Kazuya Murao

J-GLOBAL         Last updated: May 23, 2018 at 00:46
 
Avatar
Name
Kazuya Murao
URL
http://muraokazuya.net
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Information Science and Engineering Department of Information Science and Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D in Information Science(Osaka University)

Profile

Kazuya Murao is an Associate Professor at the College of Information Science and Engineering, Ritsumeikan University, Japan. He received his B.Eng., M.Info.Sch., and Ph.D. degrees from Osaka University in 2006, 2008, and 2010, respectively. Prof. Murao is working on wearable computing, ubiquitous computing and context aware systems. He is a member of IEEE, ACM, and IPSJ

Awards & Honors

 
May 2009
センサのピーク値を用いた状況認識手法とその評価, 優秀論文, 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会
Winner: 村尾和哉, Kristof Van Laerhoven, 寺田 努, 西尾章治郎
 
Dec 2014
Mobile Phone User Authentication with Grip Gestures using Pressure Sensors, Best Short Paper Award, 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2014)
Winner: K. Murao, H. Tobise, T. Terada, T. Iso, M. Tsukamoto, and T. Horikoshi
 
Mar 2015
Evaluating Sensor Placement and Gesture Selection for Mobile Devices, 2015 Best paper award
Winner: K. Murao, T. Terada, A. Yano, R. Matsukura
 

