永原 正章

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 14:25
 
アバター
研究者氏名
永原 正章
 
ナガハラ マサアキ
URL
https://nagahara-masaaki.github.io/
所属
北九州市立大学
部署
環境技術研究所
職名
教授
ORCID ID
0000-0002-8992-2495

プロフィール

愛媛県生まれ.2003年,京都大学大学院情報学研究科博士課程修了.博士(情報学).京都大学助手,助教,講師を経て,2016年より北九州市立大学環境技術研究所教授. また,同年よりインド工科大学ムンバイ校 (IIT Bombay) の客員教授を兼任.専門は自動制御と人工知能.

2012年,IEEE制御システム部門より国際賞である Transition to Practice Awardを受賞.同賞の受賞は日本人初である.そのほか,計測自動制御学会や電子情報通信学会の論文賞など,受賞多数.IEEEの上級会員 (Senior Member).

著書に「マルチエージェントシステムの制御」(コロナ社,共著,計測自動制御学会著述賞),「倒立振子で学ぶ制御工学」(共立出版,共著),「スパースモデリング」(コロナ社,単著)などがある.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年1月
 - 
現在
Indian Institute of Technology Bombay Systems and Control (SYSCON) Visiting Professor
 
2016年4月
 - 
現在
The University of Kitakyushu Institute of Environmental Science and Technology Professor
 
2003年
 - 
現在
京都大学情報学研究科複雑系科学専攻 助手
 
2004年4月
 - 
2015年3月
Kyoto University Graduate School of Informatics Assistant Professor/Senior Lecturer
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
Kyoto University Graduate School of Informatics Ph.D
 
