棟朝 雅晴

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 14:27
 
アバター
研究者氏名
棟朝 雅晴
 
ムネトモ マサハル
所属
北海道大学
部署
情報基盤センター
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
その他の所属
情報科学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 情報基盤センター 副センター長
 
2012年8月
 - 
現在
北海道大学 教授
 
2007年4月
 - 
2012年7月
北海道大学 准教授
 
1999年10月
 - 
2007年3月
北海道大学 助教授
 
1996年4月
 - 
1999年9月
北海道大学 助手
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
大学ICT推進協議会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
情報処理学会  北海道支部長
 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌「数理モデル化と応用」副編集委員長
 
2015年3月
 - 
現在
情報処理学会  数理モデル化と問題解決研究会 運営委員
 
2014年11月
 - 
現在
日本MSP協会  発起人・顧問
 
2014年4月
 - 
2015年3月
オープンクラウド実証実験タスクフォース  発起人・運営委員
 
2014年4月
 - 
2017年4月
大学ICT推進協議会  クラウド部会 主査
 
2013年4月
 - 
2015年3月
グリッド協議会  運営委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会  数理モデル化と問題解決研究会 主査
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会運営委員
 
2013年2月
 - 
現在
7大学情報基盤センター  クラウドコンピューティング研究会 主査
 
2013年1月
 - 
現在
Open Compute Project Japan  発起人・運営委員
 
2012年9月
 - 
現在
クラウド利用促進機構  総合アドバイザー
 
2012年4月
 - 
2014年3月
大学ICT推進協議会  クラウド部会 副主査
 
2007年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
情報処理学会  計算機アーキテクチャ研究会 運営委員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会 運営委員
 
2002年4月
 - 
2006年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会 運営委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
情報処理学会  計算機アーキテクチャ研究会 運営委員
 

受賞

 
2017年9月
情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会 功績賞
 

論文

 
Kousuke Izumiya,Masaharu Munetomo
2017 IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2017, Donostia, San Sebastián, Spain, June 5-8, 2017   905-912   2017年   [査読有り]
Phyo Thandar Thant,Courtney Powell,Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the 17th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing, CCGRID 2017, Madrid, Spain, May 14-17, 2017   882-889   2017年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
J. Artif. Intell. Soft Comput. Res.   7(3) 171   2017年   [査読有り]
Martin Schlueter,Mohamed Wahib,Masaharu Munetomo
Applications of Evolutionary Computation - 20th European Conference, EvoApplications 2017, Amsterdam, The Netherlands, April 19-21, 2017, Proceedings, Part I   725-737   2017年   [査読有り]
Takahito Seyama,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2016, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2016   846-852   2016年   [査読有り]
Katsunori Miura,Tazro Ohta,Courtney Powell,Masaharu Munetomo
2016 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2016, Washington DC, USA, December 5-8, 2016   2097-2102   2016年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2016, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2016   830-837   2016年   [査読有り]
Katsunori Miura,Masaharu Munetomo
2016 IEEE International Conference on Cloud Engineering Workshop, IC2E Workshops, Berlin, Germany, April 4-8, 2016   172-177   2016年   [査読有り]
Masataka Mizukoshi,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2015, Sendai, Japan, May 25-28, 2015   1575-1580   2015年   [査読有り]
Mikuni S, Kodama K, Sasaki A, Kohira N, Maki H, Munetomo M, Maenaka K, Kinjo M
PloS one   10(7) e0130933   2015年   [査読有り]
Ryosuke Hasebe, Rina Kouda, Kei Ohnishi, Masaharu Munetomo
2014 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, SCIS 2014 and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, ISIS 2014   1327-1332   2014年1月
© 2014 IEEE. A variety of data are accumulated in the Internet and the data are increasing in amount everyday, for example, open data provided by governments of multiple countries. Utilizing such data might be linked to creating new businesses or ...
Courtney Powell,Takashi Aizawa,Masaharu Munetomo
3rd IEEE International Conference on Cloud Networking, CloudNet 2014, Luxembourg, Luxembourg, October 8-10, 2014   102-107   2014年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2014, Beijing, China, July 6-11, 2014   832-839   2014年   [査読有り]
Courtney Powell,Masaharu Munetomo,Attia Wahib,Takashi Aizawa
IEEE/ACM 6th International Conference on Utility and Cloud Computing, UCC 2013, Dresden, Germany, December 9-12, 2013   458-463   2013年   [査読有り]
Omar Arif Abdul-Rahman,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Inf. Sci.   233 54-86   2013年   [査読有り]
Masaharu Munetomo,Shintaro Bando
Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Big Data, 6-9 October 2013, Santa Clara, CA, USA   28   2013年   [査読有り]
Courtney Powell,Masaharu Munetomo,Martin Schlueter,Masataka Mizukoshi
Brain and Health Informatics - International Conference, BHI 2013, Maebashi, Japan, October 29-31, 2013. Proceedings   427-438   2013年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2013, Cancun, Mexico, June 20-23, 2013   635-641   2013年   [査読有り]
Shingo Nakai, Shinya Obara, Eiichi Tanaka, Daisuke Konno, Masaharu Munetomo
ICEMS 2012 - Proceedings: 15th International Conference on Electrical Machines and Systems      2012年12月
It is thought that plants have evolved to modulate the amount of light received by the leaves in order to competition for survival. Investigation of a plant shoot configuration is used to obtain valuable information concerning the received light s...
Seizi Watanabe, Shin'Ya Obara, Masaharu Munetomo
ICEMS 2012 - Proceedings: 15th International Conference on Electrical Machines and Systems      2012年12月
Analysis using GA is capable of responding flexibly to operational planning of a complex system. However, case of large system, requires lengthy analysis time, generates many suboptimal solution, and unsatisfactory solutions of energy balance equa...

