香川 雅春

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 18:07
 
アバター
研究者氏名
香川 雅春
 
カガワ マサハル
eメール
mskagawaeiyo.ac.jp
URL
http://researchmap.jp/mskagawa/
所属
女子栄養大学
部署
栄養科学研究所
職名
准教授
科研費研究者番号
80581008

経歴

 
2006年3月
 - 
2010年2月
クイーンズランド工科大学 人間行動学部 ポスドク研究員
 
2007年4月
 - 
2015年3月
国立保健医療科学院 客員研究員
 
2014年4月
 - 
現在
女子栄養大学 栄養科学研究所 准教授
 
2012年
 - 
現在
クイーンズランド工科大学 QUT付設研究所(IHBI) 所員
 
2013年1月
 - 
2015年12月
クイーンズランド工科大学 運動と栄養科学部 客員教員
 
2014年1月
 - 
現在
マヒドン大学 公衆衛生学部 兼任教授
 
2014年9月
 - 
現在
女子栄養大学 栄養科学研究所 スポーツ栄養学部門 副部長
 
2015年1月
 - 
2018年1月
カーティン大学 公衆衛生学部 客員准教授
 
2015年4月
 - 
現在
女子栄養大学 栄養科学研究所 副所長
 
2016年1月
 - 
現在
クイーンズランド工科大学 運動と栄養科学部 兼任准教授
 

受賞

 
2011年6月
アジア太平洋州臨床栄養学会議 アジア太平洋州臨床栄養学会若手研究者賞
 
2014年6月
論文査読に対するエクセレンス認証
 
2016年8月
査読に対する功労賞
 

論文

 
Hastuti J, Kagawa M, Byrne NM, Hills AP
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition   27(3) 592-598   2018年   [査読有り]
Determination of new anthropometric cut-off values for obesity screening in Indonesian adults
Hastuti, J., Kagawa, M., Byrne, N. M., Hills, A. P.
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition   26(4) 650-656   2017年   [査読有り]
インドネシアに住む成人男性を対象として、肥満の判定基準を検討。研究および論文執筆の指導を担当。
Dietary guidelines for the Asia Pacific region: Report of the Asia Pacific Academic Consortium for Public Health Workshop 2016
Binns, C. W., Lee, M. K., Kagawa, M., Low, W. Y., Liqian, Q., Guldan, G. S., Hokama, T., Nanishi, K., Oy, S., Tang, L., Zerfas, A.
Asia Pacific Journal of Public Health   29(2) 98-101   2017年   [査読有り]
アジア太平洋地域全体に対する食生活指針について、2016年に開催されたAsia Pacific Academic Consortium for Public Health(APACPH)で意見交換を行い提言をとりまとめた。
Relationships between pathologic subjective halitosis, olfactory reference syndrome, and social anxiety in young Japanese women.
Tsuruta, M., Takahashi, T., Tokunaga, M., Iwasaki, M., Kataoka, S., Kakuta, S., Soh, I., Awano, S., Hirata, H., Kagawa, M., Ansai, T.
BMC Psychology   5 7   2017年   [査読有り]
日本人女性における口臭と自臭症、そして社会不安との関係についての検証。
日本人大学ラグビープレーヤーの身体計測データとソマトタイプ-フォワードプレーヤー、バックスプレーヤーのポジション特性-
岩本紗由美、高田和子、太田千尋、Patria Hume、Dave Shaw、Stephen Kara、香川雅春
トレーニング科学      2017年   [査読有り]
詳細な身体計測とソマトタイプの算出からの日本における大学生ラグビー選手のポジション特性の検証。

Misc

 
カラダをハカル:身体計測の活用法と将来の展望
日本食生活学会誌   28(4) 235-245   2018年   [依頼有り]
身体計測の歴史および主な活用法、そして今後国内で身体計測がより活用されるための今後の展望について。
Ethical challenges in infant feeding research
Binns, C., Lee, M. K., Kagawa, M.
Nutrients   9(1) 59   2017年   [査読有り][依頼有り]
今日における乳幼児を対象にした研究での倫理的配慮についての総説。
Nutrients in Infancy: Progress and prospects
Binns, C., Lee, M. K., Kagawa, M.
9(10) 1131   2017年   [依頼有り]
NutriensのSpecial Issue発行に際して新生児期における栄養学研究のこれまでの発展について説明したEditorial。
世界における子どもの栄養と成長・発達
香川雅春
日本健康学会誌   83(6) 198-207   2017年   [査読有り][依頼有り]
世界における子どもたちの栄養状態の現状と今後の方向性についての説明。
健康・スポーツ医科学における身体計測の応用
香川雅春
生体応用計測   (7) 13-19   2017年   [依頼有り]
健康およびスポーツ医科学領域における身体計測の活用方法についての紹介。

