Ichiro Horie

J-GLOBAL         Last updated: Aug 22, 2019 at 11:53
 
Avatar
Name
Ichiro Horie
Nickname
Ichiro H
Affiliation
Nagasaki University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Horie I, Haraguchi A, Ito A, Nozaki A, Natsuda S, Akazawa S, Mori Y, Ando T, Higashijima A, Hasegawa Y, Yoshida A, Miura K, Masuzaki H, Kawakami A, Abiru N
Journal of diabetes investigation      Jun 2019   [Refereed]
2型糖尿病合併高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除手術前後の栄養素摂取量および食嗜好の変化
本郷 涼子, 堀江 一郎, 金高 賢悟, 安井 佳世, 古谷 順也, 廣佐古 裕子, 高島 美和, 花田 浩和, 冨永 玲子, 野崎 彩, 二里 哲朗, 中村 剛, 伊藤 文子, 原口 愛, 相良 郁子, 赤澤 諭, 森 良孝, 安藤 隆雄, 世羅 至子, 中道 聖子, 江口 晋, 川上 純, 阿比留 教生
糖尿病   62(3) 143-154   Mar 2019   [Refereed]
背景:高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)後の長期減量効果の維持には、栄養学的問題点に対する適切な介入が重要である。目的:LSG後の栄養管理上の問題点を明らかにする。方法:2型糖尿病合併高度肥満症6名(BMI41.2±3.3kg/m2)に対して、LSG前後に簡易型自記式食事歴法質問票による食事調査を実施した。結果:術後18ヵ月のエネルギー摂取量は術前より28.1±22.6%減少し、超過体重減少率は75.1±26.8%であった。全摂取エネルギーに対する3大栄養素の摂取比率で...
Ito A, Nozaki A, Horie I, Ando T, Kawakami A
Minerva endocrinologica   44(1) 85-90   Mar 2019   [Refereed]
Ikeoka T, Sako A, Kuriya G, Yamashita H, Yasuhi I, Horie I, Ando T, Abiru N, Kawakami A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(23) 3413-3418   Dec 2018   [Refereed]
Horie I, Abiru N, Eto M, Sako A, Akeshima J, Nakao T, Nakashima Y, Niri T, Ito A, Nozaki A, Haraguchi A, Akazawa S, Mori Y, Ando T, Kawakami A
Journal of diabetes investigation   9(6) 1283-1287   Nov 2018   [Refereed]
Horie I, Haraguchi A, Sako A, Akeshima J, Niri T, Shigeno R, Ito A, Nozaki A, Natsuda S, Akazawa S, Mori Y, Ando T, Kawakami A, Abiru N
Diabetes research and clinical practice   144 161-170   Oct 2018   [Refereed]
Sasamura A, Akazawa S, Haraguchi A, Horie I, Ando T, Abiru N, Takei H, Nittono H, Une M, Kurosawa T, Murai T, Naruse H, Nakayama T, Kotani K, Remaley AT, Kawakami A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(11) 1611-1616   Jun 2018   [Refereed]
Horie I, Abiru N, Hongo R, Nakamura T, Ito A, Haraguchi A, Natsuda S, Sagara I, Ando T, Kawakami A
Diabetes research and clinical practice   135 178-184   Jan 2018   [Refereed]
Ikeoka T, Otsuka H, Fujita N, Masuda Y, Maeda S, Horie I, Ando T, Abiru N, Kawakami A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(2) 181-185   2017   [Refereed]
妊娠糖尿病の産後早期の耐糖能異常には糖負荷後初期のグルカゴン分泌障害が存在する
夏田 昌子, 堀江 一郎, 明島 淳也, 法村 文子, 野崎 彩, 原口 愛, 赤澤 諭, 森 良孝, 安藤 隆雄, 世羅 至子, 阿比留 教生, 吉田 敦, 三浦 清徳, 増崎 英明, 川上 純
糖尿病と妊娠   16(2) 180-187   Aug 2016   [Refereed]
妊娠糖尿病(GDM)の既往は、出産後の2型糖尿病発症の高リスクである。GDMから産後早期に耐糖能障害を呈する女性は、インスリン分泌能、とくにインスリン初期分泌が低いことが報告されているが、グルカゴン分泌異常の関与については不明である。今回われわれは、GDMの産後の耐糖能障害とグルカゴン分泌異常、および妊娠前から周産期における臨床像との関連を後方視的に検討した。対象は2014年1月〜2015年3月に当院で出産したGDM妊婦32名。産後6〜12週に75gOGTTを行い、0分、30分、60分、1...
