Mugikura Tetsu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2018 at 10:24
 
Avatar
Name
Mugikura Tetsu
E-mail
mugikuraiwate-u.ac.jp
Affiliation
Iwate University

Research Areas

 
 
  • Sociology / Sociology / Disaster sociology Social pathology Regional sociology Disaster prevention education studies
  • Sociology / Sociology / Disasterーverification DisasterーpreventionーEducation Socialーvulnerability Sustainableーdevelopment Dialogueーwithーdead Poverty Barriers

Awards & Honors

 
Sep 2013
Vulnerability and Characteristics of Great East Japan Earthquake Victims:, Best poster award, Professor Norito Kawakami head investigator of The International Conference on Social Stratification and Health
 

Published Papers

 
麦倉 哲
岩手大学文化論叢 = The report of social studies, the Faculty of Education, Iwate University   9 129-147   Feb 2017
野坂 真, 麦倉 哲, 浅川 達人
日本都市学会年報   51 241-249   May 2018   [Refereed]
麦倉 哲, 浅川 達人, 野坂 真
日本都市学会年報   51 375-383   May 2018
TAKAMATSU Yoko, MUGIKURA Tetsu, KAJIWARA Shougo
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (15) 29-35   Mar 2016
本報告は、被災地における仮設住宅に関する調査結果を分析したものである。仮設住宅は被災者の生活を平等に保障する目的で建設されたにもかかわらず、その生活ぶりは多様である。本報告では特に災害とジェンダーの視点から分析に取り組んだ。
MUGIKURA Tetsu, KAJIWARA Shougo, TAKAMATSU Yoko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (15) 37-44   Mar 2016
被災状況を深刻化させる主たる要因は、社会的脆弱性があることによる。他方で、三陸の地域には、減災に結びついたと考えられる一定の強靭性もみられる。被災直後から避難所運営の時に発揮された、地域の防災の文化である。こうした力が発揮されたために、犠牲はある程度おさえられた。もしこうした地域の力がなかったら、犠牲はもっと多かったに違いない。大地震後に避難誘導にあたった人がいた。津波浸水後に救助に向かった人がいた。避難所を運営し、救急活動に従事する人がいた。避難所でつかう各種物資が地域内の方がたから持ち...
YANAGAWA Ryoichi, IWAMA Shunji, MUGIKURA Tetsu
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering)   72(2) I_1579-I_1584   2016
 To prepare a more practical evacuation plan to combat unprecedented multiple disasters, the tsunami numerical model was developed and a GIS analysis of tsunami evacuation behaviour after the Great East Japan Earthquake was conducted at the O...
麦倉 哲, 高松 洋子, 梶原 昌五
日本都市学会年報   50 279-288   May 2017   [Refereed]
KIKUCHI Yoshihiro, MUGIKURA Tetsu, MINAMI Masaaki
JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION   33(4) 422-424   2015
阪神・淡路大震災から20年を迎え,2014年度の「阪神淡路大震災1.17のつどい」には大勢の人々が集まり,筆者も参列する機会を得た。発災当時,早朝のニュースで飛込んできた衝撃的な映像は,今でも記憶に残っている。この震災は,大都市での直下型地震による高密度な市街地・都市基盤への被害が注目され,東日本大震災が起きる前は我が国における戦後最大の地震被害であり,死者・行方不明者は6,437人を数えた。公的機関における初動対応の遅れなどが指摘され,大きすぎる災害に対しては,公助による対処だけでは限界...
MUGIKURA Tetsu
岩手大学教育学部研究年報   75 31-47   Mar 2016   [Refereed]
 本論の目的は、岩手県大槌町の「生きた証プロジェクト」の到達点ならびに社会的意義について検討するものである。筆者は大災害による犠牲死者について、慰霊・鎮魂の各種式典や、被災の検証作業、そして記録に残そうという取り組みについて、関心を持ってきた。これまで、①仮設住宅入居者調査において「慰霊・鎮魂」を通じたまちづくりについて質問したのも、また②吉里吉里地区の自主防災計画の策定の中で「犠牲となった方がたのことを考えて防災に活かす」という段階を踏んだのも、その延長線にこうしたテーマへのこだわりがあ...
麦倉 哲, 高松 洋子, 梶原 昌五
日本都市学会年報   49 233-242   May 2016   [Refereed]
MUGIKURA Tetsu, KAJIWARA Shougo, TAKAMATSU Yoko
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (14) 21-35   2015
 本稿の目的は、東日本大震災で犠牲となった方がた一人ひとりのことを記録に残すため,また亡くなった方がたの状況から被害の社会的要因を社会学の視点から解明するためである.換言すれば,地域社会のもつ脆弱性と向き合い,被災地域社会が持続的であるための課題を見出すのに資するためである. ここで活用するデータは表1に示した。東日本大震災犠牲死者の詳細な分析は、岩手県大槌町吉里吉里地区(浪板を除く)が対象である。当該地区の住民(被災時の住民)で,大震災の結果犠牲となった者(故人)の全数を対象とした事例調...
麦倉 哲, 梶原 昌五, 高松 洋子
日本都市学会年報   48 289-297   May 2015   [Refereed]
麦倉 哲, 梶原 昌五, 高松 洋子
日本都市学会年報   47 317-324   May 2014   [Refereed]
MUGIKURA Tetsu
Sociological Theory and Methods   28(2) 269-288   2013   [Invited]
     Of the tsunami-affected areas damaged by the Great East Japan Earthquake and Tsunami, Otsuchi-cho sustained the most serious damage. The author examined the damage to recovery situation in Otsuchi from vulnerability a...
MUGIKURA Tetsu, YOSHINO Hideki
Japanese Sociological Review   64(3) 402-419   2013   [Invited]
Over 6 thousands habitants have died by East Japan disaster in Iwate prefecture. Still now 36000 people continue to stay in collective shelter. Through Local governments have made their own Reconstruction Plan, we see empty land in coast area.<br>...
MUGIKURA Tetsu, IIZAKA Tadahiro, KAJIWARA Shougo, IIZUKA Kaoru
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   (12) 15-28   2013
MUGIKURA Tetsu
現代の社会病理   (27) 3-25   2012   [Invited]
この論文は、危険な仕事に誰が就くのかという問題に焦点を当てるものである。原子力エネルギーに依存する社会は、そこで働く労働者を犠牲にするシステムでありかつ、こうした労働者への差別によって作動する社会である。一方、このシステムから離脱することが難しいのは、労働の実態を隠蔽する仕組みがつくられ、国民と原発労働者の聞に分断ができているからである。本論では、福島第一原子力発電所で命を落とした労働者と、かつて福島原発で、働いたことのある労働者の2人のケースを調べながら、隠蔽と分断の仕組みを明らかにした...
麦倉 哲
The Annual report of the Faculty of Education, Iwate University   70 45-63   2010
麦倉 哲
日本都市学会年報   41 173-181   Apr 2008   [Refereed]
麦倉 哲
日本都市学会年報   40 87-95   Apr 2007   [Refereed]
MUGIKURA Tetsu
Shakai kagaku tokyu(The Social sciences review)   43(1) 183-208   1997   [Refereed]
Mugikura Tetsu, Ogawa Ryo
Waseda studies in human sciences   3(1) 55-65   Mar 1990   [Refereed]
We had the intention of classifing the types of students' conceptions about computer. We took cluster-analysis method to analyze their approval or disapproval answers about 7 opinions which were related with computer and were ordinary listened. Fi...
Mugikura Tetsu
Japanese Journal of Sociological Criminology   11(0) 151-174   Oct 1986   [Refereed]
The Family Court can entrust delinquent boys to Hodo-Itakusaki, according to the process of juvenile justice (The Japanese Juvenile Law, art. 25). Of Course, it is necessary for such a decision to be based on a reasonable judgement. The trustee (m...

