村上貴弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/16 15:29
 
アバター
研究者氏名
村上貴弘
ハンドル
Murakami Takahiro
eメール
murakami.takahiro.023m.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
職名
准教授
科研費研究者番号
40374706
Twitter ID
https://twitter.com/Fungus_grower

プロフィール

Behavioral Ecology and Sociobiology, ants, Hymenoptera, evolution, ant sound communication, fire ant, fungus-growing ants

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 准教授
 
2008年11月
 - 
2014年3月
北海道教育大学函館校 教育学部環境課学専攻 准教授
 
2006年4月
 - 
2008年10月
愛媛女子短期大学 食物栄養学科栄養課程 講師
 
2005年4月
 - 
2006年3月
北海道大学 創成科学共同研究機構ゲノムダイナミクス部門動物染色体研究グループ 研究員
 
2003年5月
 - 
2005年3月
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
北海道大学 地球環境科学研究科 生態環境科学専攻
 
1993年4月
 - 
1995年3月
北海道大学 地球環境科学研究科 生態環境科学専攻
 
1989年4月
 - 
1993年3月
茨城大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
九州大学持続可能な社会のための決断科学センター  九州大学持続可能な社会のための決断科学センター予算委員
 
2016年4月
 - 
現在
九州大学持続可能な社会のための決断科学センター  九州大学持続可能な社会のための決断科学センター産学連携委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本生態学会  日本生態学会生態学雑誌編集員
 
2013年10月
 - 
現在
函館新外環状道路、七飯大沼道路環境懇談会  函館新外環状道路、七飯大沼道路環境懇談会委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
九州大学持続可能な社会のための決断科学センター  九州大学持続可能な社会のための決断科学センター教務委員
 

