村尾和哉

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/23 00:46
 
アバター
研究者氏名
村尾和哉
URL
http://muraokazuya.net
所属
立命館大学
部署
情報理工学部 情報理工学科
職名
准教授
学位
博士(情報科学)(大阪大学)

プロフィール

2006年大阪大学工学部電子情報エネルギー工学科卒業.2008年同大学院情報科学研究科博士前期課程修了.2010年同大学院情報科学研究科博士後期課程了.2008年にドイツDarmstadt工科大学Visiting Researcher.2009年より独立行政法人日本学術振興会特別研究員DC2.2010年より同特別研究員PD.2011年より神戸大学大学院工学研究科学術推進研究員.同年9月より同大学院助教.2014年より立命館大学情報理工学部助教.ドイツFreiburg大学Visiting Researcher(兼任).2017年より立命館大学情報理工学部准教授.現在に至る.博士(情報科学).ウェアラブルコンピューティング,ユビキタスコンピューティング,コンテキストアウェアネスの研究に事.IEEE,ACM,情報処理学会,ヒューマンインタフェース学科,日本データベース学会の各会員.

研究分野

 
 

受賞

 
2009年5月
情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 優秀論文 センサのピーク値を用いた状況認識手法とその評価
受賞者: 村尾和哉, Kristof Van Laerhoven, 寺田 努, 西尾章治郎
 
2011年7月
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2011) 優秀論文賞 HASC Challenge2010 :人間行動理解のための装着型加速度センサデータコーパスの構築
受賞者: 河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶 克彦, 寺田 努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角 康之, 西尾信彦
 
2011年9月
情報処理学会第59回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究発表会 優秀発表
 
2012年7月
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2012) 最優秀論文賞 行動の順序制約を用いた加速度データのラベリング手法
受賞者: 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田 努, 塚本昌彦
 
2012年7月
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012) 優秀プレゼンテーション賞 行動の順序制約を用いた加速度データのラベリング手法
 
2014年1月
情報処理学会 ジャーナル特選論文 行動の順序制約を用いた加速度データのラベリング手法
受賞者: 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田 努, 塚本昌彦
 
2014年5月
情報処理学会第71回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究発表会 優秀論文 加速度センサによるジェスチャの早期認識手法の提案とその応用
受賞者: 出田 怜, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
 
2014年7月
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014) 優秀論文賞 装着型センサを用いた会議ログの構造化システム
受賞者: 大西鮎美, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
 
2014年12月
12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2014) Best Short Paper Award Mobile Phone User Authentication with Grip Gestures using Pressure Sensors
受賞者: K. Murao, H. Tobise, T. Terada, T. Iso, M. Tsukamoto, and T. Horikoshi
 
2015年3月
ヒューマンインタフェース学会 2015年度論文賞 Evaluating Sensor Placement and Gesture Selection for Mobile Devices
受賞者: K. Murao, T. Terada, A. Yano, R. Matsukura
 

