棟朝 雅晴

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/05 13:50
 
アバター
研究者氏名
棟朝 雅晴
 
ムネトモ マサハル
所属
北海道大学
部署
情報基盤センター
職名
センター長・教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
その他の所属
大学院情報科学院

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
北海道大学 情報基盤センター センター長
 
2013年4月
 - 
2019年3月
北海道大学 情報基盤センター 副センター長
 
2012年8月
 - 
現在
北海道大学 教授
 
2007年4月
 - 
2012年7月
北海道大学 准教授
 
1999年10月
 - 
2007年3月
北海道大学 助教授
 
1996年4月
 - 
1999年9月
北海道大学 助手
 
1998年6月
 - 
1999年3月
イリノイ大学アーバナシャンペイン校 客員研究員
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌「数理モデル化と応用」編集委員長
 
2019年4月
 - 
現在
国立大学共同利用・共同研究協議会  会計監事
 
2017年5月
 - 
現在
大学ICT推進協議会  理事
 
2017年4月
 - 
2019年3月
情報処理学会  北海道支部長
 
2016年4月
 - 
2019年3月
情報処理学会  論文誌「数理モデル化と応用」副編集委員長
 
2015年3月
 - 
2019年3月
情報処理学会  数理モデル化と問題解決研究会 運営委員
 
2014年11月
 - 
現在
日本MSP(Managed Service Provider)協会  発起人・顧問
 
2014年4月
 - 
2015年3月
オープンクラウド実証実験タスクフォース  発起人・運営委員
 
2014年4月
 - 
2017年4月
大学ICT推進協議会  クラウド部会 主査
 
2013年4月
 - 
2015年3月
グリッド協議会  運営委員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
情報処理学会  数理モデル化と問題解決研究会 主査
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会運営委員
 
2013年2月
 - 
現在
7大学情報基盤センター  クラウドコンピューティング研究会 主査
 
2013年1月
 - 
2019年3月
Open Compute Project Japan  発起人・運営委員
 
2012年9月
 - 
2019年3月
クラウド利用促進機構  総合アドバイザー
 
2012年4月
 - 
2014年3月
大学ICT推進協議会  クラウド部会 副主査
 
2007年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  ハイパフォーマンスコンピューティング研究会 運営委員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
情報処理学会  計算機アーキテクチャ研究会 運営委員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会 運営委員
 
2002年4月
 - 
2006年3月
情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理研究会 運営委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
情報処理学会  計算機アーキテクチャ研究会 運営委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
情報処理学会  数理モデル化と問題解決研究会 幹事
 
