基本情報

所属
清泉女子大学 文学部文化史学科 専任講師
学位
博士(神学)(上智大学)
STD(Sacrae Theologiae Doctor)(教皇庁立神学部)

連絡先
n-sakataseisen-u.ac.jp
研究者番号
30795109
J-GLOBAL ID
201401019564653935

上智大学大学院神学研究科、日本学術振興会特別研究員(DC1)、東京大学宗教学宗教史学研究室での日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、現在は清泉女子大学に勤務。また東海大学、国立音楽大学、上智大学で非常勤講師を勤める。2018年9月に上智大学にて博士(神学)およびSTDを修得。

中世キリスト教思想におけるモノ(物質的美)/身体の意義を中心的テーマとし、特に教父思想とその受容の観点から研究を進めている。これまで取り組んだ具体的テーマとしては以下の通りである。

1.サン・ドニのシュジェールとゴシック建築の「思想」について
シュジェールにおける教父思想の影響の可能性を中心に扱った。基本的には先行研究において指摘されてきた擬ディオニュシオス文書−シュジェール−ゴシック建築のラインを批判検討しつつ、特に12世紀中世の修道制という文脈から、シュジェールの思想世界について考察を行った。

2.中世修道制における涙について
新神学者シメオンの涙に関する記述から出発し、初期修道制における涙の扱いについて資料収集を行っている。特に東西キリスト教における涙の扱いの相違と広がりについて考察すべく、カッシアヌスのテキストとその影響史を中心に研究を進めている。


研究キーワード

  5

学歴

  3

論文

  9

MISC

  5

書籍等出版物

  2

講演・口頭発表等

  16

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

その他

  7