清田夏代

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 14:34
 
アバター
研究者氏名
清田夏代
ハンドル
n-seida
eメール
seida-natsuyojissen.ac.jp
所属
実践女子大学
部署
教職課程
職名
教授
学位
博士(教育学)(東京都立大学)
科研費研究者番号
70444940

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
実践女子大学 教職課程 教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
南山大学 教職センター 教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
南山大学 教職センター 准教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
南山大学 人文学部 准教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年9月
東京都立大学大学院 博士課程人文科学研究科 教育学専攻
 
1997年4月
 - 
2000年3月
東京都立大学大学院 修士課程人文科学研究科 教育学専攻
 
1987年4月
 - 
1992年3月
国際基督教大学 教養学部 語学科
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
日英教育学会  運営委員(紀要編集担当)
 
2016年10月
 - 
現在
日本教育行政学会  年報編集委員(常任)
 
2013年10月
 - 
2016年10月
日本教育行政学会  国際交流委員
 
2010年10月
 - 
2013年10月
日本教育行政学会  年報編集委員
 

受賞

 
2005年10月
日本教育行政学会 学会奨励賞 「イギリス新労働党による地方教育当局改革についての一考察ー教育発展計画およびLEA査察に関する新たな政策を対象としてー」
 

論文

 
英国における自律的学校ガバナンスと地方教育行政をめぐる改革の動向
清田夏代
日英教育フォーラム   (21) 53-69   2017年8月   [査読有り]
学校運営協議会と「教員の質」
清田夏代
日本教育行政学会年報   (38) 5066   2012年10月   [招待有り]
近代公教育制度理念における普遍主義に関する批判的一考察
清田夏代
日本教育行政学会創立40周年記念誌『教育行政学の回顧と展望』   69-83   2006年10月   [招待有り]
公教育における道徳教育と市民道徳ーコンドルセの公教育論とデュルケム学説の比較検討を通じてー
清田夏代
フランス教育学会紀要   (17) 19-31   2005年9月   [査読有り]
イギリス新労働党による地方教育当局についての一考察ー教育発展計画およびLEAに関する新たな政策を対象としてー
清田夏代
日本教育行政学会年報   (30) 106-118   2004年10月   [査読有り]

Misc

 
共生のための教育ー民主主義の再建を課題とするシティズンシップ教育
清田夏代
南山大学人間関係研究センター『人間関係研究』   (12) 1-20   2013年3月   [依頼有り]
若者・民主主義・政治教育ー新たな社会統合の課題ー
清田夏代
青土社『現代思想』   4(5) 192-203   2012年3月   [依頼有り]
英国中等教育における若者の教育・訓練政策ーサッチャー政権以降の展開と新政権における改革方針ー
清田夏代
南山大学『アカデミア人文・自然科学編』   (2) 71-82   2011年6月   [査読有り]
英国における中等教育政策ー三分岐制からトラスト・スクールまでー
清田夏代
南山大学『アカデミア人文・社会科学編』   (91) 227-248   2010年6月   [査読有り]
英国における教育行政制度改革ーブレア教育改革の総括とブラン政権の展望ー
清田夏代
南山大学『アカデミア人文・社会科学編』   (89) 125-150   2009年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
英国の教育
清田夏代 (担当:編者, 範囲:執筆担当部分として:第3章第5節「学校理事会」,トピック01「教育省と教育大臣」,トピック12「テロと暴動」)
東信堂   2017年5月   
ファシリテーター・トレーニングー自己実現を促す教育ファシリテーションへのアプローチー
清田夏代 (担当:分担執筆, 範囲:15「教育改革における教師の役割像の変化」)
ナカニシヤ出版   2010年12月   
(翻訳)過去のカリキュラム・未来のカリキュラム
清田夏代 (担当:共訳, 範囲:序論,第2章,第10章,第12章)
東京都立大学出版会   2010年9月   
未来をつくる教育ESDー持続可能な多文化社会をめざしてー
清田夏代 (担当:分担執筆, 範囲:第1章「日本における近代公教育制度の成立」,コラム2「イギリスのシティズンシップ教育」)
明石書店   2010年2月   
(翻訳)シティズンシップ教育ー変容する世界と市民性ー
清田夏代 (担当:共訳, 範囲:序論,第I部,第II部)
勁草書房   2009年10月   

講演・口頭発表等

 
新自由主義的文脈における学校リーダーシップに関する一考察ーリーダーシップ像の変容に関する研究の諸課題ー
清田夏代
日英教育学会第27回大会   2018年8月28日   
英国公教育とグローバリゼーションーナショナル・カリキュラム導入の背景と過程に関する一考察ー
清田夏代
日本教育行政学会第52回大会   2017年10月14日   
英国の学校教育改革に対するグローバル化の影響に関する一考察
清田夏代
日本教育行政学会第51回大会   2016年10月9日   
英国における新たな学校ガバナンスの台頭と課題—Ofstedとアカデミー・チェーンの葛藤に注目して--
清田夏代
日本教育行政学会第50回大会   2015年10月10日   
英国の学校評議会改革の動向ー教育ガバナンスと査察・評価ー
清田夏代
日本教育行政学会第49回大会   2014年10月11日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
新たな学校ガバナンスにおける地方教育行政の位置づけと役割に関する日英比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 清田夏代
英国における教育ガバナンス改革と政治
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 清田夏代
シティズンシップ教育の基礎理念としての政治教育の取組と成果に関する研究
南山大学: パッヘ研究奨励金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 清田夏代
シティズンシップ教育の政治的意義に関する日英比較研究:多元化社会と価値形成教育
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 清田夏代
英国保守党新政権における学校改革の方針と取組に関する研究
南山大学: パッヘ研究奨励金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 清田夏代