 
 - 
2000年
京都大学 情報学研究科 複雑系科学専攻
 
 
 - 
2003年
京都大学 情報学研究科 複雑系科学専攻
 
 
 - 
1998年
神戸大学 工学部 システム工学科
 

受賞

 
2014年
IEICE Best Tutorial Paper Award
 
2012年
SICE Best Paper Award
 
2012年
IEEE Control Systems Society Transition to Practice Award
 
1999年
計測自動制御学会学術奨励賞
 

論文

 
Niharika Challapalli,Masaaki Nagahara,Mathukumalli Vidyasagar
CoRR   abs/1611.02071    2016年   [査読有り]
Shuichi Ohno,Teruyuki Shiraki,M. Rizwan Tariq,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1609.01383    2016年   [査読有り]
Debasish Chatterjee,Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,K. S. Mallikarjuna Rao
CoRR   abs/1602.08834    2016年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Array
2016 IEEE International Conference on Communications, ICC 2016, Kuala Lumpur, Malaysia, May 22-27, 2016   1-6   2016年   [査読有り]
Ryo Hayakawa,Kazunori Hayashi,Hampei Sasahara,Array
24th European Signal Processing Conference, EUSIPCO 2016, Budapest, Hungary, August 29 - September 2, 2016   1383-1387   2016年   [査読有り]
Yutaka Yamamoto,Kaoru Yamamoto,Array
55th IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2016, Las Vegas, NV, USA, December 12-14, 2016   4003-4008   2016年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Array,Kenji Kashima
55th IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2016, Las Vegas, NV, USA, December 12-14, 2016   962-966   2016年   [査読有り]
M. Rizwan Tariq,Shuichi Ohno,Array
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2016, Jeju, South Korea, December 13-16, 2016   1-5   2016年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Array
2016 American Control Conference, ACC 2016, Boston, MA, USA, July 6-8, 2016   209-214   2016年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Array
IEEE Signal Process. Lett.   23(12) 1853-1857   2016年   [査読有り]
Array,Array,Daniel E. Quevedo,Array
Systems & Control Letters   94 31-36   2016年   [査読有り]
M. Nagahara, D. E. Quevedo, and D. Nesic
IEEE Transactions on Automatic Control   61(3) 747-747   2016年   [査読有り]
Array,Jan Østergaard,Daniel E. Quevedo
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2016 76   2016年   [査読有り]
永原 正章,山本 裕
Automatica   65 203-209   2016年   [査読有り]
Shuichi Ohno,Yuma Ishihara,Masaaki Nagahara
IEEE Trans. on Circuits and Systems   65-I(4) 1395-1405   2018年   [査読有り]
IKEDA Takuya, NAGAHARA Masaaki
Automatica   64 190-195   2016年   [査読有り]
Niharika Challapalli,Masaaki Nagahara,Mathukumalli Vidyasagar
CoRR   abs/1710.07952    2017年   [査読有り]
Shuichi Ohno,Yuma Ishihara,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1704.03998    2017年   [査読有り]
Keisuke Nakashima,Takahiro Matsuda 0001,Masaaki Nagahara,Tetsuya Takine
28th IEEE Annual International Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications, PIMRC 2017, Montreal, QC, Canada, October 8-13, 2017   1-7   2017年   [査読有り]
Shuichi Ohno,Teruyuki Shiraki,M. Rizwan Tariq,Masaaki Nagahara
2017 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2017, New Orleans, LA, USA, March 5-9, 2017   4581-4585   2017年   [査読有り]
Kaoru Yamamoto,Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
56th IEEE Annual Conference on Decision and Control, CDC 2017, Melbourne, Australia, December 12-15, 2017   6253-6258   2017年   [査読有り]
Shuichi Ohno,M. Rizwan Tariq,Masaaki Nagahara
2017 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2017, Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2017   938-942   2017年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Masaaki Nagahara
IEEE Trans. Signal Processing   65(21) 5621-5634   2017年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Array,Shunsuke Ono
IEEE Trans. Automat. Contr.   62(6) 2750-2763   2017年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1511.05757    2015年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1510.07273    2015年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Masaaki Nagahara,Shunsuke Ono
CoRR   abs/1509.07968    2015年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1508.06021    2015年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Masaaki Nagahara,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1503.07692    2015年   [査読有り]
Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1503.05299    2015年   [査読有り]
H. Sasahara, M. Nagahara, K. Hayashi, and Y. Yamamoto,
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   8(5) 321-327   2015年   [査読有り]
永原 正章
IEEE Signal Processing Letters   22(10) 1575-1579   2015年10月   [査読有り]
Hampei Sasahara,Array,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
54th IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2015, Osaka, Japan, December 15-18, 2015   7244-7249   2015年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Masaaki Nagahara,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
10th Asian Control Conference, ASCC 2015, Kota Kinabalu, Malaysia, May 31 - June 3, 2015   1-4   2015年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Masaaki Nagahara
10th Asian Control Conference, ASCC 2015, Kota Kinabalu, Malaysia, May 31 - June 3, 2015   1-4   2015年   [査読有り]
0000-0002-8992-2495,Masaaki Nagahara
IEEE Signal Process. Lett.   22(10) 1575-1579   2015年   [査読有り]
M. Nagahara and C. F. Martin
IEEE Signal Processing Letters   21(11) 1394-1397   2014年11月   [査読有り]
M. Nagahara, D. E. Quevedo, and J. Ostergaard
IEEE Transactions on Automatic Control   59(7) 1899-1905   2014年7月   [査読有り]
Takuya Ikeda,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1412.7840    2014年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Masaaki Nagahara,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1412.7645    2014年   [査読有り]
Takuya Ikeda,Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1412.5707    2014年   [査読有り]
Hampei Sasahara,Masaaki Nagahara,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1412.3238    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1410.5165    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Dragan Nesic
CoRR   abs/1408.3025    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Hampei Sasahara,Kazunori Hayashi,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1407.7083    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1407.2415    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Dragan Nesic
