山崎 正和

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 13:30
 
アバター
研究者氏名
山崎 正和
 
ヤマザキ マサカズ
URL
http://www.med.akita-u.ac.jp/department/gs/kenkyu-org/kenkyu-master.html
所属
秋田大学
部署
大学院医学系研究科
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
文部科学省 科学技術・学術政策研究所  科学技術動向センター専門調査員
 

受賞

 
2018年
日本解剖学会 第64回東北・北海道連合支部学術集会 ベストプレゼンテーション賞
 
2012年
日本分子生物学会 若手研究助成 冨澤純一・桂子基金
 

論文

 
Kimura H, Eguchi S, Sasaki J, Kuba K, Nakanishi H, Takasuga S, Yamazaki M, Goto A, Watanabe H, Itoh H, Imai Y, Suzuki A, Mizushima N, Sasaki T
JCI insight   2(1) e89462   2017年1月   [査読有り]
Kofuji S, Kimura H, Nakanishi H, Nanjo H, Takasuga S, Liu H, Eguchi S, Nakamura R, Itoh R, Ueno N, Asanuma K, Huang M, Koizumi A, Habuchi T, Yamazaki M, Suzuki A, Sasaki J, Sasaki T
Cancer discovery   5(7) 730-739   2015年7月   [査読有り]
Mauri F, Reichardt I, Mummery-Widmer JL, Yamazaki M, Knoblich JA
Current biology : CB   24(16) 1811-1825   2014年8月   [査読有り]
Ayukawa T, Akiyama M, Mummery-Widmer JL, Stoeger T, Sasaki J, Knoblich JA, Senoo H, Sasaki T, Yamazaki M**(**corresponding author)
Cell reports   8(2) 610-621   2014年7月   [査読有り]
Yamazaki M, Yamauchi Y, Goshima Y, Kanaho Y
Neuroscience letters   547 59-64   2013年6月   [査読有り]
Takasuga S, Horie Y, Sasaki J, Sun-Wada GH, Kawamura N, Iizuka R, Mizuno K, Eguchi S, Kofuji S, Kimura H, Yamazaki M, Horie C, Odanaga E, Sato Y, Chida S, Kontani K, Harada A, Katada T, Suzuki A, Wada Y, Ohnishi H, Sasaki T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(5) 1726-1731   2013年1月   [査読有り]
Watanabe H, Hongu T, Yamazaki M, Kanaho Y
Biochemical and biophysical research communications   413(2) 288-293   2011年9月   [査読有り]
Sasaki J, Kofuji S, Itoh R, Momiyama T, Takayama K, Murakami H, Chida S, Tsuya Y, Takasuga S, Eguchi S, Asanuma K, Horie Y, Miura K, Davies EM, Mitchell C, Yamazaki M, Hirai H, Takenawa T, Suzuki A, Sasaki T
Nature   465(7297) 497-501   2010年5月   [査読有り]
[Tissue-specific genome-wide RNAi screen in Drosophila].
Yamazaki M
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   55(1) 26-33   2010年1月   [査読有り]
Sasaki T, Takasuga S, Sasaki J, Kofuji S, Eguchi S, Yamazaki M, Suzuki A
Progress in lipid research   48(6) 307-343   2009年11月   [査読有り]
Nishio M, Watanabe K, Sasaki J, Taya C, Takasuga S, Iizuka R, Balla T, Yamazaki M, Watanabe H, Itoh R, Kuroda S, Horie Y, Förster I, Mak TW, Yonekawa H, Penninger JM, Kanaho Y, Suzuki A, Sasaki T
