登藤 直弥

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/25 16:57
 
アバター
研究者氏名
登藤 直弥
 
トウドウ ナオヤ
所属
筑波大学
部署
人間系
職名
助教
学位
修士(教育)(東京大学), 博士(教育)(東京大学)
科研費研究者番号
70773711

研究分野

 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学 大学院教育学研究科 教育心理学コース
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学 教育学部 教育心理学コース
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 教養学部 前期課程 文科三類
 

経歴

 
2017年11月
 - 
現在
筑波大学 人間系 助教
 
2016年7月
 - 
2018年3月
北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 客員研究員
 
2016年4月
 - 
2017年10月
大学改革支援・学位授与機構 研究開発部 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
国立情報学研究所 情報社会相関研究系 特任研究員
 

論文

 
Yusuke Moriguchi, Hideyuki Takahashi, Tomoko Nakamata, Naoya Todo
International Journal of Psychology      2018年3月   [査読有り]
Changes in Genetic and Environmental Influences on Cognitive Ability, Executive Function, and Preacademic Skills in Japanese Preschool Age Twins
Keiko K. Fujisawa, Naoya Todo, & Juko Ando
Developmental Psychology   55 38-52   2018年   [査読有り]
荘島 宏二郎, 宇佐美 慧, 橋本 貴充, 登藤 直弥, 高野 慶輔
教育心理学年報   57(0) 302-308   2018年
Yusuke Moriguchi, Naoya Todo
International Journal of Psychology      2017年7月   [査読有り]
Reading Skill Test to Diagnose Basic Language Skills in Comparison to Machines
Noriko H. Arai, Naoya Todo, Teiko Arai, Kyousuke Bunji, Shingo Sugawara, Miwa Inuzuka, Takuya Matsuzaki, Koken Ozaki
CogSci   accept   2017年7月   [査読有り]
助詞に着目した日本語文法能力測定の試みータイ語母語話者に対する認知診断テストの結果からー
谷部弘子・島田めぐみ・孫媛・登藤直弥
東アジア日本語教育・日本文化研究   20 99-114   2017年3月   [査読有り]
Akira Fujita, Naoya Todo, Shingo Sugawara, Kyo Kageura, Noriko Arai
Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Technology for Education (IEEE-T4E2016)   156-159   2016年12月   [査読有り]
ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか 一般化傾向スコアを用いた因果推論
登藤直弥・小林哲郎・稲増一憲
行動計量学   43(2) 129-141   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Naoya Todo, Satoshi Usami (Both authors contributed equally)
Structural Equation Modelling: A Multidisciplinary Journal      2016年8月   [査読有り]
Naoya Todo, Yuan Sun, Shunya Inoue
Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI), 2016 IIAI 5th International Congress on   517-522   2016年7月   [査読有り]
Psychometric properties of the Japanese CES-D, SDS, and PHQ-9 depression scales in university students
Yusuke Umegaki, Naoya Todo
Psychological Assessment      2016年6月   [査読有り]
Genetic and environmental influences on the development and stability of executive functions in children of preschool age: A longitudinal study of Japanese twins
Keiko Fujisawa, Naoya Todo, Juko Ando
Infant and Child Development      2016年6月   [査読有り]
Translation errors and incomprehensibility: A case study using machine-translated second language proficiency tests
Takuya Matsuzaki, Akira Fujita, Naoya Todo, Noriko Arai
Proc. of LREC   2771-2776   2016年5月   [査読有り]
双生児のことば・単胎児のことば:語彙チェックリスト法を用いた初期語彙発達に関する研究
藤澤啓子・登藤直弥・小林哲生
哲學   136 161-194   2016年3月
Goal attribution toward non-human objects during infancy predicts imaginary companion status during preschool years
Yusuke Moriguchi, Yasuhiro Kanakogi, Naoya Todo, Yuko Okumura, Ikuko Shinohara, Shoji Itakura
Frontiers in Psychology   7 221   2016年2月   [査読有り]
Evaluating machine translation systems with second language proficiency tests
Takuya Matsuzaki, Akira Fujita, Naoya Todo, Noriko Arai
Proc. of ACL   145-149   2015年7月   [査読有り]
Naoya Todo, Yuan Sun, Shunya Inoue
Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI), 2015 IIAI 4th International Congress on   449-454   2015年7月   [査読有り]
Yuan Sun, Naoya Todo, Shunya Inoue
Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI), 2014 IIAI 3rd International Congress on   411-416   2014年8月   [査読有り]
Yuko Motoshima, Ikuko Shinohara, Naoya Todo, Yusuke Moriguchi
European Journal of Developmental Psychology   11 716-727   2014年6月   [査読有り]
項目反応間の局所依存性が項目母数の推定に与える影響 ―項目母数の比較可能性を考慮した上での検討―
登藤直弥
行動計量学   39(2) 81-91   2012年9月   [査読有り]
大問形式の問題の項目群への項目反応に対する確率モデルの比較
登藤直弥
日本テスト学会誌   8(1) 85-100   2012年6月   [査読有り]
局所独立性の仮定が満たされない場合の潜在特性推定への影響
登藤直弥
日本テスト学会誌   6(1) 17-28   2010年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
計量パーソナリティ心理学
荘島宏二郎(編著) (担当:分担執筆, 範囲:比較法や順位法による反応バイアスの抑制―イプサティブデータの項目反応理論による分析―)
ナカニシヤ出版   2017年1月   