Published Papers

 
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
Journal of Information Processing   24(3)    May 2016   [Refereed]
OKUGAWA Ryo, MURAO Kazuya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Computer Software   33(1) 41-51   Feb 2016   [Refereed]
Recently, riding a bicycle as sport attracts a great deal of attentions. Previous researches suggest it is ideal that pedaling in high frequency and keeping pedal rotational speed constant to perform fully. It is difficult for beginners to acquire...
Kazuya Murao, Junna Imai, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services   (39) 1-6   Dec 2015   [Refereed]
Training System of Bicycle Pedaling using Auditory Feedback
Ryo Okugawa, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2015)   1-4   Nov 2015   [Refereed]
Kazuya Miyazaki, Reina Wada, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1433-1441   Sep 2015   [Refereed]
Shun Yoshimi, Kohei Kanagu, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1499-1508   Sep 2015   [Refereed]
Yuuki Fukuzaki, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015   1519-1526   Sep 2015   [Refereed]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Int. J. Pervasive Computing and Communications   11(3) 270-287   Aug 2015   [Refereed]
Kazuya Murao, Hayami Tobise, Tsutomu Terada, Toshiki Iso, Masahiko Tsukamoto, Tsutomu Horikoshi
Int. J. Pervasive Computing and Communications   11(3) 288-301   Aug 2015   [Refereed]
Kazuya Murao
Proceedings of the 6th Augmented Human International Conference, AH 2015, Singapore, March 9-11, 2015   207-208   Mar 2015   [Refereed]
Kazuya Murao, Gaku Yoshida, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
The Transaction of Human Interface Society   17(2) 213-222   Mar 2015   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
The Transaction of Human Interface Society   17(1) 73-83   Feb 2015   [Refereed]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia   43-51   Dec 2014   [Refereed]
Kazuya Murao, Hayami Tobise, Tsutomu Terada, Toshiki Iso, Masahiko Tsukamoto, Tsutomu Horikoshi
Proceedings of the 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia   143-146   Dec 2014   [Refereed]
Yuuki Fukuzaki, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   721-730   Sep 2014   [Refereed]
Kazuya Miyazaki, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   777-786   Sep 2014   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   787-796   Sep 2014   [Refereed]
Takashi Sakaguchi, Nobuhiko Nishio, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct   843-852   Sep 2014   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
5th Augmented Human International Conference, AH '14   (6) 1-4   Mar 2014   [Refereed]
Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
5th Augmented Human International Conference, AH '14   (54) 1-2   Mar 2014   [Refereed]
村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌ジャーナル   55(1) 519-530   Jan 2014   [Refereed][Invited]
In the area of activity recognition, many systems using accelerometers have been proposed. Common method for activity recognition requires raw data labeled with ground truth to learn the model. To obtain ground truth, a wearer records his/her acti...
Kazuya Murao,Tsutomu Terada
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13 Adjunct   611-622   Sep 2013   [Refereed]
Kazuya Murao, Haruka Mogari, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, UbiComp '13 Adjunct   623-632   Sep 2013   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Ai Yano, Ryuichi Matsukura
The Transaction of Human Interface Society   15(3) 281-292   Aug 2013   [Refereed]
片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌ジャーナル   54(4) 1667-1676   Apr 2013   [Refereed]
In wearable computing, compact I/O devices are desirable from the viewpoint of portability. Now, many users are accustomed to input with a keyboard, however, there is a limitation of miniaturization because it degrades the performance of key touch...
Gaku Yoshida, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
2013 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PERCOM 2013 Workshops   14-19   Mar 2013   [Refereed]
Takuya Katayama, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM '12   (6) 1-8   Dec 2012   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada, Ai Yano, Ryuichi Matsukura
11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM '12   (7) 1-8   Dec 2012   [Refereed]
片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦
ヒューマンインタフェース学会論文誌   14(4) 167-176   Mar 2012   [Refereed]
Nobuo Kawaguchi, Ying Yang, Tianhui Yang, Nobuhiro Ogawa, Yohei Iwasaki, Katsuhiko Kaji, Tsutomu Terada, Kazuya Murao, Sozo Inoue, Yoshihiro Kawahara, Yasuyuki Sumi, Nobuhiko Nishio
13th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp 2011), poster   571-572   Sep 2011   [Refereed]
中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦
情報処理学会論文誌   52(8) 2455-2466   Aug 2011   [Refereed]
近年,計算機の小型化・軽量化によりコンピュータを装着するウェアラブルコンピューティングに注目が集まっている.ウェアラブルコンピューティング環境では,複数の装着型センサを用いてユーザの動作や状態を認識し,多様なサービスが提供される.ユーザの細かい動作や状態を認識するためには複数のセンサを用いることが一般的であるが,従来のアーキテクチャは消費電力と認識精度の観点から見ると最適であるとはいえない.そこで,本論文では,装着型加速度センサのサンプリング周波数を制御することで行動認識システムの消費電力...
Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Ai Yano,Ryuichi Matsukura
15th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011)   55-58   Jun 2011   [Refereed]
Kazuya Murao, Tsutomu Terada
15th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011)   121-122   Jun 2011   [Refereed]
村尾和哉, 寺田 努
情報処理学会論文誌   52(6) 1968-1979   Jun 2011   [Refereed]
Nobuo Kawaguchi, Nobuhiro Ogawa, Yohei Iwasaki, Katsuhiko Kaji, Tsutomu Terada, Kazuya Murao, Sozo Inoue, Yoshihiro Kawahara, Yasuyuki Sumi, Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011   (27) 1-5   Mar 2011   [Refereed]
Y. Nakajima, K. Murao, T. Terada, and M. Tsukamoto
in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010)   192-132   Oct 2010   [Refereed]
K. Tanaka, S. Tanaka, K. Kinoshita, Y. Minami, K. Murao, T. Terada, M. Tsukamoto, and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2009)   400-403   Oct 2010   [Refereed]
K. Murao and T. Terada
in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010)   69-72   Oct 2010   [Refereed]
村尾和哉, クリストフファンラールホーフェン, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   51(3) 1068-1077   Mar 2010   [Refereed]
ウェアラブルコンピューティング環境では小型の装着型センサを用いて取得した行動や状況(コンテキスト)を利用するさまざまなアプリケーションが提案されている.装着者のコンテキストを取得する際に,センサの値に対して特徴量抽出と呼ばれる前処理が行われる.この特徴量抽出ではこれまで,判別性能の高さから平均や分散,FFT係数などが多くの研究で採用されてきたが,これらはデータサイズが元のデータよりも大きくなるため,センサは生データの状態でコンピュータに送信し,その後特徴量抽出と認識が行われる.しかし,生デ...
装着型センサを用いた経路推薦機構をもつナビゲーションシステムの構築
片山拓也, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   50(9) 2350-2390   Sep 2009   [Refereed]
A Method for Context Awareness using Peak Values of Sensors
K. Murao, K. V. Laerhoven, T. Terada, and S. Nishio
in Proc. of International Symposium on Ubisuitous Computing Systems (UCS 2009)   43-50   Aug 2009   [Refereed]
村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   50(5) 1456-1466   May 2009   [Refereed]
T. Katayama, M. Nakamiya, M. Yamashita, K. Murao, K. Tanaka, T. Terada and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2008)   88-93   Nov 2008   [Refereed]
村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎
情報処理学会論文誌   49(9) 3327-3339   Sep 2008   [Refereed]
K. Murao, T. Terada, Y. Takegawa, and S. Nishio
in Proc. of International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2008)   LNCS5013 197-212   May 2008   [Refereed]
Kazuya Murao,Yoshinari Takegawa,Tsutomu Terada,Shojiro Nishio
27th International Conference on Distributed Computing Systems Workshops (ICDCS 2007 Workshops), June 25-29, 2007, Toronto, Ontario, Canada   46   2007   [Refereed]

