下田正弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/02 12:52
 
アバター
研究者氏名
下田正弘
 
シモダマサヒロ
URL
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/teacher/database/14.html
所属
東京大学
部署
大学院人文社会系研究科附属次世代人文学開発センター
職名
教授
学位
博士(東京大学)

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京大学大学院 人文社会系研究科(次世代人文学開発センター配置換え、インド哲学仏教学兼任) 教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科(次世代人文学研究開発センター兼任) 教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 教授
 
2017年3月
 - 
2017年5月
University of Vienna Faculty of Philology and Cultures 教授
 
2012年2月
 - 
2012年5月
University of Virginia 客員教授
 
2011年3月
 - 
2011年4月
Stanford University 客員教授
 
2006年1月
 - 
2006年3月
University of London School of Oriental and African Studies 教授
 
1995年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 助教授
 
1994年10月
 - 
1995年3月
東京大学 文学部 助教授
 
1988年4月
 - 
1990年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院 人文科学研究科博士課程 印度哲学
 
1985年7月
 - 
1986年5月
デリー大学大学院留学  
 
1981年4月
 - 
1984年3月
東京大学大学院 人文科学研究科修士課程 印度哲学
 
 
 - 
1981年3月
東京大学 文学部 印度哲学印度文学専修課程
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本印度学仏教学会  理事長
 
