基本情報

所属
神戸大学 大学院国際文化学研究科
学位
学士(学術)(2023年3月 神戸大学)

連絡先
mshirai063gmail.com
J-GLOBAL ID
202401007163837153
researchmap会員ID
R000065931

埼玉県出身です。
2019年に神戸大学国際人間科学部グローバル文化学科に入学し、2023年に卒業しました。
2023年からは神戸大学大学院国際文化学研究科グローバル文化専攻(修士課程)に入学し、2025年に修了予定です。
修士課程では、主専攻(先端社会論コース)のほか、副専攻として日本語教師養成サブコースを履修しています。

私の興味のある研究テーマ/研究領域は次の通りです。

①女性との結婚実践から見るゲイネス/ゲイ・アイデンティティの問い直し
男性に惹かれを感じる男性(いわゆるゲイやバイセクシュアル男性)のなかには、女性と結婚している方が一定数います。
彼らははたして「ゲイ」でしょうか、「バイセクシュアル」でしょうか、それとも「異性愛者」でしょうか?
また、同性とパートナーシップ関係を結ばなければ、「ゲイ」とは言えないのでしょうか?
そこからスタートして、パートナーシップを結ぶ行為(女性との結婚/男性とのパートナーシップ、将来的には同性婚)と、アイデンティティの関係性を、インタビュー調査を中心にして問い直していきたいと考えています。

②ゲイ・バイセクシュアル男性に関連する社会言語学的研究
男性に惹かれを感じる男性が、マッチングアプリ等で自分の魅力をアピールしたり、他者を求める時に使われる語彙について関心があります。例えば、「ノンケ」「普通」「秘密厳守」など。
彼らは「男性に惹かれること」をどのように捉えているのでしょうか?
過去の雑誌の文通募集メッセージやマッチングアプリ・掲示板などの文面をテキスト分析することで明らかにしていきたいと考えています。

③日本語教育におけるジェンダー表現の実態とその取扱いの方法
日本語教師養成サブコースに在籍するなかで、日本語におけるジェンダー表現(例えば終助詞「よ」等)に関心を持つようになりました。また、日本語教材のなかに登場するキャラクターの振る舞いにも関心があります。例えば、特に昔の教材だと、男性が仕事、女性が家庭の役割が書き分けてあったり、恋愛の話題になってもヘテロ的恋愛しか描写されなかったり、色々な問題があります。
このような問題を日本語教育の場でどのように扱えばよいでしょうか?また、効果的な教授法としてどのようなものがあるでしょうか(ジェンダー表現の教授を拒絶すれば、既存の文学などを十分に読めなくなります)?
日本語教育歴はまだほぼゼロですが、今後考えていければと思っています。


研究キーワード

  3

論文

  1