CoRR   abs/1407.2377    2014年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Clyde F. Martin
CoRR   abs/1407.1697    2014年   [査読有り]
Array,Daniel E. Quevedo,Array
IEEE Trans. Automat. Contr.   59(7) 1899-1905   2014年   [査読有り]
Array,Clyde F. Martin
IEEE Signal Process. Lett.   21(11) 1394-1397   2014年   [査読有り]
M. Nagahara; Y. Yamamoto
IEEE Transactions on Signal Processing   61(18) 4473-4480   2013年9月   [査読有り]
K. Hayashi; M. Nagahara; T. Tanaka
IEICE Transactions on Communications   E86B(3) 685-712   2013年3月   [査読有り]
Nagahara, Masaaki/Martin, Clyde F.
Asian Journal of Control   15(2) 461-468   2013年3月   [査読有り]
Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1308.4268    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1308.3302    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Ken-ichi Hamaguchi,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.3300    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Masaki Ogura,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.2743    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.2737    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Jan Østergaard,Takahiro Matsuda 0001,Kazunori Hayashi
CoRR   abs/1308.2592    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Takahiro Matsuda 0001,Kazunori Hayashi
CoRR   abs/1308.2291    2013年   [査読有り]
Yutaka Yamamoto,Masaaki Nagahara,Pramod P. Khargonekar
CoRR   abs/1308.2063    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara
CoRR   abs/1308.2013    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo
CoRR   abs/1308.1590    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Clyde F. Martin
CoRR   abs/1308.1509    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Takahiro Matsuda 0001,Kazunori Hayashi
CoRR   abs/1308.0799    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.0797    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.0650    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Jan Østergaard
CoRR   abs/1308.0518    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Yutaka Yamamoto
CoRR   abs/1308.0385    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Clyde F. Martin
CoRR   abs/1308.0384    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Jan Østergaard
CoRR   abs/1308.0002    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Jan Østergaard
CoRR   abs/1307.8242    2013年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Daniel E. Quevedo,Dragan Nesic
CoRR   abs/1307.8232    2013年   [査読有り]
Array,Daniel E. Quevedo,Array
Proceedings of the 52nd IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2013, December 10-13, 2013, Firenze, Italy   3825-3830   2013年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
Proceedings of the IEEE International Conference on Control Applications, CCA 2013, Hyderabad, India, August 28-30, 2013   527-532   2013年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
IEEE Trans. Signal Processing   61(18) 4473-4480   2013年   [査読有り]
Kazunori Hayashi,Masaaki Nagahara,Toshiyuki Tanaka
IEICE Transactions   96-B(3) 685-712   2013年   [査読有り]
M. Nagahara; Y. Yamamoto
IEEE Transactions on Signal Processing   60(6) 2828-2839   2012年6月   [査読有り]
M. Nagahara; T. Matsuda; K. Hayashi
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E95A(4) 713-722   2012年4月   [査読有り]
Y. Yamamoto; M. Nagahara; P.P. Khargonekar
IEEE Transactions on Signal Processing   60(2) 613-625   2012年2月   [査読有り]
エネルギーマネジメントシステムにおける電力需給バランス制御 (特集 エネルギー技術(創・蓄・省エネルギー技術および周辺技術))
宮崎 誠也;工藤 貴弘;永原 正章
パナソニック技報   57(4) 249-254   2012年1月   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
10th IFAC Workshop on Time Delay Systems, TDS 2012, Boston, MA, USA, June 22-24, 2012.   61-66   2012年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto,Seiya Miyazaki,Takahiro Kudoh,Naoki Hayashi
Proceedings of the 51th IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2012, December 10-13, 2012, Maui, HI, USA   4241-4246   2012年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
IEEE Trans. Signal Processing   60(6) 2828-2839   2012年   [査読有り]
Yutaka Yamamoto,Array,Array
IEEE Trans. Signal Processing   60(2) 613-625   2012年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Takahiro Matsuda 0001,Kazunori Hayashi
IEICE Transactions   95-A(4) 713-722   2012年   [査読有り]
A BRIEF OVERVIEW OF SIGNAL RECONSTRUCTION VIA SAMPLED-DATA H-infinity OPTIMIZATION
Yamamoto, Yutaka; Nagahara, Masaaki; Khargonekar, Pramod P.
APPLIED AND COMPUTATIONAL MATHEMATICS   11(1) 3-18   2012年   [査読有り]
Erratum: Signal reconstruction via H sampled-data control theory - Beyond the Shannon Paradigm (IEEE Transactions on Signal Processing (2012) 60:2 (613-625))
IEEE Transactions on Signal Processing   60(5) 2706-2708   2012年   [査読有り]
M. Nagahara
Applications of Digital Signal Processing   193-210   2011年11月   [査読有り]
T. Matsuda; M. Nagahara; K. Hayashi
IEEE Communications Letters   15(10) 1117-1119   2011年10月   [査読有り]
NAGAHARA Masaaki;OGURA Masaki;YAMAMOTO Yutaka
SICE J Control Meas Syst Integr (JCMSI)   4(5) 341-348   2011年9月   [査読有り]
M. Nagahara; Y. Yamamoto
Signal Processing   91(2) 176-184   2011年2月   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
Signal Processing   91(2) 176-184   2011年   [査読有り]
Takahiro Matsuda 0001,Array,Kazunori Hayashi
IEEE Communications Letters   15(10) 1117-1119   2011年   [査読有り]
M. Nagahara
Lecture Notes in Control and Information Sciences   398 331-340   2010年   [査読有り]
J. Willems; Y. Ohta; S. Hara; H. Fujioka; M. Nagahara
IEEE Control Systems Magazine   30(4) 112-113   2010年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
Proceedings of the 48th IEEE Conference on Decision and Control, CDC 2009, combined withe the 28th Chinese Control Conference, December 16-18, 2009, Shanghai, China   8136-8141   2009年   [査読有り]
Array,Yutaka Yamamoto
Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP 2007, Honolulu, Hawaii, USA, April 15-20, 2007   1469-1472   2007年   [査読有り]
Control theory and signal processing
Y. Yamamoto; M. Nagahara
Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   61(12) 1710-1715   2007年   [査読有り]
Masaaki Nagahara,Toshihiro Wada,Yutaka Yamamoto
2006 IEEE International Conference on Acoustics Speech and Signal Processing, ICASSP 2006, Toulouse, France, May 14-19, 2006   612-615   2006年   [査読有り]