 
 - 
現在
大法輪石原育英会奨学金選考委員  委員
 
 
 - 
現在
財団法人・仏教学術振興財団  理事・評議
 
 
 - 
現在
大蔵経データベース化支援募金会  委員
 
 
 - 
現在
財団法人・東京大学仏教青年会  理事
 

受賞

 
2015年5月
パーリ学仏教文化学会 パーリ学仏教文化学会賞功労賞
 
2014年11月
毎日新聞社 毎日出版文化賞
 
2011年4月
タイ国議会 仏教功労賞・最高賞
 
1997年
日本宗教学会 日本宗教学会賞
 
1993年
日本印度学仏教学会 日本印度学仏教学会賞
 

論文

 
下田 正弘
印度學佛教學研究   65(2) 525-535   2017年3月   [査読有り]
Kiyonori Nagasaki,Tetsuei Tsuda,Yuho Kitazaki,A. Charles Muller,Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2017, DH 2017, Conference Abstracts, McGill University & Université de Montréal, Montréal, Canada, August 8-11, 2017      2017年   [査読有り]
比較思想と人文情報学――デジタル・ヒューマニティーズの現在から――
下田正弘
比較思想研究   44 52-57   2017年
下田 正弘
印仏研、印度学仏教学研究   65(2) 525-535   2017年   [査読有り]
<p>After having not been of concern for some time, the matter of whether or not Buddhist studies should be seen as an independent discipline has recently resurfaced within related academic communities. Now that the environments of scholarship in t...
Kiyonori Nagasaki,Toru Tomabechi,A. Charles Muller,Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2016, DH 2016, Conference Abstracts, Jagiellonian University & Pedagogical University, Krakow, Poland, July 11-16, 2016   300-303   2016年   [査読有り]
下田 正弘
竜谷教学   (50) 151-168   2015年12月
永崎 研宣, Paul Hackett, 苫米地 等流, A.チャールズ・ミュラー, 下田 正弘
じんもんこん2014論文集   2014(3) 17-22   2014年12月
下田 正弘
近代仏教   (21) 73-92   2014年8月   [査読有り]
大乗経典の出現と浄土思想の誕生--エクリチュール論の視座から
下田正弘
仏教的伝統と人間の生―親鸞思想研究への視座   103-118   2014年6月
Kiyonori Nagasaki,A. Charles Muller,Toru Tomabechi,Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2014, DH 2014, Conference Abstracts, EPFL - UNIL, Lausanne, Switzerland, 8-12 July 2014      2014年   [査読有り]
永崎 研宣, 三宅 真紀, 苫米地 等流, A.CharlesMuller, 下田 正弘
じんもんこん2013論文集   2013(4) 239-246   2013年12月
Kiyonori Nagasaki,Toru Tomabechi,A. Charles Muller,Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2013, DH 2013, Conference Abstracts, University of Nebraska-Lincoln, Lincoln, NE, USA, July 16-19, 2013   517-518   2013年   [査読有り]
Kiyonori Nagasaki,Toru Tomabechi,Masahiro Shimoda
LLC   28(2) 296-300   2013年   [査読有り]
下田 正弘
印仏研、印度学仏教学研究   61(2) 843-835   2013年   [査読有り]
Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2012, DH 2012, Conference Abstracts, University of Hamburg, Hamburg, Germany, July 16-22, 2012   11-14   2012年   [査読有り]
永崎 研宣, 苫米地 等流, Dorji Wangchuk, Orna Almogi, 下田 正弘
じんもんこん2011論文集   2011(8) 155-160   2011年12月
Kiyonori Nagasaki,Toru Tomabechi,Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2011, DH 2011, Conference Abstracts, Stanford University, Stanford, CA, USA, June 19-22, 2011   342-343   2011年   [査読有り]
Yoichi Iwasaki,Kiyonori Nagasaki,Masahiro Shimoda,Hiroko Kume
2011 Second International Conference on Culture and Computing, Kyoto, Japan, October 20-22, 2011   173-174   2011年   [査読有り]
松田 訓典, 彌永 信美, 永崎 研宣, 下田 正弘
じんもんこん2010論文集   2010(15) 305-310   2010年12月
松田 訓典, 彌永 信美, 永崎 研宣, 下田 正弘
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2010(7) 1-5   2010年7月
現在,『法寶義林』 (Hobogirin, Dictionaire encyclopedique du bouddhisme d'apres les sources chinoises et japonaises) に収められた仏教の経論の著者・訳者の目録部のデジタル化を TEI の標準的なマークアップ方法にしたがって進めている.本報告では,そのデジタル化の概要,デジタル化に際しての問題点,および今後の展望を含めたその解決へのアプローチについて論ずる.We are working on t...
