Miyuki Oshimura

J-GLOBAL         Last updated: Nov 16, 2018 at 14:35
 
Avatar
Name
Miyuki Oshimura
E-mail
oshimuratokushima-u.ac.jp
Affiliation
The University of Tokushima
Research funding number
30596200

Education

 
Mar 2011
   
 
Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology (Ph.D.)
 
Mar 2008
   
 
Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology (master's degree)
 
Mar 2006
   
 
Faculty of Engineering, Nagoya Institute of Technology (bachelor)
 

Awards & Honors

 
Nov 2017
溶媒和イオン液体存在下でのイソブチルビニルエーテルのカチオン重合 ー 高温での内部オレフィン生成の抑制 ー, 第32回中国四国地区高分子若手研究会 支部長賞, 公益社団法人 高分子学会 中国四国支部
Winner: 木津 遼太郎, 橋本 惇平, 宗包 稔司, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
 
Nov 2016
種々の高分子反応により合成した酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の連鎖解析, 第31回中国四国地区高分子若手研究会 支部長賞, 公益社団法人 高分子学会 中国四国支部
Winner: 妹尾 美咲, 小川 修平, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
 
Nov 2016
マンデル酸と乳酸からなる立体規則性交互共重合体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会香川大会 優秀ポスター賞, 公益社団法人 日本化学会 中国四国支部
Winner: 竹内 梨絵, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
 
May 2016
チオウレア型有機分子触媒を用いたラクチドの立体特異性開環重合, 第65回高分子学会年次大会 優秀ポスター賞, The Society of Polymer Science,Japan
Winner: 寺井 裕貴, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
 
May 2015
ポリメタクリル酸の部分的ベンジル化とメチル化で生成する共重合体の連鎖解析, 高分子学会15-1NMR研究会 優秀ポスター賞, 公益社団法人 高分子学会 NMR研究会
Winner: 長濱 充宏, 大久保 俊希, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
 

Published Papers

 
Tomohiro Hirano, Ken Yoshida, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
The Review of High Pressure Science and Technology   Vol.28(No.2) 95-101   Jul 2018   [Refereed]
Tomohiro Hirano, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
Polymer Chemistry   Vol.9(No.12) 1421-1429   Mar 2018   [Refereed]
ラジカルとリチウムカチオンとの相互作用を利用して,イソブチルビニルエーテル(IBVE)のラジカル重合を試みた. LiN(SO2CF3)2(LiNTf2)およびメタクリル酸メチル(MMA)および酢酸ビニル(VAc)のようなエステル化合物をそれぞれLi+源およびLiNTf2の溶解剤として添加した.MMAおよびVAcなどのラジカル重合性モノマーが存在するにもかかわらずカチオン重合性IBVEのホモポリマーが得られた.期待とは異なり,ラジカル機構ではなくカチオン機構で重合が進行した.しかし,このカチ...
Miyuki Oshimura, Tomoki Hirata, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
Polymer   Vol.131 50-55   Nov 2017   [Refereed]
Diethyl carbonate was reacted with phenol or 1,6-hexanediol with 5 mol% dilithium tetra-tert-butylzincate (TBZL) as a catalyst at 25 or 70 °C. The exchange reaction with phenol did not occur under these conditions, while that with 1,6-hexanediol d...
Miyuki Oshimura, Yuki Oda, Keita Kondoh, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
Tetrahedron Letters   Vol.57(No.19) 2070-2073   Mar 2016   [Refereed]
Tomohiro Hirano, Tadashi Segata, Junpei Hashimoto, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
Polymer Chemistry   Vol.6(No.27) 4927-4939   Jul 2015   [Refereed]
LiNTf2を含むアルカリ金属塩存在下でN-n-プロピルアクリルアミドのラジカル重合を行った.アルカリ金属塩を添加すると,得られるポリマーの収率と分子量が著しく増加した.さらに,LiNTf2存在下では溶媒によって立体特異性が変化した.NMR測定からモノマー/Li+錯体の化学量論比が立体特異性を決める要因であることがわかった.ESR測定からLi塩の添加によって成長反応速度定数が増加し,停止反応速度定数が低下することがわかった.また,立体規則性が相転移挙動に影響を及ぼすこともわかった.例えば,...

Conference Activities & Talks

 
溶媒和イオン液体存在下でのtrans-アネトールのカチオン重合
Ryotaro Kizu, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
第64回高分子研究発表会(神戸)   13 Jul 2018   
亜鉛アート錯体を用いたエステル交換反応によるヒドロキシプロリンエステルの重合
Shoya Onishi, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
第64回高分子研究発表会(神戸)   13 Jul 2018   
アミド交換反応を用いたアクリルアミド系共重合体の合成
Yui Hasegawa, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
第64回高分子研究発表会(神戸)   13 Jul 2018   
Znを担持したN-ビニルイミダゾールとN-α-メチルベンジルメタクリルアミドの共重合体によるエステル交換反応
Minako Hirai, Ryotaro Kizu, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Koichi Ute
第64回高分子研究発表会(神戸)   13 Jul 2018   
イソタクチックな酢酸ビニル―ビニルアルコール共重合体の分子内エステル交換反応と連鎖解析
Ayano Tanaka, Misaki Senoo, Asuka Okubo, Miyuki Oshimura, Tomohiro Hirano, Koichi Ute
第64回高分子研究発表会(神戸)   13 Jul 2018   

Research Grants & Projects

 
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021    Investigator(s): 右手 浩一
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 押村 美幸
Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 藤永 悦子

Patents

 
特許第6317212号 : 新規エステル交換反応用触媒およびそれを用いたエステル化合物の製造方法
Koichi Ute, Tomohiro Hirano, Miyuki Oshimura, Kaji Ei-ichi