Misc

 
早川 諒, 林 和則, 笹原 帆平, 永原 正章
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2015    2015年8月
永原 正章
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会講演論文集   2015 "SS-19"   2015年8月
通信パルスによる部分空間上のサンプル値H∞最適自己干渉抑制
笹原,永原,林,山本
2015年5月高信頼制御通信研究会      2015年5月
線形計画法による二値画像の復元
永原 正章
2015年5月高信頼制御通信研究会      2015年5月
H. Sasahara, M. Nagahara, K. Hayashi, and Y. Yamamoto,
10th Asian Control Conference (ASCC)      2015年5月   [査読有り]
T. Ikeda and M. Nagahara
10th Asian Control Conference (ASCC)      2015年5月   [査読有り]
Communication Performance Analysis of Sampled-Data H-infinity Optimal Coupling Wave Canceler
永原 正章
H. Sasahara, M. Nagahara, K. Hayashi, and Y. Yamamoto      2015年3月   [査読有り]
Value Functions in Sparse Optimal and L1 Optimal Controls
T. Ikeda and M. Nagahara
SICE International Symposium on Control Systems      2015年3月   [査読有り]
永原 正章, 林 和則
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(388) 37-40   2015年1月
本研究では,ネットワーク化制御系における量子化の問題に対応するために,有限個の離散値をとる制御入力を拡張L^1最適制御,すなわちL^1ノルムの重み付き和で定義される評価関数を最小化する制御により生成する方法を提案する.線形時不変の制御対象を仮定し,拡張L^1最適制御で離散値入力が得られるための十分条件を導出する.さらに,時間軸の離散化を用いて,最適制御の計算を有限次元の線形計画問題に近似する.これにより,サイズの大きな問題に対しても,容易に離散値制御入力を計算することができる.
サンプル値H∞ 最適フィルタによる単一周波数全二重無線中継局の回り込み波抑制
笹原,永原,林,山本
計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会      2015年1月
スパース最適制御における値関数の連続性について
池田,永原
計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会      2015年1月
離散値制御入力生成のための拡張L1最適制御
永原,林
高信頼制御通信研究会(RCC)      2015年1月
Sparsity Methods for Networked Control
永原 正章
IEICE SmartCom2014      2014年10月   [依頼有り]
永原 正章
電子情報通信学会技術研究報告. SR, スマート無線   114(284) 191-192   2014年10月
本発表では,ネットワーク化制御系に対してスパース性を考慮した設計手法を導入し,スパース制御の有効性を示す.ネットワーク化制御系では,効率的なデータ転送が重要である.なぜなら,データ転送における遅延や誤差などが制御系の安定性や性能の大きな劣化を導くからである.この問題に対して,スパース最適化手法を用いたスパース制御の設計法を示し,その有効性を示す.
笹原,永原,林,山本
第58回システム制御情報学会研究発表講演会   58    2014年5月
「SCI'14」2014.05.21(水)-23(金) 於:京都テルサIn this article, we propose H∞ optimal design of digital filters that cancel the continuous-time effect of coupling waves in a single frequency full-duplex relay station from the transmitter to the receiving ante...
From digital control to signal processing
永原 正章
アジア情報学セミナー(インドネシア)      2014年9月   [依頼有り]
大島,永原,山本
第58回システム制御情報学会研究発表講演会      2014年5月
「SCI'14」2014.05.21(水)-23(金) 於:京都テルサIn this paper, we consider digital control of two-wheel self-balancing robots. Conventionally, a continuous-time controller is first designed and then discretized to implement it on a digital controller. In this ...
笹原 帆平, 永原 正章, 林 和則, 山本 裕