A. Charles Muller,Kozaburo Hachimura,Shoichiro Hara,Toshinobu Ogiso,Mitsuru Aida,Koichi Yasuoka,Ryo Akama,Masahiro Shimoda,Tomoji Tabata,Kiyonori Nagasaki
Digital Humanities 2010, DH 2010, Conference Abstracts, King's College London, London, England, UK, July 7-10, 2010   68-70   2010年   [査読有り]
下田 正弘
南アジア研究   2010(22) 158-169   2010年   [査読有り]
永崎 研宣, 白須 裕之, 下田 正弘
じんもんこん2009論文集   2009(16) 129-134   2009年12月
下田 正弘, 永崎 研宣
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2009(8) 1-6   2009年5月
SAT 大蔵経テキストデータベース研究会では大正新脩大蔵経のテキストデータベースを完成させ、大蔵経本来の営みである、その時点でのより良い学術情報資源の提供に向けて新たな試みを展開している。本稿ではそれらの試みのうち、独自に提供する情報資源の内容の深化と、既存の情報資源同士の相互運用の強化について論じる。すなわち、前者は大蔵経を中心とするインド学仏教学の成果をデジタルメディアの世界でより深く蓄積・共有しつつ新たな可能性を提示していくために必要であり、後者はすでに蓄積された情報資源を効果的に活...
下田 正弘
親鸞教学   (93) 23-44   2009年3月
永崎 研宣, 下田 正弘
じんもんこん2008論文集   2008 19-26   2008年12月   [査読有り]
下田 正弘
日本仏教学会年報   (74) 1-13   2008年   [査読有り]
下田 正弘
宗教研究   81(2) 283-308   2007年   [査読有り]
神仏習合の裏面の問いとしての神仏分離には、近世から近代にかけて中央集権国家を構築した日本の歴史全体が反映する。仏教の迫害と変容の基点となった明治維新をとりまく暈繝には、権力支配の構造の変容と諸知識体系化の歴史が重なりあう。経世済民の思想、国学の進展、一国史編纂の企図は一体化して明治国家の理念を形成し、仏教を非神話化しながらあらたな神話を完成する。この構造全体を読み解いて未来をみすえるとき、生活世界に基礎をおく解釈学としての仏教学の構築が強く望まれる。
永崎 研宣, 鈴木 隆泰, 下田 正弘
情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2006(57) 33-40   2006年5月
大正新脩大蔵經テキストデータベースは、すでにすぺてのテキストの入力を終了し、その正確性を高めるという次の段階に入っている。これを効率的に行っていくためには、より効率的かつユーザフレンドリーなコラボレーションシステムの開発が有効である。コラボレーションシステムは、それまでの作業のルーティンを損なうことなく、その問題点を解消できるものでなければならない。そのため、Webベースのシステムを基本としつつ、コア部分では、作業者のスキルの格差を考慮し、ローカル側での作業に比重を置くインターフェイスと、...
〈物語られるブッダ〉の復活--歴史学としての仏教学を再考する
下田正弘
仏教とジャイナ教:長崎法潤博士古稀記念論集   357-379   2005年11月
下田 正弘
龍谷史壇   122 27-55   2005年2月
下田 正弘
死生学研究   3 8-32   2004年3月   [査読有り]
下田 正弘
仏教文化   (42) 100-110   2002年12月   [査読有り]
初期仏教における暴力の問題--シュミットハウゼン教授の理解に対して
下田正弘
東アジア仏教――その成立と展開:木村清孝博士還暦記念論集   389-404   2002年11月
下田 正弘
思想   (943) 206-222   2002年11月   [査読有り]
下田 正弘
印度哲学仏教学   (17) 30-45   2002年10月   [査読有り]
下田 正弘
宗教研究   76(2) 219-245   2002年9月   [査読有り]
大乗涅槃経の教団をめぐる歴史的状況--第一類「金剛身品」を中心として
下田正弘
初期仏教からアビダルマへ:桜部建博士喜寿記念論集      2002年5月
下田 正弘
思想   943 206-223   2002年   [査読有り]
下田 正弘
宗教研究   76(2) 1-27   2002年   [査読有り]
下田 正弘
佛教学セミナー   (73) 97-118   2001年5月
Buddha within and beyond history: The Buddhology in the Saddharma-puṇḍarīka in connection with an episode of God Brahman's request for the Buddha's first sermon
下田正弘
東アジア仏教の諸問題:聖厳博士古稀記念論集   93-114   2001年3月
涅槃と如来の実在--〈大乗涅槃経〉とパーリ文献の比較
下田正弘
空と実在:江島惠教博士追悼論集   77-91   2001年2月
註釈書としての〈大乗涅槃経〉
下田正弘
アビダルマ仏教とインド思想:加藤純章博士還暦記念論集   327-339   2000年10月
下田 正弘
中央学術研究所紀要   (28) 69-99   1999年   [査読有り]
下田 正弘
春秋   (400) 34-37   1998年7月
下田 正弘
日本仏教学会年報   (63) 1-13   1997年   [査読有り]
仏塔信仰と如来蔵思想
下田正弘
インド思想と仏教文化:今西順吉教授還暦記念論集   307-318   1996年12月
下田 正弘
宗教研究   70(1) 25-46   1996年6月   [査読有り]
部派における「薬」としての肉食の諸相
下田正弘
我の思想:前田専学先生還暦記念論集   543-553   1991年10月   [査読有り]
下田 正弘
東方学   (82) p129-118   1991年7月   [査読有り]
下田 正弘
仏教学   (31) p1-23   1991年7月   [査読有り]
下田 正弘
東洋文化研究所紀要   113 1-126,i-ii   1991年   [査読有り]
SHIMODA Masahiro
東方學   82 129-119,10-11   1991年   [査読有り]
下田 正弘
東洋学術研究   29(4) p98-110   1990年   [査読有り]
「三種の浄肉」再考--部派における肉食制限の方向
下田正弘
仏教文化   22(25) 1-21   1989年12月   [査読有り]
下田 正弘
仏教学   (27) p69-95   1989年9月   [査読有り]
下田 正弘
印仏研、印度学仏教学研究   35(2) 941-939   1987年   [査読有り]
プトゥンの如来蔵解釈
下田正弘
チベットの仏教と社会   321-340   1986年11月
下田 正弘
印仏研、印度学仏教学研究   33(2) 545-546   1985年   [査読有り]