2009年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  北海道支部 幹事
 
2011年4月
 - 
2013年3月
情報処理学会  北海道支部 評議員
 
2010年4月
 - 
2013年9月
進化計算学会  監事
 

受賞

 
2017年9月
情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会 功績賞
 

論文

 
Array,Array,Array,Array,Martin Schlueter,Array,Array
IEEE Trans. Systems, Man, and Cybernetics: Systems   49(10) 2036-2049   2019年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2019, Wellington, New Zealand, June 10-13, 2019   912-919   2019年   [査読有り]
Courtney Powell,Katsunori Miura,Masaharu Munetomo
Evolutionary Multi-Criterion Optimization - 10th International Conference, EMO 2019, East Lansing, MI, USA, March 10-13, 2019, Proceedings   683-694   2019年   [査読有り]
Katsunori Miura,Courtney Powell,Masaharu Munetomo
2018 IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science, CloudCom 2018, Nicosia, Cyprus, December 10-13, 2018   137-144   2018年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion, GECCO 2018, Kyoto, Japan, July 15-19, 2018   306-307   2018年   [査読有り]
Courtney Powell,Katsunori Miura,Masaharu Munetomo
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion, GECCO 2018, Kyoto, Japan, July 15-19, 2018   298-299   2018年   [査読有り]
Kousuke Izumiya,Masaharu Munetomo
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion, GECCO 2018, Kyoto, Japan, July 15-19, 2018   179-180   2018年   [査読有り]
Masaki Fujiwara,Masaharu Munetomo
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion, GECCO 2018, Kyoto, Japan, July 15-19, 2018   41-42   2018年   [査読有り]
Courtney Powell,Katsunori Miura,Masaharu Munetomo
11th IEEE International Conference on Cloud Computing, CLOUD 2018, San Francisco, CA, USA, July 2-7, 2018   831-835   2018年   [査読有り]
Kousuke Izumiya,Masaharu Munetomo
2017 IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2017, Donostia, San Sebastián, Spain, June 5-8, 2017   905-912   2017年   [査読有り]
Phyo Thandar Thant,Courtney Powell,Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the 17th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing, CCGRID 2017, Madrid, Spain, May 14-17, 2017   882-889   2017年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
J. Artif. Intell. Soft Comput. Res.   7(3) 171   2017年   [査読有り]
Martin Schlueter,Mohamed Wahib,Masaharu Munetomo
Applications of Evolutionary Computation - 20th European Conference, EvoApplications 2017, Amsterdam, The Netherlands, April 19-21, 2017, Proceedings, Part I   725-737   2017年   [査読有り]
Takahito Seyama,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2016, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2016   846-852   2016年   [査読有り]
Katsunori Miura,Tazro Ohta,Courtney Powell,Masaharu Munetomo
2016 IEEE International Conference on Big Data, BigData 2016, Washington DC, USA, December 5-8, 2016   2097-2102   2016年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2016, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2016   830-837   2016年   [査読有り]
Katsunori Miura,Masaharu Munetomo
2016 IEEE International Conference on Cloud Engineering Workshop, IC2E Workshops, Berlin, Germany, April 4-8, 2016   172-177   2016年   [査読有り]
Masataka Mizukoshi,Masaharu Munetomo
IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2015, Sendai, Japan, May 25-28, 2015   1575-1580   2015年   [査読有り]
Mikuni S, Kodama K, Sasaki A, Kohira N, Maki H, Munetomo M, Maenaka K, Kinjo M
PloS one   10(7) e0130933   2015年   [査読有り]
Ryosuke Hasebe, Rina Kouda, Kei Ohnishi, Masaharu Munetomo
2014 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, SCIS 2014 and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, ISIS 2014   1327-1332   2014年1月
© 2014 IEEE. A variety of data are accumulated in the Internet and the data are increasing in amount everyday, for example, open data provided by governments of multiple countries. Utilizing such data might be linked to creating new businesses or ...
