浅見敏彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/01 19:15
 
アバター
研究者氏名
浅見敏彦
 
アサミ トシヒコ
eメール
asamieng.u-hyogo.ac.jp
所属
兵庫県立大学
職名
教授
学位
工学博士(姫路工業大学)

プロフィール

 1954年3月に兵庫県姫路市に生まれる。高等学校卒業までは姫路で過ごし,大学は新潟大学工学部精密工学科に進学する。大学卒業後は同大学の大学院修士課程に進学し,修了後しばらくの間,同大学の研究生を続ける。1978年11月に姫路工業大学の工学部機械工学科の助手として着任する。この姫路工業大学は,大学統合により2004年4月に兵庫県立大学に名称変更される。2019年3月に同大学を定年退職し,現在は同大学の特任教授として研究生活を続けている。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院工学研究科 特任教授
 
2004年4月
 - 
2019年3月
兵庫県立大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 教授
 
2003年4月
 - 
2004年3月
姫路工業大学 工学部 機械工学科 教授
 
1993年10月
 - 
2003年3月
姫路工業大学 工学部 機械工学科 助教授
 
1991年4月
 - 
1993年9月
姫路工業大学 工学部 機械工学科 講師
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1978年3月
新潟大学 大学院工学研究科 精密工学専攻
 
1972年4月
 - 
1976年3月
新潟大学 工学部 精密工学科
 

受賞

 
2002年9月
日本機械学会 機械力学計測制御部門 部門貢献表彰
 

論文

 
浅見敏彦
ASME Journal of Vibration and Acoustics   141(5) 1-13   2019年10月   [査読有り]
川口 夏樹,佐藤 孝雄,荒木 望,黒田 雅治,浅見 敏彦
電気学会論文誌C   139(4) 323-329   2019年4月   [査読有り]
浅見 敏彦,水川 凱斗,伊勢 智彦
ASME Journal of Vibration and Acoustics   140(6) 1-14   2018年12月   [査読有り]
浅見 敏彦
ASME Journal of Vibration and Acoustics   140(2) 1-1   2018年4月   [査読有り]
Tomohiko Ise, Masaya Nakatsuka, Kohei Nagao, Masami Matsubara,Shozo Kawamura, Toshihiko Asami, Tomoya Kinugawa, Kazuhiko Nishimura
Precision Engineering   50    2017年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
メリアム 機械の力学 剛体の力学編
浅見 敏彦 (担当:単訳)
丸善   2007年10月   
メリアム 機械の力学 質点の力学編
浅見敏彦 (担当:単訳)
丸善   2006年4月   
粘弾性ダンピング技術ハンドブック
鈴木 浩平,浅見 敏彦,井上 喜雄,入江 良彦,佐藤 美洋 (担当:共訳, 範囲:第1章と第2章)
丸善   2003年3月   
図説 応用熱力学
浅見 敏彦 (担当:単訳)
1999年7月   
振動のダンピング技術
清水 信行,鈴木 浩平,浅見 敏彦ら13名 (担当:共著, 範囲:第5章)
養賢堂   1998年3月   

講演・口頭発表等

 
ヒステリシス減衰型動吸振器の最適設計
浅見敏彦
日本ばね学会2019年度秋季定例講演会   2019年11月8日   
安定度規範に基づくヒステリシス減衰型動吸振器の最適設計
浅見敏彦, 水川凱斗, 山田啓介
日本機械学会年次大会講演会   2019年9月9日   
H∞規範とH2規範に基づくヒステリシス減衰型動吸振器の最適設計
浅見敏彦, 水川凱斗
日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演会   2019年8月28日   
二重動吸振器の最適設計
浅見敏彦
制振工学研究会 第32回定期総会講演会   2019年8月23日   
ばねを利用した小型振動体による構造物の振動抑制
浅見敏彦
日本ばね学会 秋季定例講演会   2018年11月8日   

担当経験のある科目