shigeto, Urano Kyoko, Shinomiya Nariyoshi, Nishiyama Nobuhiro, Kataoka Kazunori
CANCER RESEARCH   69    May 2009   [Refereed]
Nakagishi Y, Morimoto N, Fujita M, Ozeki Y, Maehara T, Kikuchi M, Morimoto Y
Photochemistry and photobiology   85(3) 714-718   May 2009   [Refereed]
Nishiyama N, Morimoto Y, Jang WD, Kataoka K
Advanced drug delivery reviews   61(4) 327-338   Apr 2009   [Refereed]
Nishiyama N, Nakagishi Y, Morimoto Y, Lai PS, Miyazaki K, Urano K, Horie S, Kumagai M, Fukushima S, Cheng Y, Jang WD, Kikuchi M, Kataoka K
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   133(3) 245-251   Feb 2009   [Refereed]
IS MYOFIBRILLOGENESIS REGULATOR 1 A TRULY CAUSATIVE GENE OF PAROXYSMAL DYSTONIC CHOREOATHETOSIS? ANALYSIS OF HUMAN CASES AND HAMSTER MODEL
Kusanagi Yasuyoshi, Matsuo Hirotaka, Sander Svenja E., Chiba Toshinori, Hamann Melanie, Morimoto Yuji, Kobayashi Yasushi, Richter Angelika, Kamakura Keiko, Shinomiya Nariyoshi
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   59 519   2009   [Refereed]
Matsuo H, Chiba T, Nagamori S, Nakayama A, Domoto H, Phetdee K, Wiriyasermkul P, Kikuchi Y, Oda T, Nishiyama J, Nakamura T, Morimoto Y, Kamakura K, Sakurai Y, Nonoyama S, Kanai Y, Shinomiya N
American journal of human genetics   83(6) 744-751   Dec 2008   [Refereed]
光線力学的治療による肉芽性気道狭窄に対する新規治療の研究
中岸 義典, 守本 祐司, 菊地 眞
防衛医科大学校雑誌   33(4) 179-191   Dec 2008
Azuma R, Morimoto Y, Masumoto K, Nambu M, Takikawa M, Yanagibayashi S, Yamamoto N, Kikuchi M, Kiyosawa T
Plastic and reconstructive surgery   122(4) 1062-1067   Oct 2008   [Refereed]
Oura T, Tanaka H, Morimoto Y, Masumoto K, Kohno E, Hirano T, Katou F, Hashimoto K
Lasers in medical science   23(4) 355-360   Oct 2008   [Refereed]
Jin Iizuka, Yuji Morimoto, Yoshinori Nakagishi, Makoto Kikuchi, Mikio Masuzawa
ARCHIVES OF DERMATOLOGICAL RESEARCH   300(4) 161-166   Apr 2008   [Refereed]
中岸 義典, 守本 祐司, 藤田 真敬, 守本 倫子, 尾関 雄一, 前原 正明, 菊地 眞
日本気管食道科学会会報   59(1) 1-11   Feb 2008
[背景]小児における気道狭窄治療は困難であり、効果的で侵襲の少ない治療法の確立が望まれている。われわれは、気道狭窄治療に対する新しい治療法として低侵襲治療法の一つである光線力学的治療(PDT)を提案し、本法の有効性を検討した。[方法]ウサギ気管粘膜を擦過して作成した気道狭窄モデルに光感受性物質であるフォトフリンを投与し、その組織集積性を調べた。またウサギ気道狭窄モデルにフォトフリンを用いたPDTを施行し、気管支鏡下に観察しその効果を検証した。[結果]フォトフリンの気道狭窄部肉芽組織への高い...