Shigeno R, Horie I, Ando T, Abiru N, Kawakami A
Diabetes research and clinical practice   116 43-45   Jun 2016   [Refereed]
妊娠糖尿病のOGTT異常ポイント数と産後の2型糖尿病発症率およびインスリン感受性・分泌能および膵β細胞機能の検討
坂中 亜衣, 川崎 英二, 高島 美和, 前山 美和, 東 るみ, 花田 浩和, 堀江 一郎, 川上 純
糖尿病と妊娠   16(1) 51-56   Feb 2016   [Refereed]
今回われわれは、1993〜2010年に旧診断基準1点以上を含む耐糖能異常を指摘された妊婦のうち新診断基準を満たす妊娠糖尿病(以下、GDMと略す)79例を対象とし、GDM診断時の75g OGTTの新診断基準での異常ポイント数別に、産後の2型糖尿病発症頻度およびGDM診断時の母体背景、75g OGTT時の血糖値およびIRI、インスリン感受性(HOMA-R、Matsuda index)、インスリン分泌能(1h-ΔIRI/Δ血糖値、HOMA-β、AUCins/glu)、膵β細胞機能(insulin...
Nozaki A, Ando T, Akazawa S, Satoh T, Sagara I, Horie I, Imaizumi M, Usa T, Yanagisawa RT, Kawakami A
Endocrine   51(1) 140-147   Jan 2016   [Refereed]
Horie I, Ando T, Imaizumi M, Usa T, Kawakami A
Endocrine practice : official journal of the American College of Endocrinology and the American Association of Clinical Endocrinologists   21(5) 488-494   May 2015   [Refereed]
Horie I, Kawasaki E, Sakanaka A, Takashima M, Maeyama M, Ando T, Hanada H, Kawakami A
Diabetes research and clinical practice   107(3) 400-406   Mar 2015   [Refereed]
Natsuda S, Nakashima Y, Horie I, Ando T, Kawakami A
Case reports in endocrinology   2015 750390   2015   [Refereed]
Oyama K, Nozaki A, Horie I, Shigematsu K, Takehara K, Ando T, Kawakami A
Endocrine practice : official journal of the American College of Endocrinology and the American Association of Clinical Endocrinologists   20(9) e171-5   Sep 2014   [Refereed]
妊娠初期に妊娠糖尿病と診断され、適切な栄養指導により妊娠中期に耐糖能が正常化した妊婦の臨床像
堀江 一郎, 川崎 英二, 坂中 亜衣, 前山 美和, 高島 美和, 花田 浩和, 川上 純
糖尿病と妊娠   14(1) 100-104   Aug 2014   [Refereed]
妊娠初期に診断される妊娠糖尿病(GDM)は、その頻度や機序に関して不明な点が多く、妊娠中の耐糖能障害の進行に関しても個人差が大きく、またGDM診断後の最適な管理方法についても確立された方法はない。そこで今回われわれは、妊娠初期の75gOGTTで診断されたGDMに対して適切な栄養指導を行い、妊娠中期の75gOGTT再検にて耐糖能の変化を評価し得た41症例を対象に後方視的に調査し、分娩に至るまでの臨床経過を解析した。その結果、妊娠初期にGDMと診断された対象のうち、18名が栄養指導により妊娠中...
発症時に複数の膵島関連自己抗体の同時出現を認めた急性発症1型糖尿病の1例
安井 順一, 川崎 英二, 原口 愛, 池岡 俊幸, 植木 郁子, 赤澤 諭, 堀江 一郎, 古林 正和, 阿比留 教生, 山崎 浩則, 川上 純
糖尿病   57(2) 108-112   Feb 2014   [Refereed]
症例は61歳、女性。54歳時に口渇、体重減少が出現し、近医で随時血糖値598mg/dl、HbA1c 14.2%、尿ケトン体陽性、尿中CPR28μg/日にて糖尿病性ケトーシスの診断のもとインスリン療法が開始された。56歳時に血糖コントロール目的で再入院した際、GAD抗体陽性(337.4U/ml)が判明し、1A型糖尿病と診断された。内因性インスリン分泌能は枯渇しブリットル型糖尿病を呈していたため、当院紹介入院となった。経時保存血清を用いて膵島関連自己抗体の出現様式を検討したところ、1型糖尿病発...
