高橋将文

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/26 09:06
 
アバター
研究者氏名
高橋将文
 
タカハシ マサノリ
eメール
mtakajichi.ac.jp
URL
http://www.jichi.ac.jp/biol/home.html
所属
自治医科大学
部署
大学院医学研究科
学位
博士(医学)2003年3月24日(東北大学)
その他の所属
自治医科大学(JMU)分子病態治療研究センター 細胞生物研究部 (兼任)

プロフィール

大阪府出身。徳島大学工学部生物工学科卒業後、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程、東北大学大学院医学系研究科医学履修博士課程修了。1) 発生発達過程における脳の領域化、ニューロン分化および神経回路形成、2) 器官形成における上皮間葉細胞の挙動と分化 に興味をもっている。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
自治医科大学(JMU) 講師
 
2012年4月
 - 
現在
自治医科大学 大学院医学研究科 基礎系大学院本務 講師、分子病態治療研究センター 細胞生物研究部 講師(兼任)
 
2012年6月
 - 
2013年3月
東北大学 医学部 非常勤講師
 
2011年2月
 - 
2012年2月
Division of Developmental Neurobiology, MRC National Institute for Medical Research, London, UK Visiting research fellow
 
2007年4月
 - 
2012年3月
東北大学 大学院医学系研究科 助教
 
2003年5月
 - 
2003年6月
Department of Molecular Cell Biology, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, Gottingen, Germany Guest research fellow
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東北大学 大学院医学研究科 助手
 