Nakagishi Y, Morimoto Y, Fujita M, Morimoto N, Ozeki Y, Maehara T, Kikuchi M
Chest   133(1) 123-130   Jan 2008   [Refereed]
Li Yuan, Jang Woo-Dong, Nishiyama Nobuhiro, Kishimura Akihiro, Kawauchi Satoko, Morimoto Yuji, Miake Sayaka, Yamashita Takashi, Kikuchi Makoto, Aida Takuzo, Kataoka Kazunori
CHEMISTRY OF MATERIALS   19(23) 5557-5562   Nov 2007   [Refereed]
Kohyama S, Morimoto Y, Nakai K, Kaji T, Tokumaru A, Nawashiro H, Shima K, Satoh Y, Takishima K, Kikuchi M, Matsuo H
Lasers in surgery and medicine   39(8) 659-666   Sep 2007   [Refereed]
Nakagishi Y, Morimoto Y, Fujita M, Ozeki Y, Maehara T, Kikuchi M
Photochemistry and photobiology   83(5) 1220-1225   Sep 2007   [Refereed]
Ogata F, Narushima M, Mihara M, Azuma R, Morimoto Y, Koshima I
Annals of plastic surgery   59(2) 180-184   Aug 2007   [Refereed]
Ogata F, Azuma R, Kikuchi M, Koshima I, Morimoto Y
Annals of plastic surgery   58(6) 652-655   Jun 2007   [Refereed]
前外側大腿皮弁の穿通枝を同定するために用いたインドシアニングリーン近赤外血管造影法
東 隆一, 守本 祐司, 柳林 聡, 南部 正樹, 瀧川 恵美, 山本 直人, 清澤 智晴
形成外科   50(6) 679-684   Jun 2007
Satoh H, Morimoto Y, Arai T, Asanuma H, Kawauchi S, Seguchi K, Kikuchi M, Murai M
The Journal of urology   177(3) 1169-1173   Mar 2007   [Refereed]
ドライ比色法による微量血液分析在宅診断チップ
堀池 靖浩, 甲田 裕子, Chang Chia-Hsien, 小川 洋輝, 長井 政雄, 守本 祐司
新しい医療機器研究   12 29-31   Mar 2007
Fujita M, Ishihara M, Shimizu M, Obara K, Nakamura S, Kanatani Y, Morimoto Y, Takase B, Matsui T, Kikuchi M, Maehara T
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   15(1) 58-65   Jan 2007   [Refereed]
堀内 俊克, 川井 実, 渡辺 大祐, 守本 祐司
生体医工学   44(4) 707-712   Dec 2006
小動物に対し、三次元モーションキャプチャリング手法を用いた呼吸測定法を試みた。麻酔下のラットに直径4mmの近赤外反射マーカー21個を装着した。その結果、自発呼吸に伴う胸郭運動、呼吸数の経時的変化をモニタリングできた。多面体体積変化の分析では、胸郭体積最小時間は、胸郭体積最大時間に比べ、長かった。また、体積変化曲線には細かい振動が重畳した。一時的に100%窒素ガスを吸引させたところ、吸入開始7〜8s後より代償性呼吸回数の増大を認めた。三次元モーションキャプチャリングシステムは、小動物の呼吸状...
Morimoto N, Tanaka T, Taiji H, Horikawa R, Naiki Y, Morimoto Y, Kawashiro N
The Journal of pediatrics   149(5) 697-701   Nov 2006   [Refereed]
中岸 義典, 守本 祐司, 川内 聡子, 張 祐銅, 西山 伸宏, 尾関 雄一, 前原 正明, 片岡 一則, 菊地 眞
日本レーザー医学会誌   27(2) 71-76   Jul 2006
Jang WD, Nakagishi Y, Nishiyama N, Kawauchi S, Morimoto Y, Kikuchi M, Kataoka K
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   113(1) 73-79   Jun 2006   [Refereed]
医用工学・医療情報学 金ナノ粒子を用いた非蛍光分子イメージング
守本 祐司
医学のあゆみ   216(11) 846-846   Mar 2006
Kawauchi S, Sato S, Morimoto Y, Kikuchi M
Journal of biomedical optics   11(1) 014005   Jan 2006   [Refereed]
Ishihara M, Obara K, Nakamura S, Fujita M, Masuoka K, Kanatani Y, Takase B, Hattori H, Morimoto Y, Ishihara M, Maehara T, Kikuchi M
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   9(1) 8-16   2006   [Refereed]
紫外線(narrow-band UVB)による血管内膜肥厚抑制効果の検討
守本 祐司
日本レーザー治療学会誌   4(2) 19-24   Dec 2005
narrow-band UVB(NBUVB)のヒト培養平滑筋細胞(HSMC)に対する増殖抑制効果を検討した.増殖能抑制効果のさらなる証明のため,NBUVB照射後のヒト平滑筋細胞の細胞周期の解析も行った.ラット頸動脈バルーン傷害モデルを作成した.左総頸動脈近位部と内頸動脈にクリップをかけて血流を遮断した後,バルーンを挿入した小切開から生理的食塩水を注入して血管内の血液を洗浄した.洗浄後虚脱した状態の総頸動脈に,25mW/cm2の照射強度のNBUVBを60秒間で照射した.NBUVB照射は,エネ...