論文

 
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
Journal of Information Processing   24(3)    2016年5月   [査読有り]
奥川 遼, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
コンピュータ ソフトウェア   33(1) 41-51   2016年2月   [査読有り]
近年,スポーツとしての自転車利用に対する関心が高まっている.サイクルスポーツにおいて高いパフォーマンスを発揮するには,回転数が高くかつ回転速度が一定のペダリングが理想とされている.サイクルスポーツ熟練者のペダリング技術は長時間のトレーニングによって形成されるため,初心者が一定の回転速度でペダリングする技術を習得することは容易ではなく,イメージを共有しにくいため指導も困難である.そこで,本研究ではクランクが1/4回転するごとに音を発生させてペダルの回転速度を聴覚的にフィードバックするペダリン...
Kazuya Murao, Junna Imai, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services   (39) 1-6   2015年12月   [査読有り]
Training System of Bicycle Pedaling using Auditory Feedback
Ryo Okugawa, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2015)   1-4   2015年11月   [査読有り]
Kazuya Miyazaki, Reina Wada, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1433-1441   2015年9月   [査読有り]
Shun Yoshimi, Kohei Kanagu, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1499-1508   2015年9月   [査読有り]
Yuuki Fukuzaki, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1519-1526   2015年9月   [査読有り]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Int. J. Pervasive Computing and Communications   11(3) 270-287   2015年8月   [査読有り]
Kazuya Murao, Hayami Tobise, Tsutomu Terada, Toshiki Iso, Masahiko Tsukamoto, Tsutomu Horikoshi
Int. J. Pervasive Computing and Communications   11(3) 288-301   2015年8月   [査読有り]
Kazuya Murao
Proceedings of the 6th Augmented Human International Conference, AH 2015, Singapore, March 9-11, 2015   207-208   2015年3月   [査読有り]
Kazuya Murao, Gaku Yoshida, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
The Transaction of Human Interface Society   17(2) 213-222   2015年3月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
The Transaction of Human Interface Society   17(1) 73-83   2015年2月   [査読有り]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia   43-51   2014年12月   [査読有り]
Kazuya Murao, Hayami Tobise, Tsutomu Terada, Toshiki Iso, Masahiko Tsukamoto, Tsutomu Horikoshi
Proceedings of the 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia   143-146   2014年12月   [査読有り]
Yuuki Fukuzaki, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   721-730   2014年9月   [査読有り]
Kazuya Miyazaki, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   777-786   2014年9月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   787-796   2014年9月   [査読有り]
Takashi Sakaguchi, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   843-852   2014年9月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
5th Augmented Human International Conference, AH '14   (6) 1-4   2014年3月   [査読有り]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
5th Augmented Human International Conference, AH '14   (54) 1-2   2014年3月   [査読有り]
村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌ジャーナル   55(1) 519-530   2014年1月   [査読有り][招待有り]
携帯端末に内蔵されたセンサや小型の装着可能なセンサを用いて人の動きを認識する技術を行動認識技術と呼び,ユーザに特化したシステムやサービスを提供する基盤技術となっている.行動認識システムを構築するためには,行動情報が付与(ラベリング)されたセンシングデータを用いて事前に行動モデルを作成しておく必要がある.ラベリングする方法として,一般的にはデータ収集中の行動をビデオカメラなどで撮影してセンサデータと手作業で照合したり,紙とペンですべての行動と時刻をメモに記録してセンシングデータと照合するアプ...
Kazuya Murao,Tsutomu Terada
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13 Adjunct   611-622   2013年9月   [査読有り]
Kazuya Murao, Haruka Mogari, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13 Adjunct   623-632   2013年9月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Ai Yano, Ryuichi Matsukura
The Transaction of Human Interface Society   15(3) 281-292   2013年8月   [査読有り]
片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌ジャーナル   54(4) 1667-1676   2013年4月   [査読有り]
近年のコンピュータ小型化にともない,ウェアラブルコンピューティングに関する注目が高まっている.ウェアラブルコンピューティング環境では,携帯性や装着性の観点から小型の入出力デバイスが望まれる.一般に,コンピュータへの文字入力デバイスとしてはキーボードが広く普及しており,多くのユーザがキーボードの入力に慣れ親しんでいる.しかし,キータッチのしやすさなどのユーザビリティに影響を与えるため,キーボードの単純な小型化には限度がある.そこで本研究では,ユーザがすでに体得しているキーボード入力の能力を活...
Gaku Yoshida, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
2013 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PERCOM 2013 Workshops   14-19   2013年3月   [査読有り]
Takuya Katayama, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM '12   (6) 1-8   2012年12月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Ai Yano, Ryuichi Matsukura
11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM '12   (7) 1-8   2012年12月   [査読有り]
片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
ヒューマンインタフェース学会論文誌   14(4) 167-176   2012年3月   [査読有り]
Nobuo Kawaguchi, Ying Yang, Tianhui Yang, Nobuhiro Ogawa, Yohei Iwasaki, Katsuhiko Kaji, Tsutomu Terada, Kazuya Murao, Sozo Inoue, Yoshihiro Kawahara, Yasuyuki Sumi, Nobuhiko Nishio
13th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp 2011), poster   571-572   2011年9月   [査読有り]
中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌   52(8) 2455-2466   2011年8月   [査読有り]
近年,計算機の小型化・軽量化によりコンピュータを装着するウェアラブルコンピューティングに注目が集まっている.ウェアラブルコンピューティング環境では,複数の装着型センサを用いてユーザの動作や状態を認識し,多様なサービスが提供される.ユーザの細かい動作や状態を認識するためには複数のセンサを用いることが一般的であるが,従来のアーキテクチャは消費電力と認識精度の観点から見ると最適であるとはいえない.そこで,本論文では,装着型加速度センサのサンプリング周波数を制御することで行動認識システムの消費電力...
Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Ai Yano,Ryuichi Matsukura
15th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011)   55-58   2011年6月   [査読有り]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
15th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011)   121-122   2011年6月   [査読有り]
村尾和哉, 寺田 努
情報処理学会論文誌   52(6) 1968-1979   2011年6月   [査読有り]
Nobuo Kawaguchi, Nobuhiro Ogawa, Yohei Iwasaki, Katsuhiko Kaji, Tsutomu Terada, Kazuya Murao, Sozo Inoue, Yoshihiro Kawahara, Yasuyuki Sumi, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011   (27) 1-5   2011年3月   [査読有り]
Y. Nakajima, K. Murao, T. Terada, and M. Tsukamoto
in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010)   192-132   2010年10月   [査読有り]
K. Tanaka, S. Tanaka, K. Kinoshita, Y. Minami, K. Murao, T. Terada, M. Tsukamoto, and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2009)   400-403   2010年10月   [査読有り]
K. Murao and T. Terada
in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010)   69-72   2010年10月   [査読有り]
村尾和哉, クリストフファンラールホーフェン, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   51(3) 1068-1077   2010年3月   [査読有り]
ウェアラブルコンピューティング環境では小型の装着型センサを用いて取得した行動や状況(コンテキスト)を利用するさまざまなアプリケーションが提案されている.装着者のコンテキストを取得する際に,センサの値に対して特徴量抽出と呼ばれる前処理が行われる.この特徴量抽出ではこれまで,判別性能の高さから平均や分散,FFT係数などが多くの研究で採用されてきたが,これらはデータサイズが元のデータよりも大きくなるため,センサは生データの状態でコンピュータに送信し,その後特徴量抽出と認識が行われる.しかし,生デ...
装着型センサを用いた経路推薦機構をもつナビゲーションシステムの構築
片山拓也, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   50(9) 2350-2390   2009年9月   [査読有り]
A Method for Context Awareness using Peak Values of Sensors
K. Murao, K. V. Laerhoven, T. Terada, and S. Nishio
in Proc. of International Symposium on Ubisuitous Computing Systems (UCS 2009)   43-50   2009年8月   [査読有り]
村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   50(5) 1456-1466   2009年5月   [査読有り]
T. Katayama, M. Nakamiya, M. Yamashita, K. Murao, K. Tanaka, T. Terada and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2008)   88-93   2008年11月   [査読有り]
村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   49(9) 3327-3339   2008年9月   [査読有り]
K. Murao, T. Terada, Y. Takegawa, and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2008)   LNCS5013 197-212   2008年5月   [査読有り]
Kazuya Murao,Yoshinari Takegawa,Tsutomu Terada,Shojiro Nishio
27th International Conference on Distributed Computing Systems Workshops (ICDCS 2007 Workshops), June 25-29, 2007, Toronto, Ontario, Canada   46   2007年   [査読有り]