受賞

 
2015年4月
マッツァル国際ネイチャーフィルムフェスティバル ベストディレクター賞受賞
 
2015年2月
シーメンス ディスカバリー賞
 
2013年7月
アメリカ国際フィルム・ビデオフェスティバル ドキュメンタリー:自然野生生物部門ノミネート
 
2013年3月
日本生態学会 Poster Award of ESJ Annual Meeting 60th
 

論文

 
Amaike Yosuke, Murakami Takahiro, Masuda Ryuichi
Mammal Study   43(3) 141-152   2018年9月   [査読有り]
村上 貴弘
グリーン・パワー   (475) 6-7   2018年7月
Lindgren E., Harris F., Dangour A.D., Gasparatos A., Hiramatsu M., Javadi F., Loken B., Murakami T., Scheelbeek P. and Haines A.
Sustainability Science   1-13   2018年6月   [査読有り]
村上 貴弘
科学   88(4) 374-378   2018年4月
村上貴弘
Decision Science   4 33-42   2018年2月   [査読有り]
村上 貴弘
昆虫と自然   52(11) 27-29   2017年10月
ヒアリ対策で医療の側面で重要な点について
村上貴弘
福岡県医報   1496 6-7   2017年
ヒアリの毒
村上貴弘
現代化学   558 44-45   2017年
Sato Kazuki, Sakamoto Hironori, Hirata Masanori, Kidokoro-Kobayashi Midori, Ozaki Mamiko, Higashi Seigo, Murakami Takahiro
Journal of Economic Entomology   110 1676-1684   2017年   [査読有り]
Miyazaki S, Murakami T, Kubo T, Azuma N, Higashi S, Miura T
Proceedings. Biological sciences   277(1690) 1953-1961   2010年7月   [査読有り]
Development of New Food Products Using Pearl Powder
薬師寺千佳、池田恵美、小松佳奈、清家 響子、東保真寿美、山本沙織、土居一徳 、西村栄恵
Journal of Ehime Womens College   20 15-27   2009年
Miyata H., Hirata M., Azuma N., Murakami T. and Higashi S.
Australian Journal of Entomology   48 47-52   2008年   [査読有り]
Murakami T, Maki N, Nishida-Umehara C, Matsuda Y, Agata K
Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology   15(4) 471-484   2007年   [査読有り]
Little AE, Murakami T, Mueller UG, Currie CR
Biology letters   2(1) 12-16   2006年3月   [査読有り]
The elimination behavior of larvae in Myrmecina nipponica (Myrmicinae, Formicidae)
村上貴弘
Journal of Ehime Womens College   18 139-146   2006年
Oshima Y., Kato T., Wang D., Murakami T., Matsuda Y., Nagahama Y., and Nakamura M.
Zoological Science   23 79-85   2006年   [査読有り]
Activity report of dpartment of nutrition and food sciences, in 2006
Nishimura S., Dokai K., Yamauchi K., Fujioka T., Kihira S., Yamamoto M., and Murakami T.
Journal of Ehime Womens College   18 147-158   2006年
Yamada K., Nishida-Umehara C., Ishijima J., Murakami T., Shibusawa S., Tsuchiya K., Tsudzuki M. and Matsuda Y.
Chromosome Research   14 613-627   2006年   [査読有り]
S. Miyazaki, Murakami T., N. Azuma, S. Higashi and T. Miura
Sociobiology   46 363-374   2005年   [査読有り]
Matsuda Y., Nishida-Umehara C., Tarui H., Kuroiwa A., Yamada K., Isobe T., Ando J., Fujiwara A., Hirao Y., Nishimura O., Ishijima J., Hayashi A., Saito T., Murakami T., Murakami Y., Kuratani S. and K. Agata
Chromosome Research   13 601-615   2005年   [査読有り]
Saito F., Murakami T., and Kojima J.
Entomological Science   7 359-368   2004年   [査読有り]
Little AE, Murakami T, Mueller UG, Currie CR
Die Naturwissenschaften   90(12) 558-562   2003年12月   [査読有り]
Villesen P, Murakami T, Schultz TR, Boomsma JJ
Proceedings. Biological sciences   269(1500) 1541-1548   2002年8月   [査読有り]
Murakami T., Ohkawara K. and Higashi S.
Annals of the Entomological Society of America   95 577-582   2002年   [査読有り]
Murakami T., Wang L., and Higashi
Ecological Entomology   25 341-347   2000年   [査読有り]
Murakami T., Higashi S. and Windsor, D.
Behavioral Ecology and Sociobiology   48 276-284   2000年   [査読有り]
Kikuchi T., Higashi S. and Murakami T.
Insectes Sociaux   46 250-255   1999年   [査読有り]
Murakami T., Ishibashi Y., Abe S., Yoshida M. C. and Higashi S.
Naturwissenschaften   84 32-34   1997年   [査読有り]

Misc

 
村上 貴弘
決断科学   4 67-71   2018年3月
村上貴弘
Academist Journal      2016年
村上貴弘
Academist Journal      2016年
村上貴弘
Academist Journal      2016年
津軽海峡にある動物分布の境界線
村上貴弘
函館学ブックレット   34 4-39   2013年
宮崎 智史, 村上 貴弘, 東 典子, 東 正剛, 三浦 徹
日本生態学会大会講演要旨集   52(0) 600-600   2005年
社会性昆虫では,コロニー内での分業により、異なる形態をもつ複数のカーストが存在する.一般にアリでは2つの雌カースト,すなわち有翅の女王と無翅のワーカーが存在し,後胚発生の過程でカースト分化が起こる.さらに、Myrmecina属の数種では,女王とワーカーに加え、その中間的な形態を持つ無翅の繁殖カースト(中間型)も生じることが報告されている.本研究では,カドフシアリMyrmecina nipponicaにおける中間型の分化機構を解明し,その適応的意義を考察するため,以下の解析を行った.まず,カ...
村上 貴弘, 大河原 恭祐, 東正 剛
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   (39)    1995年8月

