資料公開

資料公開

タイトル #卒論修論一口指南
カテゴリ その他
概要 (2021年4月1日 公開) 

 主に文学部などの文科系学部で卒業論文や修士論文を書こうとしている方々に向けた《一口指南》すなわちワンポイント・アドバイスを連ねたものです。もともとツイッター(@_sotanaka)上で #卒論修論一口指南 としてポツポツと連載していたものを、加除修正してまとめました。
 指南は以下の四編から成ります。

一、構想編:テーマの選び方を中心に、論文についての考え方や、論文にどう取り組むべきかといったことについての指南をまとめました。
二、調査編:先行研究の読み方や調査をする時の注意事項などについてまとめました。
三、分析・執筆編:調べたことをもとに論を立てるにはどうすればよいか、また自分の研究を文章化する時にはどういうところに気をつけるべきか、といったことについてまとめました。
四、完成編:論文として仕上げ・提出する際に注意すべきことや、口頭試問など提出後のことについての指南をまとめました。

  論文の書き方についての、体系的にまとまったハウツー本は世間に色々でていますので、それはそれで是非とも参照していただくとして、本書ではそれとは別に、より焦点を絞った、すぐに実行しやすいアドバイスをお届けしようとの趣旨です。いわば《副教材》として使っていただけたらと思っています。

* * * * *

 目次

 一、構想編
指南1  卒論・修論は教育課程の一環であって、「成果を出す」ことが目的ではない。
指南2  小論文のことは忘れよう。
指南3  書き方を知らずに論文に取りかかるのは、ルールを知らずにスポーツの試合に出るようなもの。「退場」したくなければ書き方を学ぼう。
指南4  「好きなテーマを選びなさい」は「自分の愛好するものをテーマにしなさい」という意味ではない。
指南5  迷ったら、大学でのこれまでの学びと繋がりを持つテーマを選ぶべし。
指南6  「テーマを決める」とは「題材を決める」ことではなく「問いを決める」ことである。
指南7  答えられる問いでないと論文を終わらせられない。
指南8  大きな問題意識を背景に、小さなトピックを扱おう。
指南9  巨人の肩の《くぼみ》を探してみよう。
指南10  メモする場所は一本化しよう。
指南11  走り出す前に相談しよう。
指南12  テーマの候補は複数用意しておこう。
指南13  何をすればいいのか分からなくなったら「何が問いなのか」を自問せよ。

 二、調査編
指南14  実際の論文を読まなくては実際の論文は書けない。
指南15  先行研究の読み方(1) アプローチを具体化する。
指南16  先行研究の読み方(2) 自分の研究のために重要な概念(があること)を学ぶ。
指南17  先行研究の読み方(3) 未着手の領域を察知する。
指南18  先行研究の読み方(4) 一本の先行研究から複数の先行研究に辿っていく。
指南19  固有名詞の誤記は後になると気づけない。見直しは《最初に》しっかりと! 
指南20  その調査方法で本当に大丈夫? 億劫でも相談しよう。
指南21  勇気を出して、訪ねる/訊ねることに慣れよう。
指南22  「これは調べた?」の指摘は、どうせなら本提出の前にもらっておこう。
指南23  「広く散発的に」よりは「狭く網羅的に」の方がデータの価値は高い。
指南24  「ヒット0」も意味のあるデータです。
指南25  データ処理の知識は、データの質を上げ時間を節約してくれる。
指南26  一見すると無関係/遠回りの勉強が、自分の立論を豊かにしてくれる。

 三、分析・執筆編
指南27  どう分析すればいいか分からない時は、「知りたいこと」の具体化を試みよう。
指南28  「分析している自分」がイメージできない時は、先行研究に立ち返ろう!
指南29  「要旨が書けるか」で論ができているか否かが分かる。
指南30  「論文=研究をそのまま文章化したもの」ではない。整理と取捨選択が必須です。
指南31  特定の相手がいると思って書いてみよう。
指南32  読者の集中力を過大評価するべからず。
指南33  雨が降ったら「雨が降った」と書きなさい。
指南34  論文は「仕事の文書」である。仕事に関係ないことは書かないのが原則。
指南35  適当に並べてはいけない。
指南36  引用は研究の要! ゆめゆめおろそかにするべからず。
指南37  引用する時はページ数まで明記しよう。

 四、完成編
指南38  締切が迫ったら、「重要順」ではなく「これをしなきゃ提出できない順」に進めること!
指南39  執筆要項/提出要項を読み返そう!
指南40  年末年始のスケジュール立てのポイントは「図書館の開館日」と「見直し日の確保」。
指南41  よいタイトルは、よく分かるタイトル。
指南42  言い訳や謙遜は、客観的な記述に置き換えよう。
指南43  誤字・脱字の類は、論の説得力に(潜在的に)影響する。
指南44  書式を良くすれば中身も良くなる。
指南45  その謝辞、本当に要りますか?
指南46  要旨の構成は本体の構成に一致させよう。
指南47  自分の書いたものを読んでくれる読者への敬意を持とう。
指南48  あなたが最初に「卒論出せた!」と報告すべき相手はSNSではない。実際に手伝ってくれた人たちである。
指南49  口頭試問の対策は、「自分の論文を自分で理解しているか?」の確認を。
指南50  口頭試問でもらったコメントを無駄にせず、それをもとに論文の「コンプリート・エディション」を作ろう!
利用条件