村田 裕和

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 16:27
 
アバター
研究者氏名
村田 裕和
 
ムラタ ヒロカズ
URL
http://kensoran.hokkyodai.ac.jp/huehp/KgApp?kyoinId=ymdkgbgkggy&keyword=
所属
北海道教育大学
部署
教育学部(旭川校)国語教育専攻
職名
准教授
学位
博士(文学)(立命館大学)
科研費研究者番号
10449530

プロフィール

 日本近代文学の研究。プロレタリア文学・アナキズム文学の研究。

 大杉栄・荒畑寒村・管野須賀子・伊藤野枝ら、アナーキストの文学的活動に注目し、『近代思想社と大正期ナショナリズムの時代』(2011年 双文社出版)にまとめました。

 「文学」が社会運動や文化運動へと大きく開かれると同時に、その“役割”を多様化・複雑化させていく過程に興味を持ち、現在は、1920年代以降のプロレタリア文学、特にアナキズム詩人たちのジャンル横断的な活動や、作家同盟の組織的実態に注目し、基礎資料の収集と分析をおこなっています。農民詩人との交流や、戦時下の戦争協力詩、戦後のGHQ検閲などにも関心があります。

 立命館大学大学院博士課程後期課程修了。

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』DVD版 (共編著)
昭和戦前期プロレタリア文化運動資料研究会編
丸善雄松堂   2017年10月   
https://myrp.maruzen.co.jp/book/proletarian_cultural_movement/
大杉栄全集編集委員会編 (担当:分担執筆, 範囲:『民衆芸術論』と大杉栄における劇的なるもの)
ぱる出版   2015年7月   ISBN:9784827209103
「大杉栄と仲間たち」編集委員会編 (担当:分担執筆, 範囲:『近代思想』のドラマ批評 ——「新しい女」をめぐって——)
ぱる出版   2013年6月   ISBN:9784827208336
村田 裕和
双文社出版   2011年3月   ISBN:9784881645978
『貴司山治全日記』DVD版 (共編著)
貴司山治研究会編
不二出版   2011年1月   

論文

 
市の平和——太宰治「走れメロス」における〈負債〉と〈信用〉
村田裕和
旭川国文   (第31号) pp.35-47   2018年11月
北海道教育大学旭川校国語国文学会(編集・発行)
村田裕和
立命館文学   (第652号) pp.42-53   2017年8月
アナキズム詩の場所——小野十三郎『半分開いた窓』における〈不穏な郊外〉
村田裕和
文芸研究 —文芸・言語・思想—(日本文芸研究会)   (第183集) pp.27-38   2017年3月   [招待有り]
前衛詩/初期アナキズム詩における〈グロテスク〉 ——〈フラン・ヴィタール〉としての『夜から朝へ』
村田裕和
昭和文学研究   (第73集) pp.1-13   2016年9月   [査読有り]
村田裕和
語学文学(北海道教育大学語学文学会)   (第53号) pp.11-20   2014年12月

Misc

 
『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』から見えてくるもの
村田裕和
昭和文学研究   (第77集) pp.154-156   2018年9月
「馬」とソビエト・ロシアをめぐって
村田 裕和
小熊秀雄賞市民実行委員会会報「しゃべり捲くれ」   (第20号) pp.4-7   2018年7月
私たちは進化している(小特集 村田沙耶香『コンビニ人間』感想集)
村田裕和
社会文学   (第46号) pp.26-28   2017年7月
印象記——比較文学会北海道支部2016年度第2回北海道研究会
村田裕和
日本比較文学会北海道支部ニューズレター   (第26号) p.5   2017年6月
「サークル」は共振する——戦後文化運動研究の新たな展開
村田裕和
図書新聞(5月27日発行)   (第3304号) p.1   2017年5月
書評 宇野田尚哉・川口隆行・坂口博・鳥羽耕史・中谷いずみ・道場親信編『「サークルの時代」を読む 戦後文化運動研究への招待』

講演・口頭発表等

 
『労農文学』の成り立ちと概観
村田裕和
『昭和前期プロレタリ文化運動資料集』を読む会 第6回   2018年11月2日   
「馬」とソビエト・ロシアをめぐって
村田裕和
小熊秀雄を「しゃべり捲くれ」講座(第30回)   2018年3月17日   小熊秀雄賞市民実行委員会
アナキズム詩人の転向:農本主義的・映画的な潜伏
村田裕和
Tenkō in Trans-War Japan: Culture, Politics, History   2017年7月1日   The University of Leeds
空腹家の歌物語 ——『放浪記』における可編的なエクリチュール
村田裕和
林芙美子の会 第2回研究集会   2017年3月5日   
小熊秀雄とアナーキズム詩人たち ——「沈黙」と「苦痛」の表現をめぐって
村田裕和
小熊秀雄を「しゃべり捲くれ」講座(第26回)   2016年10月22日   小熊秀雄賞市民実行委員会

Works

 
占領開拓期文化研究会   Webサービス   2013年4月 - 現在
木股知史, 滝沢恭司, 足立元, 野本聡, 村田裕和, アンドレ・ヘイグ, 佐藤洋, 雨宮幸明   2011年1月
『立命館言語文化研究』22巻3号 (企画・編集)
村田裕和, 内藤由直, 和田崇, 鳥木圭太, マレー望, 伊藤純, 池田啓悟, 安岡健一   2009年12月
『立命館文学』第614号 (編集)

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 村田 裕和
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 村田 裕和
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 村田 裕和
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 村田 裕和
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 中川 成美