細見 正樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 19:03
 
アバター
研究者氏名
細見 正樹
 
ホソミ マサキ
URL
https://hosomimasaki1117.wixsite.com/hosomi
所属
香川大学
部署
経済学部
職名
准教授
学位
博士(経営学)(大阪大学), 修士(経営学)(大阪大学), 修士(法学)(同志社大学)

プロフィール

人的資源管理論・組織行動論専攻。地方自治体職員(労働、雇用、商工業統計等)、大阪大学経済学研究科博士後期課程を経て、博士(経営学)。現在香川大学経済学部教員。
主な関心領域は、ワーク・ライフ・バランス、ポジティブな職務態度(コミットメント、エンゲイジメント、ジョブ・クラフティング)など
単著「ワーク・ライフ・バランスを実現する職場ー見過ごされてきた上司・同僚の視点」(大阪大学出版会)」など

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2016年9月
兵庫県 雇用支援、労働、商工業統計等
 
2014年10月
 - 
現在
大手前大学 現代社会学部 非常勤講師
 
2015年7月
 - 
2017年3月
兵庫県立大学 政策科学研究所 客員研究員
 
2016年10月
 - 
2018年3月
香川大学 経済学部 経営システム学科 講師
 
2018年4月
 - 
現在
香川大学 経済学部 准教授
 
2018年4月
 - 
2018年9月
関西大学 商学研究科 非常勤講師
 
2018年9月
 - 
2019年3月
同志社大学 政策学部 非常勤講師
 
2018年9月
 - 
2019年3月
同志社大学 総合政策科学研究科 非常勤講師
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
同志社大学 法学部 法律学科
 
1997年4月
 - 
1999年3月
同志社大学 法学研究科 公法学専攻
 
2008年4月
 - 
2015年9月
大阪大学 経済学研究科 経営学系専攻
 

委員歴

 
2017年
   
 
経営行動科学学会  第20回年次大会委員
 
2017年
 - 
現在
香川県  行財政改革推進会議副議長
 
2017年
 - 
現在
香川県  特別職報酬等審議会委員
 
2018年
 - 
現在
経営行動科学学会  研究部会長(職場適応部会)
 
2018年
 - 
現在
経営行動科学学会  西日本地区部会長
 

受賞

 
2016年11月
経営行動科学学会 奨励研究賞 ミドルマネジャーの職場環境と従業員のワーク・ライフ・バランス―部下の家庭生活・個人生活の充実に対する寛容度についての実証分析
 

論文

 
ワーク・ライフ・バランス促進に寄与する上司・同僚の肯定的受容
細見 正樹
労働の科学   74(3) 24-28   2019年3月   [招待有り]
Differential effects between work resources and home resources: Moderating roles of the relationship between abusive supervision and negative consequences
Masaki Hosomi
Proceedings of the 31th Annual Conference on the Association of Japanese Business Studies   1-29   2018年6月   [査読有り]
Negative impact of abusive supervision and moderators in Japan
Masaki Hosomi
Working Paper Series(The Institute of Economic Resarch, Kagawa University)   217 1-21   2018年5月
Predicting job crafting from the socially embedded perspective: The interactive effect of job autonomy, social skill, and employee status
T.Sekiguchi J. Li, & M. Hosomi
Journal of Applied Behavioral Science   53(4) 470-497   2017年   [査読有り]
若年層における起業意図の規定要因ー日本文脈の特殊性に着目して
細見正樹・関口倫紀
The Institute of Economic Resarch Woking Paper Series(Kagawa University)   211 1-19   2017年
Negative impact of abusive supervision and moderators in Japan: Effects of resources in the work and family domains
Masaki Hosomi
Proceedings of the 2017 Academy of International Business Southeast Asia Regional Conference      2017年   [査読有り]
マタニティ・ハラスメントを受けた経験がもたらす影響 雇用区分・ハラスメント内容による同僚へのワーク・ライフ・バランス支援の違い
細見正樹・川口章
組織学会大会論文集   6(1) 156-161   2017年   [査読有り]
細見 正樹
経営行動科学   30(1) 47-52   2017年   [招待有り]
ワーク・ライフ・バランスを実現できるための職場の条件と支援策について
研究代表者 細見正樹
一般財団法人地域政策研究会平成27年度調査研究報告      2017年
第5回神戸マラソンの応援・観戦者の動向
兵庫県立大学地域経済指標研究会・加藤恵正・芦谷恒憲・細見 正樹・小沢 康英
研究資料   271 1-38   2016年
ワーク・ライフ・バランスの効果と促進要因に関する研究
細見正樹
博士論文(大阪大学)      2015年
ワーク・ライフ・バランス支援制度の利用が地方公務員にもたらす効果
細見正樹
兵庫自治学   21 96-106   2015年4月   [査読有り]
Determinants of job crafting among part-time and full-time employees in Japan -A relational perspective
T.Sekiguchi, J. Li & M. Hosomi
Discussion Papers In Economics and Business Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy (OSIPP), Osaka University   14(26)    2014年
恩恵を受けない従業員にも配慮したワーク・ライフ・バランス支援に求められるもの―ポジティブ・アクションに対する非受益者の心理を手掛かりとした考察
細見正樹
大阪大学経済学   64(1) 48-64   2014年
How leader-member exchange influences employees' commitment and job performance: The role of job crafting
T.Sekiguchi, J. Li & M. Hosomi
Proceedings of the 27th Annual Conference on Association of Japanese Business Studies (AJBS)      2014年   [査読有り]
Influence of family domain on employee creativity in Japan: Role of family-to-work facilitation and work environment 
M.Hosomi & T.Sekiguchi
Japan Social Innovation Journal   4(1) 34-43   2014年   [査読有り]
Determinants of job crafting among part-time and full-time employees in Japan
T.Sekiguchi, J. Li & M. Hosomi
Proceedings of the 26th Annual Conference on the Association of Japanese Business Studies (AJBS)      2013年   [査読有り]
職場の同僚に着目したワーク・ライフ・バランス支援制度の利用促進に関連する要因の検討−地方自治体における実証分析
細見正樹・関口倫紀
日本労働研究雑誌   635 92-105   2013年   [査読有り]
Determinants of job crafting among part-time and full-time employees in Japan: A relational perspective
T.Sekiguchi, J. Li & M. Hosomi
Proceedings of the 2012 conference on the Asia Academy of Management      2012年   [査読有り]