Courtney Powell,Takashi Aizawa,Masaharu Munetomo
3rd IEEE International Conference on Cloud Networking, CloudNet 2014, Luxembourg, Luxembourg, October 8-10, 2014   102-107   2014年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2014, Beijing, China, July 6-11, 2014   832-839   2014年   [査読有り]
Courtney Powell,Masaharu Munetomo,Attia Wahib,Takashi Aizawa
IEEE/ACM 6th International Conference on Utility and Cloud Computing, UCC 2013, Dresden, Germany, December 9-12, 2013   458-463   2013年   [査読有り]
Omar Arif Abdul-Rahman,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Inf. Sci.   233 54-86   2013年   [査読有り]
Masaharu Munetomo,Shintaro Bando
Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Big Data, 6-9 October 2013, Santa Clara, CA, USA   28   2013年   [査読有り]
Courtney Powell,Masaharu Munetomo,Martin Schlueter,Masataka Mizukoshi
Brain and Health Informatics - International Conference, BHI 2013, Maebashi, Japan, October 29-31, 2013. Proceedings   427-438   2013年   [査読有り]
Martin Schlueter,Masaharu Munetomo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2013, Cancun, Mexico, June 20-23, 2013   635-641   2013年   [査読有り]
Shingo Nakai, Shinya Obara, Eiichi Tanaka, Daisuke Konno, Masaharu Munetomo
ICEMS 2012 - Proceedings: 15th International Conference on Electrical Machines and Systems      2012年12月
It is thought that plants have evolved to modulate the amount of light received by the leaves in order to competition for survival. Investigation of a plant shoot configuration is used to obtain valuable information concerning the received light s...
Seizi Watanabe, Shin'Ya Obara, Masaharu Munetomo
ICEMS 2012 - Proceedings: 15th International Conference on Electrical Machines and Systems      2012年12月
Analysis using GA is capable of responding flexibly to operational planning of a complex system. However, case of large system, requires lengthy analysis time, generates many suboptimal solution, and unsatisfactory solutions of energy balance equa...
Eiichi Tanaka, Shin'Ya Obara, Shingo Nakai, Daisuke Konno, Masaharu Munetomo
ICEMS 2012 - Proceedings: 15th International Conference on Electrical Machines and Systems      2012年12月
Investigation of a whole plant configuration is used to obtain valuable information concerning the received light system. As an example, it is thought that branching of a plant has an important role about light receiving properties of the individu...
合田 憲人, 東田 学, 坂根 栄作, 天野 浩文, 小林 克志, 棟朝 雅晴, 江川 隆輔, 建部修見, 鴨志田 良和, 滝澤 真一朗, 永井 亨, 岩下 武史, 石川 裕
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   5(5) 90-102   2012年10月
本稿では,現在文部科学省により整備が進められている革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ (HPCI) のための認証基盤の設計について述べる.本認証基盤では,グリッド上の認証技術である Grid Security Infrastructure (GSI),および認証連携技術である Shibboleth を用いることにより, HPCI を構成する計算機や共用ストレージに対するシングルサインオンを実現する.本稿ではまた,本認証基盤の設計を検証するために構築した実験環境上での実証...
棟朝 雅晴, 染谷 博司
電気学会誌 = The journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan   132(4) 204-207   2012年4月
Wahib Mohamed, Munawar Asim, Munetomo Masaharu
情報処理学会論文誌 論文誌トランザクション   2011(2) 7-17   2012年4月
棟朝雅晴, 染谷博司
電気学会誌   132(4) 204-207   2012年
堀伸哉, 棟朝雅晴, 赤間清
進化計算学会論文誌   3(2) 63-72   2012年   [査読有り]
Omar Abdul-Rahman,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
21st International Conference on Computer Communications and Networks, ICCCN 2012, Munich, Germany, July 30 - August 2, 2012   1-9   2012年   [査読有り]
棟朝雅晴, 高井昌彰
情報科学技術フォーラム   FIT 2011 15-18   2011年8月
北海道大学アカデミッククラウドにおけるコンテンツマネジメントシステムの展開
情報処理学会第10回情報科学技術フォーラム論文集(査読付論文)   RL-004   2011年
A Framework for Problem-Specific QoS Based Scheduling in Grids
Advances in Grid Computing   19-28   2011年