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014    2014年9月
笹原,永原,林,山本
高信頼制御通信研究会(RCC), 信学技報 RCC2014-16      2014年5月
「高信頼制御通信研究会(RCC)」2014.05.29-30 於:機械振興会館本発表では,単一周波数を用いた全二重中継局における回り込み波の問題を考察する.従来,回り込み波をキャンセルするためにディジタルフィルタやアダプティブアレーアンテナが用いられているが,その定式化においてサンプル点間の応答を考慮しておらず,サンプル点間の振動がポジティブフィードバックによって増幅され,性能が悪化する可能性がある.この問題に対処するため,本研究では,サンプル値H∞ 最適化法を導入し,サンプル点間を含めた...
M. Nagahara, H. Sasahara, K. Hayashi, and Y. Yamamoto
SICE Annual Conference 2014,      2014年9月   [査読有り]
回り込み波キャンセラのサンプル値H∞ロバスト設計
笹原,永原,林,山本
電子情報通信学会ソサイエティ大会      2014年9月
FIR digital filter design by sampled-data H-infinity discretization
M. Nagahara and Y. Yamamoto
The 19th IFAC World Congress      2014年8月   [査読有り]
池田 卓矢, 永原 正章
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(162) 19-22   2014年7月
本稿では,状態のL^2正則化項を考慮したスパース最適制御を考察する.まず,この問題の最適解が,制御問題の正規性の仮定の下でL^1最適制御の最適解と一致することを示す.これにより,スパース最適制御解の数値計算がL^1最適制御の計算に帰着される.次に,正規性が満たされるための十分条件を導出する.また,その条件を満たすような制御問題の例を挙げ,スパース最適制御の数値計算結果を示す.
スパース最適制御の数値計算について
池田,永原
7月高信頼制御通信研究会, 信学技報 RCC2014-25      2014年7月
永原
2013年度第1回高信頼制御通信研究会      2013年5月
[2013年度第1回高信頼制御通信研究会] 主催:電子情報通信学会 高信頼制御通信時限研究専門委員会, 併催:計測自動制御学会関西支部 物理と情報をつなぐ次世代システム制御研究会, 開催日:2013年11月21日(木)午後~22日(金) 21日, 開催場所:大阪市立大学 文化交流センターホール, テーマ:通信方式・アクセス方式・制御理論・ネットワーク制御・セキュリティ・遠隔制御・制御応用・システム紹介・その他制御通信に関するすべてのトピックスL^1 ノルムで定義された評価関数を最小化する最...
笹原 帆平, 永原 正章, 林 和則, 山本 裕
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(60) 79-81   2014年5月
本発表では,単一周波数を用いた全二重中継局における回り込み波の問題を考察する.従来,回り込み波をキャンセルするためにディジタルフィルタやアダプティブアレーアンテナが用いられているが,その定式化においてサンプル点間の応答を考慮しておらず,サンプル点間の振動がポジティブフィードバックによって増幅され,性能が悪化する可能性がある.この問題に対処するため,本研究では,サンプル値H^∞最適化法を導入し,サンプル点間を含めた性能を最適化する手法を提案する.また,数値シミュレーションによって提案法の有効...
笹原 帆平, 永原 正章, 林 和則, 山本 裕
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(61) 79-81   2014年5月
本発表では,単一周波数を用いた全二重中継局における回り込み波の問題を考察する.従来,回り込み波をキャンセルするためにディジタルフィルタやアダプティブアレーアンテナが用いられているが,その定式化においてサンプル点間の応答を考慮しておらず,サンプル点間の振動がポジティブフィードバックによって増幅され,性能が悪化する可能性がある.この問題に対処するため,本研究では,サンプル値H^∞最適化法を導入し,サンプル点間を含めた性能を最適化する手法を提案する.また,数値シミュレーションによって提案法の有効...
省エネのための無干渉制御
永原,D. E. Quevedo, D. Nesic
第1回制御部門マルチシンポジウム      2014年3月
省エネルギーのためのスパース制御
永原
11月高信頼制御通信研究会      2013年11月
制御におけるスパース性の利用について
永原
第28回信号処理シンポジウム      2013年11月
最小燃料制御のL0最適性,
永原
第56回自動制御連合講演会      2013年11月
東 俊一, 永原 正章
システム/制御/情報   57(5) 207-210   2013年
林 直樹, 永原 正章
システム/制御/情報   57(7) 283-292   2013年
永原 正章
システム/制御/情報   56(4) 176-179   2012年
永原 正章
システム/制御/情報   56(6) 298-301   2012年
山本 裕, 永原 正章
システム/制御/情報   56(7) 367-374   2012年
予測にもとづくネットワーク化制御系の安定化
永原
2011年度第3回高信頼制御通信研究会      2012年
ネットワーク化制御のためのパケット化予測制御とスパース表現