生理活性物質および複合糖質を用いた医用生体高分子材料の創出と循環器病領域への医療応用
藤田 真敬, 石原 雅之, 守本 祐司, 志水 正史, 高瀬 凡平, 前原 正明, 菊地 眞
防衛医科大学校雑誌   30(4) 149-162   Dec 2005
Asanuma H, Arai T, Morimoto Y, Kawauchi S, Satoh H, Seguchi K, Kikuchi M, Murai M
The Journal of urology   174(5) 2016-2021   Nov 2005   [Refereed]
中岸 義典, 守本 祐司, 藤田 真敬, 尾関 雄一, 東 隆一, 田部 哲也, 前原 正明, 菊地 眞
日本気管食道科学会会報   56(5) 431-438   Oct 2005
[背景]新生児や乳児での長期にわたる挿管により気道狭窄が生じ,その治療は非常に困難である.本研究は,気道狭窄治療法の新規開発に利用できる気道狭窄モデルを確立することを目的とした.[方法]ウサギ気管を切開し,気管内腔をナイロン製のブラシで擦過後,切開部を縫合し経過観察した.まず,経時的に狭窄部の病理学的変化の観察を行い,次に擦過後9日目に喉頭気管を摘出し,組織学的観察をおこなった.[結果]全例で気道狭窄を認め,擦過後9日目には径で22〜82%,断面積で48〜97%の狭窄を認めた.組織学的には...
Nakagishi Y, Morimoto Y, Fujita M, Ozeki Y, Maehara T, Kikuchi M
The Laryngoscope   115(6) 1087-1092   Jun 2005   [Refereed]
Fujita M, Ishihara M, Morimoto Y, Simizu M, Saito Y, Yura H, Matsui T, Takase B, Hattori H, Kanatani Y, Kikuchi M, Maehara T
The Journal of surgical research   126(1) 27-33   Jun 2005   [Refereed]
Jang WD, Nishiyama N, Zhang GD, Harada A, Jiang DL, Kawauchi S, Morimoto Y, Kikuchi M, Koyama H, Aida T, Kataoka K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   44(3) 419-423   Jan 2005   [Refereed]
明日の医学・医療を拓く最先端医工学研究 分子細胞医療における医工学技術
菊地 眞, 守本 祐司, 石原 美弥, 藤田 真敬, 萩沢 康介, 石原 雅之, 佐藤 俊一, 佐藤 正人, 丸山 一雄
血管医学   5(6) 603-611   Dec 2004
Fujita M, Kinoshita M, Ishihara M, Kanatani Y, Morimoto Y, Simizu M, Ishizuka T, Saito Y, Yura H, Matsui T, Takase B, Hattori H, Kikuchi M, Maehara T
The Journal of surgical research   121(1) 135-140   Sep 2004   [Refereed]
Fujita M, Ishihara M, Kusama Y, Shimizu M, Kimura T, Iizuka Y, Ozaki S, Muraoka M, Morimoto Y, Takeshima S, Kikuchi M, Maehara T
Artificial organs   28(3) 310-313   Mar 2004   [Refereed]
【血液と接触して利用されているバイオマテリアル】 人工弁の最近の進歩
尾崎 重之, 菊地 眞, 岩崎 清隆, 守本 祐司
バイオマテリアル-生体材料-   22(2) 89-98   Mar 2004
Fujita M, Ishihara M, Simizu M, Obara K, Ishizuka T, Saito Y, Yura H, Morimoto Y, Takase B, Matsui T, Kikuchi M, Maehara T
Biomaterials   25(4) 699-706   Feb 2004   [Refereed]
Fujita M, Morimoto Y, Ishihara M, Shimizu M, Takase B, Maehara T, Kikuchi M
The Journal of surgical research   116(1) 124-128   Jan 2004   [Refereed]
Fujita M, Ishihara M, Ono K, Matsumura K, Saito Y, Yura H, Morimoto Y, Shimizu M, Takase B, Ozaki S, Kikuchi M, Maehara T