講演・口頭発表等

 
構造方程式モデリングの結果の1項目尺度による代替可能性
登藤直弥・河本愛子
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月24日   
研究成果報告 [招待有り]
尾崎幸謙・登藤直弥
リーディングスキルフォーラム~AI時代に求められる教育とは~   2017年11月2日   
一般化線形モデルとは? [招待有り]
登藤直弥
日本教育心理学会第59回総会   2017年10月9日   
RSTの信頼性と妥当性および質問紙調査項目との相関
尾崎幸謙・登藤直弥
日本教育心理学会第59回総会   2017年10月8日   
一事例実験のデータに基づく個人に対する介入効果の検出
登藤直弥
日本心理学会第81回大会   2017年9月21日   
当て推量の存在が受験者特性値の推定に与える影響
登藤直弥
日本行動計量学会第45回大会   2017年8月31日   
出題領域と解答時間を考慮した項目選択アルゴリズムの性能評価
登藤直弥・分寺杏介・尾崎幸謙
日本テスト学会第15会大会   2017年8月20日   
Cultural differences in imaginary companions: Evidence from Asian and Western children
Yusuke Moriguchi, Naoya Todo, Sawa Senzaki
2017 SRCD Biennial Meeting   2017年4月7日   
1項目尺度を用いた共分散構造の再現:抑うつ尺度を用いた検討
登藤直弥・河本愛子
日本発達心理学会第28回大会   2017年3月26日   
日本語助詞認知診断テストからわかる学習者の習得状況
島田めぐみ・孫媛・登藤直弥
International Conference of Japanese Language Education 2016   2016年9月10日   
助詞に着目した日本語文法能力測定の試み-タイ語母語話者に対する認知診断テストの結果から
谷部弘子・島田めぐみ・孫縁・登藤直弥
東アジア日本語教育・日本文化研究学会 2016年度国際学術大会   2016年8月5日   
What would be the problems of interpreting and comparing scores of psychological measures in applied settings across different countries?
Naoya Todo, Cheng Wang, Shino Sako, Yutaro Sakamoto, Shiho Imashiro
23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology   2016年8月2日   
Psychometric properties of the Japanese BDI, CES-D, PHQ-9, and SDS depression scales in university students: Analysis based on item response theory
Naoya Todo, Yusuke Umegaki
31st International Congress of Psychology   2016年7月28日   
Psychometric properties of the Japanese BDI, CES-D, PHQ-9, and SDS depression scales in university students: Analysis based on classical test theory
Yusuke Umegaki, Naoya Todo
31st International Congress of Psychology   2016年7月28日   
Genetic and environmental influences on development of early executive functions and math ability: A twin study
Keiko Fujisawa, Naoya Todo, Juko Ando
31st International Congress of Psychology   2016年7月27日   
Effects of perceived autonomy on behavioral- and emotional-engagement and task performances in university students
Naoya Todo, Junwen Bai, Yuan Sun, Shunya Inoue
31st International Congress of Psychology   2016年7月26日   
The association among executive functions, early math ability, and reading skills: Dose genetics matter?
Keiko Fujisawa, Naoya Todo, Mari Nozaki, & Juko Ando
The 24th Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development   2016年7月11日   
多次元的な大学評価の方法に関する探索的な検討
孫媛・西澤正己・登藤直弥
情報知識学会第24回年次大会   2016年5月14日   
日本人大学生を対象としたStudent Engagement尺度の因子的妥当性等の検討
登藤直弥・孫媛・井上俊哉
情報知識学会第24回年次大会   2016年5月14日   
