若林 正浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/16 23:12
 
アバター
研究者氏名
若林 正浩
 
ワカバヤシ マサヒロ
eメール
masa.wakabayashi3gmail.com
学位
博士(理学)(大阪大学)

プロフィール

実験心理学的手法を用いて、美的体験を変容させる要因を研究していました。
西洋と東洋の美術の形態が大きく違うことに着目し、文化差と芸術体験の関連性について特に興味を持っています。

最近では、フリーランスのAIエンジニアとして、人工知能を用いた画像診断技術の開発に携わっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
2019年3月
大阪大学大学院 生命機能研究科 認知行動科学教室(佐藤宏道研究室) 博士課程
 
2017年4月
 - 
2017年10月
ウィーン大学 心理学研究科 Visiting PhD Student
 
2015年10月
 - 
2015年11月
レンヌ第一大学 経営学院 Visiting Student
 

Misc

 
鑑賞者の文化的背景が芸術感性に与える影響
若林正浩、佐藤宏道、内藤智之
Technical Report on Attention and Cognition      2018年3月
風景画印象を構成する、知覚・認知・感情的処理の経時変化
若林正浩、内藤智之
Technical Report on Attention and Cognition      2017年3月
芸術作品に対する感性応答の定量評価
若林正浩、北口正敏、佐藤宏道、内藤智之
Technical Report on Attention and Cognition      2016年3月