Nature cell biology   9(1) 36-44   2007年1月   [査読有り]
Mummery-Widmer JL*, Yamazaki M* (*co-frist author), Stoeger T, Novatchkova M, Bhalerao S, Chen D, Dietzl G, Dickson BJ, Knoblich JA
Nature   458(7241) 987-992   2009年4月   [査読有り]
Nakano-Kobayashi A, Yamazaki M, Unoki T, Hongu T, Murata C, Taguchi R, Katada T, Frohman MA, Yokozeki T, Kanaho Y
The EMBO journal   26(4) 1105-1116   2007年2月   [査読有り]
Su W, Chardin P, Yamazaki M, Kanaho Y, Du G
Cellular signalling   18(4) 469-478   2006年4月   [査読有り]
Miyazaki H*, Yamazaki M* (*co-frist author), Watanabe H, Maehama T, Yokozeki T, Kanaho Y
FEBS letters   579(30) 6834-6838   2005年12月   [査読有り]
Sasaki J, Sasaki T, Yamazaki M, Matsuoka K, Taya C, Shitara H, Takasuga S, Nishio M, Mizuno K, Wada T, Miyazaki H, Watanabe H, Iizuka R, Kubo S, Murata S, Chiba T, Maehama T, Hamada K, Kishimoto H, Frohman MA, Tanaka K, Penninger JM, Yonekawa H, Suzuki A, Kanaho Y
The Journal of experimental medicine   201(6) 859-870   2005年3月   [査読有り]
Watanabe H, Yokozeki T, Yamazaki M, Miyazaki H, Sasaki T, Maehama T, Itoh K, Frohman MA, Kanaho Y
The Journal of biological chemistry   279(36) 37870-37877   2004年9月   [査読有り]
Watanabe H, Yamazaki M, Miyazaki H, Arikawa C, Itoh K, Sasaki T, Maehama T, Frohman MA, Kanaho Y
Journal of neurochemistry   89(1) 142-151   2004年4月   [査読有り]
Nogami M, Yamazaki M, Watanabe H, Okabayashi Y, Kido Y, Kasuga M, Sasaki T, Maehama T, Kanaho Y
FEBS letters   536(1-3) 71-76   2003年2月   [査読有り]
Kanaho Y, Miyazaki H, Yamazaki M
Advances in enzyme regulation   43 107-119   2003年   [査読有り]
Yamazaki M, Miyazaki H, Watanabe H, Sasaki T, Maehama T, Frohman MA, Kanaho Y
The Journal of biological chemistry   277(19) 17226-17230   2002年5月   [査読有り]
Zhang Y, Redina O, Altshuller YM, Yamazaki M, Ramos J, Chneiweiss H, Kanaho Y, Frohman MA
The Journal of biological chemistry   275(45) 35224-35232   2000年11月   [査読有り]
Honda A, Nogami M, Yokozeki T, Yamazaki M, Nakamura H, Watanabe H, Kawamoto K, Nakayama K, Morris AJ, Frohman MA, Kanaho Y
Cell   99(5) 521-532   1999年11月   [査読有り]
Kamei D, Tsuchiya N, Yamazaki M, Meguro H, Yamada M
Gene   228(1-2) 13-22   1999年3月   [査読有り]
Yamazaki M, Zhang Y, Watanabe H, Yokozeki T, Ohno S, Kaibuchi K, Shibata H, Mukai H, Ono Y, Frohman MA, Kanaho Y
The Journal of biological chemistry   274(10) 6035-6038   1999年3月   [査読有り]