Misc

 
村尾 和哉, 寺田 努
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   9(1) 73-74   2007年2月
村尾 和哉, 寺田 努
情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2008(79)    2008年7月
寺田 努, 村尾 和哉
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   13(3) 168-169   2008年9月
Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Shojiro Nishio
Wireless Sensor Network Technologies for the Information Explosion Era   207-230   2010年   [査読有り]
行動認識チュートリアル
村尾和哉, 寺田 努
HASC行動認識に関するチュートリアル      2010年9月   [依頼有り]
ウェアラブルコンピューティング研究動向調査~ISWC2010での発表から~
村尾和哉
NPO法人ウェアラブルコンピューティング研究機構定例会      2010年10月   [依頼有り]
村尾 和哉, 寺田 努
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2011(21) 1-8   2011年8月
今年で9回目を迎えるPervasive (International Conference on Pervasive Computing) は,2011年6月12日から15日まで,米国カリフォルニア州サンフランシスコのHotel Nikko San Fransiscoにて開催された.また,今年で15回目を迎えるISWC (International Symposium on Wearable Computers) も併せて開かれた.本稿では,両会議の参加報告として会議および各発表の骨子を紹...
村尾 和哉
B-plus : 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン   (22) 126-134   2012年
村尾和哉
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2012(21) 1-6   2012年8月
今年で10回目を迎えるPervasive(International Conference on Pervasive Computing)は,2012年6月18日から22日まで,英国Newcastle upon Tyneのニューカッスル大学にて開催された.本稿では会議の参加報告として会議および各発表を紹介する.

書籍等出版物

 
北須賀 輝明, 鈴木 秀和(工学), 稲村 浩, 太田 賢(通信工学), 今井 哲朗, 奥村 幸彦, 鈴木 信雄(システムズ・マネジメント), 吉廣 卓哉, 森野 博章, 神崎 映光, 江原 正規, 梶 克彦, 村尾 和哉, 水野 忠則, 内藤 克浩
共立出版   2016年   ISBN:9784320123533

