宮田 真人

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/12 03:29
 
アバター
研究者氏名
宮田 真人
 
ミヤタ マコト
URL
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/~miyata/myco1.htm
所属
大阪市立大学
部署
理学研究科 生物地球系専攻
職名
教授
学位
理学博士(大阪大学)
その他の所属
大阪市立大学
科研費研究者番号
50209912
ORCID ID
0000-0002-7478-7390

研究分野

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院理学研究科生物地球系専攻 教授
 
1988年4月
 - 
現在
大阪市立大学 理学研究科 生物地球系専攻 教授
 
2012年4月
 - 
2017年3月
文部科学省科研費・新学術領域「運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性」 領域代表
 
2003年10月
 - 
2007年3月
科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・さきがけ 研究者
 
1998年10月
 - 
2006年9月
大阪市立大学 理学部生物学科 助教授
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
大阪大学 理学研究科 生理学
 
1979年4月
 - 
1983年3月
大阪大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2018年12月
 - 
2022年7月
国際マイコプラズマ学会  2022年度国際マイコプラズマ学会学術集会長
 
2018年6月
 - 
2020年12月
日本生物物理学会  ウェブサイト委員長
 
2018年4月
 - 
2019年12月
日本生物物理学会  2019年日本生物物理学会年会実行委員長
 
2017年6月
 - 
現在
日本生物物理学会  理事
 
2017年1月
 - 
現在
Scientific Reports  編集委員
 

受賞

 
2019年9月
日本生物物理学会 第57回日本生物物理学会,学生発表賞 合成細菌におけるSpiroplasma eriocheiris遊泳運動の再現
受賞者: 大学院生 木山 花
 
2019年9月
日本生物物理学会 「ABiS イメージコンテスト2019」ユーモア部門賞
受賞者: 大学院生 佐藤宏樹
 
2019年9月
酵母遺伝学フォーラム 酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会,学生発表賞(ポスター発表部門) 分裂酵母の胞子表面にあるデコボコ構造の形成に関与する遺伝子の特定と解析
受賞者: 大学院生 増田大輝さん(大阪市大・中村太郎 教授,共同研究)
 
2019年4月
日本細菌学会  第92回日本細菌学会総会,優秀発表賞 高速原子間力顕微鏡が捕らえた!マイコプラズマモービレ滑走装置の動き
受賞者: 大学院生 小林昂平
 
2019年3月
大阪市立大学複合先端研究機構 第10回OCARINA国際シンポジウム,学長賞 Reproduction of spiroplasma swimming motility using synthetic bacteria and elucidation of its mechanism
受賞者: 4年生 木山花
 

論文

 
Tulum I, Tahara YO, Miyata M
Microscopy   1(9) dfz033   2019年11月   [査読有り]
Nishikawa MS, Nakane D, Toyonaga T, Kawamoto A, Kato T, Namba K, Miyata M
mBio   in press    2019年11月   [査読有り]
宮田 真人,荒田 敏昭
生体の科学   70(5) 444-445   2019年10月   [招待有り]
Mizutani M, Miyata M
Journal of Bacteriology   201(19) e00397-19   2019年9月   [査読有り]
小林昂平,古寺哲幸,田原悠平,豊永拓真,笠井大司,安藤敏夫,宮田真人
顕微鏡   54(2) 67-71   2019年8月   [査読有り]

Misc

 
宮田 真人
生物工学会誌   96(4) 182   2018年4月   [査読有り][依頼有り]
浜口 祐, 川上 勝, 宮田 真人
一般社団法人 日本生物物理学会 生物物理   57(4) 216-218   2017年   [査読有り]
宮田 真人
生物物理   57 283   2017年   [依頼有り]
最小微生物,マイコプラズマの滑走運動
宮田 真人
阪大理生物同窓会誌 Biologia   12 10-15   2015年   [依頼有り]
最小生物,マイコプラズマ滑走運動のメカニズム.
宮田 真人
科研費NEWS   3 16   2014年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
宮田 真人 (担当:共著, 範囲:5.動物の細胞 原核細胞と真核細胞)
「動物学の百科事典」公益社団法人 日本動物学会編、丸善出版   2018年9月   ISBN:978-4-621-330309-2
日本動物学会編集による書下ろしの事典。1項目2頁/4頁の解説で、分類系統、遺伝、細胞、進化、発生、生理・神経系、内分泌、生体防御、行動、生態までの各分野と、さらには動物学の歴史、応用としてのバイオミメティクスをそれぞれ1章ずつ設け、動物学が一望できる。カラー口絵には多種多様な生きものの姿を掲載。
宮田 真人、南後 守、橋爪 章仁、原田 明 (担当:共著, 範囲:はじめに、Part Ⅰ 1章フロントランナーに聞く(座談会)、2章生体分子マシンの基礎、PartⅡ 4章最小微生物,マイコプラズマのユニークな滑走運動)
化学同人   2017年8月   ISBN:978-4759813869
宮田 真人、神谷 茂 (担当:共著)
「最新マイコプラズマ学」近代出版   2016年1月   ISBN:978-4874022191
Miyata M and Nakane D (担当:共著)
Mollicutes: Molecular Biology and Pathogenesis. Browning G, Citti C (Ed.) Caister Academic Press.   2013年   ISBN:978-1908230300
Jacques Prost, Kinneret Keren, Herbert Levine, Marileen Dogterom, Sarah Rice, Makoto Miyata, Tanniemola B. Liverpool, Peter Lenz (担当:共著)
Cell Motility, Lenz P (Ed.), Springer. NewYork   2007年11月   ISBN:978-0387730493
Cell motility is a fascinating example of cell behavior which is fundamentally important to a number of biological and pathological processes. It is based on a complex self-organized mechano-chemical machine consisting of cytoskeletal filaments an...