Misc

 
岩井良成, 杉木章義, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(OS-140) Vol.2017‐OS‐140,No.13,1‐6 (WEB ONLY)   2017年5月
市居遼平, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(ITS-68) Vol.2017‐ITS‐68,No.10,1‐7 (WEB ONLY)   2017年2月
齋藤篤志, 山下雅喜, 三浦克宜, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(MPS-112) Vol.2017‐MPS‐112,No.13,1‐6 (WEB ONLY)   2017年2月
棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   116(124(ICM2016 8-23)) 85‐86   2016年6月
齋藤篤志, 三浦克宜, 棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   116(120(NC2016 6-15)) 55‐56   2016年6月
市居遼平, 棟朝雅晴, 杉木章義
電子情報通信学会技術研究報告   115(504(ITS2015 84-99)) 83‐88   2016年3月
阿部友哉, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2016(MPS-107) VOL.2016-MPS-107,NO.21 (WEB ONLY)   2016年3月
岩坪潤, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2016(MPS-107) VOL.2016-MPS-107,NO.22 (WEB ONLY)   2016年3月
三浦克宜, 齋藤篤志, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2015(MPS-105) VOL.2015-MPS-105,NO.6 (WEB ONLY)   2015年9月
棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   115(140(IN2015 23-38)) 43-48   2015年7月
三浦克宜, 齋藤篤志, 玉家武博, 棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   115(112(IBISML2015 1-26)) 215-220   2015年6月
水越 大貴, 棟朝 雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(1) 1-6   2014年12月
インターネットにおけるセキュリティ上の脅威の一つとして DDoS 攻撃が深刻な問題になっている.DDoS 攻撃は一般に攻撃元の情報が改竄されているため,攻撃元の特定が非常に困難であり防ぐ事が難しい攻撃だといえる.また,攻撃パターンの学習によるパターンマッチングや,異常トラフィック検知などの手法が研究されているが,DDoS 攻撃において攻撃者はボットネット等を使用し、常に異なるトラフィックパターンの攻撃を仕掛けてくるため、過去のデータの解析から DDoS 攻撃を防ぐ事は非常に難しい.このよう...
阿部友哉, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(18) 1-2   2014年9月
プライベートクラウドやパブリッククラウドを連携させたインタークラウド環境が整備され,仮想的に計算資源を無限に利用できるような環境が実現されつつある.本研究ではそのようなインタークラウド環境を想定して大規模かつ複雑な設計問題を扱う最適化フレームワークを構築する.具体的にはシミュレーションを実行するスパコン,大規模なパラメータサーベイを行うための最適化エンジンや分散データベース,解を視覚的に評価するための可視化装置などの複数のシステムの連携によって,設計問題に関する設計パラメータを統一的に管理...
瀬山貴仁, 坂東信太郎, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(7) 1-4   2014年7月
本論文においては、ユーザーの負担を軽減するために、多人数が協調して解の評価を行うインタラクティブ進化計算の実装について議論する。実装にあたっては、クラウド PaaS(Platform as a Service) 基盤を前提としたスケーラブルなシステムを実現するためのシステム設計を行った。