受賞

 
2006年5月
東北大学バイオサイエンスシンポジウム ポスター賞
 
2003年3月
東北大学 総長賞
 
1997年1月
財団法人三木康楽会 康楽賞
 

論文

 
Takahashi M, Tamura M, Sato S, Kawakami K
Disease models & mechanisms      2018年9月   [査読有り]
Yamashita W, Takahashi M, Kikkawa T, Gotoh H, Osumi N, Ono K, Nomura T
Development (Cambridge, England)   145(8)    2018年4月   [査読有り]
Kawasaki T, Takahashi M, Yajima H, Mori Y, Kawakami K
Development, growth & differentiation   58(6) 530-545   2016年8月   [査読有り]
Ikeda K, Takahashi M, Sato S, Igarashi H, Ishizuka T, Yawo H, Arata S, Southard-Smith EM, Kawakami K, Onimaru H
PloS one   10(7) e0132475   2015年   [査読有り]
Takahashi M, Makino S, Kikkawa T, Osumi N
Journal of visualized experiments : JoVE      2014年8月   [査読有り]
Shinohara H, Sakayori N, Takahashi M, Osumi N
Biology open   2 739-749   2013年7月   [査読有り]
Kikkawa T, Obayashi T, Takahashi M, Fukuzaki-Dohi U, Numayama-Tsuruta K, Osumi N
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms      2013年5月   [査読有り]
Yamanishi E, Takahashi M, Saga Y, Osumi N
Development, growth & differentiation   54(9) 785-800   2012年11月   [査読有り]
Tsunekawa Y, Britto JM, Takahashi M, Polleux F, Tan SS, Osumi N
The EMBO journal   31 1879-1892   2012年3月   [査読有り]
Takahashi M, Osumi N
Mechanisms of development   128(5-6) 289-302   2011年5月   [査読有り]
Kobayashi K, Masuda T, Takahashi M, Miyazaki J, Nakagawa M, Uchigashima M, Watanabe M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
The European journal of neuroscience   33 612-621   2011年2月   [査読有り]
Takahashi M, Osumi N
Journal of visualized experiments : JoVE      2010年8月   [査読有り]
Nonomura K, Takahashi M, Wakamatsu Y, Takano-Yamamoto T, Osumi N
Journal of anatomy   216(1) 80-91   2010年1月   [査読有り]
Numayama-Tsuruta K, Arai Y, Takahashi M, Sasaki-Hoshino M, Funatsu N, Nakamura S, Osumi N
BMC developmental biology   10 6   2010年1月   [査読有り]
Takahashi M, Osumi N
BMC developmental biology   8 87   2008年9月   [査読有り]
Takahashi M, Nomura T, Osumi N
Development, growth & differentiation   50 485-497   2008年8月   [査読有り]
Nomura T, Takahashi M, Hara Y, Osumi N
PloS one   3 e1454   2008年1月   [査読有り]
Sato K, Koizumi Y, Takahashi M, Kuroiwa A, Tamura K
Development (Cambridge, England)   134(7) 1397-1406   2007年4月   [査読有り]
Yokoo T, Ohashi T, Shen JS, Sakurai K, Miyazaki Y, Utsunomiya Y, Takahashi M, Terada Y, Eto Y, Kawamura T, Osumi N, Hosoya T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(9) 3296-3300   2005年3月   [査読有り]
Takahashi M, Osumi N
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   232 200-208   2005年1月   [査読有り]
Ogawa Y, Takebayashi H, Takahashi M, Osumi N, Iwasaki Y, Ikenaka K
Developmental neuroscience   27 364-377   2005年   [査読有り]
Kobayashi K, Takahashi M, Matsushita N, Miyazaki J, Koike M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 3480-3488   2004年4月   [査読有り]
Kasai K, Takahashi M, Osumi N, Sinnarajah S, Takeo T, Ikeda H, Kehrl JH, Itoh G, Arnheiter H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   9(1) 49-58   2004年1月   [査読有り]
Takahashi M, Sato K, Nomura T, Osumi N
Differentiation; research in biological diversity   70 155-162   2002年6月   [査読有り]
Pax6 regulates specification of ventral neurone subtypes in the hindbrain by establishing progenitor domains.
Takahashi M, Osumi N
Development (Cambridge, England)   129 1327-1338   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
Kikkawa T, Takahashi M, Osumi N
Current protocols in neuroscience   78 3.30.1-3.30.16   2017年1月   [査読有り]
Takahashi M, Kikkawa T, Osumi N.
Electroporation Methods in Neuroscience, Ed. Saito, Tetsuichiro, Springer   141-157   2015年4月   [査読有り][依頼有り]
高橋将文
脳科学事典 web      2014年1月
高橋将文
脳科学事典 web      2013年3月
高橋将文
脳科学事典 web      2013年2月
Nomura T, Takahashi M, Osumi N
Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology   129-141   2009年4月
Live Imaging of neuroepithelial cells in the rat spinal cord by confocal laser-scanning microscopy.
Takahashi M, Osumi N
Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program   211-220   2006年11月
Labeling of neuroepithelial cells using whole embryo culture and gene transfer methods to characterize the cell cycle.
Tsunekawa Y, Takahashi M, Osumi N
Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program   203-210   2006年11月
免疫染色法の実際
高橋将文、大隅典子
注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色& in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」   103-127   2006年9月
写真撮影とデータ処理
高橋将文、大隅典子
注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色&in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」   165-197   2006年9月
生命科学を志して-研究する人々-
高橋将文
Brain & Mind (Crest Osumi Project)   4 11-11   2006年9月
神経系における細胞増殖・分化の制御
高橋将文, 大隅典子
発生における細胞増殖制御   77-85   2004年2月
哺乳類胚神経管および胎児脳への遺伝子導入法
高橋将文, 佐藤健一, 大隅典子.
遺伝子医学別冊:図で観る発生・再生医学実験マニュアル   22-35   2002年7月
哺乳類脳形成におけるPax6遺伝子の役割
高橋将文, 大隅典子
実験医学増刊 脳神経研究のフロンティア   20(5) 676-684   2002年4月

競争的資金等の研究課題

 
線条体の機能局在化を制御する分子機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究 (C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 高橋将文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 高橋 将文
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 高橋 将文
本研究では、Pax6遺伝子変異ラット胚の菱脳境界形成過程を詳細に解析し、Pax6が境界領域においてNotch シグナル関連遺伝子の発現を誘導または維持することで、境界の未分化性維持に寄与している可能性を見いだした。また、ゼブラフィッシュ胚を用いた菱脳境界付近細胞の高解像度タイムラプスイメージング解析により、EphA4/ephrinB3bが境界細胞の移動方向および極性を制御することで、正常な境界が確立されることを見いだした。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 高橋 将文
本研究では、ラット線条体側方領域および大脳皮質体性感覚野におけるカドヘリン20遺伝子の左右非対称発現細胞の種類を解析した。線条体のカドヘリン20発現細胞はすべて淡蒼球に投射する間接路および、黒質網様部に投射する直接路の投射ニューロンであることが明らかになった。さらに、ラットにおけるカドヘリン20遺伝子の左優位発現と利き手と関係を明らかにするために、food reachingテスト装置を独自に作製し、成体ラットの利き手の同定に成功した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 大隅 典子
脳が発生・発達する過程において、「神経幹細胞」というタネのような細胞が分裂して数を増やし(増殖)、神経機能を営むのに特殊化した細胞に変化する(分化)することが必要である。本研究では神経幹細胞の増殖と分化において重要な働きをする分子であるPax6の下で働く分子群を同定し、その機能について解析した。また、神経幹細胞を維持する機構として、細胞周期を制御するCyclin D2という因子の細胞内局在が重要であることを明らかにした。