講演・口頭発表等

 
コンテンツの多様性を考慮したクロスドメイン推薦
富士谷康, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016)   2016年2月29日   
坂口 拓嗣, 望月 祐洋, 村尾 和哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2016年2月29日   
出田怜, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 磯俊樹, 稲村浩, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
山田浩史, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
坂本侑佑, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
倉橋真也, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
岡崎翔, 岸田敏希, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
石田茜, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
宮崎和哉, 和田玲奈, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
吉見駿, 金具浩平, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
福崎雄生, 福崎雄生, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015年7月1日   
寺田 努, 今井 淳南, 村尾 和哉, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2015年5月7日   
本稿は,情報処理学会論文誌ジャーナルに投稿する原稿を執筆する際,および論文採択後に最終原稿を準備する際の注意点等をまとめたものである.大きく分けると,論文投稿の流れと,LATEXと専用のスタイルファイルを用いた場合の論文フォーマットに関する指針,および論文の内容に関してするべきこと,するべきでないことをまとめたべからずチェックリストからなる.本稿自体も LATEX と専用のスタイルファイルを用いて執筆されているため,論文執筆の際に参考になれば幸いである.
田邉 和彦, 渡邉 光, 村尾 和哉, 望月 祐洋, 西尾 信彦
情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015年5月4日   
MEMS 技術の発展によるセンサの小型化やバッテリ性能の向上などに伴い,腕輪型や眼鏡型などのさまざまなウェアラブル端末が登場しており,今後の普及が期待されている.こうした端末に搭載されたセンサを用いて,ユーザの行動や環境といったコンテキストを認識し,コンテキストに応じて適切なサービスを提供するシステムの研究が行われている.スマートフォンなどの携帯端末とウェアラブル端末を同時に利用する際には,ユーザが所持している携帯端末の所持状態を推定できることが望ましい.たとえば,携帯端末の所持状態を推定...
鬼倉 隆志, 高柳 健司, 望月 祐洋, 村尾 和哉, 西尾 信彦
情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015年5月4日   
近年,屋内測位の研究が盛んに行われている中で,測位のためのインフラの導入コストを抑えることができる手法として無線 LAN を用いた測位が注目されている.無線 LAN 測位は,端末側測位と基地局側測位に大別され,端末側測位で広く普及している Scene Analysis は,測位時の電波環境や観測状況に依存するため,測位精度が不安定になる問題がある.一方,基地局側測位で一般に利用される Triangulation は,受信電波強度から算出する距離の誤差や基地局の配置,密度に測位精度が依存して...
聴覚フィードバックを利用したペダリングトレーニングシステム
奥川 遼, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
日本ソフトウェア科学会第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2014)論文集   2014年11月   
吉見駿, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014年10月7日   
屋内測位手法の一つとして,センサによる歩幅・歩数・進行方向の推定結果を用いて測位開始地点からの相対的な測位を行う歩行者向けデッドレコニング (PDR) の研究が盛んである.PDR には時間とともに測位誤差が蓄積するという問題があり,その原因として,障害物の回避などで歩容が変化した際に歩幅と進行方向の推定誤差が増大する点が挙げられる.測位誤差の補正には一般的にマップマッチングが用いられるが,通路上の細かな移動軌跡の情報が失われてしまい,例えば PDR による測位結果をライフログに用いる際,ユ...
村尾和哉, 寺田努, 矢野愛, 松倉隆一
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014年7月2日   
大西鮎美, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014年7月2日   
飛世速光, 村尾和哉, 寺田努, 磯俊樹, 塚本昌彦, 堀越力
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014年7月2日   
村尾和哉, 寺田努
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014年7月2日   
坂口 拓嗣, 望月 祐洋, 村尾 和哉, 西尾 信彦
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2014年5月22日   