Misc

 
麦倉 哲
人間科学研究 = Waseda journal of human sciences   19 129-130   Mar 2006

Conference Activities & Talks

 
Community Reconstruction and Development While Confronting Deaths from Disaster
Mugikura Tetsu
NetworGlobal Conference on the International NetworGlobal Conference on the International NetworGlobal Conference on the International NetworGlobal Conference on the International NetworGlobal Conference on the International NetworGlobal Conference on the   18 Jul 2018   
Proposal for disaster prevention community development based on verification of each tsunami victim -from the investigation of the tsunami victims in Otsuchi town, Iwate Prefecture
NOZAKA Shin Mugikura Tetsu
Global Conference on the International Network of Disaster Studies in Iwate   17 Jul 2018   
Activities and current issues of ICAT (Infection Control Assistance Teamof iwate) in the 2011 Great East Japan Earthquake Presenter
FUKUDA Yuko Mugikura Tetsu
Global Conference on the International Network of Disaster Studies in Iwate   17 Jul 2018   
Slow Infrastructure and Cooperation Culture Revealed After the Great East Japan Earthquake and Tsunami
Mugikura Tetsu Shin NOZAKA
Global Conference on the International Network of Disaster Studies in Iwate   17 Jul 2018   
Vulnerability and Characteristics of Great East Japan Earthquake Victims: Focus on Kirikiri, Otsuchi, Iwate
Mugikura Tetsu
The International Conference on Social Stratification and Health 2013   31 Aug 2013