永原,D.E.Quevedo, J. Ostergaard
第41回制御理論シンポジウム      2012年
遠隔制御に適した圧縮センシング手法の検討
永原
2012年度第1回高信頼制御通信研究会      2012年
永原正章;松田崇弘;林和則
自動制御連合講演会(CD-ROM)   54th ROMBUNNO.1M301   2011年11月
永原 正章
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011 "SS-18"-"SS-19"   2011年8月
永原 正章
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011 "SS-48"-"SS-51"   2011年8月
サポートベクター回帰による制御理論的スプラインのロバスト化
永原正章
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   55th ROMBUNNO.T32-1   2011年5月
松田 崇弘, 永原 正章, 林 和則
電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク   110(449) 211-216   2011年2月
ネットワークトモグラフィは,エンド-エンド間のパケットの授受で得られる情報からリンクロス率やリンク遅延等ネットワーク内部の状態を推定する手法である.本稿では,スパースべクトルの推定手法として知られる圧縮センシング(ComPressed Sensing)を用いたネットワークトモグラフィを提案する.提案方式は,ネットワーク中のリンク状態をスパースべクトルと近似し,圧縮センシングの性質を用いることにより,品質の劣悪なリンクのみを抽出してそれらの状態推定を可能とする技術である.提案方式では,圧縮セ...
/l最適化手法を用いたネットワークトモグラフィ
松田崇弘;永原正章;林和則
電子情報通信学会技術研究報告   110(449(IN2010 144-210)) 211-216   2011年2月
永原 正章
システム/制御/情報   55(4)    2011年
サンプル値制御理論にもとづく信号長不変なピッチシフト処理
埴淵,永原,山本
第11回SICE制御部門大会      2011年
H∞最適線形フィルタによる静止画像の超解像処理
銭谷,山本,永原
第11回SICE制御部門大会      2011年
l1/l2 最適化によるスパースなパケット化予測制御
永原,D. E. Quevedo
第55回システム制御情報学会研究発表講演会      2011年
あるクラスの無限次元アナログ特性に対するサンプル値H∞フィルタの設計法
永原,銭谷,山本
第55回システム制御情報学会研究発表講演会      2011年
マイクログリッドにおけるガスエンジンと蓄電池のH∞最適制御
永原,宮崎,工藤,山本,林
第40回制御理論シンポジウム      2011年
永原,松田,林
第54回自動制御連合講演会      2011年
小蔵 正輝, 永原 正章
システム/制御/情報   54(1)    2010年
繰り返し制御系のサンプル値H∞設計
小蔵,永原,山本
第38回SICE制御理論シンポジウム      2010年
サンプル点間を考慮した非整数遅延フィルタによる弦楽器のモデリング
埴淵,永原,山本
第38回SICE制御理論シンポジウム      2010年
制御理論的スプラインのスパース表現
永原,山本
第39回制御理論シンポジウム      2010年
圧縮センシングの遠隔制御系への応用
永原,松田,林
第25回信号処理シンポジウム      2010年
L1-L2最適化にもとづく最適制御入力信号のスパース表現
永原,松田,林
第2回電子情報通信学会高信頼制御通信研究会      2010年
無線ネットワーク化制御システムについての通信工学的検討
松田,永原,林
第3回電子情報通信学会高信頼制御通信研究会      2010年
永原 正章
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009 "SS-14"   2009年9月
永原正章;小蔵正輝;山本裕
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.T21-4   2009年5月
中榮,永原,山本
第53回システム制御情報学会研究発表講演会      2009年
埴淵,永原,山本
第53回システム制御情報学会研究発表講演会      2009年
岩倉健;池田文昭;山本裕;永原正章;島田順一;川上誠
電気学会静止器研究会資料   SA-02(22-39) 101-104   2002年9月
サンプル値制御理論による確率密度関数の推定
永原,山本
第9回制御部門大会      2009年
永原正章;小蔵正輝;山本裕
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   52nd 689-690   2008年5月
永原正章;山本裕
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   52nd 691-692   2008年5月
サンプル値制御理論による適応アルゴリズムの設計
永原,山本
第8回制御部門大会      2008年
切り替えサンプラによる信号圧縮とH∞最適復元
森,永原,山本
第8回制御部門大会      2008年
川上,永原,山本
第52回システム制御情報学会研究発表講演会      2008年
永原 正章
システム/制御/情報   51(4) 189-190   2007年
サンプル値H∞制御理論による最適ウェーブレット展開