An Improved Binary-Real Coded Genetic Algorithm for Real Parameter Optimization
Proceedings of the Third World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing   156-163   2011年
Abdul-Rahman Omar Arif, Munetomo Masaharu, Akama Kiyoshi
Artificial Life and Robotics   16(1) 121-124   2011年
In genetic algorithms (GAs), is it better to use binary encoding schemes or floating point encoding schemes? In this article, we try to tackle this controversial question by proposing a novel algorithm that divides the computational power between ...
Omar Abdul-Rahman,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
IEEE International Conference on Cloud Computing, CLOUD 2011, Washington, DC, USA, 4-9 July, 2011   754-755   2011年   [査読有り]
Masaharu Munetomo
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2011, New Orleans, LA, USA, 5-8 June, 2011   312-317   2011年   [査読有り]
Asim Munawar,Mohamed Wahib,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2011, New Orleans, LA, USA, 5-8 June, 2011   318-325   2011年   [査読有り]
Mohamed Wahib,Asim Munawar,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2011, New Orleans, LA, USA, 5-8 June, 2011   803-811   2011年   [査読有り]
Asim Munawar,Mohamed Wahib,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Learning and Intelligent Optimization - 5th International Conference, LION 5, Rome, Italy, January 17-21, 2011. Selected Papers   203-217   2011年   [査読有り]
Mohamed Wahib,Asim Munawar,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
World Congress on Services, SERVICES 2011, Washington, DC, USA, July 4-9, 2011   265-271   2011年   [査読有り]
Live Migration-based Resource Managers for Virtualized Environments: A Survey
Proceedings of The First International Conference on Cloud Computing, GRIDs, and Virtualization (CLOUD COMPUTING 2010)   32-40   2010年
A Bayesian Optimization Algorithm For De Novo Ligand Design Based Docking Running Over GPU
Proceedings of the 2010 IEEE Congress on Evolutionary Computation   17-24   2010年
MUNAWAR Asim, WAHIB Mohamed, MUNETOMO Masaharu, AKAMA Kiyoshi
Future Generation Computer Systems   26(4) 633-644   2010年
Development of a Novel Crossover of Hybrid Genetic Algorithms for Large-scale Traveling Salesman Problems
Proceedings of the Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2010   828-831   2010年
Masafumi Kuroda,Kunihito Yamamori,Masaharu Munetomo,Moritoshi Yasunaga,Ikuo Yoshihara
Proceedings of the IEEE Congress on Evolutionary Computation, CEC 2010, Barcelona, Spain, 18-23 July 2010   1-6   2010年   [査読有り]
Mohamed Wahib,Asim Munawar,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
Proceedings of the International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications, PDPTA 2010, Las Vegas, Nevada, USA, July 12-15, 2010, 2 Volumes   658-664   2010年   [査読有り]
Munawar Asim, Wahib Mohamed, Munetomo Masaharu, Akama Kiyoshi
International Journal of Advancements in Computing Technology   1(2) 16-28   2009年12月
This paper presents a case study to illustrate the design and implementation of cellular Genetic Algorithm (cGA) with Local Search (LS) to solve Capacitated Vehicle Routing Problem (CVRP) over Cell Broadband Engine (Cell BE). Cell BE is a heteroge...
Munetomo Masaharu, Akama Kiyoshi, Maeda Haruki
WSEAS Transactions on Information Science and Applications   6(5) 788-797   2009年5月
Ligand docking checks whether a drug chemical called ligand matches the target receptor protein of human organ or not. Docking by computer simulation is becoming popular in drug design process to reduce cost and time of the chemical experiments. T...
Proceedings of the Tenth International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT) 2009 (CD-ROM)   457-462   2009年
An Automated Ligand Evolution System using Bayesian Optimization Algorithm