Misc

 
村尾 和哉, 寺田 努
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   9(1) 73-74   Feb 2007
寺田 努, 村尾 和哉
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   13(3) 168-169   Sep 2008
Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Shojiro Nishio
Wireless Sensor Network Technologies for the Information Explosion Era   207-230   2010   [Refereed]
行動認識チュートリアル
村尾和哉, 寺田 努
HASC行動認識に関するチュートリアル      Sep 2010   [Invited]
ウェアラブルコンピューティング研究動向調査~ISWC2010での発表から~
村尾和哉
NPO法人ウェアラブルコンピューティング研究機構定例会      Oct 2010   [Invited]
村尾 和哉, 寺田 努
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2011(21) 1-8   Aug 2011
今年で9回目を迎えるPervasive (International Conference on Pervasive Computing) は,2011年6月12日から15日まで,米国カリフォルニア州サンフランシスコのHotel Nikko San Fransiscoにて開催された.また,今年で15回目を迎えるISWC (International Symposium on Wearable Computers) も併せて開かれた.本稿では,両会議の参加報告として会議および各発表の骨子を紹...
村尾 和哉
B-plus : 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン   (22) 126-134   2012
村尾 和哉
情報処理   56(9) 852-854   Sep 2015

Conference Activities & Talks

 
坂口 拓嗣, 望月 祐洋, 村尾 和哉
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   29 Feb 2016   
出田怜, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 磯俊樹, 稲村浩, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
山田浩史, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
坂本侑佑, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
倉橋真也, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
岡崎翔, 岸田敏希, 村尾和哉, 望月祐洋, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
石田茜, 村尾和哉, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
宮崎和哉, 和田玲奈, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
吉見駿, 金具浩平, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
福崎雄生, 福崎雄生, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2015   
Takashi Sakaguchi, Masahiro Mochizuki, Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   22 May 2014   
In recent years, a positioning method which utilizes wireless LAN without using GPS function has attracted attention. Especially, in the case of the method which combines absolute position with a Wi-Fi radio environment in advance, the cost of ope...
河口信夫, 渡辺穂高, YANG Tianhui, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 羽田久一, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   27 Jun 2012   
村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   27 Jun 2012   
村尾 和哉, 寺田 努
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   5 Mar 2012   
加速度センサを用いた行動認識技術に関する研究が数多く提案されている.それらの研究において取り扱われている行動の多くは「座っている」や「歩いている」,「携帯電話を把持している」,「ボールを投げている」など1種類の動詞で表現可能な単体の動作である.しかしながら,現実では複数の行動や状態から成る複合的な動作も発生する.例えば,手で行うジェスチャ動作は立っている状態だけでなく,歩いたり座ったりしている最中にも行われる.このような複合的動作のもっとも単純な認識手法としては,考えられるすべての複合的動...
吉田 楽, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   5 Mar 2012   
携帯電話や携帯型ゲーム機に搭載されている加速度センサを用いたジェスチャ認識技術を利用することで,3Dオブジェクトの描画など従来のインタフェースでは困難であった入力や日常生活での細かな動作の記録などが可能になる.ジェスチャ認識では,認識を行う前に数回分のジェスチャを行い,そのデータを学習データとして用いることが一般的である.しかし,ユーザが学習データ採取時に行った動きを忘れたり,疲労によってジェスチャが変化することで,ジェスチャを正しく認識できない可能性がある.従来の研究ではユーザの状態が変...
村尾 和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉 隆一
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   29 Aug 2011   