1項目抑うつ尺度の開発:選択枝数と収束的妥当性との関連
登藤直弥・河本愛子
日本発達心理学会第27回大会   2016年5月1日   
大学ポートレートデータに基づく大学分類の試み
西澤正己・登藤直弥・孫媛
日本分類学会第34回大会   2016年3月1日   
個人正答確率と受験者の回答傾向との関係―日本語教育のデータを用いた検証―
登藤直弥・孫媛・島田めぐみ・Yi Sun
日本計算機統計学会第29回シンポジウム   2015年11月28日   
乳児期の行為者への目標帰属は幼児期の空想の友達を予測する
森口佑介・鹿子木康弘・登藤直弥・奥村優子・篠原郁子・板倉昭二
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
インターネット調査と紙筆式調査における回答傾向の比較 大学生による抑うつ尺度SDSへの回答を対象として
登藤直弥・梅垣佑介
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
ベイズ推定とは何か?
登藤直弥
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
個人正答確率関数の推定精度―項目数と受験者数を要因としたシミュレーション―
登藤直弥・孫媛・Yi Sun
日本テスト学会第13回大会   2015年9月10日   
Rにおける潜在ランク理論の推定プログラム
木村哲夫・登藤直弥・荘島宏二郎
日本テスト学会第13回大会   2015年9月10日   
高等教育における学修環境や教育プログラムの効果を科学する
登藤直弥・孫媛・井上俊哉
日本行動計量学会第43回大会   2015年9月2日   
大学生における抑うつ尺度SDS,CES-D,PHQ-9の計量心理学的特徴(1)
梅垣佑介・登藤直弥
日本教育心理学会第57回総会   2015年8月27日   
大学生における抑うつ尺度SDS,CES-D,PHQ-9の計量心理学的特徴(2)
登藤直弥・梅垣佑介
日本教育心理学会第57回総会   2015年8月27日   
Derivation of logistic model from item response patterns
Yuan Sun, Naoya Todo, Yi Sun
The 80th Annual Meeting of the Psychometric Society   2015年7月14日   
大学の教育プログラムの効果に関する研究―医学部を対象として―
登藤直弥・孫媛・井上俊哉
情報知識学会第23回年次大会   2015年5月24日   
実行機能とエフォートコントロール,養育態度における因果の方向性:双生児法による検討
藤澤啓子・登藤直弥・安藤寿康
日本発達心理学会第26回大会   2015年3月21日   
NICU卒業生の発達指数に関する研究 新版K式発達検査2001に基づく定量的検討
沖潮(原田)満里子・登藤直弥・金重利典
日本発達心理学会第26回大会   2015年3月21日   
日本における大学効果研究の試み―医学系大学を例として―
孫媛・登藤直弥・井上俊哉
第21回大学教育研究フォーラム   2015年3月13日   
中学生は機械翻訳された英語対話文完成問題を解けるか?
藤田彬・松崎拓也・登藤直弥・新井紀子
情報処理学会第219回自然言語処理研究発表会   2014年12月16日   
多母集団同時解析を利用した分散分析
登藤直弥・孫媛・井上俊哉
日本計算機統計学会第28回シンポジウム   2014年11月15日   
局所依存データに対するテスト情報量の推定
登藤直弥
日本教育心理学会第56回総会   2014年11月8日   
一対比較法や順位法による反応バイアスの抑制 イプサティブデータの項目反応理論による分析
登藤直弥
日本心理学会第78回大会   2014年9月10日   
大学医学部の諸特徴と医師国家試験合格率との関係
井上俊哉・登藤直弥・孫媛
日本テスト学会第12回大会   2014年8月30日   
大学ポートレートデータに基づく教育活動指標の探索
孫媛・登藤直弥・井上俊哉
情報知識学会第22回年次大会   2014年5月24日   
An effect of local dependence for conventional item statistics
Naoya Todo
The 78th Annual Meeting of the Psychometric Society   2013年7月26日   
項目反応間の局所依存性が点双列相関係数ならびに通過率に与える影響の検討
登藤直弥
日本教育心理学会第54回総会   2012年11月24日   
項目反応間の局所依存性が項目母数の推定に与える影響
登藤直弥
日本心理学会第76回大会   2012年9月11日   
An effect of local dependency for reliability estimation
Naoya Todo
The 77th Annual Meeting of the Psychometric Society   2012年7月11日   
項目反応間の局所依存性が層化α係数に与える影響についての検討
登藤直弥
日本テスト学会第9回大会   2011年9月11日   
文章読解タイプの問題の項目群への項目反応に対する確率モデルの比較
登藤直弥
日本教育心理学会第53回総会   2011年7月26日   
A comparison of item response models for a test consisting of testlets
Naoya Todo
The 76th Annual Meeting of the Psychometric Society   2011年7月   
局所独立性の仮定が満たされない場合の潜在特性値の推定への影響
登藤直弥
日本テスト学会第7回大会   2009年9月   