書籍等出版物

 
Anthropometry and health for sport
Hume P., Kerr D., Ackland T. (eds) (担当:共著, 範囲:11-25)
Springer   2018年   
スポーツパフォーマンスを高めるうえで維持することが重要な健康状態の評価方法としての身体計測の活用についての紹介。
Nutrients in Infancy
Binns, C., Lee, M. K., Kagawa, M. (担当:共編者)
MDPI   2017年   ISBN:978-3-03842-560-1
NutrientsのSpecial issueの内容を書籍として出版。
通所系介護サービス施設における口腔機能向上サービス及び栄養改善サービス提供のあり方に関する調査研究事業
2014年3月   
独立行政法人 国立健康・栄養研究所.平成25年老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業報告書
Body composition assessment in children and adolescents - implications for obesity.
Hills, AP. and Kagawa, M. (担当:共著)
Routledge, London   2007年   

講演・口頭発表等

 
Validation of the Somatomorphic Matrix Computer Program for predicting body composition in Japanese and Australian Caucasian males
Kagawa, M., Kerr, D., Binns, C.
2002 Australian Conference of Science and Medicine in Sport   2002年10月   Sports Medicine Australia
Ethnic differences in the BMI-%BF relationship: A comparative study of Japanese and Australian Caucasian males
Kagawa, M., Kerr, D., Uchida, H., Binns, C.
The 35th Asia Pacific Academic Consortium for Public Health (APACPH)   2003年10月   APACPH
地域在宅高齢女性における「またぎ」動作の実態とその関連要因
内田勇人,西脇智子,土川忠浩,藤原佳典,香川雅春
第62回日本公衆衛生学会総会   2003年10月   
Body image and body composition differences in Japanese and Australian males
Kagawa, M., Kerr, D., Dhaliwal, S., Binns, C.
2004 Pre-Olympic congress   2004年8月   
The prediction of body fat in Japanese males living in Australia
Kagawa, M., Kerr, D., Binns, C.
2004 Pre-Olympic congress   2004年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
痩せから肥満へ周期的に変化する自己画像観察者の前頭前野の活動
科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
Current practices and considerations in screening for childhood obesity in the Asia-Pacific region: Anthropometric perspectives
研究期間: 2006年12月 - 2006年12月
Aust$1,801.54
Ethnic differences in morphology and fat distribution in Australian Caucasian and Indigenous children
研究期間: 2008年11月 - 2008年11月
AU$3,000.00
How effective is Nintendo's Wii Fit for facilitating participation in, and positive attitudes towards, well-being and physical activity?
Queensland University of Technology: 
研究期間: 2008年11月 - 2009年12月
AU$9,626.00
Influence of posture on body fat estimation in males: comparison with the 4-compartment model
Institute of Health and Biomedical Innovation (IHBI, QUT): 
研究期間: 2009年1月 - 2009年12月
AU$10,000.00

学歴

 
1996年2月
 - 
1998年12月
カーティン工科大学 公衆衛生学部 栄養・食物科学学科
 
1999年1月
 - 
2000年1月
カーティン工科大学 公衆衛生学部 栄養・食物科学学科優等学位
 
2000年2月
 - 
2005年7月
カーティン工科大学 公衆衛生学部 博士(公衆衛生学)
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本スポーツ栄養学会 (JSNA)  国際交流委員会委員
 
2016年7月
 - 
現在
日本キンアンソロポメトリー研究会  代表世話役
 
2017年12月
 - 
現在
(社)生命科学教育シェアリンググループ  理事
 
2018年
 - 
現在
日本スポーツ栄養学会 (JSNA)  評議員