Misc

 
永崎研宣, 下田正弘, MULLER A. Charles, 蓑輪顕量
情報処理学会研究報告(Web)   2018(CH-117) Vol.2018‐CH‐117,No.1,1‐7 (WEB ONLY)   2018年5月
WANG Yifan, WANG Yifan, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会研究報告(Web)   2018(CH-117) Vol.2018‐CH‐117,No.8,1‐6 (WEB ONLY)   2018年5月
松本 史朗, 下田 正弘
印度學佛教學研究   66(2) 721-723   2018年3月
青野道彦, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会研究報告(Web)   2017(CH-114) Vol.2017‐CH‐114,No.2,1‐5 (WEB ONLY)   2017年5月
称名念仏の意味について
下田正弘
在家仏教   66(778) 12-30   2017年3月
永崎研宣, 津田徹英, 下田正弘
情報処理学会研究報告(Web)   2017(CH-113) Vol.2017‐CH‐113,No.8,1‐4 (WEB ONLY)   2017年1月
WANG Yifan, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会研究報告(Web)   2016(CH-110) Vol.2016‐CH‐110,No.7,1‐7 (WEB ONLY)   2016年5月
小風尚樹, 永崎研宣, 下田正弘, 下田正弘, MULLER Albert Charles
情報処理学会研究報告(Web)   2016(CH-110) Vol.2016‐CH‐110,No.8,1‐6 (WEB ONLY)   2016年5月
永崎研宣, 苫米地等流, MULLER A. Charles, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2015(2) 219‐224   2015年12月
永崎研宣, HACKETT Paul, 苫米地等流, MULLER A. Charles, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2014(3) 17-22   2014年12月
下田 正弘
宗教研究   87(0) 327-328   2014年
永崎研宣, 三宅真紀, 苫米地等流, MULLER A. Charles, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2013(4) 239-246   2013年12月
川幡太一, 鈴木俊哉, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会研究報告(Web)   2013(DD-90) VOL.2013-DD-90,NO.7 (WEB ONLY)   2013年7月
川幡 太一, 鈴木 俊哉, 永崎 研宣, 下田 正弘
研究報告デジタルドキュメント(DD)   2013(7) 1-4   2013年7月
悉曇文字は日本において、仏典の研究や菩薩の種字等に用いられるインド系文字の一種である。本報告では、日本の悉曇文字の国際符号化文字集合 (UCS) への提案活動に関して、その概要・標準化の経緯・および標準化にあたっての技術的課題および今後の予定について述べる。Siddham script is used to describe the Buddhist text written in Sanskrit or related languages, or the symbols of Bodhi...
永崎研宣, 清水元広, 下田正弘
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(5) ROMBUNNO.CH-97,NO.4   2013年2月
永崎研宣, 苫米地等流, 下田正弘
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(5) ROMBUNNO.CH-97,NO.1   2013年2月
永崎 研宣, 清水 元広, 下田 正弘
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2013(4) 1-6   2013年1月
コンピュータ上で外字を扱うことは,人文学研究,とりわけ古典を扱う場合には避けることが難しい事柄である.やみくもに外字を増やすことは望ましいことではないが,字形の違いをなかったことにしてしまうことには潜在的な問題がある.したがって,包摂を前提とする UCS 符号化文字集合をそのまま全面的に導入することは困難である. SAT 大蔵経テキストデータベース研究会では,外字の扱いを巡って検討を重ねてきており,近年普及しつつある IVS を利用することで UCS 符号化文字集合の適切な利用方法を模索す...
永崎 研宣, 苫米地 等流, 下田 正弘
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2013(1) 1-8   2013年1月
SAT2012 は,テキスト・データベースの利便性を高めるべく,パラレルコーパス等を構築するとともに,様々な他のリソースとの連携機能を盛り込むなどして公開された新たな Web サービスである.本稿では, SAT2012 構築に際して採用した人文系データベースの構築手法や他のリソースとの連携手法について,近年の Web 技術やデジタル・ヒューマニティーズの手法の流れの中に位置づけつつ報告し,テキスト・データベースの新たな可能性について検討する.The SAT2012 is a new ver...
安冨 信哉, 下田 正弘, 本多 弘之
真宗教学研究   (33) 1-35   2012年11月
下田 正弘
真宗文化 : 真宗文化研究所年報   21 40-63   2012年3月
永崎研宣, 苫米地等流, WANGCHUK Dorji, ALMOGI Orna, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(8) 155-160   2011年12月
岩崎陽一, 永崎研宣, 下田正弘, 久米裕子
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(1) ROMBUNNO.CH-90,NO.9   2011年6月
岩崎 陽一, 永崎 研宣, 下田 正弘, 久米 裕子
研究報告人文科学とコンピュータ(CH)   2011(9) 1-5   2011年5月
スマート・デバイスの急速な普及に伴い、人文学の研究プロジェクトの成果公開に際しても、これらの新しい環境への対応を考慮し始めたい。本報告では、研究成果公開サービスを多様な環境に対応させることの意義をまず考察し、科研特別領域研究プロジェクト 「にんぷろ」 における試験的な実装の紹介を通して、現状の課題と今後の指針を検討する。The rapid spread of smart devices and the diversification of user environment require ...
下田 正弘, 森 祖道, 佐々木 閑, 林 行夫, 奥平 龍二
パーリ学仏教文化学   25(0) 79-116   2011年
下田 正弘
文化交流研究   (24) 61-69   2011年
松田訓典, 彌永信美, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(15) 305-310   2010年12月
松田訓典, 彌永信美, 永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(2) ROMBUNNO.CH-87,7   2010年8月
下田 正弘
真宗教学研究   (31) 104-121   2010年6月
永崎研宣, 白須裕之, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2009(16) 129-134   2009年12月
下田正弘, 永崎研宣
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2009(1) ROMBUNNO.CH-82,8   2009年6月
永崎研宣, 下田正弘
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(15) 19-26   2008年12月
永崎研宣, 鈴木隆泰, 下田正弘
情報処理学会研究報告   2006(57(CH-70)) 33-40   2006年5月
下田 正弘
叡山学院研究紀要   (27) 127-147   2005年3月
田中 純男, 下田 正弘, 廣澤 隆之
密教学研究   (34) 123-170   2002年3月
下田 正弘
インド哲学仏教学研究   7 5-9   2000年3月
下田正弘
三島海雲記念財団研究報告書   (36) 91-93   1999年12月
下田 正弘
駒澤短期大學佛教論集   5 1-17   1999年10月
下田 正弘
宗教研究   63(1) p178-181   1989年6月