競争的資金等の研究課題

 
テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 新井紀子
項目反応間の局所依存度が項目およびテストの諸特性の推定に与える影響
日本学術振興会: 科研費 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 登藤直弥
東京大学: 東京大学博士課程研究遂行協力制度
研究期間: 2011年8月 - 2012年1月    代表者: 登藤直弥

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
日本テスト学会  表彰選考委員会委員
 
2015年12月
 - 
2016年3月
情報知識学会  選挙管理委員
 
2014年12月
 - 
2015年7月
4th International Conference on Data Science and Institutional Research  Program Committees
 
2014年6月
 - 
2015年1月
情報知識学会  第19回情報知識学フォーラム実行委員
 

大学改革支援・学位授与機構における活動

 
2017年3月   平成28年度調査研究活動報告
研究開発部の大学情報研究ユニットに所属し,当該ユニットで実施した「高等教育の質保証に係る情報活用に関する研究」において,各大学から提出される大学に関する情報の信頼度を高めるため,統計科学の観点からその方法に関する検討を行った。また,評価研究ユニットの実施する「機構の実施する教育研究活動等の評価の有効性に関する調査研究」において,次年度以降に実施する機関別認証評価の検証方法(アンケート)について,統計科学の観点から検討を行った。
2017年3月   平成28年度事業連携活動報告
大学情報連携事業ユニットに所属し,大学ポートレートセンター会議に出席するなどして,大学情報連携に関する業務に携わった。また,評価事業ユニットにて実施されている認証評価に関する検証ワーキンググループに参加し,次年度以降の認証評価に関する検証のためのアンケートについて,その改善方針等を統計科学の観点から検討を行った。

受賞

 
2017年12月
日本テスト学会 日本テスト学会大会発表賞 出題領域と解答時間を考慮した項目選択アルゴリズムの性能評価
受賞者: 登藤直弥・分寺杏介・尾崎幸謙