Horie I, Kawasaki E, Ando T, Kuwahara H, Abiru N, Usa T, Yamasaki H, Ejima E, Kawakami A
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   97(6) E1043-50   Jun 2012   [Refereed]
A case of glycogenic hepatopathy developed in a patient with new-onset fulminant type 1 diabetes: the role of image modalities in diagnosing hepatic glycogen deposition including gradient-dual-echo MRI.
Murata F, Horie I, Ando T, Isomoto E, Hayashi H, Akazawa S, Ueki I, Nakamura K, Kobayashi M, Kuwahara H, Abiru N, Kawasaki E, Yamasaki H, Kawakami A
Endocrine journal   59(8) 669-676   2012   [Refereed]
Morokuma H, Ando T, Hayashida T, Horie I, Inoshita N, Murata F, Ueki I, Nakamura K, Imaizumi M, Usa T, Kawakami A
Case reports in endocrinology   2012 645914   2012   [Refereed]
Imaizumi M, Sera N, Ueki I, Horie I, Ando T, Usa T, Ichimaru S, Nakashima E, Hida A, Soda M, Tominaga T, Ashizawa K, Maeda R, Nagataki S, Akahoshi M
Thyroid : official journal of the American Thyroid Association   21(11) 1177-1182   Nov 2011   [Refereed]
バセドウ病に合併した類もやもや病の3例
植木 郁子, 堀江 一郎, 安藤 隆雄, 今泉 美彩, 宇佐 俊郎, 川上 純
日本甲状腺学会雑誌   2(2) 112-115   Oct 2011   [Refereed]
症例1は36歳女性で、頭痛を主訴とした。CTでくも膜下出血を認め、MRI・脳動脈造影で類もやもや病を認めた為、血行再建術(左浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術および脳・筋血管癒合術)を行った。術後、前頸部腫脹やFT3およびFT4の高値、TSHおよびTSH受容体抗体の低下を認めた。バセドウ病による甲状腺中毒症と診断し、β遮断剤とプロピルチオウラシルを投与した。症例2は25歳女性で、右不全麻痺と軽度構音障害を主訴とした。17歳時にバセドウ病を発症し、甲状腺中毒症が持続していた。一過性脳虚血発作が増悪...
Ando T, Henmi T, Haruta D, Haraguchi A, Ueki I, Horie I, Imaizumi M, Usa T, Maemura K, Kawakami A
Thyroid : official journal of the American Thyroid Association   21(9) 1021-1025   Sep 2011   [Refereed]
Horie I, Abiru N, Saitoh O, Ichikawa T, Iwakura Y, Eguchi K, Nagayama Y
Autoimmunity   44(2) 159-165   Mar 2011   [Refereed]
A case of mixed medullary and follicular cell carcinoma of the thyroid.
Ueki I, Ando T, Haraguchi A, Horie I, Imaizumi M, Hayashi T, Uga T, Usa T, Kawakami A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   50(12) 1313-1316   2011   [Refereed]
A long-term follow-up of serum myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic antibodies (MPO-ANCA) in patients with Graves disease treated with propylthiouracil.
Ishii R, Imaizumi M, Ide A, Sera N, Ueki I, Horie I, Ando T, Usa T, Ejima E, Ashizawa K, Eguchi K
Endocrine journal   57(1) 73-79   2010   [Refereed]
First Japanese patient treated with parathyroid hormone peptide immunization for refractory hypercalcemia caused by metastatic parathyroid carcinoma.
Horie I, Ando T, Inokuchi N, Mihara Y, Miura S, Imaizumi M, Usa T, Kinoshita N, Sekine I, Kamihara S, Eguchi K
Endocrine journal   57(4) 287-292   2010   [Refereed]
Putative IgG4-related pituitary disease with hypopituitarism and/or diabetes insipidus accompanied with elevated serum levels of IgG4.
Haraguchi A, Era A, Yasui J, Ando T, Ueki I, Horie I, Imaizumi M, Usa T, Abe K, Origuchi T, Eguchi K
Endocrine journal   57(8) 719-725   2010   [Refereed]
Emergence of anti-islet autoantibodies in Japanese patients with type 1 diabetes.