WSEA Transactions on Information Science and Applications   6(5) 788-797   2009年
De Novo Ligand Evolution using Bayesian Optimization Algorithms
Proceedings of the 10th WSEAS International Conference on Evolutionary Computing   126-131   2009年
Genetic Programming and Evolvable Machines   10(4) 391-415   2009年
Asim Munawar,Mohamed Wahib,Masaharu Munetomo,Kiyoshi Akama
2009 International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies, PDCAT 2009, Higashi Hiroshima, Japan, 8-11 December 2009   457-462   2009年   [査読有り]
棟朝 雅晴
システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 = Systems, control and information   52(10) 362-367   2008年10月
遺伝的アルゴリズムにおいて最も重要な遺伝的操作である交叉を効果的に適用するためには、互いに関連する遺伝子を密に符号化することが必要とされている。なぜなら、ビルディングブロックを構成する遺伝子が密に符号化されていない場合、単純な交叉によりそれら有用なビルディングブロックが容易に破壊され、交叉が正しく働かないためである。しかしながら、一般の問題において密な符号化を保証することは困難な場合も多いので、互いに関連する遺伝子を同定し、その情報をもとにした交叉を行うリンケージの同定・学習に関する手法が...
Proceedings of the 9th IEEE/ACM International Conference on Grid Computing   316-321   2008年
Proceedings of the 9th IEEE/ACM International Conference on Grid Computing   346-351   2008年
Proceedings of the 10th IEEE International Conference on High Performance Computing and Communications   131-138   2008年
A Survey: Genetic Algorithms and the Fast Evolving World of Parallel Computing
Proceedings of the 2008 International Workshop on Parallel Algorithm and Parallel Software   346-351   2008年
A General Service-Oriented Grid Computing Framework For Global Optimization Problem Solving
Proceedings of Service Computing Conference SCC08   563-566   2008年
Empirical Investigations on Parallel Competent Genetic Algorithms
Proceedings of the 2008 Genetic and Evolutionary Computation Conference   1073-1080   2008年
Information Sciences   178(1) 152-163   2008年
辻 美和子, 棟朝 雅晴, 赤間 清
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   48(15) 23-33   2007年10月
遺伝的アルゴリズムによる効率的な探索のために,同一のビルディングブロック(building block, BB)を構成する遺伝子座の集合を検出する手法は多く提案されている(Heckendornら).しかしながら,これらの手法から得られたリンケージ情報を利用して効果的に交叉を行う方法については,十分な検討がなされてこなかった.特に重複するBBを持つ問題ではYuら(2005)の交叉手法のみが知られている.しかし,彼らの手法はBBの重複構造が複雑になったとき,頻繁にBBを破壊し,かつ十分な交叉パ...
Proceedings of the Eitghth International Conference on Parallel and Distributed Computing Applications and Technologies   167-168   2007年
複雑なビルディングブロック重複を持つ問題に対する交叉手法の提案
情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」   48(SIG15) 23-33   2007年
Proceedings of the 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation   1191-1198   2007年
Proceedings of the 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation   349-356   2007年
Standardization of Interfaces for Meta-Heuristics based Problem Solving Framework over Grid Environment
Proceedings of the HPC Asia 2007   129-136   2007年
On Hybridization of Bayesian Optimization and Tabu Search
Proceedings of the Seventh Metaheuristics International Conference (CD-ROM)   52   2007年
An Intelligent Scatter with Estimation of Distribution for Tabu Search
Proceedings of the Eleventh International Conference on Computer Aided Systems Theory   175-176   2007年
A Framework of GRID Problem-Solving Environment Employing Robust Evolutionary Search
Proceedings of the Eleventh International Conference on Computer Aided Systems Theory   177-178   2007年
An Intelligent Scatter with Estimation of Distribution for Tabu Search
EUROCAST2007, Lecture Notes in Computer Science 4739   465-472   2007年
A Framework of GRID Problem-Solving Environment Employing Robust Evolutionary Search
EUROCAST2007, Lecture Notes in Computer Science 4739   473-480   2007年
On Hybridization of Bayesian Optimization and Tabu Search
Proceedings of the Seventh Metaheuristics International Conference (CD-ROM)   52   2007年
手塚 大, 棟朝 雅晴, 赤間 清
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   47(14) 43-53   2006年10月
