押村 美幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 14:35
 
アバター
研究者氏名
押村 美幸
 
オシムラ ミユキ
eメール
oshimuratokushima-u.ac.jp
所属
徳島大学
部署
大学院社会産業理工学研究部
職名
講師
学位
博士(工学)(名古屋工業大学)
科研費研究者番号
30596200

学歴

 
2011年3月
   
 
名古屋工業大学大学院 工学研究科未来材料創成工学専攻 博士後期課程 修了  
 
2008年3月
   
 
名古屋工業大学大学院 工学研究科都市循環システム工学専攻 博士前期課程 修了  
 
2006年3月
   
 
名古屋工業大学 工学部 材料工学科 卒業  
 

委員歴

 
2015年3月
 - 
2017年2月
高分子分析研究懇談会  副委員長
 
2012年3月
 - 
2014年2月
高分子分析研究懇談会  運営委員
 

受賞

 
2017年11月
公益社団法人 高分子学会 中国四国支部 第32回中国四国地区高分子若手研究会 支部長賞 溶媒和イオン液体存在下でのイソブチルビニルエーテルのカチオン重合 ー 高温での内部オレフィン生成の抑制 ー
受賞者: 木津 遼太郎, 橋本 惇平, 宗包 稔司, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一
 
2016年11月
公益社団法人 高分子学会 中国四国支部 第31回中国四国地区高分子若手研究会 支部長賞 種々の高分子反応により合成した酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の連鎖解析
受賞者: 妹尾 美咲, 小川 修平, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
 
2016年11月
公益社団法人 日本化学会 中国四国支部 2016年日本化学会中国四国支部大会香川大会 優秀ポスター賞 マンデル酸と乳酸からなる立体規則性交互共重合体の合成
受賞者: 竹内 梨絵, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
 
2016年5月
社団法人 高分子学会 第65回高分子学会年次大会 優秀ポスター賞 チオウレア型有機分子触媒を用いたラクチドの立体特異性開環重合
受賞者: 寺井 裕貴, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
 
2015年5月
公益社団法人 高分子学会 NMR研究会 高分子学会15-1NMR研究会 優秀ポスター賞 ポリメタクリル酸の部分的ベンジル化とメチル化で生成する共重合体の連鎖解析
受賞者: 長濱 充宏, 大久保 俊希, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
 

論文

 
平野 朋広, 吉田 健, 押村 美幸, 右手 浩一
高圧力の科学と技術   Vol.28(No.2) 95-101   2018年7月   [査読有り]
平野 朋広, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, 押村 美幸, 右手 浩一
Polymer Chemistry   Vol.9(No.12) 1421-1429   2018年3月   [査読有り]
ラジカルとリチウムカチオンとの相互作用を利用して,イソブチルビニルエーテル(IBVE)のラジカル重合を試みた. LiN(SO2CF3)2(LiNTf2)およびメタクリル酸メチル(MMA)および酢酸ビニル(VAc)のようなエステル化合物をそれぞれLi+源およびLiNTf2の溶解剤として添加した.MMAおよびVAcなどのラジカル重合性モノマーが存在するにもかかわらずカチオン重合性IBVEのホモポリマーが得られた.期待とは異なり,ラジカル機構ではなくカチオン機構で重合が進行した.しかし,このカチ...
押村 美幸, 平田 智輝, 平野 朋広, 右手 浩一
Polymer   Vol.131 50-55   2017年11月   [査読有り]
テトラ-tert-ブチル亜鉛酸ジリチウムを触媒とするエステル交換反応を利用して,脂肪族ポリカーボネートが合成できることを見出した.
押村 美幸, 尾田 祐貴, 近藤 恵太, 平野 朋広, 右手 浩一
Tetrahedron Letters   Vol.57(No.19) 2070-2073   2016年3月   [査読有り]
平野 朋広, Tadashi Segata, Junpei Hashimoto, Yohei Miwa, 押村 美幸, 右手 浩一
Polymer Chemistry   Vol.6(No.27) 4927-4939   2015年7月   [査読有り]
LiNTf2を含むアルカリ金属塩存在下でN-n-プロピルアクリルアミドのラジカル重合を行った.アルカリ金属塩を添加すると,得られるポリマーの収率と分子量が著しく増加した.さらに,LiNTf2存在下では溶媒によって立体特異性が変化した.NMR測定からモノマー/Li+錯体の化学量論比が立体特異性を決める要因であることがわかった.ESR測定からLi塩の添加によって成長反応速度定数が増加し,停止反応速度定数が低下することがわかった.また,立体規則性が相転移挙動に影響を及ぼすこともわかった.例えば,...

講演・口頭発表等

 
溶媒和イオン液体存在下でのtrans-アネトールのカチオン重合
木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一
第64回高分子研究発表会(神戸)   2018年7月13日   
亜鉛アート錯体を用いたエステル交換反応によるヒドロキシプロリンエステルの重合
大西 翔也, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
第64回高分子研究発表会(神戸)   2018年7月13日   
アミド交換反応を用いたアクリルアミド系共重合体の合成
長谷川 惟, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一
第64回高分子研究発表会(神戸)   2018年7月13日   
Znを担持したN-ビニルイミダゾールとN-α-メチルベンジルメタクリルアミドの共重合体によるエステル交換反応
平井 美南子, 木津 遼太郎, 平野 朋広, 押村 美幸, 右手 浩一
第64回高分子研究発表会(神戸)   2018年7月13日   
イソタクチックな酢酸ビニル―ビニルアルコール共重合体の分子内エステル交換反応と連鎖解析
田中 綾乃, 妹尾 美咲, 大久保 明日香, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一
第64回高分子研究発表会(神戸)   2018年7月13日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 右手 浩一
科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 押村 美幸
科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 藤永 悦子

特許

 
特許第6317212号 : 新規エステル交換反応用触媒およびそれを用いたエステル化合物の製造方法
右手 浩一, 平野 朋広, 押村 美幸, 加地 栄一