近年,建物内にセンサを配置したスマートホームやスマートオフィスが出現してきたことで,人の位置情報や移動情報を把握して家電などの効率的な制御による省電力化が期待されている.従来研究における人の移動検出方法として,RFIDタグを用いる手法が提案されているが,一般家庭などで移動推定のために部屋を移動するたびにタグをかざす作業はユーザの負担になる.一方,人はデバイスをもたない例として環境に設置されたカメラによる画像認識を用いる方法が存在するが,人の移動を追うには家中にカメラを設置しなければならず設...
MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, YANO AI, MATSUKURA RYUICHI, NISHIO SHOJIRO
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   19 Mar 2010   
近年,計算機の小型化に伴い加速度センサなどの小型センサを内蔵するデバイスが数多く登場しその応用に注目が集まっている.特に携帯電話や家庭用ゲーム機のコントローラにジェスチャ認識技術を用いることで,スクロールなどの直観的操作や立体図形描画などの従来のインタフェースでは困難であった入力が可能になる.しかし,デバイスに搭載されているセンサは基本的に 1 個であり,複数個のセンサを搭載した場合の精度への影響に関する研究は行われていない.また認識可能なジェスチャの種類が認識精度に与える影響に関する研究...
KATAYAMA TAKUYA, MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, NISHIO SHOJIRO
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   5 Nov 2009   
近年の技術の発達に伴い,コンピュータの小型化が進んでいる.しかし,キータッチのしやすさといったユーザビリティの観点からキーボードの小型化には限度がある.そこで本研究では,キーボードの左半分を排除する方式を提案する.提案手法は単語の切れ目ごとに,入力された単語を予想し,優先度順に候補を表示する.提案手法を用いることでユーザビリティを低下させることなくキーボードの大きさを半分にすることが可能となる.In recent years, the miniaturization of the comp...
KATAYAMA TAKUYA, MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, NISHIO SHOJIRO
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   9 Jul 2009   
現在,PC 用のキーボードは主に文字入力に用いられ,ファンクションキーやショートカットキーなどを活用することで数多くの機能を実現している.しかし,これらの入力によって高速な操作が可能となる一方,キーと機能の組み合わせを覚えなければならないという問題点がある.そこで本研究では,従来の文字入力を行う 「タイピング」 に加えて,キーボードをなぞる 「ストローク」 およびキーボードをある形状で押す 「スタンプ」 の 3 種類のコマンドの入力をシームレスに行う方式を提案する.提案手法はキーボードの入...
中島悠貴, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   1 Jul 2009   
TANAKA KOHEI, TANAKA SATOSHI, KINOSHITA KOHEI, MINAMI YASUHIKO, MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO, NISHIO SHOJIRO
研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)   15 May 2009   
電子情報技術は,人々の注目を集めたり,新たなインタラクションの幅を広げる可能性をもつ.本研究では,そのような電子情報技術の有効利用を目指し,募金活動における寄付行為を促進するための IT 募金箱を作成する.派手なイルミネーションの募金箱やセンサによる状況認識技術を用いることでインタラクティブな募金箱を作成し,神戸ルミナリエの募金活動において実運用することで,その効果を評価した.運用を通じて,単純な電子情報技術を活用ではなく,その活用方法を工夫することで効果を得られる可能性があることがわかっ...
MURAO KAZUYA, VAN LAERHOVEN KRISTOF, TERADA TSUTOMU, NISHIO SHOJIRO
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   8 May 2009   
近年,計算機の小型化・軽量化によりコンピュータを装着するウェアラブルコンピューティングに注目が集まっている.特にコンテキストアウェアの分野では,装着者のコンテキストを取得する際に,センサの値に対して特徴量抽出と呼ばれる前処理が行われる.この特徴量抽出ではこれまで,その判別性能の高さから平均や分散,FFT係数などが多くの研究で採用されてきた.一方,これらの特徴量計算にかかるコストが高く,特徴量のデータサイズが元の生データのサイズよりも大きくなるといった問題点が存在し,非力な低消費電力ハードウ...
片山拓也, 中宮正樹, 山下雅史, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田努, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2 Jul 2008   
MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, TAKEGAWA YOSHINARI, NISHIO SHOJIRO
情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   30 Nov 2007   
In this paper, we propose a low-power context-aware system by changing a number of active sensors. Although the decrease of a number of active sensors causes a dorp in accuracy, the accuracy can be recoverd by recognition with appropriate granular...
村尾 和哉, 竹川 佳成, 寺田 努
ITE technical report   Jun 2007   
村尾和哉, 竹川佳成, 寺田努, 西尾章治郎
情報処理学会シンポジウム論文集   5 Jul 2006   

Research Grants & Projects

 
JSPS: KAKENHI
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): Kazuya Murao
JSPS: KAKENHI
Project Year: Apr 2012 - Mar 2016    Investigator(s): Kazuya Murao
ウェアラブルコンピュータのための行動認識技術に関する研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): 村尾和哉