最適化問題が,独立に最適化可能な複数の部分問題で表される場合,部分問題ごとに扱うことによって解の探索を効率化できる.遺伝的アルゴリズム(GA)では,この部分問題を構成する遺伝子座の集合をリンケージグループといい,リンケージグループを識別する手法をリンケージ同定という.本論文では,実数値GAのリンケージを明確に定義する.この定義に基づいてリンケージの識別を行う2つのリンケージ同定手法,LINC-RとLIDI-Rを提案する.LINC-Rは目的関数の加法分解性,LIDI-Rは差分の符号独立性に基...
手塚 大, 樋地 正浩, 棟朝 雅晴, 赤間 清
情報処理学会論文誌   47(3) 701-710   2006年3月
近年,パーソナルコンピュータや携帯電話など多くの製品でライフサイクルの短期化が進んでいる.ライフサイクルが短くなると,需要と供給に差がある場合に,販売機会損失や在庫破棄損失などのリスクが高まる.商品の製造や仕入れの数量と期日を決定する供給計画は需要予測に基づいて行われる.需要予測は過去の販売履歴などをもとに統計的に予測されるが,ここでもライフサイクルの短期化によって統計処理に必要なデータが少なくなり,予測精度の低下を引き起こす原因になっている.これまでは計画責任者の経験に基づいて供給量と期...
不確実な需要のもとでの供給計画のリスク可視化と意思決定支援
情報処理学会論文誌   47(3) 701-710   2006年
Realizing Virtual Innovative Laboratory with Robust Evolutionary Algorithms over the GRID computing system
Proceedings of the 6th International Conference on Recent Advance in Soft Computing   42-47   2006年
TSUJI Miwako, MUNETOMO Masaharu, AKAMA Kiyoshi
Evolutionary Computation   14(4) 383-409   2006年
A Crossover for Complex Building Blocks Overlapping
Proceedings of the 2006 Genetic and Evolutionary Computation Conference   1337-1334   2006年
Control the Number of Samples to Estimate Fitness from the Perspective of Takeover Time and Optimization of Financial Criteria
Proceedings of the 2006 IEEE Congress on Evolutionary Computation   388-394   2006年
Enhancing Model-building Efficiency in Extended Compact Genetic Algorithms
Proceedings of the 2006 IEEE Conference on Systems, Man, and Cybernetics   2362-2367   2006年
Proceedings of the 2006 IEEE Conference on Systems, Man, and Cybernetics   209-214   2006年
目的関数の加法分解性および差分の符号独立性にもとづく実数値遺伝的アルゴリズムのリンケージ同定
情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」   47(SIG14) 43-53   2006年
Tsuji M, Munetomo M, Akama K
Evolutionary computation   14(4) 383-409   2006年   [査読有り]
Miwako Tsuji, Masaharu Munetomo, Kiyoshi Akama: "Population Sizing of Dependency Detection by Fitness Difference Classification", Foundations of Genetic Algorithms - FOGA2005, Lecture Notes in Computer Science 3469:282-299 (2005)*
   2005年
Miwako Tsuji, Masaharu Munetomo, Kiyoshi Akama: "Linkage Identification for Real-Values Loci by Fitness Difference Classification", Proceedings of 2005 Congress on Evolutionary Computation, 2:1317-1324 (2005)*
   2005年
Masaharu Munetomo, Naoya Murao, Kiyoshi Akama: "Empirical Studies on Parallel Network Construction of Bayesian Optimization Algorithms", Proceedings of 2005 Congress on Evolutionary Computation, 2:1524-1531 (2005)*
   2005年
手塚 大, 樋地 正浩, 棟朝 雅晴, 赤間 清
情報処理学会論文誌   45(10) 2287-2296   2004年10月
供給計画は需要予測に基づいて立案されるが,確実な予測は不可能であり,不確実性をともなう.したがって供給計画の立案では利益を最大化するとともに,予測と現実の差異が経営に及ぼす影響,すなわちリスクを最小化する必要がある.従来から用いられてきた安全在庫に基づく供給計画立案法は機会損失に主眼をおいたものであった.本論文で提案する供給計画手法は,供給計画の不確実性をモンテカルロシミユレーションにより数値化し,遺伝的アルゴリズムによって利益,リスク,機会損失,計画期間末在庫などのうち,注目した指標につ...
辻 美和子, 棟朝 雅晴, 赤間 清
情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用   45(2) 22-31   2004年2月
伝的アルゴリズムにおいて,ビルディングブロック破壊を防ぎ効率的に探索を行うための手段としてリンケージ固定が提案されている.リンケージ固定遺伝的アルゴリズムではビルディングブロックを構成する遺伝子座をあらかじめ調べ,単純遺伝的アルゴリズムでは暗黙に実行される問題の分割と組合せの処理を陽に実行する.しかし,実際の問題は,特にその規模が大きいとき,ビルディングブロックどうしも相互依存関係を持つような階層型の構造をとると考えられる.現在のリンケージ固定遺伝的アルゴリズムでは,遺伝子座どうしの相互依...
「多目的実数値遺伝的アルゴリズムによる不確実性下の供給計画の最適化」
『情報処理学会論文誌』   45(10) 2287-2296   2004年
「階層型問題のためのリンケージ同定手法の提案」
『情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」』   45(SIG2(TOM10)) 22-31   2004年
Masaru Tezuka, Masaharu Munetomo, Kiyoshi Akama: Selection Efficiency and Sampling Error on Genetic Algorithms Optimization under Uncertainty, Proceedings of 2004 Simulated Evolution and Learning (SEAL2004), (CD-ROM) (2004)*
   2004年
Masaharu Munetomo, Naoya Murao, Kiyoshi Akama: "Empirical Investigations on Parallelized Linkage Identification", Parallel Problem Solving from Nature - PPSN VIII, Lecture Notes in Computer Science, 3242:322-331 (2004)*
   2004年

