Profile Information

Affiliation
特定准教授, 総合生存学館(思修館), 京都大学
Degree
博士(人間・環境学)(京都大学)

Researcher number
10636335
J-GLOBAL ID
201201049293258735
researchmap Member ID
B000221494

1975年生まれ。京都大学総合人間学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。哲学、環境人文学。現在、京都大学大学院総合生存学館(思修館)特定准教授。単著書に『公共空間の政治理論』(人文書院、2007年)、『空間のために』(以文社、2011年)、『全−生活論』(以文社、2012年)、『生きられたニュータウン』(青土社、2015年)、『複数性のエコロジー』(以文社、2016年)、『人新世の哲学』(人文書院、2018年)、『「人間以後」の哲学』(講談社選書メチエ、2020年)。主な翻訳書として『社会の新たな哲学』(マヌエル・デランダ著、人文書院、2015年)、『自然なきエコロジー』(ティモシー・モートン著、以文社、2018年)。

Masatake Shinohara currently serves as a program-specific associate professor at the Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability at Kyoto University. His main research is in the fields of contemporary continental philosophy, environmental humanities, architecture, and art. He is the author of several Japanese books including Fukususei no Ecology [The ecology of the Multiplicity](Ibunsha, 2016) and Jinshinsei no Tetugaku [Philosophy in the Anthropocene] (Jimbun Shoin, 2018). He is the translator of Manuel DeLanda’s A New Philosophy of Society: Assemblage Theory and Social Complexity (Continuum, 2006) and Timothy Morton’s Ecology without Nature (Harvard University Press, 2007).


自然科学の領域では、温暖化、異常気象、海面上昇といったエコロジカルな事態が人間生活に対し危機的な影響を及ぼすという見通しが出されています。これは、人間が生きていることの根本条件を理論的に会得し概念的に明確化するものとして哲学を考える立場からすると、人間の条件という哲学的な問題の再考を迫るものといえます。私自身は、あくまでも人文学の側にいる人間ではありますが、自然科学で示されている現実像を、人文学とりわけ哲学的な思考の根本における変容を迫るものとして受けとめ、人間の条件をめぐる世界観を新しく描き出すことを目指しています。その際は、自然科学から学びつつ、建築家や都市プランナーなどの実践家とも共同し考えていく学際的能力が不可欠であると考えます。

In the domain of natural science like the earth system science, it is predicted that the ecological circumstances such as global warming, extreme weather and sea rising threaten the realm of human life. From the philosophical stance which theoretically appreciates the fundamental condition of human living and forms a concept of it, it forces us to reconsider the philosophical problem of the human condition. Even though I belong to the domain of humanities, I accept the view of reality proposed by the natural science as the one which urges us to make change of the fundamental assumption underlying the philosophical thinking. I would like to designate the world view concerning to the human condition. In this respect, what is required is the interdisciplinary approach to learn from the natural science and collaborate with practical experts like architects and urban planners.


Research History

  11

Education

  3

Awards

  1

Papers

  42

Misc.

  31

Books and Other Publications

  19

Presentations

  10

Professional Memberships

  1

Research Projects

  3