書籍等出版物

 
春秋社   2018年9月   ISBN:4393134249
慶應義塾大学出版会   2018年9月   ISBN:4766425391
The SAT Taishō Text Database: A Brief History
Lexington Books   2017年   
Brill's Encyclopedia of Buddhism: Literature and Languages
Brill   2015年10月   ISBN:9004283439
東京大学出版会   2014年11月   ISBN:4130035029
フリードリヒ・マックス・ミュラー (担当:監修)
国書刊行会   2014年10月   ISBN:4336056897
朝倉書店   2014年4月   ISBN:4254500173
春秋社   2014年1月   ISBN:4393101685
春秋社   2013年5月   ISBN:4393101642
春秋社   2013年10月   ISBN:4393101707
春秋社   2013年10月   ISBN:4393101650
春秋社   2011年6月   ISBN:4393101618
春秋社   2011年12月   ISBN:4393101626
奈良康明 下田正弘【編集委員】
佼成出版社   2011年1月   ISBN:4333024323
春秋社   2012年11月   ISBN:4393101669
奈良康明 下田正弘【編集委員】 (担当:共編者)
佼成出版社   2010年10月   ISBN:4333024307
春秋社   2012年1月   ISBN:4393101693
奈良康明 下田正弘【編集委員】 (担当:編者)
佼成出版社   2010年7月   ISBN:4333024315
書肆クラルテ   2013年5月   ISBN:9784886026460
春秋社   2011年11月   ISBN:4393101634
奈良康明 下田正弘【編集委員】
佼成出版社   2010年4月   ISBN:4333024293
松村一男, 市川裕 (担当:分担執筆)
リトン   2009年12月   ISBN:4863760086
東京大学出版会   2008年12月   ISBN:4130141228
弘文堂   2007年12月   ISBN:4335160488
奈良 康明, 下田 正弘, 城戸 朱理, 今 東光, 仲田 順和 (担当:共著)
中央公論新社   2007年7月   ISBN:4120038440
下田 正弘
日本放送出版協会   2007年3月   ISBN:4140811722
佼成出版社   2006年12月   ISBN:4333022509
下田 正弘
インド学仏教学叢書編集委員会   2005年5月   ISBN:4796310045
勝崎 裕彦, 下田 正弘, 小峰 弥彦, 渡辺 章悟 (担当:共著)
北辰堂   1997年5月   ISBN:4892872113
下田 正弘
春秋社   1997年2月   ISBN:4393111931