近年,無線 LAN を用いた屋内測位手法が注目されている.特に,事前に絶対位置と Wi-Fi 電波環境を結びつける手法では膨大な運用管理コストがかかってしまう.そこで,ユーザが比較的頻繁に,または長時間停留する地点で観測される Wi-Fi 電波情報を標本化することで Wi-Fi 電波情報の収集と更新を自動化する手法が提案されている.しかし,長期の運用に際し,Wi-Fi 電波環境の変化に応じた標本の維持・管理が適切に行えておらず,測位精度が低下する.そこで本論文では,長期運用において測位精度...
奥川遼, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014年5月8日   
近年,健康意識の高まりを背景に自転車を利用する人が増えており,特にスポーツとしての自転車の利用に対する関心は年々高まっている.サイクルスポーツにおいて高いパフォーマンスを発揮するには,競技用自転車特有のペダリングスキルが要求される.サイクルスポーツでは回転数が高くかつ回転速度の揺らぎが小さいペダリングが理想とされているが,メトロノームの音を用いた従来のトレーニング方法では単位時間あたりの回転数を一定にすることはできるが回転速度の揺らぎについては評価できない.サイクルスポーツ熟練者のペダリン...
出田怜, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014年5月8日   
端末に搭載された加速度センサから得られる値を用いて端末の動きを検出することで従来のインタフェースでは困難であった入力が実現できる.一般的に加速度センサを用いたジェスチャ認識では,ジェスチャ終了後に認識処理を開始するため,ジェスチャ入力を行なってからフィードバックの出力までに遅延が生じ,インタフェースの操作性の低下につながる.本研究では,加速度センサを用いたジェスチャ認識において,途中までのジェスチャ入力データと教師データとの距離を逐次的に計算する早期認識アルゴリズムとその応用について述べる...
飛世速光, 村尾和哉, 寺田努, 磯俊樹, 塚本昌彦, 堀越力
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2014年1月8日   
スマートフォンやタブレットなどの携帯端末には電話番号やメールアドレスなどの個人情報が保存されており,その携帯性から紛失や盗難する機会も多いため,特定の個人のみに端末の利用を制限する個人認証が必要となる.広く普及している個人認証手法として,パスワードやなぞるパターン,顔認証,指紋認証などが挙げられるが,片手での画面操作が煩雑であったり,ショルダーハッキングに脆弱,顔写真や指紋を入手すれば容易に認証可能であるという問題がある.そこで,煩雑な操作が不要で安全性の高い手法として,携帯端末の側面に搭...
今井淳南, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集   2013年7月3日   
出田怜, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集   2013年7月3日   
吉田楽, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2013年3月6日   
加速度センサを用いたジェスチャ認識において,一般的には,事前に採取した数回分のデータを学習データとして登録し,学習データと未知のデータの距離を計算する手法が用いられている.しかし,ユーザの疲労やジェスチャフォームの忘却などによるジェスチャの時間的変化を考慮していないため,使用開始時の数サンプルを学習データとする方法では時間の経過とともにジェスチャが変化し,誤認識を引き起こす可能性がある.筆者らは先行研究において,ジェスチャが安定する箇所をリアルタイムで発見することでジェスチャの時間的変化を...
河口信夫, 渡辺穂高, YANG Tianhui, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 羽田久一, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012年6月27日   
村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012年6月27日   
村尾 和哉, 寺田 努
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2012年3月5日   
加速度センサを用いた行動認識技術に関する研究が数多く提案されている.それらの研究において取り扱われている行動の多くは「座っている」や「歩いている」,「携帯電話を把持している」,「ボールを投げている」など1種類の動詞で表現可能な単体の動作である.しかしながら,現実では複数の行動や状態から成る複合的な動作も発生する.例えば,手で行うジェスチャ動作は立っている状態だけでなく,歩いたり座ったりしている最中にも行われる.このような複合的動作のもっとも単純な認識手法としては,考えられるすべての複合的動...
吉田 楽, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2012年3月5日   
携帯電話や携帯型ゲーム機に搭載されている加速度センサを用いたジェスチャ認識技術を利用することで,3Dオブジェクトの描画など従来のインタフェースでは困難であった入力や日常生活での細かな動作の記録などが可能になる.ジェスチャ認識では,認識を行う前に数回分のジェスチャを行い,そのデータを学習データとして用いることが一般的である.しかし,ユーザが学習データ採取時に行った動きを忘れたり,疲労によってジェスチャが変化することで,ジェスチャを正しく認識できない可能性がある.従来の研究ではユーザの状態が変...
村尾 和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉 隆一
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2011年8月29日   
近年,建物内にセンサを配置したスマートホームやスマートオフィスが出現してきたことで,人の位置情報や移動情報を把握して家電などの効率的な制御による省電力化が期待されている.従来研究における人の移動検出方法として,RFIDタグを用いる手法が提案されているが,一般家庭などで移動推定のために部屋を移動するたびにタグをかざす作業はユーザの負担になる.一方,人はデバイスをもたない例として環境に設置されたカメラによる画像認識を用いる方法が存在するが,人の移動を追うには家中にカメラを設置しなければならず設...