Horie I, Kawasaki E, Shimomura A, Satoh T, Ueki I, Kuwahara H, Ando T, Abiru N, Usa T, Eguchi K
Endocrine journal   57(7) 623-628   2010   [Refereed]
異なった治療反応性を呈したSLE合併インスリン受容体異常症B型の2例
堀江 一郎, 山崎 浩則, 川尻 真也, 植木 郁子, 中村 寛, 厨 源平, 佐藤 剛, 古林 正和, 桑原 宏永, 尾崎 方子, 阿比留 教生, 川崎 英二, 江口 勝美
糖尿病   52(12) 957-963   Dec 2009   [Refereed]
インスリン受容体異常症B型は,抗インスリン受容体抗体の異常産生により著明なインスリン抵抗性を呈する稀な疾患であり,SLEなどの自己免疫疾患を高頻度に合併する.経験した2例の臨床的特徴と治療効果を比較した.症例1は50歳,女性.SLEの診断時にPG220mg/dl,IRI830mU/ml,HbA1c8.0%,抗インスリン受容体抗体陽性より本症の合併が診断された.血糖コントロールにrhIGF-1(10mg/日)投与が著効した.SLE診断時から開始したステロイド療法によって,SLEと本症は平行し...
Horie I, Abiru N, Nagayama Y, Kuriya G, Saitoh O, Ichikawa T, Iwakura Y, Eguchi K
Endocrinology   150(11) 5135-5142   Nov 2009   [Refereed]
糖尿病患者における民間療法の実態調査
黄 恵彬, 木村 博典, 宮下 賜一郎, 堀江 一郎, 小畑 みずほ, 長 良子, 亀田 智子
国立病院機構長崎医療センター医学雑誌   10(1) 19-24   Dec 2007   [Refereed]
糖尿病の民間療法は多岐に渡り、時にその相互作用から治療の妨げになることもあるが、その実態は十分に把握されていない。今回我々は、糖尿病患者の民間療法の実施状況を調査した。2004年7月に入院又は外来受診した糖尿病患者96名を対象にアンケート調査を実施しその結果を分析した。回収率は97.9%であった。民間療法経験者は41.4%であり、現在も継続している者は17.0%であった。民間療法について知っている者は81.9%と非常に多かった。民間療法の種類では茶・酢・玉葱・大豆・ウコンなどの入手しやすい...
ステロイド治療中にEBVの再活性化を認めたChurg-Strauss Syndromeの一例
田中 基嗣, 本間 雄一, 堀江 一郎, 小野 咲弥子, 宮下 賜一郎, 大角 光彦, 木村 博典, 枡田 智子, 岩永 洋, 一瀬 克浩, 新野 大介, 伊東 正博, 本村 政勝, 江口 勝美, 右田 清志
九州リウマチ   27 56-62   Sep 2007   [Refereed]
症例は57歳、女性。2年前より気管支喘息で加療をうけていたが、2006年4月上旬、両下腿の腫脹が出現し、その後、比較的急速に歩行障害と両下肢痛が出現して進行を認めたため、当科緊急入院となった。入院後、気管支喘息の既往、好酸球増多、多発性単神経炎の所見、およびMPO-ANCA強陽性からChurg-Strauss Syndrome(CSS)と診断した。ステロイドパルス療法を施行したところ、好酸球増多、MPO-ANCA高値などの所見は速やかに改善したが、神経症状の改善には2ヵ月を要した。治療経過...
Nagayama Y, Horie I, Saitoh O, Nakahara M, Abiru N
Journal of autoimmunity   29(2-3) 195-202   Sep 2007   [Refereed]
Tegafur uracil(UFT)によるトランスアミナーゼ正常の肝予備能低下を認めた1例
堀江 一郎, 大畑 一幸, 竹下 茂之, 桑原 宏永, 松本 幸二郎, 佐伯 哲, 福田 麻里子, 喜多 由子, 石川 博基, 濱崎 圭輔, 中尾 一彦, 鳥山 寛, 江口 勝美
長崎医学会雑誌   79(1) 1-6   Mar 2004   [Refereed]
58歳女性.患者は直腸癌に対するMiles術施行後,tegafur uracil(UFT)投与を開始したところ,開始3年2ヵ月後に血清Alb,PT活性値の低下が出現し,入院となった.入院時,ストーマからの出血を認めたが,血清トランスアミラーゼ値は正常であった.腹部CTでは腹水,肝萎縮,脾腫を認め,上部消化管内視鏡検査では食道静脈瘤が認められた.UFTによる肝障害を疑い,UFT投与を中止したところ,速やかにPT活性,血清Alb値の改善がみられ,ストーマからの出血,腹水も消失した.なお,食道静...

