岩田 直也

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/12 15:31
 
アバター
研究者氏名
岩田 直也
 
イワタ ナオヤ
通称等の別名
Naoya Iwata
eメール
naoya.iwataphilosophy.ox.ac.uk
URL
https://oxford.academia.edu/NaoyaIwata
所属
University of Oxford
部署
Faculty of Philosophy
職名
British Academy Post-doctoral Research Fellow
学位
PhD(University of Cambridge)
その他の所属
Wolfson College

研究分野

 
 

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
オックスフォード大学 ウルフソンカレッジ Non-stipendiary Junior Research Fellow
 
2018年3月
 - 
現在
オックスフォード大学 哲学学部 British Academy Postdoctoral Fellow
 
2016年7月
 - 
2018年1月
ケンブリッジ大学 クレアホール Non-stipendiary Research Fellow
 
2016年1月
 - 
2018年1月
ケンブリッジ大学 古典学部 日本学術振興会 海外特別研究員
 
2015年1月
 - 
2015年12月
オックスフォード大学 哲学学部 Postdoctoral Research Fellow in Ancient Philosophy (Power Structuralism in Ancient Ontologies)
 

学歴

 
2011年10月
 - 
2015年7月
ケンブリッジ大学 古典学部 古代哲学 博士課程
 
2010年4月
 - 
2010年7月
ケンブリッジ大学 古典学部 古代哲学 客員学生
 
2009年4月
 - 
2015年3月
京都大学大学院 文学研究科 西洋古代哲学史 博士課程 (2011年10月~2014年9月 休学、2015年3月 研究指導認定退学)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院 文学研究科 西洋古代哲学史 修士課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学 総合人間学部 人間科学系
 

受賞

 
2009年4月
日本学生支援機構 特に優れた業績による第一種奨学金返還免除(全額)
 

論文

 
Naoya Iwata
British Journal for the History of Philosophy   24(2) 194-214   2016年3月   [査読有り]
Naoya Iwata
Apeiron   48(1) 1-19   2015年1月   [査読有り]
技術の対象と価値――プラトン『ゴルギアス』を中心に――
岩田直也
京都大学 修士論文      2009年3月

Misc

 
Naoya Iwata
Ancient Philosophy   37(2) 467-471   2017年12月   [査読有り]
(翻訳)リンゼイ・ジャドソン「アリストテレス『自然学』における質料形相論、目的論、ゼノンのパラドクス」
岩田 直也
『新版 アリストテレス全集 第4巻 自然学』(月報)      2017年11月
Naoya Iwata
British Journal for the History of Philosophy   25(1) 200-202   2017年   [査読有り]
(翻訳)「善」、「新プラトン主義」
岩田 直也
スクリブナー思想史大事典      2016年1月
岩田 直也
西洋古典学研究   59 167-170   2011年

講演・口頭発表等

 
Collection and Division and the Method of Hippocrates in Plato’s Phaedrus [招待有り]
岩田 直也
Platonic Dialectic—Inquiring Into the Nature of Things   2018年5月   
『ピレボス』における想起説 [招待有り]
岩田 直也
中畑正志教授還暦記念研究会   2017年9月17日   
岩田 直也
日本哲学会   2017年5月   
岩田 直也
Emotions in Plato: Joint Workshops in Ancient Theories of Soul and Knowledge at the University of Edinburgh and Université Paris-Nanterre   2017年3月   
岩田 直也
11th London Ancient Science Conference   2017年2月   

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2013年
 - 
2014年
B club セミナー(ケンブリッジ大学)  秘書
 
2012年
 - 
2013年
B club セミナー(ケンブリッジ大学)  会計
 
2009年
 - 
2010年
古代哲学会  編集事務委員
 
2007年
 - 
2009年
古代哲学会  会計
 

その他

 
2015年3月   若手研究者国際ワークショップ企画
A New Perspective on Plato and his Philosophical Methods
2013年4月   学生国際学会企画
First Principles, Cause, and Explanation in Ancient Philosophy

競争的資金等の研究課題

 
プラトンにおける詩作と技術――弁論術とミーメーシスの考察を手がかりに――
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2009年4月 - 2011年9月    代表者: 岩田直也