片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2011論文集   2011年6月30日   
河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2011論文集   2011年6月30日   
村尾和哉, 藤堂智史, 寺田努, 矢野愛, 松倉隆一, 塚本昌彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2011論文集   2011年6月30日   
村尾 和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉 隆一, 西尾 章治郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2010年3月19日   
近年,計算機の小型化に伴い加速度センサなどの小型センサを内蔵するデバイスが数多く登場しその応用に注目が集まっている.特に携帯電話や家庭用ゲーム機のコントローラにジェスチャ認識技術を用いることで,スクロールなどの直観的操作や立体図形描画などの従来のインタフェースでは困難であった入力が可能になる.しかし,デバイスに搭載されているセンサは基本的に 1 個であり,複数個のセンサを搭載した場合の精度への影響に関する研究は行われていない.また認識可能なジェスチャの種類が認識精度に与える影響に関する研究...
片山 拓也, 村尾 和哉, 寺田 努, 西尾 章治郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2009年11月5日   
近年の技術の発達に伴い,コンピュータの小型化が進んでいる.しかし,キータッチのしやすさといったユーザビリティの観点からキーボードの小型化には限度がある.そこで本研究では,キーボードの左半分を排除する方式を提案する.提案手法は単語の切れ目ごとに,入力された単語を予想し,優先度順に候補を表示する.提案手法を用いることでユーザビリティを低下させることなくキーボードの大きさを半分にすることが可能となる.In recent years, the miniaturization of the comp...
片山 拓也, 村尾 和哉, 寺田 努, 西尾 章治郎
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2009年7月9日   
現在,PC 用のキーボードは主に文字入力に用いられ,ファンクションキーやショートカットキーなどを活用することで数多くの機能を実現している.しかし,これらの入力によって高速な操作が可能となる一方,キーと機能の組み合わせを覚えなければならないという問題点がある.そこで本研究では,従来の文字入力を行う 「タイピング」 に加えて,キーボードをなぞる 「ストローク」 およびキーボードをある形状で押す 「スタンプ」 の 3 種類のコマンドの入力をシームレスに行う方式を提案する.提案手法はキーボードの入...
中島悠貴, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2009年7月1日   
田中 宏平, 田中 聡, 木下 浩平, 南 靖彦, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎
研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)   2009年5月15日   
電子情報技術は,人々の注目を集めたり,新たなインタラクションの幅を広げる可能性をもつ.本研究では,そのような電子情報技術の有効利用を目指し,募金活動における寄付行為を促進するための IT 募金箱を作成する.派手なイルミネーションの募金箱やセンサによる状況認識技術を用いることでインタラクティブな募金箱を作成し,神戸ルミナリエの募金活動において実運用することで,その効果を評価した.運用を通じて,単純な電子情報技術を活用ではなく,その活用方法を工夫することで効果を得られる可能性があることがわかっ...
村尾 和哉, KristofVanLaerhoven, 寺田 努, 西尾 章治郎
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2009年5月8日   
近年,計算機の小型化・軽量化によりコンピュータを装着するウェアラブルコンピューティングに注目が集まっている.特にコンテキストアウェアの分野では,装着者のコンテキストを取得する際に,センサの値に対して特徴量抽出と呼ばれる前処理が行われる.この特徴量抽出ではこれまで,その判別性能の高さから平均や分散,FFT係数などが多くの研究で採用されてきた.一方,これらの特徴量計算にかかるコストが高く,特徴量のデータサイズが元の生データのサイズよりも大きくなるといった問題点が存在し,非力な低消費電力ハードウ...
片山拓也, 中宮正樹, 山下雅史, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田努, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2008年7月2日   
村尾 和哉, 寺田 努, 竹川 佳成, 西尾 章治郎
情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2007年11月30日   
本研究では,稼動させるセンサの数を柔軟に制御することで低消費電力を実現するコンテキストアウェアシステムを提案する.単純に稼動センサ数を減らすだけでは状況認識の精度が低下してしまうため,利用環境に適したコンテキストの粒度での認識および人間の行動遷移を考慮した認識を行うことで少ないセンサでも十分な認識精度を得られるようにする.提案システムでは,稼働センサ数を変更しても非稼動センサのデータを補完するため,追加の認識器や学習データは必要ない.提案システムを用いることにより,精度を維持しつつ低消費電...
ウェアラブルシステムのための装着型センサの故障を考慮したセンシングデータ補完手法
村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎
電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2007)   2007年2月   
村尾和哉, 竹川佳成, 寺田努, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2006年7月5日   