書籍等出版物

 
生物学者 地球を行く
村上貴弘 (担当:共著, 範囲:166-177)
文一総合出版   2018年4月   
危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編
村上貴弘 (担当:監修)
2017年8月   
https://drive.google.com/file/d/0B7G3mNpZK6YiQlVpSEozSHlIaWM/view
アリの社会
村上貴弘 (担当:共編者)
東海大学出版会   2015年3月   
パワー・エコロジー
村上貴弘 (担当:共編者)
海游舎   2013年3月   
レーヴン/ジョンソン生物 学
村上貴弘 (担当:共訳, 範囲:1137-1160)
培風館   2006年   

講演・口頭発表等

 
社会性昆虫における表情の起源と機能の拡がり [招待有り]
村上貴弘
日本心理学会第82回大会   2018年9月   
おしゃべりなアリほど進化する〜菌食アリにみられる音と社会の深い関係〜 [招待有り]
村上貴弘
第65回日本昆虫学会   2018年9月   
JST/RISTEXによる環境・災害・健康・統治・人間科学の連携による問題解決型研究について
村上貴弘
第65回日本生態学会   2018年3月   
Case studies of fire ant control in Japan 2017
Takahiro Murakami
2nd International Symposium Decision Science for Future Earth   2017年12月   
How education can help to reduce food waste and sustainable development in Japan?
Firouzeh Javadi, Takahiro Murakami
7th International Conference on Sustainable Science   2017年8月   
福島第一原子力発電所周辺でのアリ相調査
村上貴弘
第64回日本生態学会   2017年3月   
Development of decision and adaptive learning spirals
Takahiro Murakami
1st International Symposium Decision Science for Future Earth   2017年2月   
Why can the fire ant adapt to various environment?
Takahiro Murakami, Paris Calorina, Sasa Chifune, Sakamoto Hironori, Sato Kazuki, Higashi Seigo
14th International Congress of IUSSI   2014年7月   
Isolation and invasion of Siberian Chipmunks (Tamias sibiricus) in Mt.Hakodate, Hokkaido.
Kumari Iwashita, Takahiro Murakami
第61回日本生態学会   2014年3月   
Where have the Cervus nippon in southern Hokkaido been coming from? –Genetic structures, distributions, and conservation ecology-
Hiroshi Honda, Takahiro Murakami
第61回日本生態学会   2014年3月   
糞DNA解析を用いた函館山 キタキツネVulpes vulpes schrenckiの個体数推定
天池庸介, 村上貴弘, 増田隆一
第60回日本生態学会   2013年3月   
The kin recognition behaviors and genetic structures of 8 Argentine ant (Linepithema humile) super colonies in western Japan
村上貴弘
ESJ annual meeting 60th   2013年3月   
DNAバーコーディング法を 応用したアリ種の簡易検出 法の開発と生物教育への応 用
佐藤一樹,宮田弘樹,村上貴弘
日本理科教育学会   2012年8月   
学会有志による福島原発周辺緊急調査の報告
中森泰三、南谷幸雄、三浦季子、荒井見和、Hou Libo、折谷美和子、藤井芳一、長谷川元洋、村上貴弘、日鷹一雅、丹羽慈、岡田浩明、福山研二、島野智之、吉田智弘、栗城源一、田中陽一郎、金子信博
第35回日本土壌動物学会   2012年5月   
糞DNA 解析法を用いた渡島 地域に生息するキタ キツ ネVulpes vulpes schrencki の動態モニタリ ング
天池庸介、村上貴弘
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress   2012年3月   
Unusual chromosome numbers and polyploidy in invasive fire ant populations
Takahiro Murakami
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress   2012年3月   
Kin recognition behaviors and genetic diversity of invasive ant, Linepithema humile in Japan and Argentina.
Sato Kazuki, Hirata Masanori, Kamada Shoko, Sakamoto Hironori, Higashi Seigo, Murakami Takahiro