Journal of cardiovascular pharmacology   43(1) 31-38   Jan 2004   [Refereed]
Fujioka N, Morimoto Y, Arai T, Kikuchi M
Cancer detection and prevention   28(1) 32-36   2004   [Refereed]
Morimoto Y, Kohyama S, Nakai K, Matsuo H, Karasawa F, Kikuchi M
Photochemistry and photobiology   78(4) 372-376   Oct 2003   [Refereed]
Fujita M, Morimoto Y, Ohmori S, Usami N, Arai T, Maehara T, Kikuchi M
Lasers in surgery and medicine   32(5) 341-345   2003   [Refereed]
光による血管攣縮抑制作用:機序解明と治療への応用
守本 祐司
防衛医科大学校雑誌   27(2) 97-102   Jun 2002
光によって血管反応をコントロールできれば,血管攣縮のような過度の収縮状態にある血管に対する新しい治療法になりうる.しかし,そのためには,どのような機序で光による血管反応が惹起されるのかを知る必要がある.さもないと,期待する誘導効果(弛緩)とは反対の作用(収縮)を引き起こしかねない.光による血管反応の発生機序について,著者等の実験結果を交えて概説し,更に血管攣縮に対する治療応用への可能性についても言及した.光照射による血管弛緩効果には内皮非依存性の光化学反応によって発生する一酸化窒素が関与す...
Ishihara M, Arai T, Sato S, Morimoto Y, Obara M, Kikuchi M
Lasers in surgery and medicine   30(1) 54-59   2002   [Refereed]
東海集中豪雨 災害派遣隊員の疾病発生状況
守本 祐司, 林田 真吾, 松田 豊, 龍城 敏孝, 松浦 孝生, 伊達 秀樹, 北川 敬丈
防衛衛生   48(7) 191-196   Jul 2001
2000年9月11日の東海集中豪雨災害に派遣された隊員の疾病状況を調査し分析した.災害発生3日目にあたる13日に8名を認める以外大きな患者変動は認められなかった.総受診率は,派遣隊員で0.63%(派遣隊員受診者63名/のべ派遣人員数9940名),非派遣隊員0.64%(非派遣隊員受診者213名/非派遣人員数33044名)で派遣の有無によって受診率は増加しなかった.疾病特異性を明確にすることを目的とし,派遣何日後に受診したかを把握した.派遣日から2日目以内が61%を占め,耳鼻科1名,整形外科6...
紫外線予防照射による血管攣縮抑制効果 薬理学的検討
守本 祐司, 中井 完治, 大貫 明, 唐澤 富士夫, 荒井 恒憲, 島 克司, 佐藤 哲雄, 加藤 昌由, 菊地 眞
脳血管攣縮   16 303-307   Mar 2001
紫外線(UV)予防照射による血管攣縮抑制効果の薬理学的検討を行った.方法は,ラット大腿動脈の血管攣縮モデルを用い,Control群(自己血留置なし,UVなし),VS群(自己血留置あり,UVなし),UV群(自己血なし,UVあり),AS+UV群(自己血あり,UVあり)に分け,血管張力の測定と血管攣縮を評価した.80mM KC1およびPhenylephrineによる収縮は,Control群に比しVS,UV,VS+UV群で血管収縮力低下を認め,後者2群で顕著であった.VS群では有意な血管攣縮を認め...
リウマチ性環軸椎変位による解離性椎骨動脈血栓症の1例
澤田 正二郎, 小幡 達雄, 守本 祐司, 東 賢治, 福島 功二, 中島 伸二
東京都医師会雑誌   53(10) 1603-1607   Dec 2000
75歳,男.慢性関節リウマチ長期罹患例で,頭部後屈時に頭痛,めまい,失神及び四肢痺れ感が頻発した.環軸椎偏位を併発した慢性関節リウマチ例では,頭部後屈による脳幹虚血の予防に留意する必要がある
多発性脳梗塞所見を伴ったChurg-Strauss症候群の2症例
福島 功二, 中島 伸二, 西岡 亮治, 守本 祐司, 鈴木 王洋, 澤田 正二郎, 大鈴 孝文, 野村 総一郎
東京都医師会雑誌   53(6) 774-777   Jul 2000
症例1は53歳女.Churg-Strauss症候群と診断され治療を受けて症状は軽快していたが,右眼視力異常,顔面浮腫,発熱,頭痛,嘔気を自覚し入院となった.頭部MRI所見で,大脳の白質深部を中心にT1強調画像で低信号,T2強調画像,フレア画像で高信号を示す多発性小梗塞と考えられる所見が散在していた.メチルプレドニゾロンのパルス療法及び免疫グロブリン静注療法を実施し,2日目には頭痛,嘔気が消失し,右眼の視力も回復し,症状改善を認めたので退院した.症例2は54歳男.気管支喘息の治療を受けていた...