競争的資金等の研究課題

 
非電化製品のセンサ化による住宅住人管理・制御システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 村尾和哉
ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ認識システム
公益財団法人栢森情報科学振興財団: 第20回(平成27年度)研究助成
研究期間: 2015年10月 - 2017年9月    代表者: 村尾和哉
赤外線人感センサを用いた住宅管理・制御システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 村尾和哉
小型センサを用いた行動認識におけるラベリング作業の自動化
公益財団法人中島記念国際交流財団: 平成26年度日本人若手研究者研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 村尾和哉
行動認識のためのセンシングデータ自動アノテーション手法
公益財団法人大川情報通信基金: 2013年度研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 村尾和哉
「うめきた」におけるWi-Fiパケット・アノニマス人流解析システムの研究開発
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)地域ICT振興型研究開発
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 村尾和哉
ウェアラブルコンピュータのための行動認識技術に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 村尾和哉

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会UBI研究会  運営委員
 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会HCI研究会  運営委員
 
2015年6月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌査読委員
 
2014年4月
 - 
現在
情報処理学会MBL研究会  特任委員
 
2012年4月
 - 
現在
人間行動センシングコンソーシアム  実行委員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集委員
 
2015年
 - 
2015年
ヒューマンインタフェース学会論文誌特集号「ゲームインタフェースとエンタテインメントコンピューティング」  編集委員長
 
2011年4月
 - 
2014年3月
情報処理学会UBI研究会  運営委員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
情報処理学会MBL研究会  運営委員
 
2014年
 - 
2014年
情報処理学会論文誌特集号「ユビキタスコンピューティングシステム(IV)】  編集委員
 
2014年
 - 
2014年
ヒューマンインタフェース学会論文誌特集号「コンテンツインタラクション」  編集委員
 

特許

 
磯 俊樹, 堀越 力, 飛世 速光, 村尾 和哉, 寺田 努