Misc

 
杉木章義, 棟朝雅晴
オペレーションズ・リサーチ   64(9) 507‐513   2019年9月
藤田駿一, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2019(CSEC-84) Vol.2019‐CSEC‐84,No.13,1‐6 (WEB ONLY)   2019年2月
高橋寿徳, 棟朝雅晴
人工知能学会全国大会(Web)   33rd ROMBUNNO.4Rin1‐40 (WEB ONLY)   2019年
藤田駿一, 棟朝雅晴
情報科学技術フォーラム講演論文集   17th 103‐106   2018年9月
泉谷光祐, 棟朝雅晴
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.MC1‐5   2018年9月
岡部太亮, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-118) Vol.2018‐MPS‐118,No.29,1‐2(WEB ONLY)   2018年6月
畑徹, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-117) Vol.2018‐MPS‐117,No.23,1‐2 (WEB ONLY)   2018年2月
岩井良成, 杉木章義, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(OS-140) Vol.2017‐OS‐140,No.13,1‐6 (WEB ONLY)   2017年5月
市居遼平, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(ITS-68) Vol.2017‐ITS‐68,No.10,1‐7 (WEB ONLY)   2017年2月
齋藤篤志, 山下雅喜, 三浦克宜, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(MPS-112) Vol.2017‐MPS‐112,No.13,1‐6 (WEB ONLY)   2017年2月
棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   116(124(ICM2016 8-23)) 85‐86   2016年6月
齋藤篤志, 三浦克宜, 棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   116(120(NC2016 6-15)) 55‐56   2016年6月
市居遼平, 棟朝雅晴, 杉木章義
電子情報通信学会技術研究報告   115(504(ITS2015 84-99)) 83‐88   2016年3月
阿部友哉, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2016(MPS-107) VOL.2016-MPS-107,NO.21 (WEB ONLY)   2016年3月
岩坪潤, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2016(MPS-107) VOL.2016-MPS-107,NO.22 (WEB ONLY)   2016年3月
三浦克宜, 齋藤篤志, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告(Web)   2015(MPS-105) VOL.2015-MPS-105,NO.6 (WEB ONLY)   2015年9月
棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   115(140(IN2015 23-38)) 43-48   2015年7月
三浦克宜, 齋藤篤志, 玉家武博, 棟朝雅晴
電子情報通信学会技術研究報告   115(112(IBISML2015 1-26)) 215-220   2015年6月
水越 大貴, 棟朝 雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(1) 1-6   2014年12月
インターネットにおけるセキュリティ上の脅威の一つとして DDoS 攻撃が深刻な問題になっている.DDoS 攻撃は一般に攻撃元の情報が改竄されているため,攻撃元の特定が非常に困難であり防ぐ事が難しい攻撃だといえる.また,攻撃パターンの学習によるパターンマッチングや,異常トラフィック検知などの手法が研究されているが,DDoS 攻撃において攻撃者はボットネット等を使用し、常に異なるトラフィックパターンの攻撃を仕掛けてくるため、過去のデータの解析から DDoS 攻撃を防ぐ事は非常に難しい.このよう...
阿部友哉, 棟朝雅晴
情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告   2014(18) 1-2   2014年9月
プライベートクラウドやパブリッククラウドを連携させたインタークラウド環境が整備され,仮想的に計算資源を無限に利用できるような環境が実現されつつある.本研究ではそのようなインタークラウド環境を想定して大規模かつ複雑な設計問題を扱う最適化フレームワークを構築する.具体的にはシミュレーションを実行するスパコン,大規模なパラメータサーベイを行うための最適化エンジンや分散データベース,解を視覚的に評価するための可視化装置などの複数のシステムの連携によって,設計問題に関する設計パラメータを統一的に管理...

書籍等出版物

 
吉岡 信和, 棟朝 雅晴, 本橋 賢二, 西村 一彦, 谷沢 智史, 横山 重俊 (担当:共著)
インプレスR&D   2012年8月   
Advances in Grid Computing
2011年   
棟朝 雅晴
森北出版   2008年7月   ISBN:4627847815
Computational Intelligence Paradigms – Innovative Applications
2008年   
Linkage in Evolutionary Computation
2008年   
Advances in Evolutionary Algorithms
2008年   
Evolutionary Computation in Dynamic and Uncertain Environments
2007年   
統計データ科学事典
棟朝雅晴 (担当:分担執筆, 範囲:遺伝的アルゴリズム)
2007年   
Computational Intelligence in Telecommunication Networks
2000年   
Telecommunications Optimisation: Heuristic and Adaptive Methods
2000年   
遺伝的アルゴリズム4
棟朝雅晴 (担当:分担執筆, 範囲:第9章:遺伝的アルゴリズムによる適応ルーティング)
産業図書   2000年   ISBN:4782851499