講演・口頭発表等

 
大腸菌外膜小胞の分泌促進メカニズムの解析(大阪市大・尾島由紘講師,共同研究)
澤邊 朋美、尾島 由紘、田原 悠平、宮田 真人、東 雅之
膜シンポジウム 2019   2019年11月12日   日本膜学会
Toshiaki Arata, Shigeaki Nakazawa, Yuichi Mishima, Kazunobu Sato, Takeji Takui, Toru Kawakami, Hironobu Hojo, Toshimichi Fujiwara, Makoto Miyata, Isao Suetake
第57回日本生物物理学会年会   2019年9月24日   日本生物物理学会
Takuma Toyonaga, Takayuki Kato, Akihiro Kawamoto, Tasuku Hamaguchi, Keiichi Namba, Makoto Miyata
第57回日本生物物理学会年会   2019年9月24日   日本生物物理学会
Yuya Sasajima, Takayuki Kato, Tomoko Miyata, Keiishi Namba, Makoto Miyata
第57回日本生物物理学会年会   2019年9月24日   日本生物物理学会
Hiroki Sato, Aya Kodama, Hisashi Kudo, Koji Ooka, Syunji Suetaka, Yuuki Hayashi, Munehito Arai, Makoto Miyata
第57回日本生物物理学会年会   2019年9月24日   日本生物物理学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
病原細菌,Mollicutes綱における3種の運動メカニ ズム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 宮田 真人
急速凍結レプリカ電子顕微鏡法の開発と微生物学などへの応用
大学: 大阪市立大学戦略的研究/重点研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 宮田 真人
急速凍結レプリカ電子顕微鏡法を用いた,細菌ペプチドグリカン層ダイナミクスの可視化
三井信託銀行: 公益信託医用薬物研究奨励富岳基金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
酵母育種株サンプルの電子顕微鏡観察
三菱商事ライフサイエンス株式会社: 共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 宮田 真人
運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性の総括
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宮田 真人

特許

 
特開2019-15768 : 立体模型の製造方法、及び立体模型
浜口 祐,宮田 真人

社会貢献活動

 
【講師】  朝日カルチャーセンター  (中之島フェスティバルタワー)  2019年7月28日
「生きものって何?―議論していいんです!」というタイトルの講演を行った。
【講師】  大阪市立大学大学院理学研究科・理学部  高校生のための市大授業  (大阪市立大学 杉本キャンパス)  2019年4月29日
138億年前のビッグバン以来、宇宙は膨張しつつあります。ところが40億年前に地 球で誕生した“生きもの”は、驚異的な速度と頻度で環境から物質やエネルギーや情報を取り込んでまとまったものを作りあげます。生きものとは一体、何でしょう?ひょっとすると、急速に蓄積しつつある現代生物学の情報の中に謎を解く鍵があるかもしれません。この授業では生きものを考える楽しさを、最先端の情報をもとにお話ししました。
【パネリスト, 講師】  大阪市立大学大学院理学研究科・理学部  「サイエンス異種格闘技戦」ー 3人の異分野研究者によるガチンコ討論 ー  (大阪市立大学・学術情報総合センター10階 大会議室)  2019年1月17日
「サイエンス異種格闘技戦」とは、地学、物理学、生物学の研究者3人が自然科学の興味深いテーマについて話題提供し、会場全体で主張を戦わせる討論会です。会場には100名を超える学生・教職員が集い、「プロフェッショナルが見せる科学の楽しみ方」を目の当たりにしました。
【助言・指導, 情報提供, 企画】  iTunes, Google Play  2018年4月 - 2019年3月
スマートフォンアプリ,(1) 運動マシナリー図鑑,(2) 運動マシナリービデオ・アーカイブスの更新,維持
科学研究費助成事業 審査委員(生物学)
【調査担当】  日本学術振興会  2018年4月 - 2019年3月