講演・口頭発表等

 
Overview of the Activities of Digital Humanities Initiative at the University of Tokyo [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Conference on Cyberinfrastructure for Historical China Studies, Harvard Yenching Institute   2018年3月15日   
Retrospect and Prospects of Humanities Studies in the Digital Age [招待有り]
Masahiro Shimoda
The Second International Interdisciplinary Faculty Forum of the University of Chicago and the University of Tokyo   2018年3月12日   
デジタルアーカイブ時代における日本の人文学の課題 [招待有り]
下田正弘
関西大学シンポジウム「デジタルアーカイブが開く東アジア文化研究の新しい地平」   2018年2月17日   
TEI/XML Methodological Examination on Unit Conversion not Based on the Metric System
Naoki Kokaze, Kiyonori Nagasaki, Makoto Goto , Yuta Hashimoto , Masahiro Shimoda, and A. Charles Muller
TEI Conference 2017   2017年11月14日   
『新纂浄土宗大辞典』がもたらすもの [招待有り]
下田正弘
浄土宗総合学術大会(浄土宗総合学術大会特別部会企画)   2017年9月7日   
Chinese Translations and a P_li Commentary to Bridge a Gap between the “Northern” and the “Southern” Traditions
Masahiro Shimoda
18th Conference of the International Association of Buddhist Studies   2017年8月22日   
浄土宗全書データベースとSAT大蔵経データベース連携の意義について [招待有り]
下田正弘
浄土宗テクスト公開講座   2017年7月24日   
Self-benefit and the benefit to others in Pure land Buddhism in India [招待有り]
Masahiro Shimoda
The 18th Biannual Conference of International Association for Shin Buddhist Studies   2017年7月1日   
比較思想と人文情報学 [招待有り]
下田正弘
比較思想学会44回学術大会(特別パネル「情報化と比較思想」)   2017年6月18日   
The Future of Digital Texts in South Asian Studies [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Symposium ”Vom Palmblatt ins Digital Archiv”   2017年5月22日   
法然浄土教の意義 [招待有り]
下田正弘
浄土宗研究公開講座   2017年2月6日   
Missions of Buddhist Studies in Digital Humanities for Developing the Full Potentials of Arts and Humanities Studies in the Digital Age [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Conference on Recent Trends in Buddhist Research   2016年10月22日   
テクストが消えるとき――人文学の所在―― [招待有り]
下田正弘
筑波大学哲学思想学会   2016年10月15日   
Possibilities of Re-creation of Buddhist Studies in the Digital Age [招待有り]
Masahiros Shimoda
Buddhist Literacy in Early Modern Northern Vietnam   2016年9月29日   
Tagging on Buddhist Images via IIIF and TEI encoding [招待有り]
Kiyonori Nagasaki, Tetsuei Tsuda, Charles Muller, Masahiro Shimoda
Text Encoding Initiative Conference   2016年9月29日   
A Digital Ecosystem for Buddhist Studies: An Attempt by the SAT Project [招待有り]
Masahiro Shimoda and Kiyonori Nagasaki
Buddhist Literacy in Early Modern Northern Vietnam   2016年9月23日   
Future of East Asian Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
Annual Conference of Japanese Association of Digital Humanities “Digital Scholarship in History and the Humanities”   2016年9月14日   
仏教学の方法と未来
下田正弘
日本印度学仏教学会第67回学術大会   2016年9月3日   
Missions of Buddhist Studies in Digital Humanities for Developing the Full Potentials of Arts and Humanities Studies in the Digital Age [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Workshop entitled “Presenting Cultural Specificity in Digital Collections”   2016年8月12日   
Some Reflections on Hermeneutical Issues Concerning the Tathagatagarbha Theory in Relation to the Mahaparinirvana-mahasutra: Wonhyo, Bu ston and Critical Buddhism [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Conference on the *Tathagatagarbha *or Buddha-nature Thought: Its Formation, Reception, and Transformation in India, East Asia, and Tibet   2016年8月7日   
Digital Humanities in Cultural Areas Using Texts That Lack Word Spacing
Kiyonori Nagasaki, Toru Tomabechi, Charles Muller, Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2016   2016年7月13日   
Reconsidering the Methodologies for the Study of Mahayana Sutras after the “Linguistic Turn” in History [招待有り]
Masahiro Shimoda
Symposium: “The Buddha’s Words and Their Interpretations”   2016年5月27日   
漢字文化圏に共通する漢字基盤の構築に向けて
下田正弘
国際東方学者会議   2016年5月20日   