棟朝雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(28) 1-2   2014年6月
プライベートクラウドおよびパブリッククラウドを全国規模で連携させたインタークラウド環境を想定し,大規模かつ複雑な設計問題の設計パラメータに関する情報を,設計者や最適化エンジンが共有,活用しつつ協調して設計を行うフレームワークについて検討する.具体的には,設計パラメータやその評価値等に関する情報を,スケーラブルな分散データベースシステム上に統合管理するとともに,シミュレーションプログラムや可視化システム等の連携を行うフレームワークを,インタークラウド環境における物理・仮想マシン群およびオブジ...
三浦信一, 滝澤真一朗, 松岡聡, 棟朝雅晴, 實本英之, 小林泰三
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2014(30) 1-6   2014年2月
平成 24 年度より運用が開始されている HPCI では,スーパコンピュータ 「京」 や基盤センター群が保有するスーパコンピュータ間の認証基盤統一,データ共有を実現している.しかしながら,既存のスーパコンピュータシステムはバッチキューでジョブ管理されていることや,計算ノードでの管理者権限がないため,OS や分散システムの研究開発を行う CS 系ユーザの利用環境条件を満たさない.また,インターネット上より各種データを取得し,それを用いた計算を行う場合や,得られた成果を外部に公開するには,スー...
川勝 崇史, 棟朝 雅晴
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2013(9) 1-6   2013年12月
災害対策や可用性の高いシステムを構築するために,分散クラウド環境における WEB システムの多目的資源最適割当モデルを提案する.モデル化にあたっては、ロードバランサーによるリクエストの負荷分散やスケールアウトが自動できるようなシステムを前提とし,ユーザーが求める SLA を満たしたサーバーのスケジューリングを行なう.最適化にあたっては,コスト・レスポンス・リクエスト処理量の三つの目的関数をパラメータとして多目的遺伝的アルゴリズムを用いた最適解の探索を行い,その妥当性・有効性について検証する.
柏崎 礼生, 近堂 徹, 北口 善明, 楠田 友彦, 大沼 善朗, 中川 郁夫, 市川 昊平, 棟朝 雅晴, 高井 昌彰, 阿部 俊二, 横山 重俊, 下條 真司
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   112(488) 105-110   2013年3月
大規模災害による危機意識の高まりから災害回復(Disaster Recover:DR)を実現するための技術として遠隔地データセンターでのバックアップや分散ストレージに注目が集まっている.現在我々はランダムアクセス性能の高さに特徴のある広域分散ストレージ環境を金沢大学,広島大学,NIIを中心として構築しており,本研究では本環境のI/O性能を評価し,この環境の有用性を示す.
川勝 崇史, 棟朝 雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2013(9) 1-6   2013年12月
災害対策や可用性の高いシステムを構築するために,分散クラウド環境における WEB システムの多目的資源最適割当モデルを提案する.モデル化にあたっては、ロードバランサーによるリクエストの負荷分散やスケールアウトが自動できるようなシステムを前提とし,ユーザーが求める SLA を満たしたサーバーのスケジューリングを行なう.最適化にあたっては,コスト・レスポンス・リクエスト処理量の三つの目的関数をパラメータとして多目的遺伝的アルゴリズムを用いた最適解の探索を行い,その妥当性・有効性について検証する.
Masataka Mizukoshi, Shintaro Bando, Martin Schlueter, Masaharu Munetomo
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2013(11) 1-4   2013年7月
Since the data volume from various facilities keeps growing rapidly in recent years, "big data" processing frameworks such as Hadoop have been developed as a scalable architecture to process large amount of data in cloud computing environment. We ...