講演・口頭発表等

 
森川達矢, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   2015年12月14日   
阿部友哉, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月18日   
中野翔, 渡邉真也, 千葉一永, 金崎雅博, 棟朝雅晴
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月18日   
玉家武博, 斎藤篤志, 三浦克宜, 棟朝雅晴
情報処理学会全国大会講演論文集   2015年3月17日   
倉田優太, 金崎雅博, 千葉一永, 渡邉慎也, 棟朝雅晴
数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2015年   
分散クラウドシステムにおける遠隔連携技術 [招待有り]
棟朝 雅晴
学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第1回ネットワーク型学際研究シンポジウム   2014年3月11日   
インターネット上のデータ利活用を促進するための人間ベース遺伝的アルゴリズム
幸田里奈, 長谷部良輔, 大西圭, 棟朝雅晴
第6回進化計算学会研究会   2014年3月7日   
アカデミッククラウドにおけるCloudStackの活用事例と今後の展望 [招待有り]
棟朝 雅晴
CloudStack Day Japan 2014   2014年3月6日   
研究支援に係るアカデミッククラウドの調査検討
棟朝 雅晴
平成25年度国家課題対応型研究開発推進事業『アカデミッククラウド環境構築に係るシステム研究』提案「コミュニティで紡ぐ次世代大学ICT環境としてのアカデミッククラウド」最終報告会   2014年2月13日   
研究支援に係るアカデミッククラウド
棟朝 雅晴
大学ICT推進協議会年次大会「コミュニティで紡ぐ次世代大学ICT環境としてのアカデミッククラウド」事業中間報告   2013年12月18日   
研究支援のためのアカデミッククラウド
棟朝 雅晴
アカデミッククラウドシンポジウム2013   2013年9月5日   
田中一真, 棟朝雅晴, 赤間清
全国大会講演論文集   2013年3月6日   
複数天体の重力支援を利用した宇宙探査機の軌道最適化は,厳密解の発見が困難な,制約付き非線形多変数関数の最適化問題である.本研究では,欧州宇宙機関で公開されている軌道最適化問題を単峰性正規分布交叉を用いた実数値遺伝的アルゴリズムによって解く.
平島慶典, 三浦克宜, 棟朝雅晴
全国大会講演論文集   2013年3月6日   
本研究では、与えられた論文に対して、的確な研究分野を判定するためのツールを開発する。研究を発展させる上で、関連研究のサーベイは重要であり、そのためには論文の適切な研究分野を知ることは極めて大切である。適切な研究分野を発見する方法として過去の論文と照らし合わせる方法が考えられる。しかしそれには膨大な計算量が掛かるため、逐次処理ではコストがかかる。この問題を解決するために、並列計算を使用している。研究分野の位置づけを行うために、本論文ではMahoutによるクラスタリングを行っており、そのための...
クラウドコンピューティングの最新動向 [招待有り]
棟朝 雅晴
OR学会北海道支部講演会   2013年2月18日   
北海道大学アカデミッククラウドの活用事例 [招待有り]
棟朝 雅晴
学術情報基盤オープンフォーラム「大学クラウド活用における、検証と課題と対策」   2013年2月8日   
北海道大学アカデミッククラウドのご紹介とクラウド技術の最新動向,研究動向について [招待有り]
棟朝 雅晴
第2回デバイスとクラウドの高度融合による新事業創出研究会   2013年1月24日   
リンケージツリー遺伝的アルゴリズムにおける計算量削減の検討
鈴木一史, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
スワームロボットシステムにおける大規模並列計算環境を用いた分散型CMA-ESの実装
竹中貴治, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
クラウド環境における進化計算用グリッドサービスの並列化効率の評価
藤田二夫, 保田俊行, 大倉和博, 松村嘉之, 伍賀正典, 棟朝雅晴
進化計算シンポジウム2012講演論文集   2012年12月   
相澤孝至, 棟朝雅晴
情報処理北海道シンポジウム講演論文集   2012年10月6日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
最適資源選択技術に関する研究(インタークラウドを活用したアプリケーション中心型オーバーレイクラウド技術に関する研究:主たる共同研究者)
JST: CREST
研究期間: 2015年10月 - 2021年3月    代表者: 棟朝 雅晴