Misc

 
短時間勤務制度および在宅勤務制度の効果ーネットワーキング行動および仕事と家庭の分離志向の調整効果
細見 正樹
経営行動科学学会年次大会発表予稿集   21 162-169   2018年10月
在宅勤務とコミュニケーションー地方公務員に対する質的調査
細見正樹・加納郁也
日本情報経営学会全国大会予稿集   76 159-162   2018年6月
若年層における企業家精神の獲得-計画的偶発性理論を用いた実証研究
細見正樹・関口倫紀
経営行動科学学会年次大会予稿集   20 9-16   2017年11月
ワーク・エンゲイジメントの負の効果-私的生活への影響の男女差
細見正樹・藤本哲史
経営行動科学学会年次大会予稿集   20 240-245   2017年11月
大学生の学習と起業意欲―共分散構造分析を用いた心理的プロセスの実証研究
細見正樹
日本労務学会全国大会研究報告集   46 323-330   2016年5月

書籍等出版物

 
ワーク・ライフ・バランスを実現する職場ー見過ごされてきた上司・同僚の視点
細見 正樹
大阪大学出版会   2017年2月   
NPO NGO事典―市民社会の最新情報とキーワード
山内直人・田中敬文・奥山尚子編著 (担当:分担執筆, 範囲:ボランティア休暇,寄付税制,非営利組織のマーケティング)
大阪大学NPO研究情報センター   2012年   

講演・口頭発表等

 
短時間勤務制度および在宅勤務制度の効果ーネットワーキング行動および仕事と家庭の分離志向の調整効果
細見 正樹
経営行動科学学会第21回年次大会   2018年10月   
新規事業創出の心理プロセスー創造的職務行動の媒介効果
細見 正樹
企業家研究フォーラム2018年度年次大会   2018年7月   
Differential effects between work resources and home resources: Moderating roles of the relationship between abusive supervision and negative consequences
細見 正樹
31th Annual Meeting of the Association of Japanese Business Studies,Minneapolis, America   2018年6月   
在宅勤務とコミュニケーションー地方公務員に対する質的調査
細見正樹・加納郁也
日本情報経営学会第76回全国大会   2018年6月   
Negative impact of abusive supervision and moderators in Japan: Effects of resources in the work and family domains
Masaki Hosomi
2017 Academy of International Business Southeast Asia Regional Conference,Le Méridien, Chiang Mai, Thailand   2017年12月   
ワーク・エンゲイジメントの負の効果ー私的生活への影響の男女差
細見正樹・藤本哲史
経営行動科学学会第20回年次大会   2017年11月   
若年層における企業家精神の獲得-計画的偶発性理論を用いた実証研究
細見正樹・関口倫紀
経営行動科学学会第20回年次大会   2017年11月   
マタニティ・ハラスメントを受けた経験がもたらす影響-雇用区分・ハラスメントの内容によるワーク・ライフ・バランス支援度の違い-
細見 正樹・川口 章
2017年度組織学会研究発表大会   2017年6月   
ダイバーシティを実現する職場ーワーク・ライフ・バランスの観点から [招待有り]
細見 正樹
地域活性学会関西支部研究会   2017年3月   
ワーク・ライフ・バランスを実現する職場
細見 正樹
日本労務学会関西部会   2016年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ワークライフバランスの促進要因と阻害要因についての実証研究
大阪大学: 平成23年度大学院生調査研究経費
代表者: 細見 正樹
ワーク・ライフ・バランスを実現できるための職場の条件と支援策
一般財団法人地域政策研究機構: 平成27年研究助成
研究期間: 2015年       代表者: 細見 正樹
ワーク・ライフ・バランスを実現する職場
科学研究費補助金: 研究成果公開促進費
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 細見 正樹
在宅勤務の促進要因に関する研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 細見 正樹

社会貢献活動

 
経営行動科学学会第21回年次大会
【司会】  経営行動科学学会  2018年10月
査読(日本労働研究雑誌、組織科学、経営行動科学)
【その他】
香川県新任所属長研修「ワーク・ライフ・バランス」
【講師】  2017年5月
小豆島高校出前講義
【講師】  2017年6月
香川県グループリーダー候補者研修「リーダーシップ」
【講師】  2017年7月
学生による地域中小企業の魅力発信(実践型インターンシップ)
【助言・指導, 運営参加・支援】  香川県中小企業同友会  2018年
香川県新任所属長研修「ワーク・ライフ・バランス」
【講師】  香川県  2018年5月
香川県グループリーダー研修「ワーク・ライフ・バランス」
【講師】  2018年5月
日本情報経営学会第76回全国大会
【司会】  日本情報経営学会  2018年6月
日本労務学会第48回全国大会
【コメンテーター】  日本労務学会  2018年7月
香川県グループリーダー候補者研修「リーダーシップ」
【講師】  香川県  2018年7月
生保労連 労働政策研究会「ワーク・ライフ・バランスを実現する職場」
【講師】  全国生命保険労働組合連合会  2018年7月