ウサギ頸動脈モデルにおける紫外線予防照射による血管攣縮抑制効果(第2報)
中井 完治, 守本 祐司, 和田 孝次郎, 苗代 弘, 菊地 眞, 島 克司
脳血管攣縮   15 274-277   Jun 2000
非照射群におけるDay 2の相対的血管径は,Day 0に比し統計学的に有意に減少した.一方,紫外線照射群ではDay 0とDay 2との間に有意差はみられなかった.H&E染色では,非照射群において血管壁の肥厚がみられ,特に中膜層において血管平滑筋細胞の短径化がみられたが,照射群においてはこれらの所見は観察されず,照射による熱損傷や炭化もなかった.TUNEL染色においては,非照射群はほぼ全ての細胞がTUNEL陰性であるのに対し,照射群の細胞はTUNEL陽性を示すものが顕著にみられた

Misc

 
内因性物質の蛍光スペクトルに基づく不安定プラークの新たなイメージング技術の開発
守本 祐司, 岩屋 啓一
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度 200-201   Mar 2015
エネルギー増感型超分子による新しい標的化がん治療法の開発
守本 祐司
医科学応用研究財団研究報告   31 158-162   Feb 2014
より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究 腫瘍内高集積性を有した光応答型高分子ナノミセルによるがんの光線力学的治療
守本 祐司
医科学応用研究財団研究報告   25 131-134   Feb 2008
エネルギー消光を起こさず、かつ、患部に高集積する光線力学的治療(PDT)用薬剤の開発を行った。開発した高分子ミセル型光増感剤を用いたPDTが、がん治療して有効か否かを判断すべく基礎的な検討を行った。新しい光増感ナノキャリアとして、デンドリマー化された光増感剤であるデンドリマー型フタロシアニン(DPc)を高分子ミセル化したDPc/Mを作成した。DPc/Mを用いたPDTでは、DPcあるいはフタロシアニン(Pc)を用いたPDTの場合よりも細胞増殖効果が有意に強く、他群に比べ非常に低濃度での細胞増...

Conference Activities & Talks

 
神経芽腫に対する新規治療法の開発 インドシアニングリーン内包生分解性ナノ粒子を用いた光温熱療法
高橋 正貴, 守本 祐司, 檜 顕成, 小関 英一, 原 功, 藤代 準, 野村 信介, 田井中 貴久, 佐藤 あやの, 高山 英次, 内田 広夫
日本小児外科学会雑誌   May 2018   
動脈硬化プラークにおける5-アミノレブリン酸投与後に観察される蛍光
長井 健一郎, 寺原 航, 萩沢 康介, 丹羽 貴郁, 江南 慧, 広富 優華, 四ノ宮 成祥, 守本 祐司
日本レーザー医学会誌   Oct 2017   
PDTとドラッグデリバリーシステム ドラッグデリバリーシステム型インドシアニングリーンによる光温熱治療に関する検討
野村 信介, 守本 祐司, 辻本 広紀, 小関 英一, 原 功, 矢口 義久, 平木 修一, 長谷 和生, 山本 順司, 上野 秀樹
日本レーザー医学会誌   Oct 2017   
ナノシート電極と光ファイバーの融合
太田 宏之, 小久保 奈々, 荒毛 将史, 守本 祐司, 武岡 真司, 西田 育弘, 藤枝 俊宣
日本レーザー医学会誌   Oct 2017   
動脈硬化プラークのイメージングにおける5-アミノレブリン酸の有用性
鬼木 玲奈, 寺原 航, 長井 健一郎, 萩沢 康介, 丹羽 貴郁, 江南 慧, 広富 優華, 四ノ宮 成祥, 守本 祐司
日本レーザー医学会誌   Oct 2017