書籍等出版物

 
吉岡 信和, 棟朝 雅晴, 本橋 賢二, 西村 一彦, 谷沢 智史, 横山 重俊 (担当:共著)
インプレスR&D   2012年8月   
Advances in Grid Computing
2011年   
棟朝 雅晴
森北出版   2008年7月   ISBN:4627847815
Computational Intelligence Paradigms – Innovative Applications
2008年   
Linkage in Evolutionary Computation
2008年   

講演・口頭発表等

 
森川達矢, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   2015年12月14日   
阿部友哉, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月18日   
中野翔, 渡邉真也, 千葉一永, 金崎雅博, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月18日   
玉家武博, 斎藤篤志, 三浦克宜, 棟朝雅晴
情報処理学会全国大会講演論文集   2015年3月17日   
倉田優太, 金崎雅博, 千葉一永, 渡邉慎也, 棟朝雅晴
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2015年   
分散クラウドシステムにおける遠隔連携技術 [招待有り]
棟朝 雅晴
学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第1回ネットワーク型学際研究シンポジウム   2014年3月11日   
インターネット上のデータ利活用を促進するための人間ベース遺伝的アルゴリズム
幸田里奈, 長谷部良輔, 大西圭, 棟朝雅晴
第6回進化計算学会研究会   2014年3月7日   
アカデミッククラウドにおけるCloudStackの活用事例と今後の展望 [招待有り]
棟朝 雅晴
CloudStack Day Japan 2014   2014年3月6日   
研究支援に係るアカデミッククラウドの調査検討
棟朝 雅晴
平成25年度国家課題対応型研究開発推進事業『アカデミッククラウド環境構築に係るシステム研究』提案「コミュニティで紡ぐ次世代大学ICT環境としてのアカデミッククラウド」最終報告会   2014年2月13日   
研究支援に係るアカデミッククラウド
棟朝 雅晴
大学ICT推進協議会年次大会「コミュニティで紡ぐ次世代大学ICT環境としてのアカデミッククラウド」事業中間報告   2013年12月18日   
研究支援のためのアカデミッククラウド
棟朝 雅晴
アカデミッククラウドシンポジウム2013   2013年9月5日   
田中一真, 棟朝雅晴, 赤間清
全国大会講演論文集   2013年3月6日   
複数天体の重力支援を利用した宇宙探査機の軌道最適化は,厳密解の発見が困難な,制約付き非線形多変数関数の最適化問題である.本研究では,欧州宇宙機関で公開されている軌道最適化問題を単峰性正規分布交叉を用いた実数値遺伝的アルゴリズムによって解く.
平島慶典, 三浦克宜, 棟朝雅晴
全国大会講演論文集   2013年3月6日   
本研究では、与えられた論文に対して、的確な研究分野を判定するためのツールを開発する。研究を発展させる上で、関連研究のサーベイは重要であり、そのためには論文の適切な研究分野を知ることは極めて大切である。適切な研究分野を発見する方法として過去の論文と照らし合わせる方法が考えられる。しかしそれには膨大な計算量が掛かるため、逐次処理ではコストがかかる。この問題を解決するために、並列計算を使用している。研究分野の位置づけを行うために、本論文ではMahoutによるクラスタリングを行っており、そのための...
クラウドコンピューティングの最新動向 [招待有り]
棟朝 雅晴
OR学会北海道支部講演会   2013年2月18日   
北海道大学アカデミッククラウドの活用事例 [招待有り]
棟朝 雅晴
学術情報基盤オープンフォーラム「大学クラウド活用における、検証と課題と対策」   2013年2月8日   
北海道大学アカデミッククラウドのご紹介とクラウド技術の最新動向,研究動向について [招待有り]
棟朝 雅晴
第2回デバイスとクラウドの高度融合による新事業創出研究会   2013年1月24日   
リンケージツリー遺伝的アルゴリズムにおける計算量削減の検討
鈴木一史, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
スワームロボットシステムにおける大規模並列計算環境を用いた分散型CMA-ESの実装
竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
クラウド環境における進化計算用グリッドサービスの並列化効率の評価
藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 伍賀正典, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
相澤孝至, 棟朝雅晴
情報処理北海道シンポジウム講演論文集   2012年10月6日   

担当経験のある科目