Misc

 
【内分泌症候群(第3版)-その他の内分泌疾患を含めて-】 甲状腺 甲状腺炎 放射線性甲状腺炎
堀江 一郎, 安藤 隆雄, 今泉 美彩
日本臨床   別冊(内分泌症候群I) 460-462   Sep 2018
【免疫チェックポイント療法】 免疫チェックポイント阻害と1型糖尿病
鎌田 昭江, 二里 哲朗, 堀江 一郎, 阿比留 教生
臨床免疫・アレルギー科   69(6) 563-568   Jun 2018
【自己免疫の関与する内分泌代謝疾患の最前線】 インスリン受容体異常症B型
伊藤 文子, 堀江 一郎, 阿比留 教生
最新医学   73(5) 676-680   May 2018
インスリン受容体異常症B型は、後天性に抗インスリン受容体抗体が異常産生されることにより、著明なインスリン抵抗性を来す自己免疫疾患である。全身性エリテマトーデス等の他の自己免疫疾患が、背景に存在していることが多い。高血糖を来す一方、経過中に致死的な低血糖を来すことがある。副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬やリツキシマブなどの有効性が報告されているが、いまだ標準的な治療法は確立されていない。(著者抄録)
妊娠糖尿病とグルカゴン分泌異常
堀江 一郎, 阿比留 教生, 吉田 敦, 三浦 清徳, 増崎 英明, 川上 純
糖尿病と妊娠   17(2) 84-89   Aug 2017   [Refereed]
長年の間、糖尿病の病態解明には、インスリン作用にのみに焦点が当てられてきた。しかし近年、2型糖尿病の病態にはグルカゴンの異常が必須であるという研究が複数報告されたことにより、状況は一変した。これ以降2型糖尿病の治療は、インスリンだけでなくグルカゴンの作用を考慮することの重要性が示されている。このような最近の糖尿病領域におけるグルカゴン研究の著しい進歩は「グルカゴン・ルネッサンス」と呼ばれ、脚光を浴びている。一方、妊娠糖尿病の領域では、いまだグルカゴン研究が進んでいるとは言い難い。妊娠糖尿病...
【妊婦の糖代謝異常update】 糖代謝異常妊婦の食事療法
夏田 昌子, 堀江 一郎, 阿比留 教生
内分泌・糖尿病・代謝内科   44(4) 293-297   Apr 2017

Conference Activities & Talks

 
Impaired Early-phase Suppression Of Glucagon Secretion After Glucose Load Associated With Insulin Need During Pregnancy In Gestational Diabetes
Ichiro Horie
79th American Diabetes Association Scientific Sessions   10 Jun 2019   
多関節痛と弛張熱を契機に診断された頸部リンパ節転移を伴った浸潤性甲状腺微小乳頭癌
池内 佑一, 清水 俊匡, 堀江 一郎, 植田 真由, 中尾 朋恵, 中嶋 遥美, 二里 哲朗, 重野 里代子, 伊藤 文子, 原口 愛, 鎌田 昭江, 安藤 隆雄, 阿比留 教生, 川上 純
日本内分泌学会雑誌   Dec 2018   
巨大な原発巣の自壊・出血を契機に診断されたバセドウ病合併甲状腺乳頭癌の1例
土屋 裕子, 中嶋 遥美, 植田 真由, 池内 佑一, 二里 哲朗, 重野 里代子, 伊藤 文子, 原口 愛, 堀江 一郎, 安藤 隆雄, 宇佐 俊郎, 川上 純
日本内分泌学会雑誌   Dec 2018   
チアマゾールによる無顆粒球症を契機に発症した甲状腺クリーゼの一例
酒匂 あやか, 池岡 俊幸, 厨 源平, 二里 哲朗, 堀江 一郎
日本内分泌学会雑誌   Dec 2018   
甲状腺乳頭癌肝転移に対して肝動脈化学塞栓療法(TACE)が有効であった一例
植田 真由, 池内 佑一, 中嶋 遥美, 二里 哲朗, 重野 里代子, 伊藤 文子, 原口 愛, 堀江 一郎, 安藤 隆雄, 川上 純
日本内分泌学会雑誌   Dec 2018