Kawano Naoko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 22, 2019 at 15:31
 
Avatar
Name
Kawano Naoko
Affiliation
Nagoya University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Owada K, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Kawano N, Eriguchi Y, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H
Brain : A Journal of Neurology   142(7) 2127-2136   Jul 2019   [Refereed]
Iwata M, Iwamoto K, Kawano N, Kawaue T, Ozaki N
Psychiatry and clinical neurosciences   72(10) 747-773   Oct 2018   [Refereed]
Tsuruta Y, Iwamoto K, Banno M, Kawano N, Kohmura K, Miyata S, Fujishiro H, Noda Y, Noda A, Iritani S, Ozaki N
Human psychopharmacology   33(6) e2678   Oct 2018   [Refereed]
Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Okada T, Uno Y, Morikawa M, Ishizuka K, Shiino T, Kimura H, Arioka Y, Yoshimi A, Takasaki Y, Yu Y, Nakamura Y, Yamamoto M, Iidaka T, Iritani S, Inada T, Ogawa N, Shishido E, Torii Y, Kawano N, Omura Y, Yoshikawa T, Uchiyama T, Yamamoto T, Ikeda M, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Nunokawa A, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Kobori A, Suzuki M, Takahashi T, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Sasaki T, Kuwabara H, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Eriguchi Y, Benner S, Kojima M, Yassin W, Munesue T, Yokoyama S, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Ishitobi M, Ohmori T, Numata S, Yoshikawa T, Toyota T, Yamakawa K, Suzuki T, Inoue Y, Nakaoka K, Goto YI, Inagaki M, Hashimoto N, Kusumi I, Son S, Murai T, Ikegame T, Okada N, Kasai K, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N
Cell reports   24(11) 2838-2856   Sep 2018   [Refereed]
Sobue A, Kushima I, Nagai T, Shan W, Kohno T, Aleksic B, Aoyama Y, Mori D, Arioka Y, Kawano N, Yamamoto M, Hattori M, Nabeshima T, Yamada K, Ozaki N
Scientific reports   8(1) 13046   Aug 2018   [Refereed]

Misc

 
宮田 明美, 岩本 邦弘, 河野 直子, 尾崎 紀夫
臨床精神薬理   21(10) 1371-1377   Oct 2018
河野 直子, 青木 宏文, 尾崎 紀夫
認知科学   25(3) 243-258   Sep 2018
【産業精神保健に役立つ精神薬理学】 向精神薬と自動車運転 勤労者で注意すべきこと
宮田 明美, 岩本 邦弘, 河野 直子, 尾崎 紀夫
臨床精神薬理   21(10) 1371-1377   Oct 2018
近年、職場のメンタルヘルス対策が注目され、何らかの精神科治療を受けている勤労者も増加している。精神科に通院する患者の多くは症状改善や再発予防を目的に向精神薬の服用継続を要するが、服用中の運転中止を求める添付文書記載や、自動車運転死傷行為処罰法の存在は就労上の障壁となっている。疫学研究では、ベンゾジアゼピン受容体作動薬や抗うつ薬が一定のリスクを有することが報告されるが、実験的研究では、向精神薬が運転技能に与える影響は、耐性や治療的効果の存在によって一様一律ではなく、対象や薬剤の種類によって影...
【診断と治療のABC[136]統合失調症】 (第4章)法との関連 統合失調症と自動車運転関連法規
岩田 麻里, 岩本 邦弘, 河野 直子, 尾崎 紀夫
最新医学   別冊(統合失調症) 190-196   Jul 2018
2014年に自動車運転死傷行為処罰法と改正道路交通法が施行され、統合失調症などの精神疾患患者の自動車運転が大きく制限されている。本邦では、多くの精神疾患患者は状態の如何にかかわらず、診断名と内服薬で運転が規制されるが、その根拠に関する科学的検証は限られ、証左に基づいた規制とは言い難い。障害者差別禁止法の観点からも、海外のガイドラインに準拠し、一定の基準を定め、個別に運転可否を判断することが望ましい。(著者抄録)
岩本 邦弘, 河野 直子, 尾崎 紀夫
IATSS review   42(3) 185-192   Feb 2018

Books etc

 
Detecting Deception: Current Challenges and Cognitive Approaches
Kawano Naoko (Part:Joint Translation)
Apr 2017