The Significance of Constructing a Buddhist Studies Knowledge Base in the Diversity of Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
2016年4月22日   
Reconsidering the origin(s) of Mahayana Buddhism in the post-Linguistic Turn era [招待有り]
Masahiro Shimoda
Eko Center Internationales buddhistisches Symposium   2016年4月3日   
Significant Potentials of the Humanities in East Asia for the Development of Globally Shared Digital Humanities: Illustrative Details Provided by Buddhist Studies [招待有り]
Masahiro Shimoda
6th International Conference of Digital Archives and Digital Humanities 2015   2015年12月2日   
The Significance of Constructing a Buddhist Studies Knowledge Base in the Diversity of Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
Conference: Paper, Print, and Cyberspace: Interdisciplinary Studies of Buddhism   2015年10月4日   
A Knowledge Base for Buddhist Studies Comprising Multi-projects as a Model for Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
Religion in the tex and on the ground   2015年5月9日   
言語、意識、存在――井筒俊彦が開顕する仏教思想の深淵――
下田正弘
井筒東洋哲学研究フォーラム   2015年4月25日   
Possibilities of Encyclopedia of Buddhism as the Knowledge Base in the Age of Digitization [招待有り]
Masahiro Shimoda
Bouddhisme et Encyclopedie   2013年10月25日   
Early Pure Land Buddhism Manifesting as Written Text in Ancient India : A Background for the Emergence of Buddhism of Otherness and Other Power [招待有り]
Masahiro Shimoda
The Pure Land in Buddhist Cultures   2013年6月1日   
The Transmission of Dharma in the Digital Age : Buddhist Studies in the Context of Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
国際パーリ聖典編集会議   2013年2月23日   
Korean Buddhism as Seen from Japanese Buddhism [招待有り]
Masahiro Shimoda
Buddhist Studies as Korean Studies: Interdisciplinary Approaches   2012年11月30日   
Embracing the Distant View of the Digital Humanities [招待有り]
Masahiro Shimoda
国際デジタルヒュマニテーズ学会   2012年7月20日   
人文学のためのコラボレーション-ITLRコラボレーションシステムの開発を中心的事例として- [招待有り]
永崎研宣、苫米地等流、Dorji Wangchuk、Orna Almogi、下田正弘
人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2011」   2011年12月10日   
Toward a Digital Research Environment for Buddhist Studies [招待有り]
Kiyonori Nagasaki, Toru Tomabechi, Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2011   2011年6月20日   
人文情報学の現在 [招待有り]
下田正弘
東京大学「知の構造化センター」シンポジウム   2011年2月5日   
Building a Buddhist Research Knowledge Base through International Cooperation : A Model for Evolving Humanities
Masahiro Shimoda
じんもんこん2010シンポジウム   2010年12月11日   
The project of a Buddhist Research Knowledge Base [招待有り]
Masahiro SHiMODA
Conference on Digital Buddhist Texts and International Collaboration   2010年11月23日   
法華経と涅槃経 [招待有り]
下田正弘
日本印度学仏教学会   2010年9月10日   
近代仏教学の展開と宗学 [招待有り]
下田正弘
土井道子記念京都哲学会シンポジウム   2010年9月9日   
The History of Buddhism as Media Development : The Changing Possibilities of Religious Studies [招待有り]
Masahiro Shimoda
International Association for the History of Religion   2010年8月19日   
Reconsidering the Mahaparinirvanasutra in the Mahayana : Focusing Specifically on the Difference between Nirvana Sutras in the Vinaya-pitaka and Those in the Sutrapitaka [招待有り]
Masahiro Shimoda
Nirvanasutra Workshop   2010年7月28日   
The Origins and Current State of Digitization of Humanities in Japan [招待有り]
Masahiro Shimoda
Digital Humanities 2010   2010年7月10日   
Appearance of a Corpus of Buddhist Scriptures and Appearance of a World of Buddhism [招待有り]
Masahiro Shimoda
United Nations Day of Vesak Celebrations 2551/2008   2008年5月15日   
『維摩経』の思想と文化
木村清隆、斎藤明、下田正弘、吉津宜英、佐久間秀範、渡辺章吾、平井宥慶、高橋尚夫、多田孝文
日本印度学仏教学会パネルディスカッション   2007年9月13日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 斉藤 明
日本学術振興会: 基盤研究(S)
研究期間: 2015年5月 - 2019年3月    代表者: 下田 正弘
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 澤井 義次
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 下田 正弘
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 下田 正弘