矢内 真理子

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/28 16:12
 
アバター
研究者氏名
矢内 真理子
 
ヤナイ マリコ
所属
同志社大学
部署
学習支援・教育開発センター
職名
助教
学位
メディア学(修士)(同志社大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
同志社大学人文科学研究所 兼担研究員(第20期)
 
2018年4月
 - 
現在
同志社大学 学習支援・教育開発センター 助教
 
2018年4月
 - 
現在
同志社大学 社会学部メディア学科 嘱託講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
同志社大学大学院 社会学研究科 博士後期課程
 
2010年4月
 - 
2012年3月
同志社大学大学院 社会学研究科 博士前期課程
 
2006年4月
 - 
2010年3月
神戸女学院大学 文学部 総合文化学科
 

受賞

 
2014年8月
第2回アジア未来会議 優秀発表賞 福島第一原発事故の原子炉爆発映像からみるジャーナリズムのありかた
 

論文

 
福島第一原発事故における地方紙の言説構造―『福島民報』と『読売新聞』の比較から―
矢内 真理子
災害情報   (16-2) 199-208   2018年7月   [査読有り]
矢内 真理子, ヤナイ マリコ, Yanai Mariko
評論・社会科学 = Social science review   (121) 55-79   2017年5月   [査読有り]
論文(Article)本研究は,福島第一原子力発電所事故に関する週刊誌の報道における,言説の作られ方を明らかにすることを目的とする。日本の代表的な週刊誌である『週刊文春』『週刊新潮』『週刊現代』の3誌の2011年3月の記事を対象に,批判的ディスコース分析(CDA)をはじめとした,語用論の分野に基づいた分析方法を用いた。週刊誌が他媒体をどのような視点で捉え,報じているのかを分析することによって,週刊誌が他のメディアをどのように評価し、どのように原発事故に関する新たな「現実」を作り出そうとして...
矢内 真理子, Mariko Yanai
女性学評論 = Women's studies forum   (30) 65-90   2016年3月
「デイジー~3.11女子高生たちの選択~」(漫画:ももち麗子、原作:小林照弘、草薙だらい、信田朋嗣)は講談社の少女マンガ誌『デザート』に連載された作品である。本作品は原発事故後の福島の高校に通う4人の高校3年生の卒業までの1年を描いている。「デイジー」が他の原発事故を題材にした作品と異なり評価できる点は2点ある。第1に本作品は架空の人物が登場するフィクションだが、作者が福島の学生などに取材した内容に基づいて構成していること、第2に少女の日常生活に及ぶ事故の影響を、少女マンガの最大の特徴であ...
コミュニティ放送の現状と課題―3.11福島第一原発事故を事例に―
矢内 真理子
同志社大学      2012年3月

Misc

 
良心館ラーニング・コモンズにおけるコモンズカフェの6年間
矢内 真理子
同志社大学学習支援・教育開発センター年報   (10) 75-84   2019年6月   [査読有り]
大規模災害における情報の疎外 阪神・淡路大震災、東日本大震災を事例に
矢内 真理子
CIAS Discussion Paper No. 66「声を繋ぎ、掘り起こす―多声化社会の葛藤とメディア」   (66) 23-27   2016年3月
矢内 真理子
メディア学 : 文化とコミュニケーション   0(26) 65-75   2011年

講演・口頭発表等

 
院生生活サバイブ術
矢内 真理子
TA研修会(同志社大学学習支援・教育開発センター主催)   2019年4月8日   
女性週刊誌は福島第一原子力発電所事故をどう報じたか
矢内 真理子
第20回日本災害情報学会   2018年10月28日   
大学院生が学習相談にのる意義 [招待有り]
矢内 真理子
同志社大学PBL推進支援センター主催シンポジウム ワーキング・コモンズとラーニング・コモンズ   2018年3月2日   
矢内真理子
日本災害情報学会学会大会予稿集   2017年10月   
テレビの災害報道にみる映像と言説の関係性―福島第一原発1号機爆発報道を事例に―
矢内 真理子
日本マス・コミュニケーション学会2017年春季研究発表会   2017年6月18日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
福島第一原子力発電所事故報道の言説構造と送り手の意識
日本学術振興会 科学研究費補助金(若手研究)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 矢内 真理子

社会貢献活動

 
REPORT 同志社大学ラーニング・コモンズ(今出川)
【取材協力】  全国大学生活協同組合連合会  Campus Life vol.56  2018年9月
基礎資料や文学、歴史 本から震災学ぼう 県立図書館企画展
【取材協力】  神戸新聞社  神戸新聞朝刊20面(東播地区)  2016年1月16日
記者クラブメディアは政府・東電の情報管制に抗議を
【寄稿】  DAYSJAPAN  DAYSJAPAN2013年1月号  2012年12月
月曜Monday(もんだい)
【出演】  ラジオ福島  月曜Monday(もんだい)  2012年6月18日
こみねっとラジオ
【出演】  京都三条ラジオカフェ  こみねっとラジオ  2012年3月31日