Misc

 
平面内細胞極性の分子機構 ~実験と数理モデルの真の融合を目指して~
山崎正和,秋山正和
日本数理生物学会ニュースレター   73    2014年   [依頼有り]
Visualizing and manipulating local phosphoinositides in living cells(生細胞における局所的ホスホイノシタイドの可視化と操作)
Tamas Balla(翻訳:山崎正和)
実験医学増刊   28 55-65   2011年   [依頼有り]
Lab Report(海外ラボ留学編)「実はサイエンスの都ウィーン」
山崎正和
実験医学   25 2569-2571   2007年   [依頼有り]
ホスファチジルイノシトール 4-リン酸 5-キナーゼのアイソザイム特異的な 生理機能
金保安則,佐々木純子,佐々木雄彦,山崎正和
細胞工学   24 386-391   2005年   [依頼有り]
ホスファチジルイノシトール 4-リン酸 5-キナーゼと細胞膜ダイナミクス
金保安則,佐々木純子,佐々木雄彦,宮崎秀幸,中野亜希子,横関健昭, 山崎正和
実験医学増刊   23 925-932   2005年   [依頼有り]
ホスファチジルイノシトール 4,5-二リン酸のコンパートメント化
佐々木雄彦,佐々木純子,山崎正和,鈴木聡,金保安則
細胞工学   24 607-611   2005年   [依頼有り]
ホスファチジルイノシトール 4-リン酸 5-キナーゼの活性調節機構と生理機 能
金保安則,宮崎秀之,中野亜希子,山崎正和
細胞工学   22 1360-1365   2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
糖鎖科学の新展開
山崎正和,篠田陽子,平林義雄 (担当:分担執筆, 範囲:軸索ガイダンス)
2005年   
細胞骨格と細胞運動
佐々木雄彦,山崎正和,鈴木聡 (担当:分担執筆, 範囲:PI3K による極性発生)
2002年   

講演・口頭発表等

 
外力によるPCP制御機構の解析 [招待有り]
山崎正和
第3回生体調節研究所 内分泌代謝シンポジウム   2017年11月   
平面内細胞極性の向きが逆転する現象の解析
山崎正和
第16回生命科学研究会   2017年7月   
細胞集団が同じ方向を向く仕組み [招待有り]
山崎正和(共発表演者)、秋山正和(共発表演者)
CREST「生命動態の理解と制御のための基盤技術の創出」研究領域 第7回数理デザイン道場   2016年12月   
平面内細胞極性の分子機構 -細胞集団が同じ方向に向く仕組み- [招待有り]
山崎正和
第115回「細胞シグナリング」研究会   2016年6月   
平面内細胞極性を司る新規調節機構の解析
山崎正和(発表演者)、鮎川 友紀、佐々木雄彦、妹尾春樹
第1回生体調節研究所内分泌代謝シンポジウム   2015年11月   
平面内細胞極性の分子機構 −細胞集団が同じ方向に向く仕組み–
山崎正和(発表演者)、鮎川友紀、秋山正和、妹尾春樹
日本遺伝学会第87回大会(ワークショップ)   2015年9月   
平面内細胞極性を司る新規調節機構の解析
鮎川友紀、佐々木雄彦、妹尾春樹、山崎正和(発表演者)
第14回生命科学研究会   2015年6月   
平面内細胞極性の向きを決定する分子機構
山崎正和(発表演者)、鮎川 友紀、秋山正和、佐々木雄彦、妹尾春樹
第120回日本解剖学会 総会全国学術集会・第92回日本生理学会大会 合同大会   2015年3月   
A molecular mechanism underlying planar cell polarity orientation in Drosophila [招待有り]
Masakazu Yamazaki
MBI-Japan Joint Symposium 2014   2014年12月   
平面内細胞極性の分子機構 -細胞集団が同じ方向に向く仕組み- [招待有り]
山崎正和
秋田県泌尿器科集談会   2014年12月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
Bristle Screen online database
Mummery-Widmer JL, Yamazaki M, Stoeger T, Novatchkova M, Bhalerao S, Chen D, Dietzl G, Dickson BJ, Knoblich JA.   データベース   2009年4月

競争的資金等の研究課題

 
組織の力学的基盤を司る第三のPCP制御グループを介した新たなPCP調節機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山崎 正和
平面内細胞極性の向きを逆転させる未知の機構の解析
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 山崎 正和
細胞数によって細胞集団の振る舞いが異なる現象を数理モデルと実験から理解する
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山崎 正和
位置情報に対する細胞集団の向きを変換する機構
日本学術振興会: 若手研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山崎 正和
組織構築における細胞極性制御ロジックの解明
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 山崎 正和
器官情報と細胞極性を繋ぐ機構の数理モデル解析
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 山崎 正和
平面内細胞極性を司る新規制御系の探索
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 山崎 正和
イノシトールリン脂質を介した成長円錐膜ダイナミズムの時間的・空間的解析
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 山崎 正和