基本情報

所属
名古屋医健スポーツ専門学校 子ども保育科 非常勤講師
大同大学 教養部教職教室 非常勤講師
愛知文教大学  人文学部 非常勤講師
名古屋経済大学  人間生活科学部管理栄養学科 非常勤講師
学位
修士(人間発達学)(2018年3月 愛知県立大学)
学士(文学)(2015年3月 愛知学院大学)

J-GLOBAL ID
201901018987314542
researchmap会員ID
B000364669

論文

  12

MISC

  4

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  8

担当経験のある科目(授業)

  8

所属学協会

  5

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

学術貢献活動

  2

社会貢献活動

  5

その他

  2
  • 2
    2022年3月
    「愛知県における学習支援事業等の実態調査プロジェクト」とは 愛知県社会福祉協議会の「令和 3 年度 福祉でまちづくり推進事業(特別事業)」として、学習・生活支援事業及び地域未来塾*にかかる自治体関係部署と運営主体を対象とした調査です。 都道府県ごとに実施する調査や学習・生活支援事業と地域未来塾の実態を同時に把握するものは、ほとんど前例がありません。 今回の調査報告書は、単純集計を整理したものですが、示唆に富む結果がいくつも示されました。 調査回答にご協力いただいた皆様には、改めて御礼申し上げます。 今回の結果をそれぞれのお立場からご覧いただき、今後の事業評価や見直し等においてお役立ていただけると幸いです。 なお、この調査は愛知県社会福祉協議会の「令和3年度 福祉でまちづくり推進事業(特別事業)」及び科学研究費基盤研究(B)「多様化社会における教育と社会福祉の連携による生涯発達支援に関する総合的研究」(代表 山本理絵)の助成を受けて実施されたものです。 ※執筆・作成担当は以下の通りです。 野田博也 (愛知県立大学教育福祉学部、生涯発達研究所) 「1 調査結果の概要」「2.事業の概要」 寺谷直輝 (愛知県立大学 客員共同研究員) 「3.子どもの学習・生活支援事業(自治体調査)」 「4.子どもの学習・生活支援事業(運営担当者調査)」 「5.地域未来塾(自治体調査)」 「6.地域未来塾(運営担当者調査)」 「7.単純集計(自治体調査)」 「8.単純集計(運営担当者調査)」 「【参考資料5】子どもの学習・生活支援事業(町村を除く自治体調査)」 「【参考資料6】地域未来塾(学習・生活支援事業も受託している団体を除く運営担当者調査)」 ★寺谷の執筆範囲は、pp.10-178,199-253です。
  • 12
    2021年2月
    主に知的障害者を対象とし、国立・公立・私立大学等で開講されるオープンカレッジ・公開講座等について、これまでの実施実績のある大学等を対象として、プログラムの内容や課題等に関する事例調査を実施し、その在り方等について把握・分析を行うことを目的とした調査研究です。寺谷(愛知県立大学)が対応したヒアリング調査はpp.75-79.に所収されています。