小蔵,永原,山本
第7回制御部門大会      2007年
不等間隔にサンプルされた信号からのH∞最適復元
和田,永原,山本
第7回制御部門大会      2007年
小林,永原,山本
第51回システム制御情報学会研究発表講演会      2007年
連続時間伝達特性を考慮した filtered-x LMS アルゴリズムの解析
永原,山本
第22回IEICE信号処理シンポジウム      2007年
佐藤健治;永原正章;山本裕
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   50th 79-80   2006年5月
永原 正章, 山本 裕
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006    2006年3月
H∞最適化による因果的 B-Spline 補間
永原,山本
電子情報通信学会 総合大会      2006年
サンプル値H∞最適化による因果的 B-Spline 補間
永原,和田,山本
第6回SICE制御部門大会      2006年
H∞制御を用いたΔΣ変調器の設計
永原,山本
第35回制御理論シンポジウム      2006年
H∞最適化による因果的スプライン補間
永原,和田,山本
第21回IEICE信号処理シンポジウム      2006年
線形行列不等式によるΔΣ変調器の最適設計
永原,山本
第21回IEICE信号処理シンポジウム      2006年
ΔΣ変調器の安定性解析と設計
和田敏裕;永原正章;山本裕
制御理論シンポジウム資料   34th 445-448   2005年
サンプル値H∞制御によるΔΣ型 AD/DA 変換器の設計
永原,山本
第5回SICE制御部門大会      2005年
永原 正章
システム/制御/情報   48(5)    2004年
サンプル値制御理論による画像の解像度変換
永原正章;山本裕
制御理論シンポジウム資料   33rd 249-252   2004年
サンプル値H∞制御による繰り返し制御
オオイ, 永原, 山本
第4回SICE制御部門大会      2004年
山本 裕, 永原 正章
ふぇらむ : 日本鉄鋼協会会報 = Bulletin of the Iron and Steel Institute of Japan   8(5) 297-302   2003年5月
永原 正章, 山本 裕
システム制御情報学会論文誌   16(1) 38-43   2003年1月
A design procedure for data compression and equalization for digital communication systems is developed based on the multirate sampled-data H∞ control theory. The procedure provides transmitting/receiving filters so as to m...
永原 正章, 山本 裕
システム制御情報学会論文誌 = Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers   16(1) 38-43   2003年
A design procedure for data compression and equalization for digital communication systems is developed based on the multirate sampled-data H∞ control theory. The procedure provides transmitting/receiving filters so as to minimize the error betwee...
サンプル値 H∞ 最適化によるJPEG画像のノイズ除去
掛水, 永原, 山本
第47回システム制御情報学会研究発表講演会      2003年
時変通信路にたいする通信システムの最適設計
安福, 永原, 山本
第3回SICE制御部門大会      2003年
半正定値計画法を用いたマルチレートディジタルフィルタ設計
永原, 山本, S. P. Boyd
第32回制御理論シンポジウム      2003年
永原 正章, 山本 裕
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   41(7) 491-495   2002年7月
若佐 裕治, 安福 大輔, 永原 正章, 山本 裕
計測自動制御学会論文集   38(5) 462-468   2002年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
永原 正章
コロナ社   2017年10月   ISBN:4339032220
川田 昌克, 東 俊一, 市原 裕之, 浦久保 孝光, 大塚 敏之, 甲斐 健也, 國松 禎明, 澤田 賢治, 永原 正章, 南 裕樹 (担当:共著)
森北出版   2017年3月   ISBN:9784627792210
マルチエージェントシステムの制御
東,永原,石井,林,桜間,畑中 (担当:共著, 範囲:編集(全体),執筆(第2章))
コロナ社   2016年8月   
東 俊一, 永原 正章, 石井 秀明, 林 直樹, 桜間 一徳, 畑中 健志 (担当:共著)
コロナ社   2015年8月   ISBN:9784339033229
音の百科事典
永原正章
分担執筆,丸善, 2006. ISBN 978-4621076606,「音源分離」,「音声圧縮技術」,「デジタル信号処理」,「シンセサイザー」の項目を担当   2006年   