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress   2012年3月   
糞DNA解析法を用いた渡島 地域に生息する哺乳類の動 態モニタリング
天池 庸介,村上貴弘
野生生物保護学会第 17回大会   2011年10月   
アルゼンチンアリに見られ るコロニー内血縁度の変異 について
村上貴弘、鎌田頌子、平田真規、東正剛
第34回日本土壌動物 学会   2011年5月   
外来侵入アリのヒアリにお ける侵入個体群で見られる 遺伝的な多様性について
佐藤一樹、笹千舟、坂本洋典、東正剛、 村上貴弘
第58回日本生態学会   2011年3月   
アリとキノコの深淵な関係
村上貴弘
日本昆虫学会第68回 大会   2010年9月   
外来生物であるヒアリ (Solenopsis invicta)が 侵入地域で示す細胞生物学 的変異
村上貴弘、笹千舟、佐藤一樹、坂本洋典 、東正剛
第12回日本進化学会   2010年8月   
プラナリア2種における機 能遺伝子のFISHマッピング システムの確立
村上貴弘、斉藤由美、梅園良彦、梅原千鶴子、松田 洋一、阿形清和
第57回染色体学会   2008年11月   
ツチガエルにおける性決定 遺伝子のFISHマッピング
村上貴弘、梅原千鶴子、松田洋一、中村正久
第56回染色体学会   2007年11月   
イモリの脱分化過程での対 細胞核のリプログラミング の構造的解析
牧信安、村上貴弘、芋川浩、松田洋一、阿形清和
第75回日本動物学会   2006年9月   
The postembryonic developmental regulation specific to intermorphic queens in Myrmecina nipponica (Hymenoptera; Myrmicinae)
Miyazaki S., Azuma N., Higashi S., Murakami T., and Miura T.
15th International Congress of IUSSI   2006年8月   
Reproductive strategies and evolutionary traits of winged and intermorphic queens in Myrmecina nipponica (Hymenoptera; Formicidae)
Takahiro Murakami
52nd NIBB Conferenc   2005年1月   
Comparative cytogenetic studies of regeneration organisms, newt and two planarian spcies
Murakami T., Umesono Y., Sanchez C., Umehara C., Matsuda Y. and Agata K.
15th International Chromosome Conference   2003年9月   
Comparative cytogenetic studies on karyotypic evolution in birds
Nishida-Umehara C., Murakami T., Shibusawa M., Shimada Y., Ando J., Ishijima J., Fujiwara A., Masabanda J. Griffin D. and Matsuda Y.
15th International Chromosome Conference   2003年9月   
Evolution of garden hygiene behaviors in agriculture by ants
Murakami T., Currie C.R.
14th International Congress of IUSSI   2002年3月   
Mycophagy and fungus-growing behavior in attine ants: implications for the origin of attine fungiculture
Takahiro Murakami
21st International Congress of Entomology   2000年8月   
The evolution of polyandry in fungus-growing ants, Attini
Murakami T., Yoshida M.C. and Higashi S.
13th International Congress of IUSSI   1998年12月   
Sex ratio in the intercaste-producing ant Myrmecina graminicola nipponica: A reconsideration of Hamilton's idea on the male-biased sex ratio in swarming social insects
Murakami T., Yoshioka R. and Higashi S.
13th International Congress of IUSSI   1998年12月   
ハキリアリの女王はなぜ複 数の雄と交尾するのか?
村上貴弘, 東正剛
日本動物行動学会第 17回大会   1998年11月   
ハキリアリ族の行動生態学
村上貴弘,東正剛
日本動物行動学会第 16回大会   1997年11月   
CAP-PCR法を用いた血縁度 の推定 ~カドフシアリを 題材に~
村上貴弘,吉田廸弘,東正剛
日本動物行動学会第 15回大会   1996年11月   
日本産カドフシアリにおけ るインターカーストの生産 と性比について
村上貴弘,東正剛
日本昆虫学会第55回 大会 第39回日本応 用動物昆虫大会   1995年8月   
原始的なキノコアリ Cyphomyrmex rimosusの行 動生態
村上貴弘, 東正剛
第41回日本生態学会   1994年3月   

担当経験のある科目