講演・口頭発表等

 
From Sampled-data Control to Signal Processing [招待有り]
Y. Yamamoto and M. Nagahara
The 21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS2014)   2014年7月8日   
邦楽(能の謡)と数理科学 [招待有り]
第3回音楽普及支援等事業 平成25年度研究助成受賞者講演会   2013年11月27日   カワイサウンド技術・音楽振興財団
制御のための無線伝送―制御からみた通信― [招待有り]
超高信頼性無線通信システム研究会   2012年8月3日   超高信頼性無線通信システム研究会
制御のための無線伝送--制御からみた通信 [招待有り]
永原 正章
超高信頼性無線通信システム研究会,   2012年8月3日   
圧縮センシングとネットワーク化制御
新潟大学工学部特別講義   2011年11月25日   新潟大学工学部
スパースの国のネットワーク化制御
無線通信と制御の融合:現状と展望(チュートリアルセッション)   2011年9月16日   電子情報通信学会
制御工学と信号処理 [招待有り]
永原 正章
電子情報通信学会2011年ソサイエティ大会,信号処理工学の多様性と数理的体系化への挑戦(パネルセッション)   2011年9月15日   
ネットワーク化制御は必要か [招待有り]
永原 正章
電子情報通信学会第1回高信頼制御通信研究会   2010年7月28日   
制御のための無線伝送 - 制御からみた通信 [招待有り]
電子情報通信学会2009年ソサイエティ大会,制御のための無線伝送(パネルセッション)   2009年9月   電子情報通信学会

競争的資金等の研究課題

 
サンプル値制御理論を用いたディジタル信号処理系の研究
研究期間: 2000年